デート~恋とはどんなものかしら~(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴

帝一くん
内閣府の経済総合研究所で働く東大卒のエリート・依子は30歳目前ながら恋愛経験もなく変わった性格からお見合いもことごとく失敗。そんな中、いわゆる”ニート”の35歳・巧とデートをすることになり不器用な二人の物語が始まります。主演は杏。共演に長谷川博己、国仲涼子、中島裕翔、松尾諭、和久井映見、風吹ジュン、松重豊ほか。

この記事では、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法(配信状況)をわかりやすく解説していきます。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の動画を視聴

大人気ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」は
FODプレミアムで第1話から最終話まで全話を独占配信中です!

スペシャル「デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯」
も配信中♪

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
FODユーザー(30代女性)
初回限定の無料サービスがあったので入ってみました。国内ドラマやバラエティーの数が多くて良かったです。特に国内ドラマはかなり古いものとかもあり他のサイトより種類がおおいと思った。リアルタイムでやってるドラマも見逃し配信がありCMなくみれましたし、ちょうど見逃したドラマがあったのでうれしかったです。バラエティーもすぐ最新がUPされていました。国内ドラマをいっぱい見たい人にはおすすですが、洋画や海外ドラマはほかのサイトに比べて少ないように感じたのと、検索はちょっとしずらかった気がします。総合的には満足です。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

動画共有サイト

■第1話〜全話までフル視聴
『デート~恋とはどんなものかしら~』独占配信中!

FODプレミアム

 

■期間限定!第1話〜第3話無料配信(2020.3.9現在)

FOD見逃し無料 TVer

※配信期間:2020年3月9日0:00〜2020年4月13日23:59

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

※PandoraTV、Dailymotion、9STUは『デート~恋とはどんなものかしら~』の動画はございません。

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『デート~恋とはどんなものかしら~』動画配信サービス配信状況

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2020.3.9

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の見どころ

30代女性
天才、古沢良太氏の脚本ドラマ。面白くないわけがないと見ていましたが、やっぱり最高に面白かった。不器用と言ってしまえばそれまでだが、自分でも自覚している欠点をなかなか認められず、恋愛に発展するまでにだいぶ時間がかかった依子と巧。二人の周りの人達がとことん優しくて、そんな周りの人達のためにも一歩、一歩と少しずつ進んでいく様はもどかしくも、上手くいかないことが逆に二人を応援したいという気持ちにさせられました。
30代男性
東大大学院出身で横浜の内閣府経済総合研究所に出向し、自分が描いたとおりの人生設計を過ごしている依子が、30歳を目前に結婚相手を見つけるために奮闘するというドラマです。依子は恋愛経験がなく、超合理主義者であるため結婚は自分の理想の相手との契約だとしか考えていません。何度もお見合いを失敗した後に結婚相談所で出会ったのは、ニートの巧や年下で自分に好意を持つ鷲尾豊。果たして依子は恋というものを知ることができるのか、そして無事に結婚までたどり着くことができるのかが見どころです。「ALWAYS三丁目の夕日」「相棒」「リーガル・ハイ」などの人気作で知られる脚本家・古沢良太氏による初のオリジナルラブストーリーという点も、注目のポイントといえるでしょう。
30代女性
杏さんも、長谷川博己さんも、どちらも好きな俳優さんなのですが、2人も役柄がぴったり合っているとは言えずに、最後まで違和感を感じるドラマかもしれません。なぜなら2人が異性にモテナイわけがない、というルックスだからです(笑)。
30代女性
杏さんと長谷川さんのラブストーリーがとてもよかったです。笑えるところがたくさんあります。不器用な二人が頑張る姿を見ているとつい応援したくなりますし、主題歌もとてもよかったです。ニートを違う言い方をしていたのに笑ってしまいました。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」詳細

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」のあらすじや各話のタイトル、キャストをご紹介します。

あらすじ

内閣府の研究所で働く藪下依子(杏)は、父親から見合いを勧められる。しかし、恋愛経験が無く、結婚は相手との「契約」と捉える依子は、ことごとく見合いに失敗し、結婚相談所に登録。一方、自身を高等遊民と称する谷口巧(長谷川博己)は、女性と新しく出会うことで働く意欲を持って欲しいと願う幼馴染の島田宗太郎(松尾諭)によって、勝手に結婚相談所に登録させられる。依子は巧のプロフィールに記載してある身長や生年月日などの数字が全て素数で構成されていることに興味を持ち、デートをすることになる。

