【第1話から全話まで】ドラマ「グッド・ドクター」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

視聴リンク

ドラマ「グッド・ドクター」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

 

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

<Drama3S>
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終回・第10話

<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「グッド・ドクター」ここが見どころ!

★韓国で作られたドラマを日本版にリメイクした「グッド・ドクター(日本版)」は毎回泣けるシーンが登場しますが、それも単に泣けるというだけではなく、号泣するほどのレベルで泣いてしまう人が続出しています。主演の山崎賢人さんはこれまではどちらかというと落ち着いた地味な演技が多いという評価でしたが、この作品では彼の可愛さが強調されているところがポイントです。中でもおにぎりを食べるシーンに注目が集まっており、おにぎりのてっぺんをかじって山を二つ作るなど、おにぎりが大好きな湊先生の可愛いい表情には注目です。サヴァン症候群という難しい役柄を見事に演じ切っている点も見どころの一つで、山崎賢人さんの演技を通して病気に関する知識が得ることができます。

ドラマ「グッド・ドクター」詳細

■イントロダクション

『グッド・ドクター』は山﨑賢人演じる、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)が主人公。 幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、レジデントとして小児外科の世界に飛び込むことに。周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の、上野樹里演じる瀬戸夏美(せと・なつみ)や藤木直人演じる高山誠司(たかやま・せいじ)らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていきます。 同時に、すべての子どもを大人にしたい、という純粋な湊は、病院の慣例や都合と衝突し、さまざまなトラブルや問題を起こしてしまいます。そんな時に発せられる主人公や周囲の言動は「本当に良い医者とは?」ひいては「人としてどう生きるべきか?」という命題を、視聴者の胸へ深々と突き刺していきます。 本作が初共演となる山﨑×上野×藤木のピュア・タッグが子どもたちを笑顔で包み、日本中を感動で包み込む『グッド・ドクター』に、ぜひお見逃しなく!!

■キャスト

山﨑賢人/上野樹里/藤木直人/戸次重幸/中村ゆり/浜野謙太/板尾創路/柄本明

▶︎戸次重幸出演最新ドラマ
【第1話から全話まで】ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎浜野謙太出演最新ドラマ
【第1話から全話まで】ドラマ「モトカレマニア」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

視聴者の感想(ネタバレ含む)

