【第1話から全話まで】ドラマ「陽はまた昇る」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

陽はまた昇る

ドラマ「陽はまた昇る」動画視聴リンク

ドラマ「陽はまた昇る」は公式VOD配信「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信中!!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

ドラマ「陽はまた昇る」見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

Paravi

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「陽はまた昇る」ここが見どころ!

★2011年7月よりテレビ朝日系列で放映された警察学校を舞台にしたドラマです。
佐藤浩市が扮する刑事の遠野一行が警察学校の教官となる設定で、前作の「最後の晩餐〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜」で刑事役の流れを汲んでいます。もっとも刑事から転身し警察学校教官になるのですが、若い訓練生とぶつかり合うシーンが見どころです。ぶつかり合いながらも人間として訓練生が成長していく姿が見られ、それと前作の未解決事件を織り交ぜたため、前作を見た方はその延長で見ることもできます。
キャッチコピーが「やさしさだけで生きる時代は、終わった」なので、鬼教官の姿そのものです。

ドラマ「陽はまた昇る」の詳細

■ドラマ「陽はまた昇る」イントロダクション

警視庁元捜査一課のエースで、新任教官の遠野(佐藤浩市)と若き訓練生たちの魂のぶつかり合いを描く。着任早々、遠野は自分が担当する教場の訓練生・宮田(三浦春馬)らに、携帯電話禁止、40kmの駆け足訓練など過酷な試練を課す。厳しくされることに慣れていない宮田らは、遠野の厳しい指導に不平不満を漏らす。また、遠野はあまりの厳しさから初任教養部長の蓑島(真矢みき)にもにらまれる。そんな中、警察学校付近のレンタルビデオ店で立てこもり事件が発生する。

■キャスト

佐藤浩市
三浦春馬
池松壮亮
斉藤由貴
ARATA
YOU
六角精児
石野真子
真矢みき
橋爪功 

■各話タイトルリスト

  • 【第1話】鬼教官、誕生!
  • 【第2話】くたばれ鬼教官!
  • 【第3話】初めての拳銃
  • 【第4話】女子寮の指紋
  • 【第5話】絶体絶命…妻の涙
  • 【第6話】おとり捜査
  • 【第7話】愛と憎しみの銃声
  • 【第8話】殺意の教室…30人の人質
  • 【第9話】それぞれの決心と突然の別れ
  • 【最終回・第10話】卒業〜さらば愛しき教官

ドラマ「陽はまた昇る」視聴者からの感想コメント

30代女性
佐藤浩市演ずる警察学校の教官と、三浦春馬や池内壮亮演ずる生徒たちとの熱い戦いが見応えありました。中でも、逃亡している殺人犯を演じている井浦新と関わりがある幼馴染の妻を演ずる斉藤由貴と結婚したのに、その妻は犯人と逃亡。そのせいで、刑事から警察学校教官に異動したのに、未だに離婚せず、妻を待ち続ける孤独感が、何とも切ないです。結末へと向かうにつれ、どんどん引き込まれますし、重たい内容なのですが、深い愛あるドラマです。
20代女性
佐藤浩市が鬼教官となる話。こういう真剣なドラマは苦手意識がありましたが、三浦春馬きんが出ていたので頑張って観てました。もうパワハラなんやら今見たら問題な気もしなくもないですが、こういう厳しさも中には必要なのかなと思いました。大人になると怒られるということが少なくなってくるので今怒られて強くなっていく彼らをみて自分も頑張ろうと動画を見ながら思いました。
20代女性
ドラマというか動画を見終わり、なんだかあんまり怒られるのは自分はいやだなあと感じました。自分が悪いことしているのならいいのですが教師、このドラマでは教官、指導者ですが自分の価値観のみでキレるような理性のない大人にはなりたくないなと思いました。怒って済む問題なら良いのですがただ怒られるだけじゃ何も得られないと思う。ただ厳しいルールなどは賛成かなと思います。ルールはお互いに気をつけるものというか、気持ちを引き締めるというかあまり厳しくて自分を殺してしまうのはどうかなと思いますが、何かを我慢した先に得るものがあると信じてみたいと感じました