【敵陣の偵察大作戦!!】第2話・ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」は
TBS公式VOD配信サービス「Paravi」で、第1話から全話までフル動画配信が決定!

『スピンオフドラマ』も独占配信決定!
スピンオフドラマが視聴できるのは『Paravi
』だけ!!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

帝一くん
第1話はオープニングパーティの準備でドタバタで始まったフレンチレストラン『ロワン・ディシー』の回でしたね。第2話では、店内には閑古鳥が鳴いている最中、オーナーは料理にパンチが足りないとシェフを指摘し、トラブル発生・・・?!

第2話 見逃し動画 2019年7月16日(火曜)22:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は7月16日放送後〜7月23日放送開始直前まで)

※TVer、TBSFREEでの見逃し無料動画配信は終了しました。
公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴(☆スピンオフ作品も配信中!)

Paravi

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第1話】ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

▶︎【第3話】ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

【第2話】ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の詳細

■第2話・あらすじ

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。

ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。

小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?
小澤シェフの秘密が明らかに!?
仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

【出典:ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第2話 あらすじ

■キャスト

黒須仮名子くろす かなこ:石原さとみ
主人公。「ロワン・ディシー」の風変わりなオーナー。
精神的にも体力的にも生物としての強さを兼ね備えており、迷いがなく常に前向き。見ようによっては傍若無人でワガママな性格だが、裏表がなく妙に本質を突く発言をする。
思いつきで行動することが多く周囲を振り回すが、最終的にそれが良い結果を生む。適当にしゃべっているように見えるが、その瞬間瞬間の言葉は本心のため、従業員の心にやけに響いたりする。

伊賀 観いが かん:福士蒼汰
「ロワン・ディシー」のシェフドラン(上級ウェイター)。
真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物。前の店ではそのせいで評価が低かったが、客としてやって来た仮名子にその点を高く評価されスカウトされる。「ロワン・ディシー」の個性的な従業員たちの暴走を軌道修正するなど苦労は絶えないが、皆に必要とされることに心地良さも感じている。大学受験のトラウマで、試験と名のつくものが苦手。

川合太一かわい たいち:志尊 淳
「ロワン・ディシー」のコミドラン(ウェイターアシスタント)。
前職は美容師見習い。シャンプーをすることに飽きて転職を決意した。飲食店で働いた経験ゼロ。明るくいつも笑顔だが、物覚えが悪くなかなか戦力にならない。しかしなぜか憎めない性格で人には好かれる。
子どものように素直で、伊賀のことが大好き。誰かに注意されたり怒られたりしても全く気にしない性格。流行やSNS情報に敏感でよくスマホをいじっている。

堤 計太郎つつみ けいたろう:勝村政信
「ロワン・ディシー」の店長。しかしフレンチの経験はなく、前職は牛丼屋。牛丼屋を辞めた理由は「牛丼を食べ過ぎて、人生の定量に達したから」。
ハチャメチャなオーナーの方針に振り回され、お店の運営に悪戦苦闘する。およそ店長らしからぬ肝の小ささで、トラブルが起きるたびにパニックになり、伊賀に頼る。スケールの小さい節約と平凡な企画力で店の経営に微力ながら尽力していく。物事の換算は牛丼が基準となっている。感覚が一番庶民的。

小澤幸應おざわ ゆきお:段田安則
「ロワン・ディシー」のシェフ。
三ツ星レストランに勤めていたこともあるが、在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ。自分は悪くないのに「小澤シェフが来ると店が潰れる。縁起が悪い」という噂が立ってしまい、他店のオーナーは雇いたがらなかったが、仮名子は「掘り出し物」だと思ってスカウト。
心配性で弱気になると味が薄くなるが、コック見習いの月川や高遠から尊敬されている。

山縣重臣やまがた しげおみ:岸部一徳
「ロワン・ディシー」のソムリエ。
定年退職した元銀行役員。フレンチ経験は全くないものの、資格マニアでソムリエの資格欲しさに店で働く。年寄りであることを利用し、人を丸め込みラクをする老獪かつお茶目な性格。特に伊賀に対しては「老人に弱い」と知っていて、あの手この手でお願いを押し付ける。最初は仮名子に物申すことができる人物として一目置かれていたが、徐々にその地位も伊賀に取って代わられる。

