第4話・「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(2019・第6シーズン)」(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう!【走れない金メダル候補・・】

ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)
帝一くん
【第3話のおさらい】政治家の失言問題から始まりモデルとしているのかも知れませんが、大門は政治家と話した印象から病気の内容を見抜き手術の内容で意見が分かれます。それとその中で病院同士の話し合いもあり政治家と言う事で名声とお金があり手術と長引かせようとする意見とその中で手術をしたい大門は意見が分かれて追い出されてしまう事になります。その意見が対立しているの垢で蛭間院長が復帰してまた更に話を複雑にさせて物語は進んでいきます。その中で麻雀をしている中で一つの言い回しから病気の矛盾を気付こうとする大門。その中で蛭間が部下たちの飲み会で何かの違和感に気が付き病院に無断でオペをする状況になってしまい、そして別の病気があると言う事を発見する事になってしまう・・・

この記事では、ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」を【第4話】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第4話】ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」動画視聴リンク

ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」は
日本最大級のVOD配信サービス「U-NEXT」で
第1話から全話までフル動画配信が決定!

過去の『ドクターX』シリーズも見放題!全動画フル配信中です!

初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に完全無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!
→ドラマ1話分が無料に!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • 国内外のドラマ、映画、アニメ、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画が配信中!その中の【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります

☆「U-NEXT」ユーザーレビュー

30代女性
U-NEXTを利用していました。申し込み当初、特典として30日の無料利用期間があり、更に見放題作品も見ることができるプランだったので、以前はまっていた海外ドラマの1シリーズ全てを見ることができ、大変良かったと思いました。しかし、無料期間が過ぎてそのまま継続すると、毎月980円かかり、だんだん見たい作品が少なくなってきました。そして、解約することとなり、引き続き見たい作品があった時だけ、有料で都度見るようになりました。メリットは無料期間見放題であったことです。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第4話 見逃し動画 2019年11月07日(木曜)21:00放送

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は11月07日放送後〜11月14日放送開始直前まで)

※TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『U-NEXT』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

U-NEXT

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第3話】「ドクターX」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第5話】「ドクターX」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第4話】ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」の詳細

■ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」第4話あらすじ

世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、強化合宿先から緊急帰国。「東帝大学病院」に極秘入院する。
 さっそく、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)は大門未知子(米倉涼子)や海老名敬(遠藤憲一)を除いた少人数だけでカンファレンスを実施。AIの診断のもと、四日市は膝の滑膜肉腫ステージⅢだと判明する。
 潮らが提案したのは「腫瘍を広範囲で切除したのち、人工関節に置換する」という術式。しかしその方法では、日常生活に支障はなくとも、陸上競技に復帰することは困難なため、四日市はその術式を拒否!「半年で走れるようにならないのなら退院する」と言い放つ! その様子を見ていた未知子は、潮にある進言を…。

 そんな中、「東帝大学病院」に潮の母・四糸乃(倍賞美津子)がやってくる。たまたまロビーで四糸乃と出会った未知子は、彼女から潮の母親だと名乗られるが、その後医局で会った四糸乃から初対面のような対応をされ、困惑する。
 検査の結果、AIがはじき出した診断は「アルツハイマー型認知症」。潮はその事実を四糸乃に告げるが、未知子はそのAI診断にも疑問を抱き…?

【出典:ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜」第4話あらすじ

■キャスト

大門 未知子(だいもん・みちこ)(42)
米倉 涼子
大学病院の医局に属さず、怪しい医師紹介所「神原名医紹介所」に所属しながら、様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。勤務時間は絶対厳守。医師免許不要の雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。自身も自分の腕に絶対の自信を持っている。誰に対しても物怖じせず、言いたいことを口にするため、医局の面々とは折り合いが悪い。趣味・特技が手術だが、手術以外のことにはもっぱら弱い。病院勤務のみならず「船医」「軍医」まで経験したという噂もあり、意外なところに人脈を持っている。第5シリーズで後腹膜肉腫を患い、余命3カ月と診断されるが、奇跡の生還を果たした。
米倉涼子が出演するおすすめドラマ5選

海老名 敬(えびな・たかし)(55)
遠藤 憲一
「東帝大学病院」の外科副部長。蛭間をはじめ権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で“名ばかりの執刀医”となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったり…と、未知子のおかげで評価を受けてきた。出世欲が原動力のすべてのようだが、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)(39)
内田 有紀
フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。「帝都医科大学付属第三病院」に勤務していた頃に大門未知子と出会ったことで、フリーに転身した。現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

内田有紀が出演するおすすめドラマ5選

加地 秀樹(かじ・ひでき)(54)
勝村 政信
「東帝大学病院」の外科医・准教授。「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

原 守(はら・まもる)(44)
鈴木 浩介
「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。

神原 晶(かんばら・あきら)(71)
岸部 一徳
「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)(67)
西田 敏行
「東帝大学病院・知床分院」の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、「東帝大学病院」病院長の座から転落した。第5シリーズで再び「東帝大学病院」院長に返り咲くも、収賄疑惑をかけられ、東京地検特捜部に逮捕されてしまう。

追加キャストの情報をみる!