東京から一番近くて、一番遠い都会・横浜を舞台に繰り広げられる、少しビターなロマンチック・ラブコメディー。

各話タイトル

  • 第1話 恋の仕方がわかりません!! 契約で結婚が出来ますか!?
  • 第2話 あなたに寄生したい!! 高等遊民に恋出来ますか?
  • 第3話 初お見合いは未知との遭遇!? 恋愛不適合女を救出せよ!!
  • 第4話 彼女が恋愛できない訳、彼が高等遊民になった理由。
  • 第5話 無理して実行お泊り計画!! 初キスは波乱の幕開け!?
  • 第6話 彼女の実家へ初訪問!! 奇跡呼ぶ涙のレシピが恋の鍵!?
  • 第7話 親の気持ちを子は知らず!? 母の終活決め手は結婚!!
  • 第8話 ついに結納!! 涙の真相告白〜本当の恋がしてみたい
  • 第9話 恋愛できない2人が本当の恋をした 高等遊民誕生の秘密と結婚式の思い
  • 第10話 こんな愛の告白、あり得ない…!? 運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡

キャスト

  • 長谷川博己
  • 国仲涼子
  • 中島裕翔
  • 松重豊
  • 和久井映見
  • 風吹ジュン
  • 松尾諭
  • 平田満

ほか

長谷川博己 主演

2020年1月スタート!
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

中島裕翔 出演

2020年4月スタート!
『SUITS/スーツ2』

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の感想コメント(ネタバレ含む)