■公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

視聴者からのネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
お客が全く来ないことで、スタッフたちは先も長くはないと心配になる。なんとか客を呼び込まなければならない。そこで思いついた作戦は、そこら辺の街にいる人たちに手当たり次第に声をかけることだった。しかし、そんな人たちがリピーターになる訳もなかった。次にオーナーが思いついたのは、ライバル店に偵察しに行くこと。シェフ・小澤には、自信を無くすと料理が薄味になるという欠点があった。ライバル店に食事しに行くことでいかにシェフの料理が美味しいか褒めて自信を取り戻そうという作戦だという。ライバル店のシェフは若干28歳。その倍くらい生きている小澤はそれに対してまた自信を失いかける。みんなが小澤の良さを言い合うことで、彼は若干自信を取り戻した。そんな中、客の目の前で一部料理を披露するパフォーマンスをしていたホールスタッフが誤って、アルコールが入った瓶を落としてしまい、ボヤ騒ぎが起きる。それを華麗に収めたのは伊賀だった。自信を取り戻したかに見えた小澤だったが、逆戻りしていた。やはり、客を増やすための宣伝をするしかない。様々なアイデアを出すも、小澤は正当な理由を言ってどれも却下していく。なぜそんなに詳しいのかを問うと、実は小澤にはジンクスがあった。彼が勤めた店が全部潰れてきたのだという。伊賀がミッドナイトランチを提案する。普通のランチは却下したオーナーだったが、これには賛成する。そのおかげで、店は大盛況となり、お客から小澤が伝説のシェフとしてもてはやされるように。彼の話がネットに載ったため、拡散されたのだ。しかし、このことを知った小澤は逆にプライドを傷つけられる。そうこうするうち、大口の予約が入る。このことで勇気づけられた小澤。次の難題は、メニュー作り。原価率を考慮したメニューを考えなければならないのだが、豪勢に見えるメニューがまったくもって思いつかない。行き詰っている小澤にさらっとアドバイスするオーナー。自由な創造力でやればいいのだと。メニューが一度決まりかけるも、小澤はせっかくだからもっと冒険してみたいと言い出す。客側に確認と要望を聞くも、何もないという。こんなに要望を出さない客はいないとして、顔が見えないと不安になる小澤。メニューのアイデアをメモした紙を落とした時、小澤はふと何かを思い出す。それをきっかけに客に合った料理を思いつくのだった。その狙いはドンピシャであった。客との対話で小澤は賞賛される。客はかつて一度だけ小澤の料理を食べたことがある人物だったのだ。結果、原価率は70%越えとなってしまったが。

■感想

30代男性
小澤幸應は料理を作らせたら右に出る者はいない天才シェフなのに、自信がなくなった途端に塩気がなくなるという美味しさゼロを出せるとは面白すぎだが、考え方を変えれば、健康的な料理を提供できるとも言えるので、本当に天才なのかもしれない。
30代男性
ヤル気がメラメラとなったシェフの小澤が、何でもやって良いといい加減な話を言い捲ったオーナーの仮名子に触発されてコース料理ではあるものの、いきなり12皿も提供しようとするのはちょっとやり過ぎで、小澤の性格は調子に乗りやすいのがよくわかった。
30代男性
丘野社長が久しぶりに天才シェフの小澤が考え抜いて作り上げた料理は、昔を懐かしく思い出させ、感動を呼ぶ展開になったが、さっきまでのてんてこ舞いの残念シェフの小澤は何てどうでもよく、食べた本人がどう思うかが一番重要だと感じた。
20代女性
貧乏が染み付いていて豪華な料理が思いつかないと思い悩む小澤の姿が一応シリアスなシーンではあると思いますがなんだか笑えてきました。そして彼を励まして良い方向に向けているオーナーの黒須が実際はその余った食材を食べたかっただけというオチにも笑いました。
20代女性
黒須が小澤を元気づけるために別の料理店に連れて行くシーンがありましたがトラブルがあったりして結局逆効果になっていて、でも本人は何が悪かったのかわからないといっているシーンに笑った。彼女は天然なのかワガママに見えて案外いい人なのかよく分からない。

出演者関連作品リンク

■石原さとみ
(関連記事:石原さとみが出演するおすすめドラマ5選

  • ドラマ「高嶺の花」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ
  • ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

  • ドラマ「ディア・シスター」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

  • 主演ドラマ「リッチマン・プアウーマン」見逃し動画無料フル視聴はコチラ