20代女性
自分もこの作品の主人公と少し似た傾向や特性があるので、他人事には思えない作品でした。主演の山崎賢人さんがこんなお芝居もできるんだという新たな発見があったりして面白かったですし、湊が怒られている時は自分も怒られている感じがして少し辛かったですけど、それだけこのドラマに引き込まれていたんだなと思いました。一生懸命でピュアな湊の味方でいてくれる夏美先生に何度も救われました。上野樹里さんの演技力が素晴らしいなと改めて再確認するとともに、その演技力がこのドラマを支えていたと思います。またもう一度見返したいなと思うドラマです。
30代女性
海外ドラマのグッドドクターを先に見ていて、内容は似ていたけど、日本版もすごく面白かったです。山崎賢人さんの演技が上手でした。違和感なく演技をこなしていてよかったです。人と接することが苦手で、患者さんにも余計な事を言ってしまったりとちょっと目が離せない所が笑ってしまいました。医者という仕事を通して、職場の人や患者さんから色々と学び、成長していく所は感動してしまいました。すごく好きなシーンです。院長を救いたくて必死になっている姿も感動しました。日本でもグッドドクターのシーズン2が製作されればいいなと思います。
30代女性
山崎賢人さんが子供に薬の説明をしているシーンがのほほんとしていてホッとしました。5話のときのスパルタの父親が子供に苦しいのに立てと怒っていましたが、病院に連れてきてくれて安心しました。毒親はどこにでもいて、子供は無理にやっている子が多いのがよく伝わってきました。仕事を優先をするのか、治療にリスクがあるけれども、受けるのか、医師の仕事は人の気持ちも考えなくてはならないのが大変そうでした。ときどき、山崎賢人さんの落ち込んでいるときの慰めの言葉がホッとしました。子供の入院は親が大変な思いをすると胸が痛くなりました。
40代女性
障害をもった医師が活躍して成長していくというのはどんな感じのお話かとおもいましたがとてもよかったです。純粋で誰よりも勉強して知能もたくさん詰め込んでいますがすごい集中力の持ち主でとてもやさしい医者とと思いました。もちろん患者さん親には不満・不安等がこざいます。その中患者さんのためにの意識高めで集中で直そうとする努力するお医者の話でした。偏見をもってはいけないのはわかります。その感動や涙を感じることができるドラマかと思います。また再放送で見たいです。もちろんノーカットでお願いしたいです。再放送はカットしてしまう時が多いので。
20代女性
現実離れしている話のように感じましたが、私は個人的にとても楽しみにしていました。なにより山崎賢人さんのいままでされたことがなかったような役でとても演技がうまく、はまり役だったことに初回は感動しました。本当にいたら怖いなあと思うような先生でしたが、子供たちとの絡みは微笑ましいものでしたし、上野樹里さんが演じていたような女医さんが本当にいてくれたら実現できるんだろうなと思いました。とても涙脆いわたしにとっては毎週のように泣きながらみていました。医者ものでも医者ものすぎなく若い世代にも難しく考えることなく見れるドラマだったと思います。
40代女性
サヴァン症候群の方の能力は凄いとは知ってはいましたが、ドラマの主人公になるのもありだとも思ってはいました。ただ医師は無理があるかなぁと、ドラマの人物設定にあまり期待なく観だしたドラマでした。主人公の新堂を差別していた同僚と、私も変わらないなと反省させられました。周りが理解やフォローすることで、サヴァン症候群の方であってもどんな職業にも就ける可能性をドラマで教えてもらった思いです。素敵なドラマですね。第4話のお父さんが大好きで義母の虐待にたえていた女の子の話は号泣でした。思い出して今も泣けてきます。子供の気持ちが理解できる新堂が主人公だったので、あんなに感動できたんだと思います。忘れられないドラマです。
30代女性
日本版「グッド・ドクター」は韓国版やアメリカ版と違って恋愛要素がなく、その分小児外科医療にしっかりとスポットを当てていた点が良かったです。ただ、サヴァン症候群の方の特徴なのかも知れませんが、仕事で関わりのある自閉症スペクトラム障害の方々はわりと他者からのネガティブな評価は気にしている印象だったので、最初は湊の態度に多少の違和感を覚えました。しかし高山先生の弟さんのエピソードのおかげで、彼らの持つナイーブな一面もきちんと描かれていて良かったと思います。リアルな物語として捉えようとするより、素直にドラマとして楽しむ気持ちで視聴すれば、綺麗にまとまった良いストーリーだったと感じました。
20代女性
山崎賢人の障がいを持った役柄の演技がとても上手で自然でした。ハンデがありながらも、自分の仕事を全うする姿や、努力するところはすごいなと思いました。上野樹里の指導方法もとても上手で、優しさがあって、正しいことを教えてあげるところや、周りは山崎賢人のことは信じない中でも、山崎賢人の良さを知っている上司の上野樹里は、山崎賢人の判断力に賭けてみたり、信じてあげる場面もたくさんあって、信頼関係が回を重ねるごとに強くなっていってよかったです。また、毎週感動するような内容ばかりで、涙なしでは見れないほどいいドラマでした。
30代女性
病院には本当はいてはいけない自閉症の職員がいるという不思議な設定でした。でも、自閉症でも患者さんにも説明が出来ていて本当の自閉症はできるのかわからないですが、頑張っていて可愛いと思いました。子供と触れ合っている山崎賢人さんのシーンがホッとしてしまいした。また、けっこう難病の患者さんの設定が多くて自分の健康にも勉強になりました。癒しの時間もあって、医師の本音も聞けてゆったりしているようで、内容が濃いドラマでした。小児病棟の子供の気持ちも親の気持ちもよくわかるドラマで、ケンカもして、家族の絆を感じられます。
30代女性