30代男性
このドラマで高等遊民という言葉を初めて聴きました。この言葉は今で言うニートのことで漢字にするとすごくカッコよく感じてしまいました。その中年男性と理系女子の恋模様が描かれたドラマでした。二人はかなりの変わり者同士なので考え方もかなり異なっていてすごく異質な感じがしました。でもちゃんと最初はデートをして高等遊民であることを隠して結婚を目指して付き合うことになるのですがニートであることがバレた後は愛想をつかされて一旦疎遠になったりする展開はとても面白かったです。二人の恋の展開を見守ることが凄く楽しかったです。
30代男性
理系女子のことが好きな男性が現れたりして恋の展開も様々に絡み合っていきます。一方高等遊民の方も幼馴染の兄妹の妹の方がその高等遊民のことが好きでアプローチしてきたりします。そんな感じで話がかなり広がっていってすごく面白かったです。ですがやはり高等遊民と理系女子が惹かれ合ってしまうと言う展開がやるせない感じですごく応援したくなってきます。やはりこのドラマの最大の魅力は脚本のセリフ量の、多さにあると思います。俳優さんたちはその大量のセリフを、噛まずに言わなくてはならなかったので大変だったことでしょう。
30代男性
物語の途中で高等遊民がサイボーグ009のコスプレをするシーンがあるのですが、すごく似合っていてカッコ良かったです。高等遊民は身長がとても高いのでアニメから飛び出してきたような錯覚があったように思います。それに確か理系女子の方も009のコスプレをしていたような気がします。その格好をした二人が出会うのですが何故か高等遊民は幼馴染の妹とキスをして理系女子は想いを寄せてられている男性とキスをしてしまうと言う展開がありました。あのシーンはこのドラマを語る上で忘れられないシーンです。初めてみた時は意味が全くわかりませんでした。
30代女性
主人公の依子が面白かった。無愛想で融通は利かない、素数が好き、通勤はバイクで30キロ厳守で初回から面白くてハマった。依子を真似てビーノのバイクを購入してしまったくらい。住まいが公務員の宿舎でオシャレも素っ気もない部屋なのに家電好きであらゆる家電が毎回出てきてちゃんと使ってるのも良かった。高等遊民のニート、長谷川博己がハマリ役でこういうダメな役が合うなと思った。契約結婚なのにお互いが相手の幸せを考えてるとことがグッときて恋愛ドラマとしてちゃんと成り立っている。何度も観たくなるホッとして面白いドラマ。
40代女性
今は3人の子どものお母さんとなった杏が出ていたドラマで、このドラマの杏がとても可愛くて可愛くて、夢中になりました。自称高等遊民、いわゆるニートの谷口と高スペックの依子の恋愛模様のドラマですが、もうこの二人がじれったすぎて見ていて何度も何度も「早く!!」と叫んだことか。でも周りのキャストも味のある俳優さんたちで、依子たちを温かく見守る姿に感動しました。特にこのドラマで印象に残っているのがやはり依子と谷口さんのキスシーンです。恋愛経験が皆無の二人のキスシーンはとても純粋で、でも情熱的にすら感じました。とてもドキドキしました。
30代女性
恋愛経験がまったくない、いわゆるモテない男女が織りなすラブコメディー。男女どちらともが発する理路整然としたセリフ、言い回し、表情どれをとっても今までの恋愛ドラマになかった要素でとても新鮮で面白かった。最初はこの恋愛力ゼロの依子(杏)と巧(長谷川博己)がどうやってこれからくっついていくの?と思っていたが、少しずつお互いを特別な存在と認識し、それをなかなか認められず、でも感情的になってみたりと、なかなか面白い展開だった。依子と和久井映見演じる依子の母(依子にだけ見える幽霊)のかけあいも絶妙。友達とLINEしながら見るのを毎週楽しみにしていました。
20代女性
誰も傷つかないハッピーエンドでほこほこ温まる最終回でした。主題歌もドラマイメージにぴったり!長谷川博己さん演じるキャラクターと、杏さん演じるキャラクター、どちらも現実でわたしの周りにはいないキャラクターで、フィクションならではの面白さが際立っていましたが、もしかすると現実にもひっそりとふたりのような悩みをもち、諦めていたり実は試行錯誤していたりする人がいるのかも?性格や趣味や好みが異なる人同士歩み寄ってするのが恋愛だと思いますが、なかなか難しいなあーと、ドラマを見ながら思っていました。それでもドラマのふたりは、歩みよっていくにつれて、自分を強くしていくような、高めあえる存在になれていたので 現実での恋愛、人付き合いもそんな風にありたいなと思いました。
30代女性
