【第1話から全話まで】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」見逃し動画無料フル視聴しよう

フジテレビドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【放送・配信情報】
2019年7月15日(月曜)より、
FOD・フジテレビ地上波深夜 配信・放送スタート!
7月15日(月)正午12時から配信開始。

【最新話】視聴リンク

ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」は「FODプレミアム」で第1話からフル動画配信されます!

「FODプレミアム」は完全無料で視聴が可能です!!
初回は1ヶ月間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴ができます。解約金などは一切かかりません☆

「FODプレミアム」のおすすめポイント!

  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!独占配信作品やオリジナル配信作品も!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続特典で最大1300円相当のポイントを【無料】プレゼント!
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

第1話 見逃し動画 2019年7月15日(月曜) 放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は7月15日放送後〜7月22日放送開始前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『FODプレミアム』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

PandoraTV

Dailymotion

9STU

※動画共有サイトでは配信されていないので、FODで視聴して下さい。

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第2話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年7月22日放送)

▶︎【第3話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年7月29日放送)

▶︎【第4話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年8月05日放送)

▶︎【第5話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年8月12日放送)

▶︎【第6話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年8月19日放送)

▶︎【第7話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年9月02日放送)

▶︎【第8話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年9月09日放送)

▶︎【第9話】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(2019年10月14日放送)

※第9話はW杯バレーボールの試合延長により放送休止となりました。
第9話の放送は10月14日の予定です。

ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」詳細

■ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」イントロダクション

御手洗 陽(足立梨花)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事ではやりがいも感じ順調にキャリアを積んできているが、恋愛面は失恋ばかりで最近はあまりうまくいっていない。陽の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務の石田 蓮(白洲 迅)は、そんな陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友。

そんな陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。

■キャスト

御手洗 陽:足立梨花   

石田 蓮:白洲 迅
(関連記事:「白洲迅が出演するおすすめドラマ5選」)

水沢竜星:浅香航大
河野麻希:松本妃代
鳴海 悠:佐久間 悠
御手洗 学:永野宗典
石田真琴:早織
石田静香:中村久美
御手洗隼人:廣川三憲
御手洗 春:かとうかず子

■公式SNS

公式サイト Twitter Twitter

<各話>ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」視聴者からのネタバレ解説・感想

【第1話】『絶対に好きにならないと決めた人』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
靴メーカー勤務の御手洗陽は、高校時代の同級生・石田蓮と親友同士の関係を続けている。転校生の陽が、度々クラスメイトにからかわれるところをかばったのが蓮だった。しかし、当時蓮は陽に対し、「好きにはならない」と言っていた。陽は29歳の誕生日に会社でサプライズで祝われたり、一時期付き合った社内の男から結婚報告を受け複雑な気持ちに。その男に全く未練はないが、彼の婚約者とは知らず、会議で後輩の提案を否定して誤解される。その夜、蓮と食事した陽は、彼と話す中で、後輩とのことは自分の伝え方が悪かったと気付く。その帰り、31歳までに先に結婚した方に30万円の祝儀を渡すという約束をする。家に帰った陽は、以前、置手紙を残したまま消えた男・竜星のことを思い出す。後日、陽は後輩に言葉足らずだったと謝り、彼女の良さも認めている言葉も言う。

