【第1話から全話まで】ドラマ「左ききのエレン」を見逃し動画無料フル視聴しよう

左ききのエレン-ドラマ動画
帝一くん

天才になれなかった全ての人へー
広告代理店を舞台に、本当の「自分」を発見するために、がむしゃらにもがく若きクリエイターたち。

“何者か”になりたい凡才、デザイナーの朝倉光一(神尾楓珠)と
不器用に生きる天才、ニューヨークでアーティストとして活動するエレン(池田エライザ)

2人の青春群像劇が今、開幕する。

この記事では、ドラマ「左ききのエレン」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【放送情報】
MBS/TBSドラマイズム枠にて2019年10月20日から放送開始
MBS:毎週日曜深夜0:50~ TBS:毎週火曜深夜1:28~
※初回放送 MBS:10月20日(日)深夜1:15~ TBS:10月22日(火)深夜1:28~

【最新話】ドラマ「左ききのエレン」動画視聴リンク

ドラマ「左ききのエレン」は日本最大級のVOD配信サービス「U-NEXT」で
第1話から全話までフル動画【独占】配信が決定!!
2019年10月22日から配信!(毎週火曜深夜2:00~)

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!→ドラマ2話分が無料に!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • 国内外のドラマ、映画、アニメ、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画が配信中!その中の【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります

☆「U-NEXT」ユーザーレビュー

30代女性
通常は月額料金1990円(税抜)しますが、はじめて登録する人はまず31日間無料でお試しすることができます!動画配信サービスの中でも高いように感じていましたが、1200分ポイントで還元されるし、無料登録期間中でも600ポイント貰えるので、かなりお得だと思います。新作作品を見ることが出来ますし、作品のダウンロードもできます。いろいろな動画配信サービスを利用しましたが、動画作品数は多いと思います。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

【第1話】ドラマ「左ききのエレン」見逃し動画 2019年10月22日(火曜)放送分 

■1週間以内の場合の動画視聴(配信期間は次回放送開始前まで)

TVer MBS動画イズム

■第1話〜全話までフル動画視聴(2019年10月22日、毎週火曜深夜2:00~より独占配信)

U-NEXT

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「左ききのエレン」詳細

■ドラマ「左ききのエレン」イントロダクション

広告代理店に勤務するデザイナー・朝倉光一は、がむしゃらに努力し働くも、数多いるクリエイターの中に埋もれ、誰もが注目する存在にはなれないでいた。
苛立ちとやりきれない思いを抱えた光一は、高校時代に出会った天才・山岸エレンとの思い出の場所を訪れ、ある事件のことを思い起こす―。
一方、“左きき(ザ・サウスポー)”と呼ばれ、ニューヨークでアーティストとして活動するエレン。他を圧倒する才能を持ちながらも、心の底から湧き上がる“描きたい”という衝動に駆られるものもなく、もがき苦しんでいた…。
“何者か”になりたい凡才と不器用に生きる天才…それぞれの『本気』の先にあるものとは!?
天才になれなかった全ての人へ捧ぐ物語!

