ディア・シスター(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴(キャスト:松下奈緒 / 石原さとみ)

帝一くん
松下奈緒×石原さとみW主演!共演にEXILE/3代目JSBの岩田剛典。

美人で真面目が取り柄の葉月、愛されキャラで自由人の美咲。疎遠だった姉妹が再び会うことになり運命が動き出すヒューマンラブストーリー。

この記事では、ドラマ「ディア・シスター」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法(配信状況)をわかりやすく解説していきます。

視聴リンク

ドラマ「ディア・シスター」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴(関西テレビは個別課金あり)

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『ディア・シスター』動画配信サービス配信状況

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2019.10.28

ドラマ「ディア・シスター」詳細

イントロダクション

性格も生き方も全く違う凸凹姉妹が、傷つけ合いながらもお互いに足りない部分を補い合って共に生きていく、ちょっぴり切ないラブコメディー。 自由奔放で天真らんまんな妹と真面目で不器用な姉、2人の姉妹が物語の主人公。高校卒業と同時に姿を消し、音信不通状態だった深沢家の2人姉妹の妹・美咲(石原さとみ)が、姉・葉月(松下奈緒)の前に突然姿を現して、それぞれの人生に波乱が・・・。丁々発止の口ゲンカなど、凸凹姉妹が魅せる“姉妹あるある”は必見。さらに、2人が抱えている誰にも言えない秘密とは? 三角関係にとどまらない多角関係に絡み合う大人の恋愛模様の行方は? “姉妹の絆”だけでは語れないラブコメディー。

キャスト

石原さとみ/松下奈緒/岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)/平山浩行/森カンナ/田辺誠一/堀内敬子/片平なぎさ 他

▶︎岩田剛典出演最新ドラマ
【第1話から全話まで】ドラマ「シャーロック」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ
https://teiichi.jp/sherlock-douga/

ドラマ「ディア・シスター」見どころ

30代女性
石原さとみさんと松下奈緒さんが姉妹を演じています。恋にも生き方も奔放な妹と、堅物で融通のきかない姉で正反対の二人が対立しながらもよき理解者になっていくところが見どころです。ケンカしながらも仲良かったり、姉妹っていいなと憧れてました。
30代女性
松下奈緒さんがしっかり者の姉を、石原さとみさんが自由奔放な妹を演じるドラマです。妹に今までたくさん迷惑をかけられた姉ですが、恋愛、仕事、結婚、妊娠、病気など2人に巻き起こる出来事で姉妹仲が深まっていくストーリーです。これからさらに人気が出てくる前の三代目JSB岩ちゃんが出ているのも見所です。
40代男性
自由な妹、美咲と真面目な姉の葉月のお互いとても姉妹思いで、時には傷つけたり協力し合ったりなストーリーはとてもおもしろかった。 兄弟っていいなと思えるドラマ。また美咲とはちの関係もあんな親友いたらいいなとうらやましく思ってしまった。 何度も見たくなるドラマです。

視聴者からのネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
2014年に木曜劇場枠で放送されたドラマ「ディア・シスター」は、体格も性格もことごとく異なる姉妹の姿を描いた作品である。真面目で几帳面が特徴の姉・深沢葉月と、天真爛漫で周囲を振り回す美咲の2人が主人公だ。物語は葉月のもとに妹の美咲が転がり込むところから始まる。昔から大切なタイミングで姉をトラブルに巻き込み続けていた美咲は、数年ぶりに再会した今回も葉月の穏やかな暮らしを壊しにかかる。ただ葉月は妹がいなくとも生きていけそうに思えるが、不器用であることが弱点で、美咲にその点を補ってもらうこともある。そうしてお互いの仕事や恋愛模様、家庭の事情を織り交ぜながら進行していく、複数の要素を伴ったラブコメディーだ。