■感想

20代女性
ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」・・・せっかく絶妙なバランスで保っていたのに、元カノに結婚の報告するかね、デリカシーないなってそりゃバランス崩しちゃうわって同感しました。白洲迅くんが、仕事をきっちりできるいい男がにあっていてとってもカッコよかったです。
20代女性
会社に行った途端に社員の人たちがいないことと、それ隠れている意味あるの?見えてるけどっていうお祝いされるわっていう丸見えのサプライズは、29歳にはきついんだなって勉強になりました。誕生日が嬉しくない人もいるんだなって感じました。
20代女性
17歳の足立梨花ちゃんが可愛すぎて、動画再生してしまいました。おばさんになりたくないなんてめちゃめちゃ面白かったです。浅香航大くんの大人な男の感じがとてもカッコよくて、キュンとしました。やはり化粧して街を歩いているとオーラがあるなって感心しました。
20代女性
僕はまだ君を愛さないことができるの感想です。男女の友情というものはここまで深くならないと感じる。もう既に恋愛に発展しているのではないだろうか。観ていて、早く付き合ってほしいという気持ちになってくるが、「うちらは親友だから」の言葉になかなかもどかしくなって来てしまう。この先どんな展開を見せるのか、とても楽しみである。
40代女性
僕はまだ君を愛さないことができるは電子番組表のかんたんな番組情報と、足立梨花が主演、という前知識だけで観始めた。相手役の白洲迅は???名前はきいたことがあるような…という状態で観始めた。変な先入観がなくてかえってよかったのかもしれない。最初は「男女の友情とかいっても、変な下心があるんでしょ、無駄な女アピールや甘え、思わせぶりがどうせあるんでしょ」とどこかで思っていた気がする。でも、足立梨花の、綺麗だけど気が強い女性というキャラクターが何だかすっきりと気持ちよくて、いつもはながら観で、気が付くと違うことを考えていてストーリーが頭に入ってなかったということも多いのだが、ついつい手を止めて観てしまった。ところどころに挟まれる、二人の高校時代のエピソードが無駄にキラキラしてないところもよく、自然に「友情」という二人の関係性を受け入れられた気がする。放送が深夜帯のせいか、無駄な盛り上げ演出もなく、ストーリーや音楽が静かに流れていくのが心地よく、じわじわと透明な空気感が伝わってきて、観終わったあとになんだか癒されたような気がして心地よかった。引き続き観ようと思う。
【第2話】『もし、結婚できなくてずっとひとりだったら・・・』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
30歳を目前に恋に焦る陽は、友人の勧めでマッチングアプリで婚活をすることに。プロフィール欄に結婚相手の条件を記入しようと陽に条件を尋ねる友人。しかし陽の条件が多すぎて友人は3つに絞るよう言う。「イケメン過ぎず爽やかで、みんなに優しくて、私のワガママを許してくれる」その条件を聞いた友人は、その条件はまるっきり蓮に当てはまることを伝え、蓮を恋人にすれば良いと勧める。しかし、陽は蓮はあくまで友達だと付き合う気持ちがないと言うのだった。マッチングアプリに登録すると、早速陽の元には複数の男性からメッセージが。それを受け、陽は3人の男性とデートの約束を取り付けるのだった。デート当日、その日のラッキーカラーを取り入れた服に身を包みデートに向かう陽。その道中、陽は慣れない高いヒールで歩いていたためよろけて転びそうになる。するとそばにいた爽やかな男性が陽を抱きかかえ助けてくれる。陽はその男性にドキッとするのだった。1人目の男性のデートの待ち合わせ場所に到着した陽。しかし、男性の姿はない。すると1人の年配の女性が声をかけてくる。実はその女性は1人目の母親で、本人は少し離れた場所からその様子を見ていたのだ。さらにその男性は母親に写真と違うからとデートの約束をキャンセルしたいと耳打ち。そして陽はその男性と直接話すことなく断られてしまうのだった。その後、次の男性と食事デートをする陽。しかし食事中、細かな男性の行動が気になり陽はあまりデートを楽しめないのだった。その後最後の男性とデートをする陽。陽は「悪くない」と思いながらも、その後改めて今の自分を見つめ直し「何やってるんだろう私」と思う。そして陽はマッチングアプリを退会するのだった。その後、陽は自分の恋愛運を上げるため蓮を連れて縁結びで有名な神社へ。そこで陽は自分の恋愛の成就を祈願。一方で、蓮は自分の恋愛のことはさておき用の幸せを祈願していたのだった。その帰り道、蓮は会社の後輩・麻希からアプローチを受けていることを陽に話す。陽は「どんな子なの?」と興味津々で蓮の話を聞くのだった。2人が話しながら歩いていると偶然結婚式場のチャペルを発見。チャペルの前で立ち止まっていると、そこのスタッフに声をかけられる。そして陽と蓮は、そのチャペルでウェディングドレスとタキシードの試着をすることに。蓮はウェディングドレスを着た陽を見てあまりの美しさに驚くのだった。数日後、蓮は陽の家で食事をすることに。蓮は陽の父とは釣りに行く仲で、兄には過去に家庭教師をしてもらっていたこどあり昔から仲が良いのだ。そしてみんなで楽しく食事をするのだった。食後、陽と蓮は理想の結婚相手について話していた。陽の理想の結婚相手を聞いた蓮は、「それって俺のことじゃない?」と、陽に言う。陽は「真面目に話してるの!」と返す。そして自分が結婚できるのか不安な陽に、「必ず幸せは訪れる。もし結婚相手が見つからない時は俺がそばにいるよ」と、蓮は優しく陽を励ますのだった。次の日、陽はコーヒーショップに立ち寄っていた。するとそこで前に転びそうになった陽を助けてくれた爽やかイケメンが陽に声をかける。陽は偶然の再会に再びときめくのだった。