自閉症の医師が主人公という、とても斬新なドラマでした。「発達障害を持っている人」と聞くと、差別的な扱いを受けてしまうイメージがありますが、自閉症とは具体的にどういう症状があるのか、詳しくは知らない人も多いのではないかと思います。私自身も、なんとなく想像できるくらいで、そんなに詳しくは知りませんでした。ドラマの中でも、主人公は周りから差別的な扱いを受けてしまうことが多かったですが、それでもまっすぐに前を向いて生きていく姿には、毎回目頭が熱くなりました。例え自閉症でも、同じ人間である事は変わりないし、理解しようと歩み寄れば、その人の素敵な部分が見えてくる。自閉症だからこそ、素直に物事を受け止めて、より人に優しくなれることもある。そんなことを気づかせてくれる素敵なドラマでした。
20代女性
山﨑賢人さん演じる驚異的な暗記力をもつがもつがコミニュケーション能力に障害があるサヴァン症候群の新堂湊が周りに差別されながらも、子供の頃に事故でまだ幼かった兄を亡くしてしまった経験から“すべての子供を大人にしたい”と子供の命を助けようと奮闘する姿がとても感動的で、毎回毎回涙なしでは見られませんでした。久々にとてもヒューマンドラマを見たようなきがしました。また今回の役所がサヴァン症候群という難しい役どころだったと思いますが、目の動きなど細かいところまでしっかりと役作りされていて良かったと思います。ぜひまた続編が放送されてほしいと思います。
50代女性
サヴァン症候群の新堂湊が、小児外科医として働くこのドラマは、他の医療ドラマとは違う多くの感動がありました。記憶力抜群で、技術も優れた湊ですが、自閉症スペクトラムなので、こだわりが強く、人の気もちを想像したり、協力したるすることがとても難しいです。もちろん、本人の努力や練習も大切ですが、一番必要なのは周りの理解です。このドラマでは、院長の司賀や先輩の瀬戸をはじめ、多くの人が理解してくれて、湊は問題を起こしながらも、医師として活躍できるようになります。その点が一番感動しました。湊を演じる山﨑賢人さんや瀬戸を演じる上野樹里さんの素晴らしい演技も良かったです。
40代男性
驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の新堂湊が、全ての子供を大人にしたいと言う思いで、小児科医として頑張っていくドラマです。このドラマでは、障害のある医者ということで、偏見の目で見られたりしていたのが凄くリアルだなと思いました。また、自分ではどうしようもできないこだわりのせいで、職場ではかなり厳しい対応をされているのに関わらず、いつも笑顔を絶やさない湊に凄く癒やされました。頑張る湊の姿を見て徐々に、信頼してもらえるようになり、難しい仕事も任せてもらえるようになっていきます。障害があってもサポートがあれば、ちゃんとできることを証明してくれたドラマだなと思いました。
20代女性
この物語の主人公湊は、サヴァン症候群を持つ医師で知識とかはたくさんあって、患者さんのことも覚えてスラスラ言えるのですが、心理的なところを読んだりするのは苦手でちょっと変わった医師です。でも、子ども達を大人にしてあげたいという小児科医の根本的な思いははっきりしていて、湊の素直な言葉がわりともっともで胸に刺さる言葉ばかりでした。私が一緒に働く医師であったらいろいろ大変かもしれないけれど彼だからこそ学ぶこともたくさんあるのだろうなと感じました。彼のまっすぐにけなげに頑張って、成長していく姿に癒やされ、勇気づけられました。
30代女性
「グッド・ドクター」は韓流ドラマのリメイクと聞いていたので、最初はあまり期待していませんでした。それに、主演の山﨑賢人さんは、それまでは不良の役などが多く、サヴァン症候群の青年という役をちゃんと演じることができるのかな?と半信半疑でしたが、その私の不安は見事に良いほうに裏切られました。山﨑賢人さんを見ていると、本当に気持ちがあたたかくなり、それは入院している子どもの親の固くとざした心も溶かしていったように、私もいつの間にか、応援するような気持ちで見ていました。実際に、このような障害がある医師が治療を行なうのは難しいのかもしれませんが、優しい気持ちになれる良いドラマでした。
20代女性
このドラマの1番の見所は、山崎賢人さん演じる新堂湊の演技だと思います。この新堂湊という人物、天才的な医者としての能力がある一方、コミュニケーション能力に障害を持つという難しい役柄です。私はこのドラマを見るまで、正直山崎賢人さんの演技にはあまり期待はしていませんでした。しかし、試しに1話を見てみると山崎賢人さんの演技が上手すぎて驚いてしまいました。障害者ならではの挙動、物事に対する敏感さ、話し方、どこをとっても文句のつけようのない演技となっていました。きっと、山崎賢人さんはこの役を演じるにあたって、かなり障害者の方について勉強したのだと思います。心が暖かくなる作品ですので、是非皆さんに見ることをオススメしたいです。
50代女性
父に疎まれ、理解者だった兄にも死なれた湊が、診療所の医師に出会い、小児外科医になって子どもたちを救う、心温まるドラマでした。湊は自閉症スペクトラム障害ですが、驚異的な記憶力から医師になるので、障害を持っていても、多くの職業に就くことができると思いました。ただ、周りの大きな理解が必要です。このドラマでも、院長はもちろん、同じ小児外科医の瀬戸や高山が、人との接し方を教えてくれたり、患者に説明したりしてくれたので、湊は治療ができました。病気の子どもを治すことしか考えない湊ですが、その純粋さが大切なのだなと教えられました。山崎賢人さんが、自然体で障害の役を上手に演じていたことに感心しました。
40代女性
韓国ドラマのリメイクで、主人公の医師がサヴァン症候群という病を患いながら医師という仕事に就き成長していくストーリーで韓国の俳優さんがとても演技力があって毎回泣きながら見ていたのですが、日本版の山崎賢人さんも本当に素晴らしい演技力で、こちらもグイグイ引き込まれてしまいました。自分の障害の偏見に立ち向かいながら、医師として病気の子供を1人でも多く大人にしたいと奮闘する姿に涙が止まりませんでした。障害があっても頑張る姿に、障害はただの個性にしか過ぎないと改めて思えるドラマでした。もっともっと奮闘する姿を見たくなる応援したくなる、続編希望のドラマの一つです。
30代女性
