【第1話から全話まで】ドラマ「ハケンの品格」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

ハケンの品格
帝一くん

この記事では、ドラマ「ハケンの品格(2020)」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

2020年最新情報

ドラマ「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!!
2020年4月に【続編】の放送が決定しました。

→詳細は【コチラ】をご覧ください←

ドラマ「ハケンの品格」の動画を視聴

大人気ドラマ「ハケンの品格」が配信されている動画配信サービスはこちら!(2019年7月現在)

  • Hulu
  • U-NEXT
  • ビデオパス
  • dTV
  • TSUTAYA TV
  • Amazon Prime Video
  • ビデオマーケット

この中でも課金なしで観れる動画配信サービス『Hulu』をご紹介いたします!

Hulu

ドラマ「ハケンの品格」は動画配信サービス「Hulu」で見放題!!
第1話から全話までフル動画配信中です!

動画配信サービス「Hulu」は完全無料視聴可能です!

「Hulu」では初回2週間のトライアル期間中に解約すれば、完全無料で「Hulu」が利用可能に!
解約金などは一切なし!!なので本当に完全無料で視聴できます。

「Hulu」オススメポイント!!

  1. プロ野球などのライブ配信動画に加え、国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど最大【50,000配信作品】が全部見放題!!(Hulu独占配信作品もあり)
  2. 追加料金や個別課金なし!!
  3. 高画質、高音質
    ※継続でご利用されると月々「933円(税抜)」かかります。

☆「Hulu」ユーザーレビュー

30代男性
無料体験で登録してみたが、ドラマやTV番組に力を入れている印象で新作やウォーキングデッドやゲームオブスローンズなどの人気作も充実していて楽しめた。
だが映画のラインナップに関しては正直微妙であった。新し目の作品は少なく、「これ結構前の作品だよな」と思ってしまうような作品が多くて物足りなさを感じてしまう。ランキングも昔の作品が多かった。
もっと新しい作品を充実させてくれれば継続で課金するかもしれない。あと、ネットフリックスやアマゾンと比較したとき、強みを感じない。

↓お得な「Hulu」の【徹底解説記事】はコチラ↓

ドラマ「ハケンの品格(2020)」第1話(2020年4月15日(毎週水曜)22時〜放送分)から最新話まで 見逃し動画

■ハケンの品格(2007)【第1話〜第4話】期間限定配信
2020年4月15日(水) 21:59 配信終了

TVer/第1話 TVer/第2話 TVer/第3話 TVer/第4話

↓5話以降は「Hulu」でご視聴ください。

■公式動画配信サービス

Hulu

■無料動画共有サイト検索

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■ドラマ「ハケンの品格(2020)」動画配信サービス配信予定表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Hulu ◎(全話見放題) Hulu詳細
TVer ○(最新話のみ) TVer詳細
日テレ無料TADA! ○(最新話のみ) 日テレ無料TADA!詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
FOD × FOD詳細
Paravi × Paravi詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2020.04.03

→現在、前作の「ハケンの品格」配信中です。

■TVerについて

TVer(ティーバー)は、民放各TV局が連携した公式動画配信サイトです。ドラマやアニメ、バラエティなどリアルタイムで見逃してしまった多くの番組をストリーミング配信で視聴することができます。原則として最新話のみ配信していて、視聴可能期間は次話がTVで放送される直前までの1週間です。TVと同様に動画の途中に広告などが再生されますが、その点が気にならない方にはおすすめのサイトです。

TVerについて詳しくはこちら

■GYAO!について

GYAO!(ギャオ)は、Yahoo! JAPANが運営している動画配信サービスです。GYAO!ストアでのレンタル作品など一部有料の動画コンテンツもありますが、多くの動画を無料で視聴することができます。原則最新話のみですが、ドラマに関しても多くの作品が配信されています。最新話の視聴期間は次話がTVで放送される直前までの1週間で、広告配信もあります。

GYAO!について詳しくはこちら

■日テレ無料TADA!について

日テレ無料TADA!は、日本テレビが提供している公式の動画配信サービスです。日本テレビで放送された多くの番組をストリーミング動画として配信しています。ドラマの配信は原則最新話のみで、視聴可能期間は次話が始まるまでの1週間です。TVでの放送と同じく広告が再生されます。日本テレビのコンテンツを見逃した時はチェックしてみるといいでしょう。

日テレ無料TADA!について詳しくはこちら

ハケンの品格(2020)詳細

最新注目ポイント!
小泉孝太郎さんに続き、勝地涼さん、上地雄輔さんと前作のキャストの続投が発表されました!13年前は新入社員と派遣社員だった2人の成長した姿が楽しみです!
そしてそして、「くるくるパーマ」こと東海林武役の大泉洋さんの出演も決定!
パワーアップした2人の掛け合いに注目です!

篠原涼子主演「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!令和に大前春子はどんな働き方を?

篠原涼子主演で話題を呼んだ、日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」。一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!

新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてものは幻想なのだ。日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」…etc カオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?

このドラマは、新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる。

 

 

篠原涼子(大前春子役)コメント
13年ぶりにハケンの品格の続編に出演させて頂く事になりました。
時代も平成から令和になり、「働き方改革」が謳われる世の中で、スーパーハケンの大前春子がどのように働き、生きて行くのか私自身もいまから演じるのを楽しみにしておりますので、視聴者の皆様にも楽しみにお待ち頂けたらと思います。

脚本 中園ミホ コメント
ハケンの品格は、実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です。
13年経った今も彼女たちとの飲み会は続いていますが、ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます。
それでも笑顔で働き続ける彼女たちこそ、日本の宝!と私は思います。
すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな「ハケンの品格」に取り組んでいます。ご期待ください!

【出典:公式HP「ハケンの品格(2020)」イントロダクション

■キャスト

篠原涼子 小泉孝太郎 大泉洋

勝地涼 上地雄輔 塚地武雅

杉野遥亮 吉谷彩子 山本舞香 中村海人(Travis Japan)

伊東四朗

■主題歌

鈴木雅之「Motivation」

■スタッフ

脚本:中園ミホ

■公式HP・SNS

公式HP

ハケンの品格(2020)期待の声

40代女性
このドラマは、仕事をきちんとしている人に対して勇気を与えることができると思っています。正社員として、派遣社員として働いている人がたくさんいます。正社員よりもしっかりプライドをもって、派遣社員として働いている人もたくさんいるのです。そんな人たちは、仕事が好きなのです。仕事について、悩んで嫌になっている人にもプライドを持って働くことができる職場だと、楽しいし自分に自信を持つことができると、気持ちが楽になるドラマなのです。私生活は地味で、そんなところもとても感じがいいですね。これを見ると仕事とはと考えてしまいます。

30代女性
なんとあの大人気ドラマである「ハケンの品格」が13年ぶりに続編が出るということでびっくりしています。13年前とは派遣の考え方や状況も変わっているので、どのような内容のお話になっているのか興味津々です。以前以上に厳しくなっている派遣の現状をドラマでどう描いてくれるのか楽しみです。篠原涼子さんや小泉孝太郎さんや伊東四朗さんといった以前と同じキャストが出てくれるのは嬉しいです。そして以前から続投のキャストだけでなく今作から登場するキャストさんもたくさんいるので前作以上により素敵なドラマになることを期待しています。
もっと期待の声をみる

30代男性
周りをみて合わせるという人間関係のストレスが発生しやすい会社社会の中で、どこまでも自分の流儀を貫いてマイペースで仕事を行っては定時で帰る。そんな真っ直ぐな生き様の派遣の人生を見れる展開がもっと面白く描かれるのを期待します。正社員にでもなんともならないような会社の危機を、派遣の彼女がズバッと解決してさっと帰るという正義のヒーローのような展開があるとよいと思います。普段は明るくて美しい篠原涼子さんが、仏頂面で付き合いの悪い派遣女を快演する様がみれることに期待します。問われたことには機械人形のようにはきはき喋って返すのみで無駄な付き合いやお喋りをしない硬派なOLの芝居が見れるのが楽しみです。