各話ネタバレ

第1話
深沢美咲(石原さとみ)は妊娠検査薬で検査を行い、ここで初めて妊娠を知る。一方、姉・葉月(松下奈緒)は婚約者・達也(平岡祐太)に結婚の話をするも、達也は気が乗らない上、誕生日すら仕事が忙しいと一緒に祝う気がなかった。
沈んだ気持ちで帰途につくと、高校卒業以来音信不通の妹が現れる。葉月は今まで大切な場面になると、妹に邪魔をされてきた。結婚こそ邪魔されたくないと告げる。しかし、いつもの調子で要領よく家に居座る事になる。酒に酔った葉月の傍で美咲は、姉について調べ始めた。美咲は同級生のハチこと永人(岩田剛典)から、調査を依頼していたある男性の行動を報告される。そして死ぬまでにしたい
10の事をつづり始める。達也は葉月の誕生日にプロポーズし、美咲は二人を祝うが酔いつぶれた彼の携帯を見て衝撃を受ける。退職願まで出した葉月だが、ある日美咲は婚約者の達也とベッドを共にしているのを見つけ激怒する。のちに葉月は、美咲の携帯から達也が同僚との浮気現場を見つけてしまう。
第2話
葉月は勝手気ままな妹・美咲の愚痴を言いながらも同居を続けている。櫻庭宗一郎(田辺誠一)の方では、美咲に電話をかけるが繋がらない。都内に引っ越すことになった宗一郎が区役所に行くと、高校時代の教え子だった葉月と再会。恩師との再会に喜ぶ葉月だったが、実は宗一郎は美咲と2ヶ月半前に再会し、関係を持っていたのだった。真剣に付き合いたいと言う宗一郎を拒む美咲。
そんなある日、
2人の母・深沢七重(片平なぎさ)が婚姻届を出しに区役所に来る。最初は再婚に反対した葉月だったが、再婚相手である渋川(渡辺裕之)の誠実な態度にほだされ、再婚に賛成するようになる。一方、美咲は葉月に恋心を寄せる萩原陽平(平山浩行)の所に農業体験に訪れる。しかし立ちくらみで倒れ、陽平の姉・香織(堀内敬子)に妊娠がバレてしまった。美咲は陽平にお姉ちゃんが好きなら今日のことは黙っておいて欲しいと言う。ノートに書かれた次の課題は「お姉ちゃんに仕事を辞めさせる」だった。
第3話
葉月は婚約が解消されたため、退職する予定だった職場に仕事を継続する意思を伝えようとする。しかしそんな時に彼女が居づらくなるような怪文書が出回る。葉月の妹の美咲は、それを良いきっかけだと捉え、夢だったドレスデザイナーになることを勧める。
美咲は葉月に内緒でコンテストに応募し、それが一次審査を通過する。本審査に使用するドレスをどう作れば良いのか迷う葉月だったが、元婚約者の力を借りて完成させ出展にまで至る。最終的に入賞したことで、葉月は職場を辞める決心をする。その一方で美咲は、姉に仕事を辞めさせるという目標を達成しながら、コンテストの件で感謝されたことに満足していた。そしてまた新しい目標を立てるのだった。
第4話
キャバクラの仕事を終えた帰宅途中に背後からの視線を感じた美咲。結局誰もいなかったが不安は拭えない。一方、宗一郎と食事をした葉月はますますその思いを強くする。葉月が帰宅すると母の七重がおり、辞表を取り下げてもらいなさいと区役所の仕事を辞めた娘を叱った。
美咲には2400万円貯めるという目標があり、それを上客の清水(前川泰之)にももらったプレゼントを本人の目の前で質屋で換金しながら告げた。
そんな折、葉月にも節約をしてほしいと美咲は言う。銀行もネットバンクの方がお得だし、マンションの更新手続きも、自分が手続きをしておくからと葉月に告げる。あくる日、葉月はネットバンクの登録をしたが、そこで口座から100万円引き出されていることに気づいた。美咲が犯人かと疑ったが、実は母がやったことだった。
第5話
美咲の姉である葉月の家に訪問していた宗一郎が、偶然に母子手帳を落としてあるのを見つけることからスタートする。それは美咲が落としたもので、見た途端、慌てて帰ってしまった。後から美咲に「誰の子だ。」と聞くのだが、美咲は永人の子だと思いつきで答えてしまう。葉月は宗一郎のことが好きだったが、慌てて帰ってしまうことにショックを受け、宗一郎は美咲のことが好きなのだと気づいてしまうのであった。
宗一郎は永人と美咲が付き合っていると思っていたが、永人に聞くと付き合っていないと言う。それならお腹の子は誰の子だと疑問に思う。宗一郎は告白のメールを美咲に送信しているのだが、葉月によって削除され、その思いは届かなかった。削除したことに気づいた美咲は葉月を責め、家を飛び出し永人にお腹の子のことを打ち明ける。
第6話
