【第1話から全話まで】大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

江~姫たちの戦国~の動画を視聴

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を公式に視聴する方法は以下の2つです。

  • U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • DVDセット

この中でおすすめなのは、お手軽に視聴ができる「U-NEXT(NHKオンデマンド)」です。

動画配信サービス U-NEXT(NHKオンデマンド)

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」にて
ドラマ「江~姫たちの戦国~ 」を
第1話から全話までフル動画配信予定です!

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」は
無料視聴が可能☆
※江~姫たちの戦国~はポイント課金作品です。ポイントご利用でお得にご覧いただけます。

無料期間中に解約すれば本当に完全無料。解約金は一切なし☆

U-NEXT(NHKオンデマンド)」オススメポイント!!

  • 初回は30日間無料!
  • NHKのドラマはもちろん、国内外のドラマ、映画、アニメなどレンタル作品も含め【最大14万本】の動画が見放題!好きな時にいつでも視聴可能!
  • 会員継続特典で1200円相当のポイントが無料でプレゼント!!

↓お得な「U-NEXT(NHKオンデマンド)」の【徹底解説記事】はコチラ↓

その他の無料動画共有サイト

<検索>

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

江~姫たちの戦国~の見どころ

20代女性
大河ドラマで女性がメインとなるものはなかなかなかったので当時はとても楽しく拝見しました。戦国時代のお姫様と言えば聞こえがいいけど、実際は家と家を繋ぐ役割を担わされていて自由がない存在。その時代に生まれたからこそ波乱万丈に生きた江の生き様は毎週見ごたえがありました。現代人らしく意見を言うところなどは実際どうだったのかな?と思いましたが、だからこそ最後まで生き延びることが出来たし、その意志の強さには見習いたいと思えるところもありました。織田信長を主人公にしたときに描かれる江とは違った人となりを見れて楽しい作品でした。
さらに見どころをみる
20代男性
伯父である織田信長とその家臣であった秀吉に父・浅井長政を殺され、信長亡き後に母・市が信長の重臣であった柴田勝家に再嫁するものの継父勝家もまた秀頼に滅ぼされた江。秀吉の庇護下に移ってからは姉・茶々が秀吉の側室となります。フィクションとはいえ波乱万丈に描かれていて毎回ワクワクしました。
40代女性
浅井三姉妹のそれぞれの波乱の人生を、フィクションはまじでドラマチックに描いてあり、ちょうど時代が1番激動の時期で歴史的な背景もとても面白かったです。キャスティングもそれぞれの個性に合っていて見ていてとても痛快でした。
50代女性
ドラマとしては面白かったけれど、歴史ものとしては少し微妙かもしれません。主人公を動かすために、歴史の事実を曲げてみたり、信長が自分の息子より江のことを気にかけてみたりと、ちょっとご都合主義のところがあり、大河ドラマファンとしては評価はつけにくいです。
30代女性
「のだめカンタービレ」のイメージが強い上野樹里さんが、時代劇でそれも大河ドラマの主演ということで、大丈夫かな?と思っていましたが、立派に1年間、演じ上げたのはさすがだなと思いました。脇を支えてくれる共演者にも恵まれていたと思います。その中でも、特に宮沢りえさんは本当の姉のようにそっと支えてくれていたと思います。
40代女性
浅井家の三姉妹といえば、長女の淀君が圧倒的にメジャーですが、この物語は三女のお江を主人公にしたお話でした。
テーマ音楽も女性らしさが感じられるきれいなものでした。
ドラマ全体としては、涙あり笑いありで楽しめるものでしたが、全体の三分の二位が終わったあたり(淀君が最期を迎えた後)から、ちょっとつまらなくなってしまったように思います。世の中も平和になって落ち着き、大きな出来事がなかったせいでしょうか。割合よく知られているお江と春日局との対立も、主人公だから仕方ないのかもしれませんが、必要以上にお江の方を良き人物のように描いていたように思います。
ですが、前半が非常に勢いもあり大変楽しめたので、評価としては面白いドラマだったという印象です。
20代女性
戦国時代を知ることが出来たのでとても良かったと思いました。姉妹なのに徳川と豊臣の戦いで敵になってしまうところは観ていて少し心苦しいところもありました。
それでも争いが起こらなければ平和を築くことができなかった時代があったことも勉強になりました。
30代女性
最初は見ていなかったのですが、あまりの低評価に見てみました。歴史モノのドラマでストーリーに合わせて史実を多少無視したりすることはあるとは思うのですが、当時の全ての合戦の黒幕は江なのか?と思うくらい裏で暗躍していて、いくらなんでもやりすぎ感がありました。
30代女性
上野さんがとても演技が上手でした。歴史の勉強になりました。3姉妹がとてもきれいでよかったです。出演者がとても豪華で、主役をできる役者さんがたくさん出演をしていました。向井さんとお似合いの夫婦だと思いました。
40代男性
大河ドラマの常識を完全に破壊するような脚本はすさまじかった。浅井三姉妹の生涯を普通に描くだけでそれなりの形になるはずだったのに、年齢設定や状況を無視しとにかく江を活躍させるんだという間違った認識で突っ走ったのは豪快でした。大河の女主人公は失敗という風潮を作り、大河ドラマファンを激怒させた脅威の作品となりました。真面目に演技しているのに毎回笑えるというのはある意味すごいです。