20代女性
もう10年近く前に放送されたドラマということもあって、どのように話が続いていくのか、前回の人間関係はどうなるのか、新キャラとの関係性などが気になりますね。当時派遣社員というワードが出たばかりで新鮮味がありましたが、派遣社員が当たり前になっている今、どのように映っていくのかも見どころなのではないでしょうか。また、アラフォー女性の派遣社員というリアルな描写もあると思います。婚活、友人関係などその歳だからこそぶち当たるものがあります。それをどうやって描いていき、どのように解決していくのかも見どころです。

40代男性
昨今の「働き方改革」に加え「新型コロナウイルスの感染拡大」という予期せぬ事態にダメージを受け続ける我々サラリーマンにとって、このタイミングでまさか「ハケンの品格」が13年の歳月を経て復活するとは誰も予測しなかった出来事でしょう。幾度とない困難を強いられ、いよいよ虫の息となった我々のような労働者にとって一服の清涼剤となるか、もしくはそれ以上の活力を与えてくれるのか、とても楽しみなところです。篠原涼子さんのエッジが利いた存在感はもとより、フレッシュなキャストも加わり今一度、強烈な一撃をかましてもらいたいです。今こそ働く者に元気を!そんな気持ちで放送を待つ人も多いのではないでしょうか。

30代女性
最近、続々と昔のドラマが続編で戻ってきていますが、ついにハケンの品格も続編が放送されると聞き、今から凄くワクワクしています!どうやら13年ぶりだということで、派遣の働き方も昔と今では大分変ったと思うので、その辺がどのように描かれているのか楽しみです。そして、「大前春子」も以前と比べてどのように変わったのか、それとも全く変わっていないのか、というところにも注目したいな~と思っています。そして、派遣ということなので、多分職場は変わっていることと思います。今回は、どのようなメンバーが登場するかも楽しみです!

30代女性
篠原涼子さんのドラマはハズレがないので、いつも楽しく見ています。そして、「ハケンの品格」というドラマも、もちろん見ていました。ついに、13年の時を経て復活するのかと思うと、かなり感慨深いし、凄く楽しみです!普段の篠原涼子さんと違って、この「大前春子」というキャラクターは無表情で淡々としていた記憶があります。そのギャップがまたいいなと思うし、やはりお芝居が上手な役者さんだなと思いました。13年の間に景気が良くなったりもしましたが、相変わらず派遣を続けている大前春子はどのように進化をしているのか、凄く楽しみにしています。

30代女性
以前のハケンの品格も好きだったので、今回の続編は特に楽しみにしています。篠原涼子さんは、年を重ねてもいつまでもきれいなので、同じ女性としてもとても憧れています。大泉洋さんも、いつもコミカルで存在感のある役者さんなので好きですし、小泉孝太郎さんは爽やかで清潔感のある、かっこいい俳優さんなので大好きです。今のご時世、派遣の人も多いですし、オフィスでのストーリーなので自分を重ね合わせながら見たいと思っています。篠原涼子さんのようなスーパー派遣さんはなかなかいないと思いますが、派遣でも仕事がめちゃくちゃできる人もいるので、重ね合わせることができる部分がたくさんありそうで、楽しみにしています。

30代女性
大前春子が13年ぶりに戻ってくる!派遣法が改正される2020年4月のタイミングに、ドラマの続編の知らせには驚きと共に期待しかありません。同一賃金同一労働のメリットデメリットを含めどう描くのか、スーパーハケンの大前春子は13年の時を経てどのように変化しているのか、気になります。また、大泉洋さん演じるとっくりクルクルパーマの東海林さんと篠原涼子さん演じる大前春子の仲が良いのか悪いのかわからないようなやりあいをまた見られることも楽しみで仕方ありません。前作に引き続きのキャストの方と新しいキャストの方との掛け合いにも期待しています。前作は冬ドラマとして楽しみましたが、新生活も始まる春ドラマでの大前春子を見届けたいです。

30代女性
今、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国の小中高校が臨時休校となり、それによって、対応が可能な企業では一気にテレワークが進んでいるので、そういう実態も反映したようなドラマになると良いなと思います。正社員にはテレワークが認められるのに、派遣社員はテレワークが認められないだけでなく、有給を使って休むことさえ難しいという話も聞くので、正社員と派遣社員の差を視聴者が理解するためにも、できるだけ事実に忠実にドラマに盛り込んでくれると良いなと思います。そのうえで、篠原涼子さんがどのようにふるまうのかを見てみたいです。

40代女性
前作の放送時に20代だった私は、社会で生きて行くことの大変さを実感していた頃で、このドラマを見る度にたくさんの共感や勇気をもらっていました。賃金の安い派遣社員ながら、仕事の出来る春子に憧れを抱いたものです。あれから13年経った今でも、女性の正規雇用がなかなか進まない日本。2020年という新しい時代になっても、春子の大変さに頷いてしまう人も多いのではないでしょうか。その後も春子はたくさんの経験を重ねて、きっとますますパワーアップしたことでしょう。そんな逞しい春子の姿を久々に見ることが出来るので、放送をとても楽しみにしています。

20代女性
このドラマのおかげで大泉洋さんと篠原涼子さんを好きになったので、大泉洋さんが出ないことを知ったときは楽しみが少し減りました。
しかし、主人公は変わらず、新しいメンバーに囲まれるので、逆に全く新しい期待度もあります。
ハケンの品格が最初に放送されていたころより、働き方改革などが話題となっている現代では、前回よりメッセージ性の強いドラマになると予想しています。ストーリーの面白さ、篠原涼子さんが演じる派遣の品格の働き方の爽快さに期待するのと同時に、そのドラマを通して、現代社会がどうあるべきか、についての意見をSNS上で見ることも楽しみにしています。

20代女性
このドラマが放送されていたとき、世の中は派遣切りやらで非正規雇用者が多くリストラされた時でした。正社員で働くことが常識、正社員じゃなければ働く意味が無いと言われて育ってきた私も、正社員として今も働いています。令和になり、正社員として働くことが当たり前でなくなった今、このドラマはとんな展開になるのかとても気になるし、働く女性の在り方に多くの女性から共感されるのではないかなと思います。派遣さんと社員の中には大手企業になればなるほど見えない壁だったり差別が多くあります。各家庭の事情があってあえて非正規雇用者になっている方、派遣の方が稼げるからという理由で非正規雇用者になってる方など、いろいろな働き方がある中でこのドラマの中で派遣がどのような立ち位置になっているのか、とても楽しみにしています。

50代女性
あのハケンの品格にまた会えます。「あの」と付くくらい、このドラマは13年前に話題になりました。続編がすぐに作られなかったのが不思議なぐらいです。13年たっても、篠原涼子さん演じる大前春子は派遣として働いていて、とてもうれしです。以前は正社員は安泰、派遣は不安定でしたが、今は少し違います。正社員でも転職が多くなり、働き方改革、定年延長、副業など問題は山積みです。そのような中、派遣はいつでも切ることができる存在ですが、無くてはならない存在です。大前は、派遣として自信をもって働き、皆に存在を認められているので、新しい派遣の先輩として、また、上司には頼りになるできる人として、大いに活躍してくれると思います。小泉孝太郎さん、伊東四朗さんが出演するのもうれしいです。

20代男性
前のシリーズが放送された時はまだ私は未成年で、篠原さんをカッコいいなと思いながら見ていました。あれから月日が経ち、自分も働くようになり、また違った視点から見ることができるので楽しみです。また、世の中も大きく変わり、働き方も多様化しました。現在、働き方改革が叫ばれていますが、その中でどのようにストーリーが展開されていくのかが楽しみです。さらに、今回も篠原さんがどんな活躍を見せてくれるのかについても注目しています。派遣は社会的に不利な立場でありますが、その中でどう働いていくのでしょうか。私も非正規で働いているため、その点についても気になります。

