【第1話から全話まで】ドラマ「ありふれた奇跡」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

ドラマ「ありふれた奇跡」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「ありふれた奇跡」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中!

「FODプレミアム」は完全無料で視聴が可能です!!
初回は1ヶ月間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴ができます。解約金などは一切かかりません☆

「FODプレミアム」のおすすめポイント!

  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!独占配信作品やオリジナル配信作品も!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続特典で最大1300円相当のポイントを【無料】プレゼント!
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「ありふれた奇跡」ここが見どころ!

★「ありふれた奇跡」は、まず山田太一監督が出掛けた作品であることからも注目されています。この監督が連続ドラマを手がけるのは「不揃いの林檎たち」から12年ぶり、待望のドラマです。見どころはまず主演の仲間由紀恵と加瀬亮等の豪華出演者が揃っており、その発する一言一言のセリフが心に染みるものが多く、深いストーリーに引き込まれていくところです。テレビ局開局50周年の記念ドラマということもあり、放送前より話題ではありましたがそれを裏切らないストーリーの内容や展開は当然、豪華出演者たちの演技も見どころです。楽しかったり感動したり、感情が揺さぶられて行くような、大人の心をきれいにしてくれる作品の一つだと思います。

ドラマ「ありふれた奇跡」詳細

■イントロダクション

業務用厨房機器販売会社に勤める中城加奈(仲間由紀恵)は、打ち合わせに向かうため電車から降りた駅でホームに立つ1人の男性(陣内孝則)に目を止める。いったんは出口へ向かいかけた加奈だが、再びホームに戻り静かに男に近づく。たまたまホームに居合わせ、そんな加奈の行動を見ていた左官職人の田崎翔太(加瀬亮)もまた、男に何かを感じて近づく。ホームに電車が滑り込んでくると、線路に飛び出そうとした男を間一髪のところで捕まえ、引き戻す加奈と翔太。

警官・権藤(塩見三省)の立会いのもと、駅員室に呼ばれた3人。藤本誠と名乗るその男は、自殺しようとしたことを強く否定し、突然つかみかかってきた加奈と翔太を激しく非難するが、権藤の配慮で2人は帰される。そのまま駅で別れるが、翔太は加奈を追いかけ駅を飛び出す。しかし、加奈の姿は見つからず、仕方なくコーヒーショップへ入ると、偶然加奈が店内にいた。ぎこちない会話の末、翔太は思いきってメールアドレスを聞き、翌日からメールのやりとりが始まる――。

■キャスト

仲間由紀恵/加瀬亮/風間杜夫/戸田恵子/松重豊/キムラ緑子/黒坂真美/陣内孝則/塩見三省/井川比佐志/岸部一徳/八千草薫 ほか

視聴者からのコメント

30代女性
脚本家の山田太一さんと言えば、本当に大御所という感じの人で、フジテレビのドラマで山田太一さんの作品が見られることが純粋にすごいなと思いました。仲間由紀恵さんの演技は、イマイチでしたが、八千草薫さん、岸部一徳さんなどの演技派の俳優の演技でとても面白かったです。
30代女性
仲間由紀恵さんと加瀬亮さんのダブル主演のドラマです。淡々とした日常を描いていますが、傷を持って生きている人の生きづらさみたいなものもクローズアップされています。二人が出会って徐々に変化していくのがみどころです。
20代男性
“脚本は山田太一さんが担当されており、当時は脚本を担当されるのが久しぶりだったのでかなり期待していました。主演は仲間由紀恵さんが演じており、周りにはありふれた幸せでもその幸せがいかに大事がなどを描いたドラマになっていました。”
50代女性
主人公の男女二人は、最初知り合いではありませんでしたが、駅で自殺しようとしていた男性を助けたことで絆ができます。奇跡は特別な人が起こす不可思議なことではなく、普通の人々の善意によって起きていくというのドラマのテーマです。二人が関わることで様々な奇跡が起きていくのが、毎回楽しみで和むドラマでした。
30代女性
加瀬亮さんがテレビドラマで見ることのできる貴重なドラマです。心に暗い物を抱えながら生きている、加瀬亮さんと仲間由紀恵さんがひょんなことから出会い、お互いが大切な存在になっていくという物語で、さすが山田太一さんという独特の間が何ともいえなく素敵でついつい夢中になってしますドラマです。
“当時高校生だったわたしには、はじめは少し難しく感じましたが、加瀬さんと仲間さんの放つ独特な雰囲気が なにか大人の秘密を見ているような感じで次週が気になる…!と思っていたことがとても印象に残っています。加瀬さんもこのドラマをきっかけに知りました。また、エンヤの主題歌も印象に残っています!”
30代女性
加瀬亮さんの優しい語り口が素敵なドラマです。仲間由紀恵さんは少し影がある女性を演じていますが、二人が次第に仲良くなりお互いの家に行ったりするシーンはにやけてしまうくらいに素敵です。ケトルの躍りを踊ってくれたり、お互いの父親の趣味が女装だったりと少し不思議なドラマですがとても面白い作品です。