【第1話から全話まで】ドラマ 東野圭吾「分身」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ 東野圭吾「分身」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】動画視聴リンク

ドラマ 東野圭吾「分身」は「FODプレミアム」で
第1話から全話までフル動画配信中です!!

「FODプレミアム」は完全無料で動画視聴が可能です!!
初回は1ヶ月間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料動画視聴ができます。
解約金などは一切かかりません☆

「FODプレミアム」のおすすめポイント!

  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!独占配信作品やオリジナル配信作品も!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続特典で最大1300円相当のポイントを【無料】プレゼント
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画 リンク

■第1話〜全話までフル動画視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ 東野圭吾「分身」詳細

■ドラマ 東野圭吾「分身」 イントロダクション

札幌に住む女子大生・鞠子( 長澤まさみ )は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性・双葉 (長澤まさみ[二役]) の存在を知った。彼女は、単なる「双子」という範疇を越え、まさに自分そのものであった。鞠子は、その謎を解き明かすことを決意、行く先々に立ちはだかるさまざまな人々の思惑を乗り越えながら真相に近づいていく。一方、東京では、双葉も自分の存在に疑問を持ち始めていた。そして、ついに鞠子と双葉が出会った時、生命工学の禁断の領域が姿を現わし始める・・・。

■キャスト

長澤まさみ/勝地涼/臼田あさ美/佐野史郎

■各話タイトル

  • 【第1話】閉ざされた記憶
  • 【第2話】母との約束
  • 【第3話】失われた写真
  • 【第4話】鞠子と双葉
  • 【最終回・第5話】母性の奇跡

ドラマ 東野圭吾「分身」視聴者からの見どころコメント

20代男性
“妻が東野圭吾の本が大好きで、一緒にドラマを見た作品「分身」です。東野圭吾作のストーリーはとにかく「どんでん返し」や「真実」がかなりインパクトが面白いものが多くいつも楽しませてもらってます。
その中でもこの「分身」は「真実」、「結末」にかなり驚くし、またそれを知った主人公の心情がとても切ないストーリーです。主人公は性格のが真反対な双子二人で成り立っていますが、それを演じた女優の長澤まさみさんの演技は本当に素晴らしいです。他キャスティングもかなり原作にあっていると感じました。”
50代男性
大好きな東野圭吾の作品の中でも東野圭吾「分身」は最初このタイトルからしてどんなストーリーか少し考えました。然し乍ら物語の主人公でもある函館に住む氏家詢子と東京でキャンパスライフをしている小林双葉の二人ですが、何故か二人は周囲から合わせないように配慮されその謎に挑むストーリーが東野圭吾原作の物語らしいと思いました。
30代女性
ドラマ 東野圭吾「分身」をこの間動画視聴しました。長澤まさみさんが一人二役を演じています。北海道と東京という遠方に住んでいる女性を演じます。互いを知らずに生きてきた、姿、形が全く同じ2人の女性をとても上手く表現をしているのがすごいなと思いました。臼田さんがとてもきれいでした。
30代女性
ドラマ 東野圭吾「分身」は自然と引き込まれていくような作品でした。いろいろ考えさせられる作品だったと思います。長澤さんが一人二役をしており、とても演技が上手だなと思いました。勝地さんや臼田さんという他のキャストもとても演技がよかったです。またもう一度動画を見直したいです。
20代女性
ドラマ 東野圭吾「分身」視聴しました。両親と似てないってことは養子?赤ちゃんのときの取り違え?不義の子?というこちらの推理はことごとく裏切られ、生き別れた双子の話なんでしょうなんて思ってたらそれすらも裏切られる。どこまでいっても展開される真実に追いつけない。見る前想像していた終着点とは大きく離れていたが、満足度の高い映画だった。長澤まさみがひとりで何役もしているところにも『あえて』があるということに、観てみて初めて気が付いた。ただ長澤まさみが好きだから作られたドラマってわけではない。役の演じ分けも上手かったと思う。マリコとフタバは自分がクローンであることをはじめ嫌悪していたけど、作中でも明言されたように彼女らはオンリーワンだと思った。オリジナルではないといっても、顔や好みの味が同じでも、二人の部屋の雰囲気が全く違ったことがそれを証明している。オリジナルからしたら自分の預かり知らぬところでクローンが生産されていたらショックだし気味が悪いのも納得ではある。ただただ氏家氏が気持ち悪い。さて、病気のことまで明らかにはされなかったが、フタバはほんとうに無事出産できるのだろうか。妊娠できない遺伝情報だったにも関わらず、どうして妊娠できたのか。それにクローンがこどもを作った場合、相続的なこととか現実的にどうなるんだろう。物語のその後の余韻を楽しむことができる点でも、構成や演者さんも、素晴らしい作品だったと思う。