江~姫たちの戦国~詳細

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のあらすじや各話のタイトル、キャストをご紹介します。

あらすじ

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は、淀、初、江の三姉妹をメインキャストに、主人公である末娘・江(上野樹里)の視点で江戸時代に至るまでの激動の戦国時代を描いた作品です。織田信長の妹で天下一の美女の誉れ高いお市(鈴木保奈美)を母にもち、戦国大名浅井長政を父に持つ、日本史上最も有名な三姉妹(浅井三姉妹)。
江は、徳川二代将軍・秀忠(向井理)の正室となり、娘は天皇家に嫁ぎ、息子は第三代将軍となります。
しかし、そこにたどりつくまでの江の人生は、波乱と苦難の連続でした。二度の落城により父と母を失った江は、時の権力者たちに人生を翻弄され、三度の結婚を重ねます。さらには、姉・淀(宮沢りえ)と敵味方に分かれて天下を争うことに──。
戦国の世の苦しみを知りぬいた江は、天下太平を願い、江戸城に大奥をつくりあげます。それは、以後二百数十年にも及ぶ、平和と繁栄の時代を築く礎となったのです…。

各話タイトル

  • 第1回 湖国の姫
  • 第2回 父の仇
  • 第3回 信長の秘密
  • 第4回 本能寺へ
  • 第5回 本能寺の変
  • 第6回 光秀の天下
  • 第7回 母の再婚
  • 第8回 初めての父
  • 第9回 義父の涙
  • 第10回 わかれ
全46回タイトルをみる
  • 第11回 猿の人質
  • 第12回 茶々の反乱
  • 第13回 花嫁の決意
  • 第14回 離縁せよ
  • 第15回 猿の正体
  • 第16回 関白秀吉
  • 第17回 家康の花嫁
  • 第18回 恋しくて
  • 第19回 初の縁談
  • 第20回 茶々の恋
  • 第21回 豊臣の妻
  • 第22回 父母の肖像
  • 第23回 人質秀忠
  • 第24回 利休切腹
  • 第25回 愛の嵐
  • 第26回 母になる時
  • 第27回 秀勝の遺言
  • 第28回 秀忠に嫁げ
  • 第29回 最悪の夫
  • 第30回 愛しき人よ
  • 第31回 秀吉死す
  • 第32回 江戸の鬼
  • 第33回 徳川の嫁
  • 第34回 姫の十字架
  • 第35回 幻の関ヶ原
  • 第36回 男の覚悟
  • 第37回 千姫の婚礼
  • 第38回 最強の乳母
  • 第39回 運命の対面
  • 第40回 親の心
  • 第41回 姉妹激突!
  • 第42回 大坂冬の陣
  • 第43回 淀、散る
  • 第44回 江戸城騒乱
  • 第45回 息子よ
  • 第46回 希望  

キャスト

  • 江(上野樹里)
  • 淀(宮沢りえ)
  • 初(水川あさみ)
  • 織田信長(豊川悦司)
  • 市(鈴木保奈美)
  • 浅井長政(時任三郎)
  • 徳川秀忠(向井 理)
  • 柴田勝家(大地康雄)
  • 豊臣秀吉(岸谷五朗)
  • 明智光秀(市村正親)
  • おね・北政所・広台院(大竹しのぶ)
  • 徳川家康(北大路欣也)

ほか