■感想

20代男性
僕はまだ君を愛さないことができる第2話動画視聴です!一緒に縁結びの神社に出かけるなど終始良い雰囲気の陽と蓮でしたが、ラストに陽は前に転びそうなったところを助けてもらいドキッとした相手と偶然再会し、再びときめいていました。
陽とその男性の新たな恋が始まる予感を残したラストに、次回以降どのような展開になるのか楽しみになりました。
20代男性
今回、蓮は陽の父親と釣りに出かけたり、高校時代に兄に家庭教師をしてもらっていて昔から家族ぐるみで仲が良いことが明らかになりました。陽の両親の会話などから両親的には陽と蓮が結婚することを願っているような感じでしたね。
20代男性
僕はまだ君を愛さないことができるは陽の恋人の条件は全て蓮に当てはまっていて、陽もそれを自覚していました。もしかしたら陽も蓮と同様自分の気持ちを押し殺し、蓮と友達として付き合っているのかなと少し思いました。2人の本心が気になるところです。
【第3話】『恋の種、まかれました』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
蓮は、麻希に仕事中に花屋に寄っていいのか聞かれて寄るのである。
麻希は、訪問する会社に花を渡すと言うのだ。
自費で花を買った麻希に蓮は、経費で落とそうというのだが、麻希は、自費でいいと言うのである。
陽は、コレステロール値を下げるために連の姉にヨガを習うのである。
女性ホルモンのために恋愛をしないといけないと考えた陽は、蓮を恋愛の練習台にするのだ。
陽の会社には、アシスタントとして王子様だと思うような出会いをした悠が、来るのだ。
悠は、優秀な仕事ぶりで陽の好きなコーヒーまで記憶していたのだ。
蓮は、麻希を飲み会に誘うと二人でご飯に連れて行ってと誘われるのだ。
蓮は、麻希と一緒に食事する約束をするのだ。
そして、陽は、悠に惹かれ始めていたのだ。

■感想

50代女性
蓮の姉が恋愛に大切な事は3つ、下の名前で呼ぶ、3秒見つめてサッとそらす、人の褒めないところを褒めるだ。なるほどと思いました。やってみたかったと思いました。陽も蓮を3秒見つめてのはずが見とれ過ぎて10秒たっていた。
40代女性
母から蓮を恋人に薦められた陽は、蓮とは親友でしかないと恋の可能性を否定する。一方蓮は、歓迎会の帰りに、今度は2人で食事に行こうとまきから誘われる。そんなときに、カフェで再会した鳴海がアシスタントとして入社してくる。陽は、鳴海に少しずつ惹かれていく。どうなるか気になります。
40代女性
第2話で登場のイケメン王子様が足立梨花ちゃん扮する主人公の陽の会社に入社してくるだなんて、あるわけないでしょ?とつっこみつつも楽しく見ました。もうすっかりオバチャンの私ですが、胸がキュンとしてしまいます。陽ちゃんと蓮くんの距離はいつ縮まるのか、見逃せません。
40代女性
陽と蓮の関係は親友と言っていますが、高校からずっと仲良くしていることで誰よりもお互いのことを知っていて、ある意味恋人以上にお互いのことを思いやっていて、男女の関係にならないのであればすごく羨ましいです。しかし、麻希が現れたことで、陽は徐々に蓮のことが気になってきている節はあるし、蓮は元々陽のことが気になっているのは明らかなので、いずれお互いのことを必要とする日がくるのだろうと思いますが、陽が蓮の方を向いた時、麻希が豹変してしまうのではないかという怖さがあります。
【第4話】『新しい恋、はじめてみる?』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
蓮は職場の河野に好意を持たれていた、陽もまた鳴海の思わせぶりな優しさから浮かれていた。ある日、蓮と陽が食事をしていると忘れ物があると河野から連絡が有り、陽は見定めてあげるとお店に呼び一緒に食事をするのであった。河野は陽の前でも蓮に猛アピール。そんな光景を目の当たりにして少しイライラした感情が出てくるのであった。また蓮も陽に話したい聞きたいことがあるのだが中々タイミングが合わずに話す事ができなかった。帰り蓮は河野の家によりそこでお試しでもいいから付き合って欲しいと言われ受け入れる。陽も、急な名古屋出張に鳴海を同行させ、一緒に食事をとりまだ飲みたいし後で部屋に行くと言われた。陽も勝負下着に着替え待っていたが、中々来ない鳴海の様子を見に部屋を出るとそこには鳴海が電話をで話していた。その内容は、鳴海は結婚していて子供もいた事、まだ仕事で正社員には慣れると話しているのを聞き、陽は自分は利用されていたのだと気づく。そして、泣きながら蓮に電話をするのであった。