40代女性
13年前、派遣切りや日雇い派遣が日本中で問題になっていた頃に颯爽と現れた「スーパー派遣」大前春子。派遣先の社員より有能ながら正社員の誘いを断り続け、同じ企業にとどまるのは3ヶ月まで。冷徹に無感情に、後輩の派遣社員の媚びにも派遣先の上司の嫌みにも顔色一つ変えず、己の目の前の仕事のみに集中する様子は「弱い立場で常に派遣先に低姿勢でいなくてはいけない派遣社員」という概念を吹き飛ばしました。過去に仕事で何度も辛い目にあってきて、その結果どんな仕事も問題も自身の能力で解決していく春子の姿に、仕事で悩んでいた私はどれほど勇気付けられたことでしょう。そして令和、長い不況に喘ぐ日本に春子がまた戻ってくるのです。今でも社会の問題は山積み。働き方改革といわれつつも現状は古臭いしがらみに取りつかれ、ワーキングプア、老害上司に社内ニート化…特に春子がシングルマザーになっていることから、ワーキングマザーの苦労がクローズアップされることでしょう。数々の痛快劇を見せてくれた春子は子供の急な発熱で早退、欠勤を余儀なくされた場合、どうやって切り抜けるのでしょうか?それとも普通の母親のよう苦悩するのでしょうか?というか父親は誰!?(そこが一番気になります。やっぱりネットで噂させてるあの人…?)個人的には春子に好意的だった小泉孝太郎扮する里中さんがどんな立ち位置になるのか、どんな立ち振舞いをするのか、今からワクワクが止まりません。

30代女性
とっても楽しみです!ハケンの品格の続編が出るということを聞いた瞬間、ただただ、懐かしい!と感動しました。正直前編の詳しい内容は覚えていませんが、ちょうど世間が派遣切りなどが多発して社会問題となっていた時期に、派遣なのにばりばり働いて爽快に問題を解決していく、見ていてすっきりするドラマだったかと思います。何よりうれしいのが大好きな篠原涼子さんが再び出演されることです。演技力もあり、かっこいい女性像ぴったりの篠原さんに大いに期待しています。ドラマ内での服やメイクも参考になりそうですし、とにかく楽しみです。

40代女性
私は現在、派遣の仕事をしています。そこで勤務をしていて正直なところ、正社員よりも仕事ができると思うことがあります。しかしそんなことを、誰にも口に出していうことができません。その点、このドラマを見ると、まさにその言いたいことをそのまま演じてくれるのでとてもスッキリすることができます。今回も、そんなスッキリできる場面を多く取り入れてほしいと願っています。これからますます、派遣の仕事が増えることでしょう。多くの人の夢を叶えることができる、少しだけ気持ちが楽になれるそんなドラマになってほしいと思っています。

30代男性
ハケンの品格1期がOAされたのが13年前。当時、高校生だったのでリアルタイムで見てて毎週楽しみだった。「おごれる正社員は久しからず。今では派遣がいなければ会社は回らない」というナレーションから始まるスーパーハケン大前春子がまた見れるのは正直嬉しい。あの時と違って自分は社会人になってるから色々正社員としての視点で見ると風刺が効いてて面白いドラマだなと今でも思う。何より大前さんのスキルの量。スペイン・ロシア語堪能、剣道4段、ひよこの雄雌鑑定、フグ調理師、核取扱管理者など今でいう資格マニアの先駆けですよね。資格マニアの方はとったスキルをそのまま仕事に活かしてるかは置いといて、大前さんの場合は無駄にすること無く使いこなせている印象あるから素直に尊敬できました。今じゃ正社員すらあぐら欠くことのできない昨今、大前さんがどのように風を巻き起こすか期待したいです。大泉さん演じる東海林の関係もどうなるか気になりますね。1期の最終回は確か左遷された東海林を大前さんが追いかけて派遣先でのハケンになり「私を雇えば後悔はさせませんよ」と言って終わりだったと思います。市村さんとの夫婦共演も見てみたいですしOAが待ち遠しいです。

40代男性
ハケンの品格、前作からもう13年も経っているんですね。公式HPなどでも紹介されていますが、かなり以前とは労働環境が変化しています。私自身は正社員として勤務していますが、それでも昨今の働き方改革に絡んだ法令の変化には苦労しています。従来の労働スタイルでは追い付かなくなってきているのが正直なところです。加えて、同一労働同一賃金も目前の課題となってきています。そんな中、派遣の方々の労働環境がどう変化してきているのか非常に興味があります。この新しい労働時代をスーパー派遣の大前さんがどういう立ち振る舞いでスーパー派遣として描かれるのか非常に楽しみですし、自分の環境のヒントになる事がないか興味深々です。

30代女性
13年ぶりに、あの痛快で最強のハケン社員の篠原涼子さんが帰ってくるということで、ワクワクします。でも、当時は、今のように「働き方改革」もなければ、「再雇用」も完全に定着しているわけでもなく、もちろん「AI」も登場する前だったので、どんな風に今の時代にあった大前春子になっているのかも気になります。そして、今、新型コロナウイルスの感染拡大を避けるためであったり、夏に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを控えて、会社に出社せずに自宅で仕事をするテレワークやリモートワークという働き方も出てきているので、そのあたりも、どのくらいドラマに反映されるのか楽しみです。

40代女性
13年前に放送された「ハケンの品格」、大好きでした!「持っていない資格はないんじゃないか」と思わせるほどの資格の数々に、正確かつ素早い仕事っぷりに、見ていて惚れ惚れする思いでした。以前、篠原涼子さんが演じていた「スーパー派遣社員」の大前春子はとてもはまり役でしたが、あれから13年経って、ますますカッコよさに磨きがかかった篠原涼子さんが、どのような大前春子を演じるのか、とても楽しみです。「働き方改革」が叫ばれるようになりましたが、派遣社員や女性の社会進出はまだまだ壁だらけである中、その閉塞感をつきやぶってくれるようなスカッとする展開を期待しています!

30代女性
以前放送した第一作からのファンです。派遣という、就職形態の中では主流ではない者の生き方がコミカルに、そしてリアルにも描かれるいるものだと思います。変わった就職形態とも見れる派遣ならではのあるあるや、他の社員にはない社会人としての矜持が強く描かれる点に期待します。正社員との間でちょっとした揉めごとなどを経ても、自分のペースで生き抜く社会人のあり方を世に示してくれると思います。この作品へよせる期待として、視聴することで現代の悩める社会人たちが何かしらの希望をもてるものであればよい、ということが言えます。

40代女性
私も派遣で働く事が多く、登場は正社員からのパワハラ的残業の強要などもあり前作はかなり毎週楽しみにしていて、あー、私もこんな風になりたい(定時即退社とか)と思いながら見ていた作品ですので、再び篠原涼子さんが大前役をやるという事もあり、かなり楽しみです。
時代は流れ、派遣の立ち位置もまた変わってきているので、新しい企業でまたどんな有能ぶりを見せてくれるのか、また正しい派遣の姿を見せてくれるのか、今からワクワクしています。
どんな働き方にも権利があり、契約を盾に脅される様な働き方を企業はさせるべきではないと、再びこの令和の時代に知らしめてほしいです。

30代女性
前シリーズと、篠原涼子さんが主演のanegoが大好きで篠原涼子さんがバリバリ働く女性を演じている作品のファンです。前シリーズもスーパー派遣の主人公とその取り巻く環境や職場の人たちとのやりとりを毎週楽しみにしていました。歳を重ねて自分自身も現在「派遣社員」として毎日働いている日々です。前シリーズから時代も「令和」へと変化して社会全体も平成のあの頃とは変わってきています。働き方改革や正社員と派遣社員の格差をなくそうという同一労働同一賃金など、聞こえは良いかもしれませんが果たして派遣社員にメリットはあるのかという制度もあります。そんななかで現代のスーパーハケン大前春子の労働の様子にはとても興味があります。

30代女性
13年ぶりに戻ってくるということがすでにわくわくします。いったい何が起こるのでしょうね。篠原涼子の演技がまた本当にその派遣の業務をプロの域にまで高めた人のような演技をするので、それが圧巻です。またその姿を見たいと思ってしまいます。売り手市場が有利な今の情勢ではありますが、派遣の実情はなかなか厳しそうです。田舎なこともあって、私の周りで派遣業務をしている人が一人もいないのです。でも、都会の波はいずれ田舎にも押し寄せてくるので、働き方改革で弱者がどんな憂き目に合うのか。取材をかなり重ねているようなので、ドキュメンタリーとして楽しみながら勉強できそうです。