美咲は永人に、お腹の子の父なのは宗一郎であること、妊娠して15週目になったことを告白し、しかも人には言えない秘密も打ち明ける。その秘密は20歳になった時にSLE(全身性エリテマトーデス)という病気を患い、医師から完治しない病気を発症していることだった。薬を飲んでいるのだが、妊娠・出産によりさらに悪化を招くことがあると話す。それを聞いた永人はびっくりするものの協力することを決め、本当の夫婦のように装うのであった。
姉の葉月とメールの削除の件で喧嘩をしてしまい、ぎくしゃくした関係が続いているが、母の七重が毎年、恒例の家族旅行を提案する。行先は熱海で温泉旅行をしようとし、そこに陽平と永人の二人も誘われ、一緒に行くことになる。
第7話
宗一郎から言われた「お腹の子供のDNA鑑定をして欲しい」の一言に困惑を隠せない美咲。美咲が悩みを相談できる相手は唯一無二の存在になると宣言する永人一人だけである。美咲の悩みは自身の病気の事や将来への漠然とした不安、そしてDNA鑑定により宗一郎の子供と判明確定した時、お腹の子供の親権が宗一郎に奪われるのではないか?ということだった。永人は「見習いの弁護士が友人にいるから紹介するよ」と言ってくれた。一方、葉月は陽平から横断歩道での突然のプロポーズを受け大いに驚き戸惑い、陽平はプロポーズ後の突拍子もない行動言動に落胆し、ため息ばかりで仕事が手につかない様、その様子を見た陽平の姉の佳織に酷く心配されている様であった。
第8話
永人のトレーラーハウスで倒れてしまった美咲は、39度の高熱を出してしまい、スケートボードの練習からちょうど帰ってきた永人が見つけてくれ介抱してくれたおかげで熱も下がる。通い慣れた病院へ行った美咲は医師から無理をしたと言われ、妊娠中だから安静にしてないと駄目だとくぎを刺され、立ち仕事もしない方がいいと言われる。決まった就職先も辞職するしかなく、愛されキャラの美咲はブティック店長に気に入られていたため残念がられるが、仕方なくその場を立ち去るのだった。
葉月は新しい道を切り開こうと動き出していたが苦難の連続で、ドレスデザイナーになるために大手メーカーへと面接に行ってもデザイナーやパタンナーの勉強をした事も、経験もないため落とされる。そんなときに、小さいドレス工房が忙しくて猫の手を借りたいほどなので仮採用してもらうことになったのだった。
第9話
美咲は永人のトレーラーハウスで朝を迎えて出かける準備をしていたが、今日は産婦人科の定期健診で二人で一緒にいくことになる。エコー映像を見ながら永人は自分のことのように喜んで、性別が女の子とわかって名前も考え始める。美咲に対しても大事に思っていると言って、今度の大会で優勝をしたらと・・と言おうとするがやめてしまう。
トレーラーハウスへ美咲が戻ると葉月が来ていて、思い出の「死ぬまでにしたい10の事」を書いたカードを見せるのだった。懐かしんでみる二人は葉月の名前の由来の話題になって、美咲が言った葉月の思いもしなかった肯定的な由来に驚いた。そして少し早い誕生日プレゼントと言ってスニーカーをプレゼントする。
第10話
美咲は無事に退院し、姉と一緒に自宅に戻る。姉の葉月は、妹に対して永人からのプロポーズについて尋ねた。美咲は、いつも近くにいる永人に対して自分がどのような気持ちでいるかわからないと話す。
葉月の結婚式が近付いたため、美咲は葉月に変わり引き出物を永人と一緒に選ぶことにする。結婚式に切るためのドレスをつくっている葉月は、子どもが生まれても妹のことが心配だと親友の和子(森カンナ)に話していた。美咲が恋人のトレーラーハウスに戻ると、永人と宗一郎の父親(清水紘治)が来ていた。永人は父親に美咲と結婚したいと伝えるものの、父親からは反対されてしまった。美咲は迷惑をかけたくないため、永人に結婚は無理だと言うのだった。妹の本当の気持ちを知る姉の葉月は、永人の父に会いに行き土下座をしてまで結婚を認めてもらえるよう頼むのだった。
葉月と陽平の結婚式の日、葉月のデザインしたドレスに感動していた美咲だが、葉月に今日は自分の結婚式じゃなく美咲の結婚式だと言われ、永人がタキシード姿で
「結婚しよう」と改めてプロポースそして父親も賛成して祝福したのだった。
出産予定日まであと1ヶ月という時、帝王切開することになり美咲は葉月に
「もしもの時はお願いね」と告げた。そしてこれまでの葉月とのことを思い出しながら手術を乗り切り、無事女の子を出産したのだった。