韓国版のグッドドクターを観ていたので違いも楽しみつつ期待していたのですが、主人公役の山崎賢人さんがすごく可愛くて1話からすっかりハマってしまいました。喋り方や表情の作り方などかなり研究したんじゃないかなと思いました。主人公を優しく見守る同僚に上野樹里さんが出ていたのも良かったと思いました。厳しくもあり優しく主人公を見守る役柄にピッタリだと思いました。藤木直人さんもは優しい役柄のイメージがあるのですが今回は厳しい役柄だったのですが、実際には主人公を影ながら見守っている感じが出ていて良かったと思いました。
40代女性
障害者と言う枠にとらわれずにとても感動したドラマです。毎回心打たれて泣きまくりです。健常者の人間より心優しくて命の大切さ助けたい気持ちの医者はとても感動しました。人として何かを考えさせられるストーリーでした。そんな主人公を演じた山崎賢人さんの演技はとても素晴らしかったです。毎回魅せられて感動でしたので続きかスペシャルで帰ってきて欲しいドラマです。このドラマはみんなに本当におすすめ出来るドラマと自信持って言えます。見て後悔はしないと思います。そしてきっと生きている生活の中で考えさせられると思います。
ドラマ感想の続きを見るにはこちら
20代女性
自閉症をもつ小児外科医として、成長していく様が見応えありました。記憶力や知識はもちろん素晴らしいのですが、子どもたちには、同じ目線となって心から寄り添ったり、純粋な気持ちで周りのみんなに接することで、最初は患者の親や、職場の外科医たちなどから、受け入れてもらえなかったのに、みんなが認めていくのがとても感動しました。特に科長がかなた先生と関わることで、外科医として大事な志を取り戻す所は、素晴らしいと思いました。また、なつみ先生はかなた先生をいつでも助けて、温かく見守っていたので、かなた先生が成長できたのだと思います。全体的に、ホッコリする部分がたくさんあり、とても良かったです。
30代女性
このドラマはとっても心が温かくなるしとても素敵なドラマでした。山崎賢人さん演じる湊のおにぎりを食べるシーンや、夏実先生とチューペットを分けて食べるシーンが好きでした。湊の父親が出てくる回では、湊と湊の兄が事故にあい湊だけが助かったことで生活が変わったことを湊のせいにして湊を攻めるシーンはとても辛かったです。また、小児病棟に入院している男の子がお母さんの誕生日に絵をプレゼント下回は号泣しました。病気で辛いのは子どもなのになんて優しいんだろうと思うと涙が止まりませんでした。湊と夏実先生のあれからが見たいので続編希望です。
50代男性
新藤湊のピュアな心がとても良かったと思います。自分が死んだ方がよかったと兄の死を悔やみましたが、湊は人を救える能力を持っているから生かしたんだと思います。軽度な知的障害を持つ湊ですが、特殊な能力を秘めているので非常に助かります。湊を味方する人も多く愛されるキャラだと思います。親には恵まれませんでしたが、それでも診断科として生きる決意があります。子供たちからは、イケメン先生と言われても動じることなく「湊先生です」と答えます。褒めているのに気付かないところも湊先生の面白いところです。冗談は通じませんが、真面目で素直なところが好かれる要因です。
50代女性
サヴァン症候群の青年・新堂湊が研修医として小児外科の世界に飛び込み最初は周囲の人から彼の障害のせいで上手く理解されないのが悲しい気持ちになりました。
人は、誰でも偏見を持っており他の人を傷つけたりします。
このドラマを見るとそのことを感じさせられ、偏見を持たずに人と接することの大切さを感じさせてくれます。
山崎さんが主人公を演じていますが、彼の笑顔がとても素敵でドラマを面白くしていたと思います。
医療ドラマの面白さも盛り込まれており、医療ドラマの面白さと偏見を持たないことの大切さを感じることが出来たドラマです。
20代女性
色んな動物が出てきてとても面白かったです。最終回も見ましたが、涙が止まらなかったです。主演の俳優さんもそうですが、皆演技が上手で食い入るように見てしまいました。動物を扱うバラエティは知っていますが、ドラマでは聞いたことがなかったので毎回毎回楽しみにしていました。内容もとても充実していて、見応えがあり、時には感動したり、勉強になったり、主人公の頑張る姿に私も頑張ろうと思ったり、とすごくいい作品に出合えたので、つい先日レンタルしてきました。何度繰り返しても飽きのこないドラマなので、映画になったらいいな、と密かに考えています。
30代女性
自閉症のドクターという現実の世界ではまずないだろうという設定ですが、山崎賢人さんの演技がすばらしかったと思います。他の作品でみせる表情とは全く異なり、湊先生そのものが山崎さんにおりてきているような感じでした。子供をみんな元気な大人にするという信念のもと、最初は病気が原因で人の気持ちをなかなか理解できず周りに誤解されましたが、驚異的な知識と真っ直ぐな人柄で次第に周りからの信頼を得ていく様子に胸を打たれました。湊先生の成長を見守る上野樹里さんの演技もよかったです。小児外科を真っ正面から取り上げたこのドラマは、他の医療ドラマとは一線を画したとてもいいドラマだと思います。
50代女性
“サヴァン症候群の青年が、小児科医を目指して、最後には夢を叶える話に感動しました。
最初は、反感や戸惑いを感じていた周りの人達も、彼の医療に対する知識、何よりも患者を第一に考える姿勢に影響を受けていく様子に心が温められました。
夢のために、ベストを尽くす大切さを改めて感じました。”
40代男性
“湊先生はとてもピュアで腹黒さがない人でした。
特殊な能力を持つ湊先生は、アスペルガーであり天才的な力を発揮します。
普段は、知恵おくれな面が出てしまい変人扱いされてしまうことがありました。
画像診断においては右に出るものがいない貴重な存在です。”
30代男性
主演の山崎賢人は学園を舞台にした物語のイケメン男子学生を多く演じていただけに、全く異色の役柄で、それも障害を持ち医師として働いているという難解な設定の新堂湊を出来るのかと思っていたが、予想を遥かに越えるピュアな演技は素晴らしく、癒しを与える雰囲気に驚くばかりで新しい山崎賢人を感じられるドラマだ。