30代女性
篠原涼子さん演じる主人公の大前春子が13年ぶりに帰ってくるのを楽しみにしていました。新卒で正社員になれば安泰ではないこの時代に大前春子はどう暴れまわるのか見逃せないです。令和になり、昔なかった働き方改革、高齢化社会、副業、AI、過労死といった現代ならではの問題に大前春子はどう付き合って生きていくのかが見どころだと思います。また、前作に出ていたキャラクター達はどれくらい出てくるかや今作から出てくるキャラクターはどれくらいいるのかというところも期待しています。主題歌はどんな曲になるかも楽しみにしています。

30代男性
過去にやっていたシリーズを見たことがあって、スーパー派遣社員と呼ばれる大前春子が、仕事の傍らで正社員の中で派遣を馬鹿にしている人たちと言い争うという話になっていて、派遣社員という立場からものを言って行くのは面白かったです。今でこそ、派遣社員というのはそこまで珍しくもなくなって来ていますが、ドラマをやっていた当時はそこまで派遣のことが認知されているときではなかったし、実際に派遣なんてと言っている人がいたような時期にやっていたので、妙なリアリティーがあったのを覚えています。今回も周りと対立しながら仕事をこなして行くのが見れるのは楽しみです。

30代女性
13年前のに放送されたハケンの品格ですが、篠原涼子さん演じる大前春子は高齢化社会、副業、働き方改革などの現代ならではの問題をどう乗り越えていくのか期待しています。また新メンバーは誰が出演するのかも期待しています。令和となった今を大前春子はどう生きていくのかが気になります。また、前回出演されていた小泉孝太郎さん、加藤愛さんは出演されるかどうかも気になります。個人的に好きなドラマだったので大変楽しみにしています。前回放送された当時は高校生だったので、大人になったからこそわかる視点もあるので、当時とは違う視点で視聴できるので楽しみです

30代女性
今作は続編ということで、前作のキャストの方達がどれくらい出演するのか、新しいキャストに誰が選ばれるのか、とても楽しみにしています。今思うと、前作のキャストの方達がとても豪華だったので、今回も期待しています。篠原涼子さん演じる大前晴子と大泉洋さん演じる東海林が、毎回意見をぶつけ合っているのがとても面白いかったし、色んな考え方があるんだなぁと勉強にもなったので、ぜひまたそんなシーンが観られたらいいなぁと思っています。また、前作では、大前と東海林の恋愛についても描かれていたので、その続きも描かれるのかとても気になります。ハケンの仕事について、深く知れる良い機会にもなると思うので、考えさせられる部分もあると思いますが、基本的には楽しんで観られることを期待しています。

30代女性
昔見ていたあのハケンの品格がまさか続編をやってくれるなんて、これは楽しみでしかありません。あの篠原涼子さんがめちゃめちゃキャラの濃い才能豊かな人間を演じてくれるというのがとってもいいです。前作から13年ぶりらしいので、時代や状況も変わってきていますし、働き方改革などあのころとはだいぶいろいろ社会にも変化があったと思いますので、いったいどんな世界観で繰り広げられるのか楽しみです。主人公も13年もたっているので性格が少しは変わってしまっているのか、昔と全く変わらないキャラクターになっているのか楽しみなポイントがたくさんあります。

30代女性
前回のハケンの品格がとても面白かったので今回も期待しています。定時になってもなかなか上がっていいよと言われるまでは上がれないものですが、篠原涼子さん演じる大前春子さんの徹底した働き方が見ていて気持ちよかったです。平成から令和になりさらに前回から13年も経過しているということで、新しい働き方が見られそうです。働く女性が増えてきているので、大前春子さんがお手本となってくれるようなドラマを期待しています。メインキャストは前回と一緒ということで、再び大泉洋さん演じる東海林さんとのやり取りを見るのが楽しみです。

30代女性
当時とても大好きなドラマでしたが、最近は「働き方改革」などと世間では言われているので、どの辺の要素も盛り込んだ内容になってほしいと思います。日本は残業が当たり前、正社員が勝ち組、育休産休がとりにくいなど働く人にとっていろいろな意味で苦労が絶えない環境だと思います。ハケンの品格はそんな世の中に異議を唱えてほしいです。キャストも前作に続き篠原涼子さん以外にも、正社員代表として大泉洋さん、同じ派遣社員である加藤あいさんなども出てほしいです。女性が主役だからこそ、女性目線での働き方に対する姿勢なども盛り込んでほしいです。

30代女性
中園ミホさんは、脚本を書かれるときには、入念な取材を行なうと聞いているので、今回13年ぶりに「ハケンの品格」を復活させるにあたっても、今のハケンの世界について十分な取材を重ねているのだろうと思います。13年前と違って、「働き方改革」が始まり、残業も規制されるなど、正社員はかなりの変化をしている中で、ハケンの方々はどう感じているのか?どれくらいしわ寄せがいっているのか?も気になります。また、AIが人間にとって代わってしまうのではないかという不安もあるので、人間でなければいけない部分はあるし、それも、ハケンの方々が支えてくれているから成り立っているということも表現されるドラマになれば良いなと思います。
20代女性
前作の時は自分は中学生であまり仕事というものをよく理解しないままハケンの品格を見ていました。それでも面白かったですけど、時が経って自分が働くようになり、バイト、正社員、派遣社員と経験しているのでどんな作品になっているのかとても楽しみです。また、主人公はストレートに正直に物を言う性格で、今忖度がどうこう言われてる時代にどう関わって行くのかも楽しみです。今、SNSなどで若い世代と上の世代の価値観の違いから意見が割れることが多く見られると思います。ドラマはどちらかの意見に偏ることなく公平な立場で物語を進めて欲しいです。
30代女性
前作を視聴していたときは、篠原涼子さん演じる役柄の自分を貫く芯の強さに憧れを感じていました。毎回問題が起こってもそれを乗り越えるだけのスキルを持っており、続編ではどんなスキルを見せてくれるのか楽しみです。また、前作から13年という月日が経っており、その間にどれだけの資格が増えているのかという期待も高まります。前作を視聴していた頃は社会人として働き出してまもない頃だったこともあり、学生に近い感覚で見ていましたが、長い社会人生活を経た今だからこそ感じる役柄の捉え方に変化があるのかという視点でも楽しめると思いました。前作が面白かった分、パワーアップした作品であると期待が高まります。
30代女性
以前好きで見ていたドラマが13年ぶりに帰ってくるということで、とても期待しています。13年前と比べると、現実の世界でも働き方は大きく変わっていると思うので、主人公の大前がどのような仕事っぷりを見せてくれるのか楽しみです。現代ならではの働き方を見せてくれたら、共感できる人が多くなるのはないかと思います。働き方が多様化していることによって、大前が関わる周囲の人たちも様々なタイプの人たちになりそうなので、どのような接し方をするのかも楽しみです。現在の女性の社会進出についても、焦点を当てたストーリーを展開してくれたらと期待しています。

ハケンの品格 詳細

「ハケンの品格」のあらすじ、各話タイトル、キャストをご紹介します。

あらすじ

今や日本では300万人に迫るという “派遣社員”。彼 (彼女) らなくして現代の企業は成り立たないと言っていいかもしれない。そんな時代に現れた超人的なスキルをもった “スーパーハケン” 大前春子(篠原涼子)が大手食品会社「S&F」本社の営業事業部マーケティング課に現れる!!

