【覚悟を決めて二人で満を受け入れよう―】第7話・ドラマ「それぞれの断崖(だんがい)」見逃し動画無料フル視聴しよう

それぞれの断崖

【第7話】ドラマ「それぞれの断崖(だんがい)」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】動画視聴リンク

ドラマ「それぞれの断崖(だんがい)」は「FODプレミアム」
第1話から全話までフル動画配信予定です!

「FODプレミアム」は完全無料視聴が可能です!!
初回は1ヶ月無料で、無料期間中に解約すれば本当に完全無料利用ができます。解約金なども一切なし!!

  • フジテレビ系列の過去〜最新のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本以上】が視聴できます。豊富なラインナップで、見放題作品多数配信!
  • 動画だけじゃない!人気有名雑誌が【100誌】読み放題!(追加料金なし!)
  • 最大『1300円』相当のポイントが【無料】プレゼント!ポイントは最新映画や、電子書籍の購入に利用できます。
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

第7話 見逃し動画 2019年9月14日(土曜)23:10放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は9月14日放送後〜9月21日放送開始前まで)

※TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『FODプレミアム』で動画視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索
<検索・動画共有サイト>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第6話】ドラマ「それぞれの断崖(だんがい)」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

▶︎【最終回・第8話】ドラマ「それぞれの断崖(だんがい)」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

【第7話】ドラマ「それぞれの断崖」詳細

■ドラマ「それぞれの断崖」第7話あらすじ

覚悟を決めて二人で満を受け入れよう――決意を固めた志方(遠藤憲一)とはつみ(田中美里)に、弁護士の若菜(内田滋)が怒りの表情で告げた。
「あなた方は一体何を考えているんですか⁉」
殺人事件の被害者の父と加害者の母が不倫の末、犯人の少年を迎え入れるという前代未聞の事態が週刊誌にすっぱ抜かれ、世間の大きな注目を集めていた。満の更生と社会復帰を第一に考えるなら絶対に別れるべきだ、と強く主張する若菜だったが、二人の気持ちは変わらない。困難な道のりでも、覚悟を決めて進みたいと強く思う二人だった。

そのためには、満に二人の関係を話さなければならない。少年院で満(清水大登)に意を決して打ち明けるはつみ。「…母さん、好きな人がいる」「どんな人?」「…志方恭一郎さん。恭介君のお父さん」――満の笑みが消えた。

満の退院の当日。志方は、はつみのアパートを訪ねる。志方が部屋へあがると、満がそこにいた。視線がぶつかる。思わず満を食い入るように見つめる志方。満が突然口を開く。
「僕のことが憎いんでしょ?」
「ああ、憎い」
「恭介君を殺した僕を、許してくれるんですか?」
いざ犯人の少年を目の前に、どれだけ覚悟をしても憎しみの感情が溢れそうになる。
「いつか、許せる日がくればいいと思う」声を絞り出す志方。

志方は、満とはつみと共に、雪子(田中美佐子)のもとへ謝罪に訪れる。満を憎しみの目でにらみつける真弓(仁村紗和)と真紀(永瀬莉子)。「恭介(渡邉蒼)はこの部屋でずっと生きていたの。よく見ておきなさい」雪子は、遺影に向かって謝罪の言葉を口にする満に、絶対に自分の犯した罪を忘れないで、と告げ、そして問いかけた。
「なぜ恭介を殺したの…」
「…恭介君を失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい」
満の最後の一言は、志方に向けられたものだった…。

『出典:ドラマ「それぞれの断崖」第7話あらすじ

■キャスト

遠藤憲一

■公式SNS

公式サイト

視聴者からのネタバレ解説・感想

【第7話】ネタバレ解説
満が仮面接を受け、本面接で合格すると南多摩中央少年院から退院して来ると、はつみから聞く恭一郎。不安そうにするはつみを励ましながら帰る恭一郎だったが、週刊誌の記者にアパートに居た所を写真に撮られ雑誌に載ってしまう。上司の戸田に退職願を出し会社を辞めた恭一郎は、その報告に、はつみのアパートを訪ねていると、弁護士の若菜が来て、満と三人で暮らそうと考えている恭一郎達に交際を止めないと満が更正保護施設に行く事になると注意して帰るのだった。はつみが少年院で満に恭一郎との事を話すと、驚きと共に複雑な表情を浮かべる満。その後、離婚した雪子と会っていた恭一郎は、息子を殺した満と一緒に暮らすのを止めてほしいと雪子から言われてしまう。そんな中で将来の事をはつみと話した恭一郎は、神奈川の岬の近くで、三人でいずれ暮らす事を提案する。恭一郎が若菜に土下座して満の説得に協力して貰い、今後の事を満に話すと満もおとなしく承諾するのだった。一ヶ月後、南多摩中央少年院を退院した満は、はつみの住んでいるアパートへ帰る。恭一郎がそこへ訪れ、中へ入ると満と久しぶりに対面するのだった。下を向きながら謝る満から、恭介君を殺したボクを許してくれるんですか、と聞かれ、オレはまだ許してない、だけどいつか許せたらと思っている、と返事する恭一郎。そして、はつみが作ったカレーを二人して黙って頬張るのだった。その後、恭介の自宅に謝罪に訪れた満とはつみ。待っていた雪子達と言葉を交わすと、恭介の部屋で恭介の写真に向かい手を合わせる。恭介の事を忘れないでと語気を強めた雪子を見て、満は恭介の写真に向かって、ごめん、と涙して謝る。どうして恭介を殺したのか、と聞かれた満は、立派な家と両親と家族が居て羨ましかった、と答える。恭介が秀子が現れてから自分を忘れてしまったかの様に振る舞い許せなくなり、恭介を失ないたく無かったと話を続ける満は、失うくらいなら居なくなった方がいい、だから刺しました、だから殺しました、と話す。そして満は恭一郎を睨む様に見ると、大切な人を失うくらいなら居なくなった方がいい、と口にするのだった。

■【第7話】感想

30代女性
動画を見ていましたが、カオスな展開すぎます。恋は盲目なんでしょうか…絶対に幸せになれるはずないのにな、って思ってしまいました。死んだ息子忘れて新しい生活って…なんかウキウキしてたり、かなり複雑な気持ちになりました。同居なんて無理すぎます。
30代女性
あまりに展開が早くてびっくりしてしまいました。加害者は退所してくるし、一緒に住む場所探してるし…なんだか暴走しているんじゃないか?時期尚早すぎやしないかと見ていてハラハラしてたまりませんでした。息子もショック受けますよね。
30代女性
少年法について考えさせられました。ちゃんと更正したと思っていたのに、ラストの発言にはびっくりさせられました。人間そう簡単には変わることはできません。罪の重さを感じているとはとても思えなくて胸にぐさりと刺さりました。
30代男性
それぞれの断崖で満の少年院からの退所日が決まったと嬉しそうに母親のはつみに話す様子が、殺人という重罪を犯した人間の話す様子とはとても思えず、本当に罪を自覚して反省したのか疑問に感じられ、これが現実なのかと思うとやりきれない気持ちに動画を見ながらなりました。
30代男性
それぞれの断崖で被害者の父親の志方と加害者の母親のはつみの交際を嗅ぎ付けた、雑誌カメラマンの生田が世の中の下世話な事が好きな人々が飛び付くネタと嬉しそうな表情で迫ってくるのが可笑しく、志方が追い払ったと思ってしまい、はつみを外で抱き締めてしまう愚かさに、この2人の隙の多さに呆れてしまいました。