杏さんと長谷川博己さん主演の大人向けのラブコメディーの月9ドラマです。杏さんの丸メガネ姿がとても似合っていて可愛かったし、真面目な女性の役柄も彼女のイメージにぴったりだと思います。相手の長谷川博己さん演じるニート男性のダメっぷりが始めは少しイライラしましたが、振り切っていてだんだんと清々しく思えてきました。2人の勘違いな恋愛テクニックと方向性の違う頑張り方が、突っ込み所が満載でとても面白かったです。ストーリーはラブストーリーでしたが、レトロなファッションも見どころの一つだと思います。レトロなファッションも見どころだと思います。
40代女性
放送スタート前からとても楽しみにしていたドラマでした。第一話から最終回まで毎週楽しみにしていて、早く次の回が見たいとワクワクしながら見ていました。まず何よりも薮下依子(杏)のキャラクターのインパクトさに大ウケ!そして、その依子の全てがきちんとしていないといられない性格に自分の性格と重なる部分が多くて、かなり親近感を覚えていました。谷口巧(長谷川博己)とのハチャメチャなやりとりも大好きで、最終的にハッピーエンドになったのはとてもうれしかったです。実は昔、依子と巧は出会っていて、そこからずっと繋がっていて結ばれることは運命だったんだという背景にはとても心トキメキました。オープニング曲とエンディング曲もとても好きでした。再放送、希望です!
20代女性
このドラマはあんなに綺麗な杏さんが、恋愛について知識はあっても経験がないという役でした。今まで杏さんといえば「できる女性」だったり「きれいな女性」というイメージが強くあったためその役柄にびっくりしました。また、衣装やメイクもせっかくの杏さんの姿を勿体なくしていたのが印象的でした。ずっと真顔で淡々としゃべるシーンが個人的に大好きでした。ドラマ放送後のNG集では早口言葉で恋愛について口論しているシーンが面白かったです。また、「上目遣いするとかわいい」と思い、ピザを食べてチーズを伸ばしながら上目遣いするシーンは今でも忘れられないです。
50代女性
毎週、とても楽しみに視聴しておりました。最近ドラマは初回は見ても連続して見ることが苦痛になっていたのですがこのドラマは毎回笑いあり納得感ありで楽しく見ることができました。主人公の二人が広汎性発達障害を思わせるようなキャラクターでしたが杏さんの役の女性は自分の長所を生かした職につきうらやましいくらいの仕事さばきと自分に正直なところが見ていて気持ちががスッキリしましたし、かたや長谷川さんの役の男性は考えすぎるがゆえの生きづらさを抱えており当時の自分に似たところもあり頷きながら見ることができました。また脇を固める役者さんも好感がもて最後まで幸せな気分で見ることができました。
30代女性
恋愛経験がほぼない二人が結婚に向けてデートを重ねていくドラマです。キャラの濃い二人の掛け合いがとても面白くて、ついつい笑ってしまいます。真面目でなんでも筋書き通りに進めようとする女性と、ひたすら自由に生きていきたいというダメ人間要素満載な男性のデートが毎回風変わりで、でもどこか可愛らしくて微笑ましくも思えます。現実世界ではなかなかこんなにキャラの濃いカップルには出会えないと思いつつ、近くにいたら楽しいなとワクワクしながら見ていました。普通の恋愛ドラマとは違う楽しみ方ができるので、おすすめのドラマです。
30代男性
麒麟がくるの明智光秀役で今を時めく長谷川博己が、ダメダメなニート・谷口 巧を演じている。ヒロイン藪下 依子を演じるのは杏。片やニートのオタク、片やキャリアの国家公務員という二人がおりなすドタバタな恋愛を描く。どう考えても永遠に接点を持てそうにない二人が出会い、恋に落ちる。ドラマでなければあり得ないと言えば確かにその通りなのであるが、それでもやっぱり面白い。脚本はリーガルハイの古沢良太。依子の畳みかけるようなセリフは、リーガルハイの古美門に通じるものがあるかもしれない。リーガルハイを気に入った人ならぜひおすすめしたい。
もっと感想をみる
20代女性
もうすぐで30歳を迎えるであろうヒロインとそのデータの相手役がまさかの35歳のニートでしかも女性に養ってもらいたいと依存する強烈なキャラクターだったので思わず突っ込みたくなるような展開ばかりで面白かったです。
30代女性
理系女子の依子と文系男子巧がケンカになって弾丸トークで言い合うシーンが好きでした。お互いに恋に一生懸命。それなのに空回ってなかなか上手くいかない。良かれと思ってやっていることがことごとく裏目に出たりして面白かったです。フラッシュモブのシーンは笑いからの涙でとても印象に残っています。ドラマの中ですが末永く幸せになってほしいと思えたカップルでした。登場人物もキャラの濃い人たちばかりでそれぞれのストーリーも気になりました。横浜のデートスポットが撮影場所に使われていたので昼の風景も夜景も魅力が溢れていてドラマを見て行きたくなったスポットもたくさんありました。
