第2話・「左ききのエレン」(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう【パパの手はそうじゃなかったんだ】

左ききのエレン
帝一くん

【前回のおさらい】広告代理店勤務4年目のデザイナーである朝倉光一は、目まぐるしい日々を送っていた。光一の憧れの存在であり上司である神谷雄介から、競合案件の大きなキャンペーンのロゴデザインを任されるが、なかなか思うようにいかない。仕事の早い神谷がフォローしてくれたこともあり、光一は何とか完成させてプレゼンする。そして見事にそのキャンペーンを勝ち取ったという報告を聞き、光一は心から喜ぶ。しかし、所属するクリエイティブ局の局長である古谷真治から、経験不足を理由にこのキャンペーンの担当から今後は外れるように言われてしまう。心配してくれた神谷にも強く当たってしまい落ち込む光一は、ある場所を訪れて生まれて初めて天才に出会えたと思った、高校の同級生である山岸エレンのことを思い出す・・・

この記事では、ドラマ「左ききのエレン」の【第2話】
を無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第2話】ドラマ「左ききのエレン」動画視聴リンク

ドラマ「左ききのエレン」は日本最大級のVOD配信サービス「U-NEXT」で
第1話から全話までフル動画【独占】配信が決定!!
2019年10月22日から配信!(毎週火曜深夜2:00~)

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!→ドラマ2話分が無料に!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • 国内外のドラマ、映画、アニメ、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画が配信中!その中の【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります

☆「U-NEXT」ユーザーレビュー

30代女性
画質・音質がとても良く見やすかったです。10代女性向けなど、若い世代が好む映画やドラマ、アニメが豊富で全然見飽きません。また、新しくラインナップされる映画やドラマ、アニメも多いためこれからも継続して利用したいと思えるアプリです。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第2話 見逃し動画 2019年10月29日(火曜)放送分


※公式の無料動画配信サービスのTVer、MBS動画イズムは毎週木曜12時に最新話が更新されるので放送終了後にすぐ見ることが出来ません。すぐにご視聴したい方は「U-NEXT」でのご視聴をオススメします。

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は次回放送開始前まで、毎週木曜12時に最新話を追加)

※TVer、MBS動画イズムでの見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『U-NEXT』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴(2019年10月22日、毎週火曜深夜2:00~より独占配信)

U-NEXT

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第1話】ドラマ「左ききのエレン」見逃し動画無料フル視聴はこちら

▶︎【第3話】ドラマ「左ききのエレン」見逃し動画無料フル視聴はこちら

【第2話】ドラマ「左ききのエレン」詳細

■ドラマ「左ききのエレン」第2話あらすじ

第2話
パパの手はそうじゃなかったんだ
広告代理店で働く朝倉光一(神尾楓珠)は、予算3億のキャンペーンをめぐる競合に勝利したものの、その後のメンバーからは外され、やりきれない想いを抱えていた。そんな時、同期の朱音優子(田中真琴)から渡された雑誌に、かつて高校時代に対抗心を燃やしていた山岸エレン(池田エライザ)の姿が…。
その頃エレンは、加藤さゆり(中村ゆりか)のサポートのもと、ニューヨークで画家として活動するも、過去のある呪縛に囚われ、新たな作品が描けずにもがき苦しんでいた…。

【出典:公式HP ドラマ「左ききのエレン」

■キャスト

神尾楓珠 池田エライザ
石崎ひゅーい 中村ゆりか 今泉佑唯 吉村界人 田中真琴 久保田紗友
八木アリサ/丸山智己

■公式SNS

公式サイト 公式Twitter 公式Instagram

【第2話】ドラマ「左ききのエレン」視聴者からのネタバレ解説・感想

■第2話「パパの手はそうじゃなかったんだ」

ネタバレ解説
一度は気持ちを高揚させたものの、やはり仕事にやる気が出ない光一。同期で営業の優子からアートの雑誌を渡され、見るとエレンが載っていた。高校時代、エレンは幼少時の父の死から立ち直れていなかった。光一は、さゆりから誘われ、美術学院の見学に。そこにエレンがいたが、落書きを描いていた人物だとは気付かない。学長の海堂は、エレンの父が芸大の先輩で、エレンは幼少時からここに通っていたと話す。その帰り、さゆりは光一に、同じ道を行きたいと言うが賛成されない。光一の言葉を聞いていたエレンは、その後、光一とさゆりが絵を描いているのを見る。その絵を下手だと言うエレン。光一は、落書きを描いていたのはエレンだと気付く。エレンは、光一に攻撃的になり、ふたりはケンカになってしまう。光一は、エレンに諦めない気持ちをぶつける。エレンのことを思い出し、仕事を進める光一。後日、神谷に言われCMの仕事の打ち合わせに向かうと、営業の人間が3人来ていた。

■感想

30代男性
エレンの父親が自殺したのがとてもビックリしました。エレンが壁にスプレーで絵を書いているのがビックリしました。エレンが雑誌に載っていたのが驚きました。さゆりと光一がとても仲良しなのがとても面白くてよかったです。