僕のいた時間(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

帝一くん
”筋萎縮性側索硬化症”という難病と闘う余命わずかな若き青年・澤田拓人と周りの人間関係を描くヒューマンドラマ。主演は三浦春馬。共演に多部未華子、斎藤工、風間俊介、山本美月、野村周平、浜辺美波ほか。

この記事では、ドラマ「僕のいた時間」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

ドラマ「僕のいた時間」の動画を視聴

僕のいた時間』はFODプレミアムで
第1話から全話までフル動画配信中です!

フジテレビのドラマをみるならFODプレミアム!

  • 初回は2週間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
FODユーザー(40代男性)
動画の質はとても良くてきれいです。携帯電話で見てもきれいに映る。フジテレビのドラマがほとんどすべて見れるので良いです。最近のドラマも好きですがちょっと前にやった動画とかも好んでみています。ディーンフジオカのドラマは妻が大好きなので一緒に見たりしています。自分は昔のドラマ踊る大捜査線とかなつかしがりながら見ています。
あとフジテレビではやらないFOD専門のドラマも積極的に作っている。春に「東京ラブストーリー」のリニューアルバージョンが公開されます。これはとても楽しみにしています。引き続きみていきたいと思っています。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

その他の無料動画共有サイト

<検索>

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSU、miomio(ミオミオ)などでは配信されていません。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『僕のいた時間』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
Netflix × Netflix詳細
Amazon Prime Video  ×
TELASA(ビデオパス) ×

配信状況最終更新日 2020.5.27

ドラマ「僕のいた時間」ここが見どころ!

30代女性
いろいろ考えさせられるドラマでした。命のタイムリミットがあると思ったら、自分は何をするのか考えました。ALSという病気は発症から5年くらいしか生きられないと言われています。延命を拒否する人も多いです。延命をすることが全てではないと教えられた場面も多々あります。
30代女性
筋萎縮性側索硬化症という難病があることも知らずに見ました。美しい顔をした三浦春馬さんが苦しみながら、病気を次第に受け入れ、前を向いていく姿を見ていると、自分は何の不自由もないのだからもっと頑張らないといけないという気持ちになりました。
30代男性
生きる、死ぬということをたくさん考えさせてくれるドラマでした。延命処置をする選択、しない選択それぞれあるのだなと思いました。自分だったらといろいろ考えました。それが自分ではなく、友人や家族だったらどうしてたかなど考えさせられました。
20代女性
まだ未だに完全に治すことが難しいALSに立ち向かっている青年の姿はとても心を打たれます。これがもし自分の家族や友人がそうなったとしたら自分はどのように接したらいいんだろう、と考えさせられる深い作品だなと思います。
40代男性
さすが橋部敦子さんの脚本は凄かったです。途中で少し辛くなりましたが最終話までじっくりと落ち着いて見ることが出来ました。三浦春馬さんと弟との葛藤が特にインパクトが強くて、いつも感情をかき立てられました。ALSという病気について知ることが出来るドラマです。
10代女性
とにかく泣ける。春馬くんの演技に引き込まれてしまいます。あまりにも切なく胸がきゅっと締め付けられるような場面も。生きるということは何なのか、自分とは何なのか考えさせられました。それぞれの登場人物の思いがとても繊細に描かれた素敵な作品です。

アイス・バケツ・チャレンジ

『アイス・バケツ・チャレンジ』って言葉を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。これは2014年にアメリカ合衆国で始まった氷水をかぶるという運動で、日本でも大流行しました。

出典:wikipedia

「これってなんの意味があるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、実はこのドラマでもテーマとなる病気”筋萎縮性側索硬化症”=ALSの研究を支援するために始められた運動なのです!認識があまりなく研究の資金集めも困難なALSという難病の周知活動、そして資金調達(寄付)を目的としてFacebookなどソーシャルネットワークを通じて広まっていきました。
ルールは指名された人が氷水を被るorALS協会に寄付するを選択し、その様子をSNSに投稿して次のチャレンジャーを指名していくというものです。もちろん強制的なものではありませんが、これがあっという間に広がり著名人も参加していったことによりALSの認知度も上がって難病への関心が高まっていきました。これによってALSの研究プロジェクトも立ち上がり、ALS治療における重要な遺伝子が発見されたそうです!
ただバケツに入った氷水をかぶる行為を楽しんだ方も、そこに関心を持った人がALSなどの難病を知り寄付をしていったことで知らぬ間にチャリティ活動をしていたのですね。このチャレンジによって日本ALS協会へ寄付された額は約3800万円とのことです。

▶︎日本ALS協会 公式サイトはこちら

ドラマ「僕のいた時間」詳細

ドラマ「僕のいた時間」のあらすじや各話のタイトル、キャストをご紹介します。

あらすじ

主人公の澤田拓人(三浦春馬)は難病に指定されている、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気”筋萎縮性側索硬化症”を患ってしまう。ある日自分自身が難病を患っていることを知ってしまった主人公が、自分の生と死を意識するようになり、残された時間の中で生を謳歌する様子を丁寧に描いていく。人は死を悟ったとき、どのように行きていくかにより残された時間をいかに生きるかが試されることとなります。自分の人生には限りが有ることを悟った拓人は、周囲の人達との交流から残された時間を前向きに生きていくことを選択し、周囲に影響を与えていくー。