各話タイトル

  • 第1話 スーパー派遣登場!(2007年1月10日放送・視聴率18.2%)
<公式>第1話あらすじ

丸の内にある老舗の食品会社<S&F>。
同期入社の里中賢介(小泉孝太郎)と東海林武(大泉洋)は新年早々、共に辞令を受ける。
東海林は花形部署の販売二課主任に昇進し、一方賢介は新設のマーケティング課の主任に昇進した。
しかし、顔には出さなかったものの、営業部の隅の物置のような場所に新設されたその課に配属された賢介は、帰りのバスのシートで、前に老婆が立っているのにも気付かないほど、落ち込んでいた。
すると、突然腕が伸びてきてネクタイをむんずと掴まれ、そのまま引きずり起こされた。 驚いた賢介が目の前の浮浪者のような女に睨まれ、唖然としていると、老婆は次の停留所でバスを降りていき、その空いた席にその女が当たり前のように座って眠り始めた。
大前春子(篠原涼子)だ。

一方、大晦日にアルバイトをクビになった森美雪(加藤あい)は、すがる思いで派遣会社<ハケンライフ>の面接を受けた。やっと派遣され向った先は老舗の<S&F>。
経験も自信もなかったが、どうにか採用されようと必死な美雪は面談で見栄を張り、できもしないパソコンを得意だと言ってしまう。
が、部長の桐島は「ところで、大前春子さんは来てくれるんだろうね?」と<ハケンライフ>のマネージャー・一ツ木(安田顕)に尋ねた。
おどおどしている美雪に不安は残るが、春子が来てくれるならと美雪の採用が決まった。

その翌日、面談にやってきた噂のスーパーハケンを見て賢介は絶句する。昨晩のバスの女だ。
表情一つ変えず言葉も発さない春子の採用条件は「契約期間3ヶ月、一切延長なし、休日出勤、残業も一切しない」 というもので、一緒に面談をしていた東海林がその態度に噛み付くが、春子は無視する一方。

春子と美雪が派遣されたマーケティング課は、主任の賢介を始め、新入社員の浅野務(勝地涼)、嘱託の小笠原繁(小松政夫)の小規模は部署だった。
しかし、賢介に期待を寄せている桐島部長の命により、米のデータ分析とそのプレゼンを任せられることに。
一丸となって来たるプレゼンの日を目指していたが、仕事の遅い美雪がルールを破り、プレゼンの前日、社内データを自宅に持ち帰り、翌朝寝坊をしたため乗ったタクシーの中にそれを忘れてきてしまう。
マーケティング課は大ピンチ。タクシー会社を課内総出で探している中、いつものように淡々と自分の仕事をこなしている春子に賢介は―

『出典:『ハケンの品格』第1話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
老舗食品会社「S&F」の営業事業部に新設されたマーケティング課に、人材派遣会社から2人の派遣社員が配属されました。初日から自分の仕事を完璧にこなす時給3000円の特Aランクのスーパー派遣「大前春子」は、残業無し・無駄なコミュニケーション無し、おまけに無愛想の為、早速販売二課主任の東海林を始め、部内で反感をかってしまいます。また、もう一人の派遣社員「森美雪」は、愛想は良いがパソコンスキルの嘘がばれ、初日から失敗ばかりで頼まれた仕事を全くこなせず、毎日のように残業をしていました。ある日朝寝坊をした美雪は慌ててタクシーで出社しますが、前日に会社から持ち帰ったプレゼンに必要な書類やデータを、タクシーに置き忘れてしまい、マーケティング課の主任里中や皆で探しに行く事になります。里中は春子にも声をかけますが、「関係ございません。」と一切の協力をせず出て行ってしまいます。皆の協力で何とかタクシーを見つけますが、事故を起こしたタクシーはスクラップ工場で高く積み上げられています。「もうどうにも出来ない。」と皆が困惑している所に、重機を運転する春子が登場し、そのタクシーを吊り上げ地面に下ろすと、運転席に美雪の忘れ物を発見、無事届けられマーケティング課の初プレゼンも大成功に終わるのでした。その夜部長からのご褒美で連れてこられた店で、東海林と里中は華麗にフラメンコを踊る春子を目撃するのでした。
  • 第2話 プライドとホッチキス(2007年1月17日放送・視聴率18.6%)
<公式>第2話あらすじ

東海林は何かと気に障る大前春子に、自分の実力を見せつけようと営業先に連れて行く。
ところが、営業先のデパート店長・緑川は、東海林との挨拶もそこそこに、春子を見つけるなり、東海林そっちのけの歓迎ぶり。春子は以前、そのデパートでハケンとして働いたことがあったのだ。
春子への絶大なる信頼の証か、予想以上の売り場面積を確保でき、東海林は部長の桐島の前で胸を張るが、内心は穏やかでない。

一方、美雪は15万円もするコーヒーサーバーを壊してしまった上に、パソコンスキルAランクの男性ハケンの近 耕作が新たに配属され、いよいよ自分の居場所がなくなってしまったと焦る。
マネージャーの一ツ木に相談すると、スキルがないのだから、愛想よく、何でも頼みやすい”癒し系キャラ”をウリにするしか生き残る道がないとアドバイスされた。それからというもの、美雪は春子が止めるのも聞かず、正社員の買い物などの雑用を笑顔で引き受けるようになる。しかし、他のハケンから「プライドがない」と非難され、八方ふさがりになる。
なかなか状況を変えることのできない美雪を見兼ねた春子は、美雪がしていることは全てが努力しない自分に対する言い訳だとバッサリと言い放つ。

緑川から春子あてに東海林のミスを指摘する電話が入り、完全に面目を潰された東海林は、春子に食って掛かる。
そんな最中、美雪は春子の言葉を思い出し、お使いハケンからの脱却を宣言する。
みんなが驚く中、東海林のテンションは最高潮に上がり、春子にホッチキス対決を申し込み、春子もそれを受け入れる。

学生時代、バイトで毎日一万発のホッチキスを打っていたという東海林は、自信満々。
やがて、営業部の全員が見守る中、春子と東海林、ハケンと正社員の対決がスタートした。
東海林を応援する正社員たち、これに対し美雪、近らハケン組は、春子を応援するが・・・。

『出典:『ハケンの品格』第2話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
派遣の大前が気に入らない東海林は大前を連れて取引先に行く。そこで自分の実力を見せてやろうとしたが、取引先のデパート店長は大前を見るなり、東海林を差し置いて歓迎する。それでますます不満を持った東海林はホッチキス対決を申し出た。どちらが早くホッチキスを止めることができるかという対決だったが、あと少しの差で東海林が勝つ。わざと大前が負けたと見抜いた主任。なぜそんなことをしたかと聞くと、自分にはプライドよりも派遣として生きていくことが大切だと言う。そんな中、東海林は部屋で大前が止めた一つ一つ正確なホッチキスのあとを見て、敗北感を感じていた。そして後日、同じく派遣の美雪が壊したと思っていたコーヒーメーカーだったが、それは俺が壊したと東海林がいい、美雪をかばった。少しずつ派遣と社員の距離が埋まっていくようだ。
  • 第3話 社員の友情 ハケンの仁義(2007年1月24日放送・視聴率18.8%)
<公式>第3話あらすじ

水産部と合同で国産マグロに関するプロジェクトが立ち上がり、東海林たち営業が販売を請け負うことになり、マーケティング課も協力することになった。
小笠原の提案でブームのマグロ解体ショーを、先日の売り場面積拡張に成功したデパートの一角で行うことに決定。
早速腕のいい解体師を探し始めるが、ブームの折、なかなか見つからない。

そんな中、ハケンのおしゃれ派閥に入った美雪が合コンの会場で、小笠原が見たという1年で500本ものマグロを売りさばくという“マグロの神様”のツネさんを偶然見つける。
美雪の連絡で東海林、賢介は直談判に急行。
東海林の巧みな口説きに1日だけ空いていた週末の土曜日にスケジュールをもらうことができた。
早速、打合せに出向いた東海林に緑川は、よくぞあの人気者を獲得したと上機嫌。
当日は本部からも視察が来るという。

ショーの前日、マグロの仕入れに行った市場で、東海林の不用意なひと言で機嫌を損ねたツネさんが、東海林を振り切った瞬間に台車に接触し利き腕を骨折してしまい、緊急事態に。
仕入れたマグロが深夜にはデパートに到着し、広告も打ち、後には引けない状況の中、解体師の代役を探すしかない東海林。
何とか東海林を助けたい賢介は、板前やすし職人を手当たり次第当たってみるが、まるで見つからない。