視聴者からのコメント

20代女性
葉月は一人暮らしをしていますが、妹の美咲が転がり込んできたことで生活が一変します。美咲はトラブルメーカーで、昔から何かとトラブルに巻き込まれてきました。性格も正反対の姉妹で、姉の葉月は几帳面で真面目、妹の美咲は異性関係もだらしなく部屋も散らかり放題で葉月は何とか美咲を追い出そうとしますが上手くいきません。それどころか自分の婚約者と妹がベッドにいるところを見つけてしまいます。しかし、妹が自分のためを思っての行動だったことに葉月はやがて気付きます。姉妹の絆が深まっていく感じが素敵でした。
20代女性
姉妹それぞれがお互いを思いやる気持ちとか、心配するからこその苛立ちとか見ていて凄く共感できます。不器用なやり方だけど、妹の美咲が姉である葉月の幸せのためにと行動する姿は愛にあふれていて感動しました。姉妹喧嘩のシーンが結構リアルで面白いです。 それぞれがちゃんと幸せになってくれて、最後は暖かい気持ちになれます。ハチみたいな男性がいたら奇跡です。素敵過ぎます。
20代女性
石原さとみさんがめちゃくちゃ可愛くて可愛さに圧倒されてしまいます。岩田さんと石原さんの美男美女コンビに目の保養です。なんでもかんでも突っ込んで行くさとみちゃんの次女感が似合っていて、岩ちゃんとの結婚式は、とてもよかったです。
30代女性
石原さとみちゃんの演技がやはりうまくて可愛いかったです。個人的には私もヤンチャな方なので、松下奈緒さんみたいな姉が欲しいなって思いました。また平山さんとさとみちゃんのやりとりもなんとも言えずで、面白かったです。
30代男性
こんな姉妹いいな、こんな友達関係いいなと思えるドラマ。美咲が姉の葉月の為に色んなことをするのは姉が大好きだからなんだろうが、正反対の姉妹のストーリーはとてもおもしろい。またそれぞれの恋の行方も気になりついまた見たくなるようなドラマで楽しい。
見どころコメントの続きはコチラ
20代女性
回が進むにつれて、ストーリーがむちゃくちゃになり、よくわからなかったです。しかし、石原さとみさんがとにかく可愛い。喜怒哀楽がしっかりとした役なので、表情がコロコロ変わって、小悪魔で。カジュアルな服装からキャバ嬢、最後はウエディングドレスまで。石原さとみさんが大好きな私にとっては見ていてとても楽しいドラマでした。
20代女性
松下奈緒さんと石原さとみさんの姉妹がとても素敵な関係だと思いました。妹が姉の彼氏と浮気をするなど、姉の人生の邪魔をしたいだけのような感じに受け取られてしまう行動ですが、その裏で姉に幸せになってほしいという気持ちが隠されており、家族の絆が描かれていました。シェネルさんの主題歌もとても素敵でドラマに合っていました。
30代女性
石原さとみさんと、松下奈緒さんを姉妹役で共演させるとは、随分、思い切ったキャスティングだなと思いました。ストーリーも、2人の関係も、ドラマの最後までなんだかしっくりこなくて、石原さとみさんはどことなく演じにくそうに見えました。
20代女性
石原さとみさんがとてつもなく可愛くて、岩ちゃんがとてもかっこよくて、美男美女の結婚式は、めちゃくちゃ目の保養で、毎回キュンキュンが止まりませんでした。石原さんのちょっとムカつくけど、憎めない感じがよかったです。
30代女性
石原さとみと松下奈緒が姉妹役。岩田剛典のドラマ初出演作。何年ぶりかに再会した姉妹。そこには、妹のある秘密があった。石原さとみ演じる美咲の破天荒だけど、恨まない可愛い役にハマってしまいました。美咲が持っていた鍵付きの手帳も可愛くて自分でも欲しくなりました。
30代女性
とにかく、石原さとみさん演じる美咲が可愛かったドラマです。お姉ちゃん役の松下奈緒さんも、役がぴったりでとてもよかったです。妹って、ほんと世渡りがうまいというか、いいところを持っていくよな〜と感じました。
20代女性
美咲のぶっとんだ性格はけっこうびっくりしました。永人のピュアな想いも良かったです。美咲の「死ぬまでにやりたいことリスト」はびっくりしたけど、お姉ちゃんのことが本当に好きなんだなと思いました。美咲がぶっとんだ性格だからこそできたことも色々あったのかなと思いました。
30代女性
松下奈緒と石原さとみが姉妹役として出演していました。石原さとみの破天荒な妹の演技が意外とあっていて可愛かったです。松下奈緒のお姉さん役もしっかり者でいいお姉さんだなと思いました。石原さとみの彼氏役の3代目JSBの岩ちゃんも格好いい彼氏だなと思いました。