30代女性
自閉症の医者の役を山崎さんがとても上手に演じていたと思います。患者さんのために一生懸命な山崎さんの姿を見て、私も頑張ろうと思えました。健気な山崎さんの姿がとてもよかったです。おにぎりを両手で食べる姿がとてもかわいらしかったです。

30代女性
最初は山崎さんのことを認めていなかった他のドクターが、どんどん山崎さんのことを認めていく瞬間は感動しました。こんなに患者さんのことを大切に思ってくれる医者ばかりだったらいいのになと思いました。子供をみんな大人にしてほしいです。

30代女性
山崎さんの演技力の高さに驚きました。私は障害者施設で働いているので、自閉症の人はたくさん見てきています。動きや言動など1人1人違いますが、自閉症の役をとても上手に演じていたと思います。とても感動しました。

30代女性
出演者がとても豪華でした。主演の山崎さんはもちろんのこと、上野さんや藤木さん、戸次さんなどが出演をしていました。板尾さんの演技がとても上手だったと思います。いやらしい役をとても上手に演じていたと思います。嫌いになりそうでした。
30代女性
主人公が発達障害とか自閉症とかそういう設定のドラマは時々あったが、医者というドラマはめずらしかったのではないだろうか。最初のうちは湊がみんなに受け入れられずにいじめられている様子を見ているのが辛かったが、徐々に周りが変わっていくのを見ていて嬉しくなっていった。
30代女性
湊先生の真っ直ぐさが大好きでした。患者さんと同じ気持ちに立ったりして寄り添う姿がとてもよかったです。子供のことが大好きというのがとても伝わりました。それを見守る先生や看護師さんがとてもよかったです。こんな病院で働いてみたいです。

30代男性
グッドドクターは、山崎賢人さん主演のテレビドラマですが発達障害を抱えた医師の役を演じていました。医療用語など専門的な知識も、相応に噛み砕いて演じていました。発達障害の特徴も相応に掴んで演じていたと思います。

30代女性
主人公の湊は自閉症なのでコミュニケーションをとるのが苦手だったり小さな子供のように怯えていたり、周りと同じようにふるまうことができませんが、患者を救いたいという気持ちは人一倍。毎回ドラマを見ていて頑張れ!と応援したくなりました。

30代女性
だいたい厄介者の患者や理解のない家族などがドラマに登場する。そういう人たちだから当然湊のような医者は認めないが、ドラマ終盤にもなると何があったのかと思うくらいあっさり改心してしまっている。それがドラマだからと割り切ればいいのかもしれないがあまり納得いかなかった。