■感想

20代男性
“今回、陽と麻希は初対面を果たしました。
初めは「私が陽にふさわしいかチェックする」と初めは余裕の表情で蓮に話す陽でしたが、麻希がやって来て蓮と麻希がイチャイチャし始めると、陽はイライラしていました。
陽の気持ちの中でどこか嫉妬心があるのでしょう。”
20代男性
ひょんなことから麻希と初対面を果たした陽はその気持ちに薄々気づいていながらも認めたくないという感じでした。そして今回、麻希は蓮に告白。それに蓮は戸惑いながらもOKし2人は付き合うことになりました。麻希と付き合うことが決まった今、蓮と陽の関係はどうなってしまうのでしょうか?
40代男性
第4話では、ラストシーンで悠が「パパ」だという事実が明らかになったことが印象的でした。若いので独身なのかと思いましたが、パパと言っていたので結婚していると思います。陽は、かなりショックだったと思います。悠の狙いは、いったい何なのかが疑問でした。
【第5話】『恋人とはできて、親友とはできないこと』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
名古屋まで落ち込んでる陽を慰めに来る。やけ酒に付き合ってくれた蓮が寝てしまい、いつのまにか陽も寝てしまった。朝目を覚ますと、陽は蓮に腕枕をされていた。それをきっかけに、陽は蓮の事を異性として意識してしまい、蓮の事を避けるようになっていた。一方で、蓮は河野との事を陽に直接話したいと留守電に会いたい事を残す。だが、陽は留守電を聞いていないようで、会うことが叶わない。蓮も河野と居ても陽の事がチラついてしまい、気になるって居る。その帰り道、陽が職場の同僚と飲んだ帰り道に遭遇し、元気にはしゃぐ姿を見る。その姿を見て、俺が居なくても陽は元気になれると声をかけずにその場から帰るのであった。そして、少しお互いに距離ができてしまい次回へと続く。