20代男性
数学に長けたヒロイン杏さんと、自称高等遊民(ニート)の長谷川博己さんの恋愛遊戯が見ものです。見ていると不思議と自分も恋をしてみようと思える作品になっています。また、単なるコメディではなく、お互いに抱える境遇についても丁寧に描かれています。それまで接点が全くなかった、男女が恋愛感情を認知し、交際へと発展させていく様子は見ていてほのぼの、かつ非常に合理的なやり取りで思わずガッテンしてしまうことも多々あります。また、chayさんがうたわれている主題歌もこのドラマをヒットに導いた名作です。とてもストーリーに会っています。
40代男性
可愛らしいドラマでした。ストーリーも面白くてハマりましたが、杏さんと長谷川博己さんの演技が素晴らしく感じた作品です。あの2人は役柄にピッタリ合っていてドラマ全体の雰囲気を良い方向に持っていったと思います。普段あまり恋愛ドラマは見ないのですが、初回から設定やストーリーが面白かったのでずっと見ていました。
20代女性
理系女子と文系男子の不器用な恋物語がギャグ要素がたくさんありとてもおもしろかったです。真反対の2人の最初のデートの噛み合わなさと2人のファッションがとても個性的でした。普通の服じゃないところがよかったです。恋愛ドラマをあまり観ない母も楽しんで観ていました。
30代女性
長谷川博己さんと杏さんのコンビが、すごく面白くて大好きな作品でした。二人ともがオタク体質で、何だかんだ失敗やぶつかりがありながらも、お互いの好きな趣味やお互いの欠点なども分かち合いながら、だんだんと大切な存在になっていくまでの物語がすごく素敵でした。自分のことを高等遊民などといってしまうところは、すごくダメダメですが、どこか憎めない長谷川さんはすごいなと思います。杏さんも、とてもまじめで神経質ではありながらも、徐々に長谷川さんを受け入れていく姿には感動すらしました。杏さんのスクーターに乗っている姿が面白すぎて、大好きでした。
50代女性
私の中で、好きなラブコメドラマの1位と言ってもいいドラマです!東大卒で国家公務員の依子と、ニートの巧。二人とも、29歳と35歳といういい年齢なのに、恋愛経験もなく、恋愛以外でも一言で言うと超変わり者!それなのに、その二人がとてもとても愛おしく思えて、二人の距離が近づくのを毎回キュンキュンしながら見ていました。特に依子は、真面目を通り越して、常軌を逸していると言ってもいいような行動をするのですが、それでもものすごく可愛く見えました。今までの人生では味わったことのない、自分自身の気持ちの変化に戸惑う彼女の姿に、恋の素晴らしさを感じさせてもらえました。最初に現在のシーンを見せて、それからそれにつながる過去のシーンが流れるという、ちょっと変わったドラマの構成になっていて、はじめ戸惑いましたが、慣れてくると、それが面白くなってきました。また、同じメンバーで続編を作ってもらいたいです。
20代女性
恋愛経験のない男女2人の様子を描いたドラマでかなり面白いものだった。自らを高等優等民と言うニートの谷口巧と、仕事はできるが男心などが全くわからない藪下依子の絡みがすごく良かった。でも依子は素直でこうした方が男性が喜ぶ、とか、こうした方が可愛いよと言われた行動をすべて実施しようとしていてすごく可愛いなと思った。その行動が全部ちょっとずつ解釈がズレているところがすごく面白くて、楽しく見れるドラマだった。結局お互いがお互いのことをあまり好きではない感じなのかなって思っていたけど、最後にお互いの必要性を感じるシーンがまた2人が成長した感じがしてよかった。
40代女性
恋に不器用な二人が付き合ってみようとするラブコメディーでした。毎回、めちゃくちゃ笑いました。主演の二人は、高等遊民(フリーター)と公務員でガチガチの理系女子。癖だらけの二人の私生活も、個性的過ぎて面白かったです。理屈ばかり語って上手くいかない二人ですが、時々、ほろっとする瞬間があってこれも良かったです。この先も、ひともめふたもめありそうな予感です。
50代女性
ドラマの主人公は、杏さんと長谷川さんが演じていますがこの二人のカップルがとてもコミカルで面白いです。理系の女子と高等遊民になってしまった男性が、繰り広げる恋の物語が楽しめます。とくに、ニートでありながら「自分は高等遊民だ!」と強気の長谷川さん演じる主人公が不思議な魅力がありました。高等遊民だから専業主夫になりたいという、長谷川さんの役が不思議と妙に説得力があり素敵なカップルだと思いました。長谷川さんだけではなく、杏さんの高い演技力でドラマを楽しむことが出来ました。コミカルなだけではなく、感動も出来る面白さでした。
30代女性