30代女性
湊は自閉症という障害はあるものの、医者としての腕はかなりあるし患者を救いたいと言う気持ちは人一倍なのに、それを患者やその家族が否定するのならまだしも医者が湊のことを理解してくれないのはどうなのかと思った。最初の頃はいじめられているシーンばかり出てきて見ていて辛かった。

30代女性
湊人は自閉症だから最初から医者として働くことを反対している医者は多かったし、最初の頃の理解者は院長と夏美くらいだった。しかし回を追うにつれて彼に仲間や理解してくれる人たちが増えていったのは嬉しい変化だった。最後院長はどうなったのか分からないが、これはこれで良いと思える最終回だった。
30代女性
アメリカのドラマを先に見ていて面白かったので、すごく楽しみにしていました。山崎賢人さんの演技がとても上手でした。それぞれ違うと思いますが、自閉症のイメージがちょっと変わった気がしました。続編を作って欲しいです。

50代女性
サブァン症候群の新堂湊が、研修医として小児科医を目指していく医療ヒューマンドラマです。小児科が舞台ななので、子供たちがたくさん、いますが、子供には優しく接していたので、本当に楽しかったです。最後に夏実から、貰ったおにぎりを美味しそうにほうばる姿が印象的でした。

40代女性
世間が持っている発達障害の子のイメージを演じていたと思いました。ピュアな感じや目の動きなど、細かいところまで表現されていたと思います。他の方とはかなり違いますが、彼だからこそ救うことができた命の話で感動できるドラマです。

30代女性
韓国で放送されたドラマのリメイクというのを聞いていたので、またどうせどこかのタイミングで人が死ぬんでしょう?と思ってたんですが、フタを開けてみると全く違っていました。主人公が自閉症のドクターというのがまずおもしろい!これまで医療系のドラマは沢山ありましたが、健常者である事が前提で主人公自身がハンディキャップを持っている設定ってなかったんじゃないかな?と思いました。一緒に働く同僚に、きっと足でまといになるからと仕事をさせて貰えない日々。でも自閉症の人ならではの突出した才能で、周りの医者が気付けない原因にいち早く気付き危険を知らせる…。そして理解を得て自分の居場所を確立していく…!中盤に差し掛かるにつれ感動が増してゆく良い作品でした。山崎賢人さんの演技が素晴らし過ぎて、本当に自閉症の方の様な細かな目線や動きを再現されていて改めて演技力の高さを見せられた感じでした。ヒロイン役で上野樹里さんを久々に見ましたが、相変わらず演技が上手だなと再確認しました。魅力的なキャストが沢山出ている素敵なドラマでした。

20代女性
私は韓国の原作を見たことがあります。原作とあまり変わらず本当に良かった作品でした。けど韓国で放送されたのは最後は恋愛になるのですが日本のではなかなか恋愛に行かないなと思っていたら終わりました。日本のでも恋愛の方にもいって欲しかったです。

40代女性
病気も障がいも身内に居ないと、なかなか受け付けないと言うか、理解されないですよね。今まで何度不愉快になった事だろう。自閉症も人それぞれと言うか、個性があるのと同じで程度も違うし、周りの理解があれば色んな事が出来る。健康な人、身内に障がい者が居ない人、なかなか理解出来ないのは分かるけど、だったらせめて非難はしないでほしいと、ドラマを観て改めて思いました。

20代女性
“山崎賢人さんの演技が上手すぎます。そうではないのにそうだと思い込ませてしまう演技力に心奪われます。
小児科がメインのお話なので親が見るのは勉強にもなるし、共感出来るところも沢山あってほんとに見どころのあるドラマです。”

20代女性
“かなたがひとりひとり患者のことを思い、行動している姿に心奪われます。医者になるまでどれだけ苦労したんだろう?ものすごく努力したのが伝わってきて胸が熱くなります。かたなの必死に命を助けたいと思う姿が見どころだと思います。”

20代女性
“かなたの行動が閉じていた心のドアをあける鍵になっているんだなと見ていてつくづく思いました。
このドラマを見れば親も子供もいろんな意味で勉強になるしこれから生きていく上で大切なことが凝縮されたドラマだなと思います。”

20代女性
“かなたの切実な思いと一生懸命な行動が
かなたを拒絶する人の心まで開いていくんだなと感じました。努力すれば報われるそれが目に見えてわかるドラマだな思いました。初めは酷かったのにそれからだんだんと変わっていく人達が見ていていいなと思います。”

20代女性
“おにぎりが好きなかなた。子供らしいところもそのままで成長しているのがとても可愛らしくそのままでいてほしいと願う部分でもあります。辛い過去を乗り切り前に向かって懸命に生きる姿をみて見習わないとなと感じました。”