各話タイトル

  • 第1話 難病と闘い今を生きる青年の物語!! あなたは全力で生きてますか?
  • 第2話 キスで結ばれた二人に忍びよる病魔―!!
  • 第3話 どうして、僕が…!? お母さん、助けて!
  • 第4話 好きだからこそ…。涙の決断!!
  • 第5話 前を向き生きる覚悟 僕は負けない!
  • 第6話 今、僕にできること 一歩、踏み出す勇気
  • 第7話 動き出す二人の時間 抱きしめたい!!
  • 第8話 俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ! お母さん!
  • 第9話 お父さん、お母さんありがとう! そして
  • 第10話 最後の日記
  • 第11話 命の選択

キャスト

  • 三浦春馬
  • 多部未華子
  • 斎藤工
  • 風間俊介
  • 山本美月
  • 野村周平
  • 浜辺美波
  • 吹越満
  • 浅田美代子
  • 小市慢太郎
  • 原田美枝子
  • 桜井聖

ほか

多部未華子 主演

2020年春スタート予定!
『私の家政夫ナギサさん』

ドラマ「僕のいた時間」感想(ネタバレ注意)

20代男性
筋委縮性側索硬化症を題材としたドラマで非常に考えさせられるものがありました。人生をどう生きるかということを、当時私はまだ若かったのですが深く考えた記憶があります。若い人にも影響を与えるような素晴らしいドラマでした。一番印象に残っているのは、主人公の頑張って生きる姿です。自分が本来描いていたはずの未来が若くして途絶えていく絶望感と死への恐怖に苦しんでいると思いますが、沢山の支えを受けながらそれに立ち向かって乗り越えていく様にはこっちが勇気をもらいました。自分の人生において大きな影響を与えてくれたそんなすごいドラマです。
20代女性
主人公が20代前半という1番体力があって遊んでいたい時期に筋肉の病気にかかってしまった悲劇は見ていて心が苦しくなりました。ですが、その主人公の年齢層と重なるからこそなにを大切にする必要があるのかも考えさせられた良いドラマでした。
30代女性
このドラマが放送されていた時、ちょうど私は婚約し入籍を控え同棲をしていた時だったので感情移入し、時には涙しながらみた思い出があります。そして、誰にでも起こりうる病について考えさせられ、もし婚約者や自分が同じ病気になった時に私はどう考え行動するのかを考えさせられるドラマでした。
30代女性
ALSの役を三浦さんが見事に演じていたと思います。病院で働いているので、ALSという病気の人を今までに見たことがあります。ALSに奪われたくないという言葉がとても印象的です。三浦さんがかっこよかったです。
30代女性
僕のいた時間は大好きでした。三浦春馬さんについてそれまで顔の綺麗な今時の俳優さんというイメージしかありませんでした。しかし、このドラマを見て元気だった男性が半身不随になっていくという難しい約を演じきっておりあまりの上手さに、三浦春馬さんという事を忘れ役に惹きつけられていきました。演技力が素晴らしいので毎回泣いておりましたが、このドラマのいいところは辛い中にも救いがあるところです。多部未華子さんという恋人との助け合いや、まっすぐな恋心が上手に表現されている話で最後まで満足して見る事が出来ました。
20代男性
ALSという難病に立ち向かっていく青年を三浦さんがとても上手に演じていたと思います。共演者に斎藤さん、多部さん、風間さんなどがいました。みんな演技がとても上手かったです。たくさん感動できる場面があり、ほっこりする場面もありよかったです。
30代男性
ALSという病気は病院に勤めていたことがあるので、知っていました。こんなに若くしてこの病気になる人は見たことがありませんでした。ALSは意識がしっかりしていることが多いので、とても辛いです。それを上手く三浦さんが表現していました。
20代女性
色々と考えさせられたドラマで、放送後かなり時間が経ってますが、未だに心に残っています。主演2人の演技、周りの方の演技も上手く、毎週楽しみに見ていました。そして最後はボロ泣き必須です。本当に大好きなドラマです。ドラマにしておくのはもったいないぐらいよかったです!
30代女性
多部未華子さんと三浦春馬さんの恋愛ものですが、病気が絡んでくるので障害のある恋で見ていて辛いシーンも多かったです。この2人で思い浮かぶのは「君に届け」でしたが、まったく違った2人の演技が見られます。最後はてっきり死んでしまうのだろうと思っていたのでそうじゃないラストだったのは良かったです。
20代女性
20代前半という1番体力があって遊んでいたい時期に筋肉の病気にかかってしまったという悲劇が見ていてとても心が苦しくなりました。それに、今の私の年齢層と重なるのでとても考えさせられる良いドラマでもありました。

ドラマ「僕のいた時間」出演者おすすめ作品

三浦春馬

  • TWO WEEKS
2013年韓国で放送された人気ドラマが日本で三浦春馬主演としてリメイク!殺人未遂容疑で服役していた主人公・結城大地に娘がいた?!白血病を患う娘のドナーとして生きる意味を見つけた矢先にまたもや殺人容疑の濡れ衣が・・骨髄移植までの怒涛の2週間を描きます。

多部未華子

  • これは経費で落ちません!
2019年放送、多部未華子演じる石鹸メーカー経理部の主人公・森若沙名子。各部署から持ち込まれる領収書や請求書から見えてくる人間模様をコミカルに描く現代のオフィスドラマです。「