展開が読めず、毎週ドキドキしながら見ていました。杏さん演じる女主人公の頭の固さ、長谷川さん演じる男主人公のヘタレさにイライラしながらも目が離せず、つい見てしまうような不思議なドラマでした。スペシャルでは、ついに本格的な恋愛感情に芽生えたのもキュンキュンしました。
30代女性
杏さん演じる理系女子・依子と長谷川博己さん演じる自称高等遊民の引きこもり・巧の恋愛物語です。それまで恋愛をしてこなかった二人がお互いに対し恋愛感情に気づくまでのドタバタ劇が本当に面白かったです。突拍子もない行動を当たり前のように起こす依子の姿が笑いどころであり、その行動が時々恐怖にさえ感じることがありましたが、恐怖と可愛さが紙一重でそれを演じる杏さんは凄いと感じました。また、「恋」に対して憧れていたことを冷静沈着な依子が感情的に話すシーンには胸が熱くなりました。最後は、腐れ縁ではなく、運命だったと思わせる演出がとても素敵で感動しました。笑いどころ満載ですが、それぞれが抱える問題への不安や苦しさに共感できる部分があり、感動できるシーンも数多くある素敵なドラマでした。
30代女性
今までいろんなドラマを見てきたけど、今までにない雰囲気というかテーマを題材にしたドラマでとても面白いです。ニートなどにそれを堂々と名前を付けて謳歌する男性もすごいけれど、そんな男性と契約結婚をしようとするのもすごいというか斬新でした。ですが、とても合理的でそんな考え方もあるんだなとびっくりしました。そして何より主人公を演じている杏さんと長谷川さんのお二人が二人ともスタイルがよすぎて、なんとも絵になるとても素敵なカップルで、映像としても良かったです。二人が成長しながら素敵なカップルになっていき、ほっこりするドラマでした。
40代女性
主人公が、恋愛を合理的に捉え、結婚までに必要なことを淡々とこなそうと考える姿がおかしく、一つ一つの言動に思わずツッコミを入れながら、楽しく見ることができました。さらに、主人公だけでなくお見合い相手も恋愛が不得手な上お金のために結婚を考えるなど個性が強く、恋愛ドラマが数多くある中でも斬新な作品だと思いました。また、当初はお互いに恋愛感情がなかった二人が、少しずつお互いに惹かれ合ていく姿は見ていて心ときめくものがありました。そして、恋愛感情を持ったがゆえにお互いに上手く接することができない二人の姿が可愛らしく、夢中になって見ていました。
30代女性
テンポのいいラブコメディで、毎週楽しみに見ていました。杏さん演じる理系女子と長谷川博己さん演じる高等遊民(ニート)の不器用な恋なのですが、登場人物が皆ブッ飛んでいるのでなかなか共感はできませんが、つい応援したくなるようなキャラクターばかりでした。毎回爆笑させられるようなコメディ要素が強いドラマなのですが、どのキャラクターにも愛があって、恋愛はもちろん、親子愛も感じられたり、じんわり温かくなったり涙する回もありました。最終話で幼い頃の二人が出会ったくだりが描かれるのですが、その回収も見事。また、杏さんのコスプレも必見です。
30代女性
理系女子こと「リケジョ」と、自称高等遊民ながら引きこもりニートの恋物語です。
恋愛不適合人間の2人が描く恋物語は、二人ともに最初は恋とは気づかず、次第にお互いを意識し始める展開で2人の言い争いで対立や衝突をしながらも、仲睦まじい感じがとても微笑ましかったです。中でも印象的なことは、長谷川博己さんが言った夜空を見上げながら「月が綺麗ですね」という言葉。このドラマの中でも名言といっても過言ではないと思います。愛してるという言葉をいうのは恥ずかしいから、月はきれいですねと例えた夏目漱石の言葉なのですが、その言葉を使ったのがなんとも高等遊民らしいと感じました。月9も恋愛ものは少なくなってきている印象を受けますが、このドラマは恋愛ものではあるが、なんとも微笑ましくて可愛く思えました。杏さん、長谷川博己さんのキャスティングも最高でした。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」出演者おすすめ作品

  • 偽装不倫
アラサー独身女子の主人公・鐘子がおひとり様旅で偶然出会った年下男性にひょんなことで自分が既婚者だと嘘をついてしまい・・・。そこから始まる恋と嘘、そしてふたりと家族の行方にも注目です!主演は杏、共演に宮沢氷魚、仲間由紀恵、谷原章介、瀬戸利樹など。

長谷川博己

  • 家政婦のミタ
2011年に放送された松嶋菜々子主演の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」。”ミタさん”が家政婦として務める阿須田家の若き父親役を長谷川博己が演じます。優柔不断で4姉弟の父親になりきれてないダメ男っぷりがはまってます!