30代女性
自閉症の男性が他の医師に認められない中、直向きに子供達に向き合い、徐々に実力も認められていく姿を見ていると毎回応援したい気持ちになりました。医者はこうあってほしいと思うまさに理想のドクターだと思いました。自閉症を持ちながら医者として働くという難しい役を演じられた山崎賢人さんがとてもかっこよく好感度が上がりました。

20代女性
自閉症があるドクターが小児科で勤務し、「障害者」という視線を浴びながら自閉症特有の行動を起こしたりして周りから迷惑がられることも多々ありましたが、とっても患者さん想いで記憶力がすごく、他の人では気付けないような異変も気付くことができてました。中でも記憶に残っているのは未熟児で産まれた子の手術をするしないの問題です。リスクがあるから手術をしないという周反対し「この方法なら助けられる。」という方法を見つけ何度もお願いしリスクを承知の上手術をし、赤ちゃんを救った場面です。自分にも子供がいるのでとても感動しました。自閉症だから戸決めつけるのではなくどんな人でもその人を一人の人間として見ようと思った話でした。

30代女性
障がいがある方でも突出した才能をお持ちの方さたくさんいる中でグッド・ドクターはドラマとしての面白さと障がいを持ってる方もどんどんその才能を生かした仕事が出来ると言う事も視聴者に伝えられた作品だったと思います。きれい事だけじゃなく障がいを持っているからこその失敗などもえがかれていて素晴らしいドラマだと思いました。

30代女性
とにかく山崎賢人の演技が上手でした。障害者になりきっていました。毎回、感動して涙が出るのですが、一番印象に残っているのは、再婚して新しいママ母に虐待を受けていたという女の子の話。家族関係が壊れないようにと、実の父には本当のことを内緒にしている健気な姿に涙が止まりませんでした。山崎賢人をだんだんと認めていく病院のスタッフたちの変わりようも良かったです。実は、公式のTwitterで最終話の日に「また会いましょう」と山崎賢人からのメッセージが届きました。続編があるといいなと期待しています。

40代女性
山崎賢人さんが、障害者の役を見事に演じられていたなと思います。回を重ねるごとに可愛らしさだけではなく、人を救いたいというしっかりとした頼もしさが見えてきました。障害者、子供、医療。涙なしでは見られませんでしたが、悲しいだけではなく、とても感動したドラマでした。

40代女性
主人公の湊は自閉症の障害を持ちながらも抜群の記憶力と医師としての知識を持っており、最初は人間関係を築くことができなかったものの少しずつ理解を得て周りの医師や患者に慕われる存在に。湊の懸命さには心がほっこりさせられ、指導医を演じた上野樹里さんの頼もしい演技も素晴らしかったです。

30代女性
“主人公は自閉症ですが、とても特別な力を持っています。
自閉症ながらも医者として歩んで行くんですが、差別や偏見がありうまくいかなかったりと見ていて辛くなります。
しかし、人よりも素晴らしい力を持っていて、その力を発揮していくのがかっこいいと思いました。”

30代女性
“このドラマ見るまで山崎賢人さんてカッコいいイケメン役のイメージだったけど、このドラマで自閉症でサヴァン症候群ていう難しそうな役をやってるの観て、すごく演技の上手い人だったんだと知りました。
自分にも子供がいるので小児科は興味があったし、毎回子供の命と真剣に向き合う湊のピュアな感じがよくてはまってました。上野樹里さんが演じてた瀬戸先生との微妙な恋も微笑ましくて癒されます。”

50代女性
“最初は山﨑賢人さんが出演されるので見始めましたが、ストーリー自体が引き込まれるものでいつの間にかドラマ自体が楽しみになっていました。小児科病棟の話というだけで心が痛みましたが、毎回感動させられました。山﨑賢人さんはとても可愛かったです。”

30代女性
山崎賢人さんが演じた湊はサヴァン症候群と言う障害を持ちながら小児科医になろうとする研修医です。障害がある人が医者になれるのかと思いながら見ました。障害もあり人の気持ちが分からないところがあったが、徐々にだが患者や家族に対して上手く接する事が出来るようになります。画像診断能力は凄かったです。高山先生にも認めてもらえるようになり良かったと思いました。

40代女性
毎回、泣きながら観てました。子どものように優しい心の湊を中心に、健気に病気に立ち向かう子どもたちの姿に涙無しでは観られません。子どもを思う親の気持ち、親を思う子どもの気持ち。両方の心の描写が描かれていて、胸を打たれます。

30代女性
毎回涙が出る、すごくハートフルなドラマです。小児科が舞台ということもありますが、DVなど家庭内の問題や、才能か治療科の悩みなど話題も豊富で、すごく引き込まれてしまいました。あのたくましい山崎賢人が、美しくもはかなげな精神的弱者にしか見えない演技も見事でした。