代役が見つからないと責任問題になると絶句する緑川に、東海林も辞表を用意し覚悟を決める。
見かねた賢介は緑川の信頼が厚い春子に一緒に謝りに行ってもらえないかと頼み込むが、ハケンの自分にそれを依頼するのは筋が違うと断られる。
覚悟を決めた東海林たちは、満員のお客を前に頭を下げて解体ショーの中止を伝える。
そして、東海林がデパートの本部長に土下座しているその最中、店内のアナウンスが解体ショーの開始を伝える。
とそこに現れたのは長い風呂敷包みを抱えた春子だった―

『出典:『ハケンの品格』第3話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
マグロプロジェクトの会議で問題社員の森と特Aランクの大前春子がお茶を出していたが森はお茶をこぼすミスをする。そんな森にお茶をこぼされた社員からラブコールのメールがなぜか大前のパソコンに届く。森は昼食を一人でするのが苦手で相手を探すが見当たらないところに里中主任らに一緒に昼食を誘われる。午後の会議が始まり小笠原から「解体の神様と言われるツネさんのマグロの解体ショー」で買ったマグロが美味しかったことを聞き、東海林はマグロの解体ショーで行こうと決める。ツネさんは人気があり中々連絡が取れないのである。桐島部長が里中と東海林を連れて飲みに行った所に森からいま合コンをしている所に解体ショーのツネさんがいることを伝える。東海林らは早急にツネさんの所に赴き、マグロの解体ショーに出演をしてもらえるように上手く話ができ、問題社員の森は日ごろのミスの名誉挽回をする。東海林は解体ショーの打ち合わせでツネさんに会いにきたが、不注意な言葉が元でツネさんは負傷し、解体ショーに出演できなくなる。東海林らは代わりの人を見つけるために動くが探すことができず、解体ショーの中止を宣言することとなる。かつて大前はツネさんの弟子をしていた。そのツネさんから電話がかかってくる。解体ショーの中止を館内放送しているところに「春子の解体ショーを今から開催します」と館内放送がなり、大前は解体ショーに臨むのである。
  • 第4話 恋とお時給(2007年1月31日放送・視聴率20.1%)
<公式>第4話あらすじ

東海林はバス停のキスから、春子のことが気になってしょうがない。
ケイタイの番号を託したにも拘らず、電話もかかってこない。
そして偶然にもその現場を見てしまった賢介もまた、気を揉んでいた。

一方、美雪は、はじめて貰った給料のあまりの少なさに大ショック。
家賃や光熱費を支払うとこ一ヶ月ももたないと春子に借金の相談をするが、あっさりと断られてしまう。
悩んでいると、ハケン仲間の香から、他のハケン会社にも登録したらどうかと勧められ、早速登録してみると、時給1800円の受付の仕事の面談が舞い込んできた。
明日が面談でどうしたものかと香に相談してみると、みんなやっていることだから、何か理由をつけて休んで行けばいいと教えられる。

そんな折、東海林がロシアの企業との商談を任されることになった。
モスクワ駐在経験ある東海林はロシア語に自信があるため、春子にいいところを見せようと、交渉の当日の秘書役を依頼。
ところが商談の席上、東海林はロシア人バイヤーの迫力に圧倒される。
そしてその夜、東海林は、春子と二人きりで話をしようとカンタンテの外に呼び出し、果敢にアタックするが空回り。

母親が急病という理由で休んでいる美雪に、ハケンライフの一ツ木が連絡をするが、ケイタイが繋がらず、群馬の実家に電話をしてみると、病気のはずの母親当人が応対し、至って元気であり、美雪が嘘をついて休んだことが判明。
実は、別のハケン会社の面談に行ったことを知った春子は、その会社に急行する―

『出典:『ハケンの品格』第4話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
東海林は春子とキスをして以来、春子を恋愛対象として意識するようになっていたが、そんな意識をして良いのだろうかというちょっとした不安も抱えていた。手始めに何とか交流を深めようと電話番号を交換するも、なかなか春子から連絡が来ないので東海林はやきもきした気分で毎日を送っていた。そんな中で東海林は重要な取引先との商談の秘書に春子を任命する。しかしその取引先との商談はなかなか上手くいかず、定時に帰りたがっている春子はどんどん不満を募らせている様子。春子の機嫌を取り戻すため、そして商談を成立させないといけない東海林はどんどん気持ちが焦ってしまう。果たして商談は成立するのか、そして二人の関係性はこれからどうなっていくのだろうか。
  • 第5話 お時給インベーダー VS ナマコ大先輩(2007年2月07日放送・視聴率18.6%)
<公式>第5話あらすじ

人事部が小笠原の嘱託契約を打ち切ることを決めた。
小笠原も以前は腕のいい営業マンだったが、もう会社に残すことはできないということになった。

賢介は部長の桐島から、それを本人に伝えるよう命じられる。悩む賢介。
しかし、そのためのリサーチに春子と共にデパートに出向いた小笠原は、おもちゃ売り場のゲームに夢中になり、迷子になる。

桐島に小笠原に対する評価を聞かれた春子は、マーケティング課のお荷物だと答えてしまう。
それを聞いた賢介と東海林は、春子に 「人を思いやる気持ちはないのか」 と猛反撃するが、春子に小笠原のことを 「会社に甘えて、危機感がなさ過ぎた」 と言われ、返す言葉がない。

S&Fに年に一度の国税局の査察が入り、販売二課の過去の小麦の決済に粉飾決算の疑いがあると指摘される。
ところが、無実を証明する99年度分の伝票は手書きで、どこかに仕舞い込まれてしまっていて、所在が誰にもわからない。
時間がないとマーケティング課も応援を頼まれ、地下倉庫に向かう。

そこへ、春子が無理矢理、定食屋から小笠原を強引に連れてくる。
小笠原は当時バリバリの営業マンでその倉庫には何度も足を運んでいた。
そしていとも簡単にその伝票の入った箱を探し出した。
その時、タイムリミットの5時まであと1時間と迫っていた。

『出典:『ハケンの品格』第5話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
部長の桐島から呼び出された賢介は、あることを小笠原に告げるよう指示され悩んでいた。それは、人事部によって小笠原と契約の更新はしないと決定したという内容だった。以前は、凄腕の営業として有名だった小笠原も、ほとんど活躍を見せることがなくなっていた。今では仕事中に迷子になる始末で、春子からも会社に甘えたお荷物であると評価されてしまう。そんな中、国税局による抜き打ちの査察を受けるS&F。過去の決算に粉飾決算の疑惑が持ち上がり、疑いを晴らすための資料を巡り社内は大混乱に陥ってしまう。刻一刻とタイムリミットが迫る中、応援を頼まれたマーケティング課。99年度分の手書き伝票を探すために、地下倉庫へ向かうことに。過去の資料の捜索が困難を極める中、春子は当時をよく知る小笠原の下へ向かっていた。
  • 第6話 涙の残業バレンタイン(2007年2月14日放送・視聴率20.7%)
<公式>第6話あらすじ

S&Fでは、東海林の企画でチョコレートの名店 「シルスマリオ」 と提携し、春から新製品の全国規模での販売を決定。その宣伝を兼ねたリサーチをするため、バレンタインのイベントをマーケティング課が開催することになった。

イベント当日、販売要員としてハケンライフから臨時のハケンたちが集められた。その中の一人ウグイス嬢を担当する早苗が、イベント会場で賢介に一目ぼれをしたと本命チョコを差し出す。しかし、「仕事に集中して下さい」 と賢介に断られた早苗は、仕事を放棄して帰ってしまった。慌てて現れたハケンライフの一ツ木が、かつて選挙演説のウグイス嬢として代議士を3人も当選させたことがある春子を早苗の代役に指名。かぶりものを嫌がる春子を説得。そして、春子の美声のアナウンスに会場は忽ち大賑わい。

予想以上の売り上げに気をよくした東海林は翌日の分の追加注文をしに 「シルスマリオ」 の社長くに子の元に浅野を連れて直談判に行く。

昼休みのOLで賑わう二日目の会場で、春子が東海林の作ったコメントをくだらないと一行飛ばしたことから言い合いになる。義理チョコは職場の潤滑油だと主張する東海林に対し、義理チョコはドブにお金を捨てるようなものだと言い張る春子。そのトークバトルが春子の持っていたマイクで、チョコを買いに来たOLたちで大賑わいの会場に流れてしまう。 春子のはじめての失敗であった――