■感想

30代女性
電話しながら駆けつけてくれるシーンにキュンキュンしました。ずっと話を聞いてくれて的確なアドバイスもくれて良いところはしっかり褒めてくれるなんてとても素敵な男性だと思います。酔っていたとはいえ、あの腕枕にはドキドキが止まりませんでした。
20代男性
陽も蓮もお互い自分の気持ちになんとなく気づいてる感じだけど、まだなんかはっきりしない感じがもどかしい。蓮が名古屋まで駆けつけるあたりは親友以上のことしてるって思った。今回も楽しかったがこれからの2人がどうなるか楽しみ
20代女性
朝起きたら、白洲迅くんに腕枕されてるなんて、しかも腕が痺れたってもう可愛すぎて、キュンキュンが止まらなくて、そのあとの二人のドギマギも初々しくてお互い気持ちに素直になれば付き合えるのになってもどかしかったです。
40代女性
今回の、気になっていた部下に騙されて傷つく陽の姿は、年代が上の女性の方が、より共感できるなぁ、と思った。恋愛の対象外にしていたはずの年下の部下と新しい恋を始めてみようと一歩踏み出そうとしたのに騙されたと知り、女としてのプライドを傷つけられて、悔しいとか悲しいよりも情けなくて恥ずかしい、と泣きながら蓮に電話をする陽の気持ちは、痛いほどよく伝わってきた。ただ振られるよりも、騙された自分への自己嫌悪の方がはるかにキズは深いのだと、共感した。蓮が同性なら、女友達に電話で一晩中愚痴る、という光景はよくあること。でもそれが異性だから、同性以上に支え、認め、包んでほしいと期待してしまう。数時間の電話の後、出張先の名古屋のホテルに蓮が現れたときは、かなりドキドキした。これは普通に恋に落ちるよね、と思うのだけれど。。ホテルのベッドで、男女間の友情は、関係を持つ気になれるかどうか、と、陽が蓮にキスをしようとしたときは、いよいよ友達以上になるのかな、とドキドキしたけれど、やはりまだ2人の気持ちのバランスは微妙にズレてしまう。難しいものだな。。何かきっかけがあれば簡単に恋愛に変わる二人、という関係が嫌味なく心地よい。このキス未遂シーンで、蓮は完全に陽のことを女性としてしか見てないじゃん、というのが手に取るようによくわかり、少しせつなくなった。イライラでも、じれったいでもなく、こういうはっきりしない関係を、まだドキドキして観られるんだな、自分は。と思った。同じ職場の元彼と、元彼女仲間である同僚、その元彼と結婚したばかりの後輩との、3人での不思議な女子会?シーンも、普通はドロドロした展開になるはずなのに、不思議と爽やかでよかった。その酔っ払い女3人の姿を道端で偶然目撃した蓮が、陽を見て「元気でよかった」と思い、女同士ベロベロに酔っ払いながら、「あいつが女だったらよかった」と思う陽のセリフが印象的だった。
【第6話】『親友と恋人、お邪魔虫はどっち?』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
陽は携帯に誰からも連絡が無いと修理した店に行くと機内モードになっていた。蓮からもたくさん連絡が入っていてキャンプに行かないかと言う誘いに行くと返事する。キャンプの日蓮は車で陽を迎えに来ると、サプライズと麻希が現れた。嫌だと言えずに3人でキャンプに行く。テントを一人ではる陽に蓮は手伝うと言うが陽は2人で散歩に行けと断る。麻希は師匠凄い1人で何でも出来て、一人で生きていけますねと言う。蓮は麻希に今日は陽の為に来ていると言う。食事の後のデザートに陽は蓮の好きなビターなチョコレートを持って来たと言う。麻希はそのチョコレートを火のそばに置いて溶かしてしまった。チョコレートのようなビターな話しをしましょうと順番に話す。陽は麻希とテントの中で蓮と結婚するのかと聞くとハイ、直ぐにでもと話す。陽は蓮の何を知っていると麻希に言い、結婚はもっと知ってからと話す。麻希はそれから蓮に質問ぜめをする。蓮に無人島に連れて行きたい人と質問して蓮は答え無いでいると、陽と蓮の姉はすぐに答えなきゃと言う。陽は親友を連れて行くと言う。蓮は仕事で大手社長を紹介された。その人は陽の元彼だった事に驚いた。
40代女性
レンの今回の行動て人としてどうなんだろと思いました。いくらヨウとどちらかが落ち込んでいたらキャンプをする習慣があるにしても、彼女ができた今は女の親友とキャンプはないでしょ。彼女が嫉妬しても無理はないです。マキちゃんはわざとチョコを箱から出して火のそばにおいたのかな。マキちゃんて少しそうゆう計算していそうな気がしました。
50代女性
キャンプに麻希が付いてきたのがビックリでした。蓮が断れなかったとはいえ、ついてくる麻希の様な子を蓮が今後好きになるのか疑問です。麻希は蓮の事が好きかもしれないけど、あの感じでは、単なる親友だとしても陽がいつも蓮のそばにいる事に耐えられなくなると思います。蓮も蓮で、付き合う条件として、陽との関係を邪魔しないように、とはっきり言ったら良いのに、と思いました。そうすれば、麻希は諦めると思うのです。蓮はまさしく陽が好きで、陽も蓮が好きなはずです。早くお互い親友という形に逃げるのではなく、本心を伝えあって欲しいと思います。陽の元カレが出て来ましたが、どう見ても蓮の方が素敵です。元カレが陽を惑わさないように!
30代女性
三角関係でのキャンプに行くシーンが見ていてどうなるんだ?こうなるのかな等想像しながら見てワクワクしてました。男女の友情は憧れますがドラマを見て本当にちゃんと友情は成り立つのかやっぱり恋愛に繋がるよなと思いながら自分と例えてみて楽しいドラマでした
30代女性
毎週、回が進んでいくごとにお互いの思う気持ちに蓋をしていっている気がします。お互いが相手に好きと伝えれば上手くいくのにともどかしい気持ちになります。幼馴染がいないのでわかりませんが、幼馴染ならではのこのままの関係でいたいと思ってしまうものなのでしょうか。
20代女性
陽ちゃんと蓮くんの恋を純粋に応援したい!と思いながら、今回のキャンプのシーンを見て、麻希ちゃんの過去の話は衝撃でした。でも、やっぱり、二人のキャンプが見たかったなって思います。そして最後のシーンは衝撃でした。陽ちゃんと蓮くんはぜひとも結ばれて欲しい!切実に!
【第7話】『戻ってきた人生最低最悪な元カレ』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
蓮と同じ会社の建物内に陽の元彼竜星が現れた。蓮はあまりいい気分ではなく数年前の陽を見捨て突然姿を消したことで怒りを感じていた。竜星はバーに蓮を誘い、当時から変わらない陽との関係性に理解ができなかった。ニキビが出来たことでお酒を禁止していた陽をたこ焼きを理由に蓮は自宅に招く。その時、10年前のたこ焼きを好きになったキャンプ場での出来事を思い出すのだ。あのたこ焼きをきっかけで陽は好きになったのだ。その時、蓮は陽に竜星が日本に帰ってきた事を話した。一瞬動揺をしつつも、自宅に帰った陽は封印していた竜星との思い出の品や日記を読み当時を振り返る。それと同時に怒りが込み上げ、捨てる決意をする。そんな中、麻希の従兄弟とお見合いをする事に。ニューヨーク育ちの女性に対して無礼な所に怒りを感じ、その場を立ち去る。翌日、蓮は麻希に別れを告げる。それと同時に陽は竜星とゴミ置き場で再会。身なりを完璧にしてない自分の姿を見られた陽はその場を逃げてしまう。そこで、蓮から着信があり、2人は会うことに。素直に話した言葉を理解してくれない蓮に幻滅をした陽は泣きながら家から出るのだ。