20代女性
“山崎賢人さんが自閉症でサヴァン症候群の役を見事に演じていました。
セリフだけでなく、 歩き方や目線の動かし方、姿勢など、 役になりきっていました。はじめは主人公が周りから非難されて、みるのがつらかったですが、 だんだん彼を受け入れていく様子が、感動的で嬉しかったです。なにより山崎さんの屈託のない笑顔に癒されました。”

20代女性
主人公の山崎賢人が自閉症の医者役を演じるということで期待して見ましたが、期待以上でした。世間では自閉症といえば理解されにくい存在ではありますが、理解しようと周りが努力すれば物事の1番大切なことを分かっている、むしろ普通の人より貴重な存在だと気付かされるばかりでした。
20代女性
アメリカ版を見たことがありますが、日本とアメリカの医者の違いがすごくわかります。山崎賢人さんは本当に演技が上手いなあと思えるドラマだったと思います。かわいそうな部分もたくさんありましたが、とても良いドラマだったと思います。

30代女性
山崎賢人さんは本当に良い医者だなあと思いました。身近にもこんなにすごい医者がいたらいいなと思うほどでした。彼は天才だと思うので、彼に助けられた人は本当に運がいいと思います。受け入れられない部分は差別的で悲しかったです。

50代女性
まず、山崎賢人さんがイケメンすぎました。ドラマだからだとはわかっていますが、こんなにイケメンな医者はいません。日本はその役柄に合う合わないよりも、今旬の芸能人を起用するので、あまり面白くないところはあります。

40代女性
山﨑賢人さんは、「グッド・ドクター」に出演するまでは、どちらかと言うと、暴力的なシーンが多い役を演じることが多いイメージでしたが、サヴァン症候群の青年という難しい役を見事に演じていたと思います。それまでの印象が変わってしまうほど、とても良い演技でした。

20代女性
山崎賢人君のすべてが可愛かったです。サヴァン症候群は、周りから見たら気の毒な人に思われますが、本人は一生懸命生きているだけなので、彼の才能を認めてくれる院長のもとで、楽しく才能を発揮する姿を、いつも応援していました。

40代女性
最初は自閉症の医者という設定に違和感がありましたが、山崎賢人さんの演技がかなりリアルで、ありえるかもしれないと納得してしまいました。理不尽な偏見で可能性を狭められることには憤りを感じたし、そんなことを微塵も感じさせずに、ただ目の前の命を必死で救おうとする湊のひたむきさに感動させられました。

40代男性
主演の山崎賢人さんは難しい役柄だったと思いますが、わざとらしさのない演技ですごく自然に見入ってしまいました。命に関わる医療の現場の緊張感に毎回ハラハラしたり、患者と正面から向き合う山崎賢人さんの役柄やそれに徐々に影響される周りの登場人物が、回を重ねるごとに引き込まれ、毎回泣かされました。

30代女性
“山崎賢人が自閉症スぺクトラム症候群だが、サヴァン症候群でもある少年の役を演じました。
海外ドラマのグットドクターも見たことありますが、大変上手に演じていたと思います。
海外番とはまた違い舞台は小児科。毎回見るのが楽しみでした。続編やってもらいたいです。”

40代女性
“主人公が自閉症ということで、障害物のきつい感じになるかと心配していましたが、見やすい感じでとても面白かったと思います。
なんといっても、先輩医師役の上野樹里さんが優しさに溢れている感じがして最高だと思いました。”

30代女性
主演の山崎賢人の演技が素晴らしかった。今までは「若いイケメン俳優」というイメージだったが、難しい役所をしっかり自分のものにしていて新境地開拓という印象だった。脇を固める俳優陣も演技派揃いで、とても見応えのある作品だった。

20代女性
自閉症の男性が医師として病院で勤務していく中で、たくさんのことを経験し、乗り越え成長していくていく物語です。自閉症の方を題材にしたドラマは時々見られますが、障害を持った方の可能性と将来を明るく広く捉えるには良いお話だったと思います。山崎賢人さんの演技も良かったです。

30代女性
山崎賢人さんが演じる医者の演技が凄く上手くてドラマの世界に入り込むことができました。また障害がある医者というのは始めはありえないのでは?っと思いましたが、回を重ねるごとにピュアな人がら、記憶力のよさなどでこのような医者に診てもらいたいと感じました。

30代女性
障害を持っている役が山崎賢人さんがとてもうまく演じていて、毎回涙が止まらなくてストーリもいいし、久々に当たったドラマでした。喉に違和感があって入院することとなった、天才歌手の子役の回は、とても良かったです。