『出典:『ハケンの品格』第6話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
「S&F」は人気チョコレート店シルスマリオと提携し、新商品の全国展開前にバレンタイン企画を実施する事になりました。春子と同じ派遣会社から数名がイベントに配属されるも、その中のウグイス嬢が里中に失恋し、ショックで仕事を放棄してしまいます。すると、かつて3名の代議士を当選させた春子に白羽の矢が立ち、嫌々ながらもハートの被り物をしアナウンスを始めると、女性客が殺到し瞬く間にチョコが完売してしまいます。追加販売分を社長に頼み込み、何とか承諾を得たある日、アナウンス中にちょっかいを出した東海林と春子の言い争う声が、マイクのスイッチを切り忘れた事により、会場に流れてしまいます。結果大量にチョコが売れ残ってしまい、社長を激怒させてしまいます。東海林と共に謝罪に行った春子でしたが、土下座をしても社長は許してくれません。そんな中娘が急に産気づき破水、救急車も間に合わない状態に慌てる社長をよそに、春子は助産師免許を見せ、的確に皆に指示をし、無事に赤ちゃんを出産させ、この一件で社長からも許しを貰うのでした。春子が会社に戻ると、マーケティング課の皆が「お誕生日おめでとう」とケーキやBDカードまで用意して待っていてくれました。しかしニコリともせず「こんな事は無駄ですから、やめて下さい。」と言い放ち、会社を出て行ってしまいます。バス停でバスを待つ春子は、皆から貰ったバースディカードを眺め、一人涙するのでした。
  • 第7話 企画コンペに恋は厳禁!(2007年2月21日放送・視聴率20.2%)
<公式>第7話あらすじ

S&Fの創立80周年を記念する社内企画募集の締め切りが迫っていた。
その募集要項に “社内外問わず” というただし書きがあるということを知った美雪は、ハケン社員たち向けのお弁当の企画を考えた。

ハケンの出した企画など通るわけがないという東海林の言葉をよそに、美雪の企画はマーケティング課を上げてバージョンアップして提出することに決定。

春子は、その企画を通したいという賢介の意思を確認した上で、「マーケティング課・里中賢介」 の名を入れた企画書を仕上げ、経営企画部宛に送信した。

ところが、自分の名前で企画書を提出した件をどうしても納得できない賢介は、やはり発案者である美雪の名前で提出するべきだと考えて、春子に相談。春子は、それでは美雪の立場が悪くなり企画自体も通らないと忠告するが、真っ正直な賢介は、企画書の名前を美雪に変えて再送してしまう。

翌朝、締め切り後早速、営業部の企画がベストファイブに勝ち残っているとの連絡を受ける桐島。
しかし、その提出者がハケンの美雪だと気付いた桐島は、その場で賢介に提出者を変えろと迫る。賢介の役に立ちたい一心で企画書を作成した美雪は、営業部員たちの心ない言葉に泣き出してしまう。まもなく、桐島は、社風に合わないという理由で、一ツ木に美雪のクビを通告。

これを知った賢介は休みを返上し、桐島が剣道の師範をしている道場へと向かった――

『出典:『ハケンの品格』第7話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
S&Fの社内企画が締め切りが迫っていて募集事項に欄に社内外問わずと書いてあったことと春子の企画書の書き方を教えてもらった美幸はハケン社員向けのお弁当の企画を作る。次の日主任里中に見せるとその企画が気に入られマーケティング課でバージョンアップをしてから里中の名前で企画書を送信することになる。しかし里中の中では企画者は美幸なのに・・と納得がいかず、企画者名を美幸の名前に書きなおし春子に相談する。春子からは、派遣が作った企画なんて通るわけない。美幸が悪いように見られるだけ。と忠告をされるがやっぱり納得できずに美幸の名前にしてから再送する。翌朝、営業部の企画書がベストファイブに残っていると報告を受ける部長の桐島だったが、その企画書提出者が派遣の美幸だったことを知る。桐島は里中に対して企画書名を美幸から里中に変えろと指示を出す。その頃、美幸は営業部の部員から心のない冷たい言葉を浴びて泣き出してしまう。そんな姿を見た春子は冷たい言葉を発した社員たちに向かい反論をしてから美幸がこもっているトイレへ向かい美幸に戻っって来るように話す。トイレから美幸を連れ出した春子はそのまま仕事を再開する。そしてまもなく桐島は美幸がこS&Fの社風に合わないのことで美幸のマネージャー一ツ木に連絡し、解雇宣告を行う。それを知った里中は桐島が剣道を師範している道場へ向かった。
  • 第8話 派遣にプロポーズ!?(2007年2月28日放送・視聴率19.9%)
<公式>第8話あらすじ

「ハケン弁当」 の企画推進プロジェクトを賢介に代わって東海林が仕切ることになった。マーケティング課の面々がガックリと肩を落とす中、S&Fの取引銀行の頭取令嬢との縁談も持ち上がり、東海林はますますやる気満々。

賢介は横取りされたことを憤慨する課員を説得して、「ハケン弁当」 の企画を実現すること第一に考えて、東海林に協力すべくアンケート調査をしようと提案する。ハケンライフの一ツ木の応援も得て、1000人の派遣社員のお弁当に関するアンケート調査を実施した。

見合いを終えた東海林は、春子のことが気になり、『カンタンテ』 に直行。そこで春子から出世のことしか頭になく、ついに友達を思いやる気持ちもなくなった、と批判されながら、勢いでついに春子にプロポーズをする。

そんな中、桐島は東海林に賢介は営業部の戦力外だと子会社への左遷をほのめかした。その夜、もどかしさで苛立ちを抑えきれない東海林は、踏み台になる方が悪いと賢介を責め立てる。そして二人は殴り合いの喧嘩になり――。

『出典:『ハケンの品格』第8話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です。
  • 第9話 スーパーハケンの過去(2007年3月7日放送・視聴率19.9%)
<公式>第9話あらすじ

小笠原が偶然拾った紙くずから、東海林が誰かにプロポーズして、断られたことが判明。
そこに書いてあった携帯の番号の主のことがマーケティング課で話題になっていたそんな中、賢介は、東海林に代わって 「ハケン弁当」 の最終プレゼンをするよう桐島から命じられる。

企画を譲ってくれた東海林の気持ちに応えようとする賢介の誠実で堂々としたプレゼンで、「ハケン弁当」 の企画は見事最終コンペを突破し、「ハケン弁当特別販売フェア」 の開催が決定。
しかし、賢介は、桐島から東海林が突然辞表を提出し、姿を消したと聞き、ガク然とする。
即座にその辞表の保留を求め、慌てて東海林に電話をしてみるが繋がらない。

賢介は、匡子と休日に東海林の家に行ってみるが留守だった。
販売フェアのパンフレットにメッセージを書き、残してきた。
当日の会場に来てくれるのを心待ちにするしかない賢介。

特別販売フェア当日、バレンタインデーの時と同じようにウグイス嬢を務めることになった春子が、控室でアナウンス原稿を直しているとFAXが流れてきて――。

『出典:『ハケンの品格』第9話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
S&F社のマーケティング課では、東海林のプロポーズ失敗の話題で持ちきりだった。遂には、紙に書かれていた番号が誰の携帯か、小笠原が電話をかけ確認しようとしていた。一方で、桐島から「ハケン弁当」の最終プレゼンを任せられた賢介。東海林から託された思いを背負いプレゼンに向かったのだった。その結果、無事にコンペをクリアし、「ハケン弁当特別販売フェア」の開催が決まる。喜びも束の間、東海林の辞表提出を聞き、動揺する賢介。電話も繋がらず、所在不明となった東海林に対し、賢介はメッセージを残すことしかできないのであった。そんな中、契約期間の終了が近づく春子。周囲から契約更新を頼まれるも、その意志は変わる様子がない。いよいよ迎えた特別販売フェア開催日。ウグイス嬢を務めることになった春子の下に、ある思いのこもった1通のFAXが送信されてくるのだった。
  • 最終話 第10話 契約終了!! スーパー派遣最後のスキル(2007年3月14日放送・視聴率26.0%)
<公式>第10話あらすじ