■感想

40代女性
陽に彼氏候補を紹介したけれども、かなりのナルシストでプライド高い弁護士の言い分が腹が立つ。女性をスポーツにたといえて。でも、時々でる英語が面白かったです。でも、マキちゃんの気持ちもわかる。親友なのはわかるけど、ほとんど恋人みたいに写真があるようだと嫉妬してしまいますね。ついに元彼が現れましたが、どうなるのでしょうか。気になります。
50代女性
蓮は水沢の出現と陽がバカにしてるのと言って蓮を振り払って帰った事からなのか、陽を好きだと言う事にしたんだと思いました。麻希に陽が好きだと言って別れを告げた。麻希は好きではないがちょっと可哀想になりました。
30代男性
石田が竜星を嫌っているのが面白くてよかったです。石田が昔から優しかったのがとてもすごいと思います。過去のことを御手洗が日記していたのがビックリしました。竜星がいきなり御手洗の前から消えたのがとても可哀想でした。

【第8話】『成功した元カレに未練はあるか?』

ネタバレ解説
陽は、ラーメン屋に入った。陽は、竜星とラーメンを食べた事を思い出していた。陽は、仕事として竜星と会うことになった。竜星は名刺を差し出すが、陽は持っていなかったため渡すことはできなかった。食事をしながら会話は進んでいった。竜星は、陽と同行したスタッフに仕事での経験を話し始めた。竜星は、「一流の人は、いい靴を履いている」と言う。そして、陽に靴のアドバイスしてもらった過去を話す。さらに、竜星は陽に選んでもらった靴を履いてきたのだ。食事後、竜星からメールが来た。陽は、何かをかき消すようにお酒を飲む。すっかり酔いつぶれてしまった。蓮が迎えに来て、陽をおんぶしながら帰って行った。その後、陽の会社でデータが消えてしまったという仕事のミスが起こる。

■感想

50代女性
麻希は蓮に私からのアドバイス、真っ直ぐぶつかる事ですと言った。嫌な子だと思っていたがいいところもあると思いました。蓮の背中を押して、去りながら泣いていてちょっと可哀想になりました。蓮と陽の被害者の1人だと思いました。

