【腐女子とゲイ付き合い始める・・】第3話・ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」を見逃し動画無料フル視聴しよう

【第3話】ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」は「NHKオンデマンド」を配信しているVOD配信サービズ「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信が決定!

「U-NEXT」は完全無料視聴が可能です!!
初回は30日間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴が可能です!解約金など一切なし☆

  • NHKの番組はもちろん「U-NEXT(ユーネクスト)」の国内外の最新ドラマや映画、アニメなどレンタル作品も含め最大【14万本】の日本最大級の動画配信数!!そのなかの【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌の電子書籍の配信もあり!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200ポイントが【無料】でプレゼント!
    ※継続料金、月々1990円(税抜)がかかります

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第3話 見逃し動画 2019年5月04日(金曜)23:30放送分

■1週間以内の場合の視聴
※残念ながらNHKドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」は無料見逃し配信を行っていません。ご視聴の際は「U-NEXT」をご利用ください。

■第1話〜全話までフル視聴

U-NEXT

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第2話】ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第4話】ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第3話・詳細】ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」

■第3話・あらすじ

純(金子大地)と紗枝(藤野涼子)がつきあっていることはクラス中に知れわたり公然の秘密となっていたが、純は気にしなかった。一方、以前のように純にしつこくからんで来ない親友の亮平(小越勇輝)のことが、純は気になっていた。ファミレスで勉強を一緒にするなど親密に接するうち、純の心は紗枝に傾いていった。純は、ゲイ・パートナーのマコトさん(谷原章介)に彼女が出来た話をし、「今日でマコトさんと会うのをやめにしたい」と伝える。SNSの相談相手・ファーレンハイト(声・小野賢章)にも紗枝のことを話す。デートを重ねるうち、純は紗枝と自宅で勉強することになる。母・陽子(安藤玉恵)が留守の間、ムードは最高潮に達し、純は紗枝を抱きしめる。

【出典:ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」第3話・あらすじ

■キャスト

金子大地 藤野涼子 小越勇輝 安藤玉恵 谷原章介 ほか 

■公式SNS

公式サイト

ネタバレ解説・あらすじ

【第3話】

■ネタバレ解説

ゲイの純と腐女子の紗枝。
純は紗枝の告白を受け入れ、付き合うことに。
彼の中には「普通になりたい」という強い願いがあったのだ。

男友達からもてはやされ、紗枝との性行為について考えるように。
だが純はゲイで、紗枝のことを可愛いと思っても、そういう気持ちには全くならない。

純にはマコトさんという妻子持ちの恋人がいた。
純は紗枝との関係に真剣になるため、もう会わないということを伝えるが、嫉妬心が芽生えたマコトさんは純を無理やりベッドに押し倒す。

純はエロ動画を見たり、女性の胸に見立てた肉まんを揉んだりして、どうにかして女性に性的に興奮しようとする。
でもどれも失敗に終わり、紗枝を家に呼ぶことに。
「あなたの考えていることは時々分からないけど、深読みをして理解していく」と優しい言葉をかけられ、純は紗枝をベッドに押し倒す。
行為に及ぼうとするが、紗枝の「純」と呼ぶ声がマコトさんの声を思い出させて、出来なかった。
純はファーレンハイトというネット上の友達に相談する。
「君がフリーだったらよかった」と純が話すと、「フリーだよ。恋人が死んだから。」という言葉が返され、純は驚く。

■感想

40代女性
“純が肉まん2つを手で揉みながら、「好きだよ。三浦さん」と連呼しているところに大笑いしました!
男の子ってこんな感じで練習しているんだろうか?と思うと、滑稽に見えました。
えっちな動画を見ようとしていたら、母親が帰ってきて慌てるところもリアルでした!”
10代女性
ゲイの人とわず、人間全員に当てはまるような悩みが描かれていて、自分にも多く当てはまった。特に、「相手に冷たくあたる人は、相手を試している」というのは本当に自分に当てはまり、そのあとの「何を思っているのは不安になるけど、深読みして愛す」というのは私が言ってほしい言葉そのもので、そんな人が近くにいてくれたら幸せだろうなと感じた。そして、主人公がネット上の友達に相談しているシーンは、現代の人を表していて、リアルの友達でもネット上の友達でも、相談できる人がいるというのはとても重要なことだと思った。
30代女性
性の障がいのある人が体のことについてどのような悩みを抱えているのかを考えさせられる内容だったと思う。ゲイでありながらも将来は普通の家庭わ築きたいと思っている純には女性に何も感じられないということがどれ程辛い悩みなのか切実さが感じられた。