賢介は発売日が正式決定となったハケン弁当の最後の詰めで忙しかった。
そんな中、美雪は契約の更新が決まったが、春子は当初の宣言通り3ヶ月で会社を去ることを決めていた。

懸案だったハケン弁当のコスト削減策は、米プラスティック製お弁当箱を最初だけ買ってもらう “マイ弁当箱” 方式を採用することでクリア。
食材の調達は、マグロのツネさんの協力で順調に進んでいたそんな折、賢介は美雪から家庭の事情で契約更新を辞退させて欲しいと告げられる。

そんなある日、東海林からの電話に出てしまった春子は、賢介のパソコンを開くことに。
そこにあった東海林のメールから東海林が耐え難い疎外感を味わっていることを知る。

いよいよ、ハケン弁当発売を2日後に控え、春子と美雪の契約終了の日がやってきた――

『出典:『ハケンの品格』第10話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
食品会社S&Fの営業事業部の営業部長の桐島敏郎は、東海林武を営業主任、里中賢介を新しくできたマーケティング課の主任を任せることになりました。
マーケティング課は、里中を中心に浅野務と小笠原茂、そして派遣会社から3ヶ月契約で来ることになった新人派遣の森美雪と特Aランクの大前春子でやっていくことになりました。
桐島は、新しくできたマーケティングに期待していると里中に言いました。
しかし、辞めた派遣の代わりに雇われた森は全く仕事ができませんでした。
社員の黒岩から頼まれたデーターの打ち込みができない森は仕事をこなせず、その日も残業をすることになりました。
結局会社のデーターを持ち帰るが、朝寝坊をした森はタクシーにデーターや書類の入った紙袋を置き忘れてしまいます。
マーケティング課全員で探すことになったが、春子だけは自分の仕事だけをこなしており誰もがその事を非難したが、春子は関係ないと言います。
プレゼンに間に合うように、里中たちはスクラップ工場へ向かいました。
積み上げられた上の方にタクシーが見つかるが、手段がみつかりません。
そこに1台のショベルカーが来て運転しているのは春子でした。
その頑張りに、部長が東海林と里中に今日「いいところ」へ連れて行くと言い、二人は大喜びをします。
そして夜、桐島が二人を連れて行ったのはフラメンコの店でした。
当てが外れた二人の前に、フラメンコを踊る春子の姿があり驚きます。

キャスト

  • 篠原涼子
  • 加藤あい
  • 小泉孝太郎
  • 大泉洋
  • 勝地涼
  • 板谷由夏
  • 安田顕
  • 上地雄輔
  • 城田優
  • 小松政夫
  • 白川由美
  • 松方弘樹

ほか

ハケンの品格の見どころ

50代女性
大前春子は効率良しで何でもこなす、お時給3000円のスーパー派遣。羨ましいくらいの身のこなし、そして資格もたくさん持っていて、困っている人を助けるしっかり者の春子。演じるのは篠原涼子。派遣の言いたいことを言ってくれる春子にスカッとします。
30代女性
ハケンの品格は東京都の丸の内にある大手食品会社を舞台に主人公である派遣社員の女性の成長を描いたドラマで、多くの人に指示された作品です。
このドラマの見どころは、主人公を通して派遣社員の実態を見ることができると言うことで、それにより派遣社員の良い面と悪い面の両方をよく理解することが出来る点にあります。主人公の春子のキャラクターもあり暗いドラマとなっていないので気軽に楽しむことができますし、面白く見ていて飽きることはないです。ハケンの品格は主人公である派遣社員の女性を通して派遣社員の問題点を炙り出しており、社会派ドラマとして評判が高い作品です。
20代女性
このドラマは、主人公大前春子の派遣の仕事に携わる姿を描いたものです。見どころは、毎回毎回会社で問題が発生します。そこで定時で必ず帰る、与えられた仕事しかしない春子が毎回問題を解決していくところです。中でも春子は沢山の資格を持っており、今回はどんな資格が出てくるのかを考えながら見ることができます。また、東海林武との恋模様も見どころの一つです。

ハケンの品格のネタバレ・感想

40代女性
私自身派遣で現在働いているので、派遣社員としての心得やあるある、周囲との関わり方など、共感できたらいいなと思っています。また、子育てしながら、定時できっちり働くのに派遣社員はとても私にとって都合良く、これからもっと働きやすくなるといいなと思っているので、社会全体で考えていかないといけないし、もっと理解が深まると良いなと思います。篠原涼子さんの演技や周囲とのやり取りが、コミカルで楽しく、前向きになれるようなストーリーだと嬉しいです。現実的な派遣のめりっとやデメリットが分かりやすく!面白みを含めた展開を期待しています。
20代女性
残業や契約した仕事以外をしない大前春子に対して初めは冷たい人だなという印象が強かったです。しかし、何かトラブルが起こるたびに結局は春子が自分の資格を生かして解決してくれるので、見ていくうちに芯が強くて仕事ができて格好良くて春子に魅了されていきました。一生懸命だけどドジっ子の森ちゃんも自分と重なって応援したくなったり、自分よりも頼りになるが反感を買うような派遣社員春子と上司や周りからの態度に挟まれる優しい里中主任に喝を入れたくなったりしました。春子の過去や恋の行方も見所のひとつで、毎週楽しみにしていました。
30代女性
強烈なインパクトを放つ派遣社員、春子を演じていた篠原涼子さんがとにかくすごかったという印象が残っています。いろんな資格を持っていたり英語以外の言葉も話せたりと、派遣社員でこんなにハイスペックなのか?と思ってしまうほどでした。
40代男性
派遣社員がクローズアップされたドラマで、篠原涼子さん演じる主人公のスーパー派遣社員と加藤あいさん演じる新米派遣社員を中心に会社内での社員とのやり取りや葛藤などがリアルに描かれているとともに、大泉洋さんと篠原涼子さんとのやりとりがとても面白かったです。
20代女性
見どころは、篠原涼子演じる大前春子と大泉洋演じる東海林武の掛け合い!!最初は険悪な二人ですが、仕事を通じて信頼しあって名コンビになっていく二人が最高!脇を固める方々もそれぞれ個性があり最後まで見飽きることなく面白いドラマでした。
30代女性
脚本家の中園ミホさんは、女性が主人公のドラマを書くと、とてもうまいので期待していましたが、その期待を良い意味ではるかに裏切られるほど面白かったです。私は、派遣社員として働いたことはありませんが、派遣社員の皆さんの気持ちが少しわかったような気がしました。
さらにネタバレ・感想をみる
60代女性
様々な仕事に対応できる 技術とスキルを持つ スーパー派遣社員「大前春子」 昼ご飯は定食屋 、就業時間 ぴったりで 帰宅行動、 仕事は全て完璧 なので 誰も文句を言うことができない。 かっこいい女性で 毎回見た後スッキリする作品です。
30代女性
篠原涼子さんが、サバサバしていて、とてもかっこよくて、会社では「○○ですが、それが何か?」と言って、当時はよくふざけていました。実際は、間違ってもそんな口の応答はできないと思いますが、その分を篠原涼子さんに代わりにやってもらっているようで、ドラマを見ているとスッとしました。
40代女性
派遣社員の方にも正社員に対するようにきちんとした態度で対応している小泉孝太郎さんが、とても良いなと思っていました。若い男性で、あれほどちゃんとできる人は、なかなかいないと思いました。私の会社でも、小泉孝太郎さんのような人がいたら大人気だろうなと思いながら見ていました。

出演者関連作品リンク

篠原涼子

  • アンフェア
「アンフェアなのは誰かー」
スピーディな展開にハラハラドキドキ!普段とは一味違う、かっこいい篠原涼子が事件を暴く!アクションシーンもみどころです☆
  • ラストシンデレラ
「39歳おやじ女子」の篠原涼子が、同僚の藤木直人と年下の三浦春馬との間で揺れ動く大人の胸キュンラブコメ!

小泉孝太郎

  • 病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
今までにない、まったく新しい「医療ドラマ」
倒産危機から復活を遂げた奇跡の“実話”を、とにかく熱い小泉孝太郎が演じます!