【第9話】『誕生日は告白のタイミング』

近日更新予定です。

ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」視聴者からの期待の声

30代女性
このドラマはもともと台湾で放送されていたもののリメイクだと聞き、少し興味を持ちました。海外のドラマ、とりわけ中国や韓国のドラマは、悪役が本当に悪事を悪事と思わない極悪人であることが多い気がするので、その恋愛ドラマバージョンは、どんなものなのか、気になります。
40代女性
台湾の人気ドラマのリメイクとのこと、韓国とも違うだろうしどんな感じかと思っていたら、主演が足立梨花さんとのこと。アジアが似合う美人さんを中心にどんな世界が作られるのか楽しみです。スタッフさんも、実績の多い方が多いようで、安心して楽しめそうな気がしています。
台湾ドラマがとにかくすごく面白かったです。韓国ドラマのリメイクはあるけど、台湾ドラマのリメイクは今までなかったので、とても楽しみです。登場人物の職業設定や年齢設定は、台湾ドラマとは少し違うようなので、日本版にアレンジされたところもとても楽しみです。親友だからこそ恋愛に発展しにくい、親友だから理解できる相手のことなどうまくドラマに描かれていたらうれしいなと思います。誰でも起こりうる身近なシチュエーションなので自分に重ね合わせて見たいと思います。
30代女性
主演の足立梨花は普通に好きなので、かわいい系のムズキュンラブストーリーになる事を期待しています。台湾での人気の実績があるので、ストーリーもハラハラさせられて面白そうです。一番のみどころは、やっぱりファッションですね。足立梨花のメイクと着こなしは、絶対話題になると思っています。
30代女性
王道の恋愛ドラマを感じさせるようなストーリー展開が気になります。男女の親友関係からの恋愛発展は、大人になるほどに、現実味と実際にあり得るはなしだと思うので、身近に感じられるような仕上がりになっていたらいいなと期待します。
30代女性
アジア中の女性の心をつかんだと話題の台湾ドラマのリメイクとあって、期待度はMAXです。これまで知らなかった俳優さんや女優さんが何人か出演されているようなので、これを機にブレイクするのではないかと期待しています。
40代女性
足立梨花さん主演とゆう事ですが、他のキャストさんが初めて見る方々だったの調べたら白州くんなかなかイケメンですね。二人は高校、大学の同級生役ですが二人の恋の展開が気になります。台湾ドラマのリメイク番とのことなので見比べて見ても楽しめると思います。
40代女性
靴メーカー勤務のキャリアウーマン御手洗陽役足立梨花さん主演のドラマ。面白いタイトルに惹かれました。
親友関係から始まった二人のラブストーリー、足立梨花さんと白洲迅さんの等身大のリアルな二人に興味深々です。30歳を前にした二人がお互い気になる存在になっていく過程、どんな展開に進むかそして恋に発展する姿楽しみです。素敵な迅さんが毎週見る事が出来るなんて嬉しい限りです。
いった
30代女性
アジアで大ヒットした台湾ドラマのリメークと言う事で、楽しみにしています。
最近は、逆リメークされたドラマに、とても面白いものが多いので期待しています。
主演の足立梨花さんのファンなので、早く見たいです。
ドラマを見ながら、もう一度若い頃のように、きゅんきゅん出来るといいな。
60代女性
恋人未満の二人の恋模様を描いた大ヒットした台湾ドラマのリメーク版。御手洗陽扮する足立梨花さんと石田蓮扮する白洲迅さんのお互い親友と接してきた二人があるきっかけに「親友」関係が変化していく行方と道のり、等身大の二人の恋模様がどんな展開に開いていくか楽しみです。
20代女性
“もともと台湾で放送されていたドラマを今度は日本でリメイクして放送していくところは面白いだろうなと思える要素でした。
それに、台湾のドラマを日本ではどのように忠実に再現していくのかなかなか楽しみなところです。”
20代女性
海外で放送されていたドラマを今度は日本でリメイクしているくらいなので本当に面白いんだろうなと思いました。
恋愛もののドラマなので私としては苦手な方ですがこのドラマは面白いと思ったのでしっかり見ていきたいです。
20代女性
台湾の人気ドラマのリメイク作品は初めて観るので、楽しみにしています。
韓国ドラマもそうですが、アジア系のドラマは恋愛系がとても当たるきがしていますので期待大です。
白洲迅さんも足立梨花さんも好きなので、二人のw主演というのもうれしいです。
40代女性
あまり少ない台湾ドラマのリメイクと言うことで、今後の台湾ドラマのリメイクを見る上で指標になりそうです。しかしながら、若い人に人気の白洲迅を起用しているのは良いのですが、台湾ドラマの良いところが消えて普通の日本の恋愛ドラマになってしまわないか不安です。