【出典:公式HP ドラマ「左ききのエレン」

■キャスト

神尾楓珠 池田エライザ
石崎ひゅーい 中村ゆりか 今泉佑唯 吉村界人 田中真琴 久保田紗友
八木アリサ/丸山智己

■公式SNS

公式サイト 公式Twitter 公式Instagram

【話題沸騰中】ドラマ「左ききのエレン」期待の声

30代女性
人気のコミックス、左ききのエレンが原作のドラマってことで気になってます。天才と凡人、この二人の相反する二人がキーポイントです。この正反対の二人がどんな風に物語で関わっていくのかがみどころです。天才と凡人、どちらが幸せなのか考えてしまいそうです。
30代女性
注目の若手の俳優さんがキャスティングされていて、どんな演技を見せてくれるのかすごい期待しています。漫画が原作のドラマってことで、これを機会に原作も読んでみたいなと思ってます。原作並みにドラマもヒットしないか楽しみです。
20代男性
左ききのエレンで期待することとしては、天才と呼ばれるエレンが心の底から描きたいと思える絵に出会うために必要なことは何かといった点です。エレンは他人と比べて天才と呼ばれるほどのアーティストとしての腕前を持っていますが、これといって描きたいものもなく葛藤を抱えています。現代においても才能はあるのにやりたいことが無いといった人が多いです。そのような天才になれなかった人たちはエレンたちの生きざまを通して、本当に大切なものは何なのかとドラマを通じて感じることができるのがこのドラマの見所だと考えます。
30代女性
左ききのエレンは3年A組-今から皆さんは、人質です-で存在を知るきっかけになり今注目している神尾楓珠さんが主演ということもあり、楽しみにしています。ボイス110緊急司令室の監督がこのドラマも手がけるとのことで、そちらも期待しています!
20代女性
この作品は凡才と天才の正反対な二人の、いろいろな苦悩がありながらも自分を信じていこうとする人間味ある青春ストーリーなのが楽しみです。二人がこれからどのようになっていくのか、とても期待したいし楽しみです。

 

 

▶︎▶︎ドラマ「左ききのエレン」の予告動画を視聴したユーザーコメント

  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント1
40代女性
ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴して、天才で才能があっても、凡人であったとしても、人は生きていく中で自分とは何なのかを考えながら生きている生き物であるということ。また、それぞれの立場にあった悩みが必ずあるものだと思いました。もちろん、悩みの程度が違うのでしょうが。結局、生きていくということは悩みながら生きなければいけないと思いました。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント2
20代男性
最近はコミックスからのドラマ化と言う場合がとても多くその作品が人気になることもあるため事前にコミックから見ておきたいと思います。ただドラマ化されるものは少女漫画系が多く男性である私は本屋に行ってもなかなか売り場には近づけないと言うことがよくあったのでいちど本屋に行って確認ぐらいはしたいです。 ただドラマ化されるものは少女漫画系が多く男性である私は本屋に行ってもなかなか売り場には近づけないと言うことがよくあったのでいちど本屋に行って確認ぐらいはしたいです。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント3
30代女性
短い動画でしたが、おおざっぱな内容もわかりました。動画の雰囲気からして邦画みたいな感じのドラマなのかなと思いました。取り扱っている内容も何となく哲学っぽいというか、ほろ苦さを感じさせるものだなあと感じました。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント4
30代女性
人気のあるマンガのドラマ化なのでどのような作品なのか気になります。何者かになりたいという人の苦悩や、天才であると言われる人の苦悩などが描かれるようですが、のんべんだらりと暮らしている自分にも、共感できるところもあるのか、わからない感情なのか、作品を見て確かめたくなります。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント5
20代男性
ドラマの出演者についての感想なのですが、神尾ふうじゅさんも池田エライザさんもどちらともかっこいい系の方で演技力が高そうなイメージがありました。予告動画を見て2人ともが必死に駆け抜け頑張っている姿が楽しみです。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント6
30代女性
天才と言われる人なんてこの世の中のほんの一握りの人たち。でも、誰しもが、自分のことをもしかしたら天才かもしれないってどこかで期待していたりすると思います。でも天才と言われる人たちは天才と言う名のもと孤独やいつかなくなってしまうかもしれない才能におびえた毎日を過ごしているのかもしれない。そんなことを考えられるるような動画でした。光りの加減と心をざわつかせる音楽、綺麗なビジュアルの出演者たちの一瞬の映りに心惹かれました。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント7
30代女性
面白そうだと思いました。イラスト、漫画、音楽、ファッション等、芸術関係を生業にしたい人は溢れかえっています。飽和状態だと思います。芸術を志し、そしてその若者たちはどこへいきつくのか、たくさんいそうだからこそ気になっていました。その一辺がこのドラマで見れたら、と思いました。
  • ドラマ『左ききのエレン』の予告動画を視聴したユーザーコメント8
20代女性
「天才になれなかった全ての人へ」と言うキャッチコピーがとても気になりました、私自身もそうなので。青春真っ只中の学生も、青春を過ぎてしまった大人も青春時代を思い出しながら楽しめそうなドラマだなと感じました。