★2019年9月19日付、追加キャスト更新

鮫島 有(さめじま・ゆう)(42)
武田 真治
丹下の使用人。「東帝大学病院」の新事務長に就任する。
ミステリアスな男だが、丹下の右腕として病院の金庫番・広報マン・危機管理担当の役割を担う。
ニコラス丹下を誰よりも崇拝している。

浜地 真理(はまち・まり)(54)
清水 ミチコ
次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として丹下が「東帝大学病院」に呼び寄せた教授で、権威や権力を何よりも重んじている。「“切った張ったの外科治療”はもうすぐいらなくなる」という考えの持ち主で、高額な薬を使った内科治療を患者に勧めるビジネス営業マンのような内科医。

村崎 公彦(むらさき・きみひこ)(35)
藤森 慎吾
「東帝大学病院」の外科医。丹下により、ドイツの病院から引き抜かれた。「医療はビジネス」と割り切り、患者の回転数を上げるため、AIシステムの活用を推し進めるべき、と主張している。AIの情報は信じるが、人間の話にはあまり耳を貸さない。

大間 正子(おおま・まさこ)(24)
今田 美桜
「東帝大学病院」の看護師。看護師長から注意を受けるほどの残業・夜勤で働きづめだが、すべては青森の実家に仕送りをするため。まだ幼い弟たちを養うため、内緒で他の病院でも夜勤のバイトをしている。感情が高ぶると、つい津軽弁が出てしまう。

多古 幸平(たこ・こうへい)(28)
戸塚 純貴
「東帝大学病院」の外科医。頭が良く優秀だが、ハングリー精神はない。医師の働き方改革を遵守し、定時で帰るため、なかなか育たない。

伊倉 瑠璃(いくら・るり)
河北 麻友子
「東帝大学病院」院長秘書。「グローバル化の波に乗り遅れまい」とした蛭間院長が雇った帰国子女で、英語が堪能。同じく外国帰りの村崎と、英語で軽妙な会話を交わすことも。

ニコラス丹下(にこらす・たんげ)(60)
市村 正親
財政危機に直面した「東帝大学病院」を再生させるために蛭間が招聘した投資・事業再生のプロフェッショナル。『東帝大学病院リバースプラン2020』を打ち出し、副院長に就任する。「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれ、これまでに潰れかけた病院や会社をいくつも救済。「私に救えない企業はない」を決めゼリフに今の地位まで上り詰めた。幼い頃に両親が経営する工場が破綻し、一家離散。奨学金で医学部に行き、医師免許を取得した。その後、ビジネスの世界に入り、経営者として手腕を発揮。ブラジルの日系二世だが日本語は堪能。

■公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

【第4話】ドラマ「ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」視聴者からのネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
晶さんがネコに朝2回ご飯をあげたりして認知症みたいな気配をみせる中、陸上界短距離エースの四日市選手が足の故障で海外合宿から帰国したことがニュースで流れる。四日市選手は東帝大病院に入院するが、人工関節にする手術は自分の選手生命を奪うものだとして、潮外科部長の治療方針に反発する。大門未知子は1階のロビーで潮の母・四糸乃に出会うが、息子は手術が下手だと四糸乃に伝える。医局まで来た四糸乃に潮は驚くが、自分の母親をAI診断にかけて85%の確率でアルツハイマー型認知症との診断が下る。しかし、大門未知子は四糸乃が方向感覚を失っておらず、その他の症状から特発性正常圧水頭症であると判断し緊急オペを行う。AIが診断した「その他3%」の中に隠れていたのだ。「AIに頼るのではなく、自分の頭で考えろ」と大門から言われる潮。四日市選手のオペについても、AIが下した方法ではなく自分で調べて考えた結果、自家培養軟骨移植でいけることに気付く。それを大門に伝える潮であったが、「問題があとひとつある」と言われる。四日市選手のオペに入る潮であったが、思った以上に癌が浸潤しており手が進まなくなる。「手術が下手」というのを気にした四糸乃から発破を掛けられ、再びやる気を出すが案の定ミスをしてしまう。そこへ大門が現れるが、難しいオペで患者のQOLが大事だと潮から言われるが、「私失敗しないので」とそのまま手術を続行し成功させた。

■感想

30代女性
今回のような有名な人物が入院してくると利用しようとする蛭間院長がめちゃくちゃ面白かったです。そして海老名がいつからか敵対することなく大門未知子を信用して難しそうなオペをさせようとするのも笑えました。そのことによって今回は名医紹介所に高額の報酬を丹下も払ったので定番の展開ながらも良かったです。
40代女性
毎回なんだかんだですっきり終わるので大好きなドラマです。今回は潮先生がAIの誤診を自分のお母さんにしてしまっていてぞっとしました。なんでも機械に頼るのは本当に怖いし、ドラマなんだけど実際にあったら怖いです。そして潮先生いつにも増して素直じゃないというかほんとうにいけ好かない奴だなと思いました。そして今回のオチも最高でした!
50代女性
四日市という金メダルを期待される陸上選手が入院してきて症状は深刻で選手生命が危ぶまれましたが、未知子から刺激を受けた潮医師が治療方法を見つけてオペをするシーンは面白かったです。でも未知子がオペ前に指摘していた問題があり何かと思っていたら潮の腕前だったことに笑えました。次も楽しみです。
30代男性
倍賞美津子が潮の母親役で出演していたが、歩行障害の表現や、アルツハイマーではなかったけれど物忘れをしてしまうことへの怯えは違和感を覚えなかった。
四日市の手術中に怒鳴りこんできての会話は、クスッと笑えた。
潮が大門に対して借りができたが、最後になにか影響がでるのだろうか。
 
40代男性
第4話では、潮が四日市清昭の手術をするシーンが印象的でした。潮の母親がモニター室から声をかけると、潮は動揺してしまいました。潮は、精神面を鍛えれば良い医師になると思いました。大門未知子は、潮の弱点に気が付いていたので、手術のサポートに入ったのだと思いました。

「ドクターX」シリーズ関連作品リンク

▶︎<第1シーズン・2012年>『ドクターX』 ▶︎<第2シーズン・2013年>『ドクターX』▶︎<第3シーズン・2014年>『ドクターX}▶︎<第4シーズン・2016年>『ドクターX』▶︎<第5シーズン・2017年>『ドクターX』