第6話・「ひとりキャンプで食って寝る」(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう【カニを獲っていた中学生・宗太(青山和也)と出会う。…】

ひとりキャンプで食って寝る
帝一くん
【前回のあらすじ】台風が接近中でキャンプに行けない健人は断念して、アウトドアショップに向かい道具やテントを購入する。家の中でさっそくテントを張り、アウトドアっぽく楽しむことにした。突然友達が訪れて、一緒にビ-ルをに飲みつまみが欲しいと、大量のサバ缶を出した。1缶づつ出すサバ缶はどれも風味が違い、美味しく食べることができた。しかしさすがに飽きたサバ缶を、健人が小さな鍋に、スライスした玉ねぎと薄切りにしたジャガイモを切り、チーズをのせて粉チ-ズをふりかけオーブンにする。出来上がった料理の完成度は高く友達から誉められる。友達は健人の彼女が置いていったテントを貰い帰って行く。静まり帰った部屋で一人になった健人は、焚火の動画を見てテントで大声で歌い楽しむ・・・

この記事では、ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」の【第6話】を
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第6話】ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」動画視聴リンク

ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」は
VOD配信サービス「Paravi」で
第1話から全話までフル動画配信が決定!

  ▶︎「第1話』のみ、10/11(金)23:00に先行配信決定!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で動画視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料動画視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第6話 見逃し動画 2019年11月22日(金曜)24:52放送分

■1週間以内の場合の動画視聴(配信期間は11月22日放送後〜11月29日放送開始直前まで)

※TVer、ネットもテレ東での見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

Paravi

■動画共有サイト検索
<検索・動画共有サイト>
YouTube

その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第5話】ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第7話】ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第6話】ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」の詳細

■ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」第6話あらすじ

海や山をひとりで訪れては、地場食材を自ら獲って食べる七子(夏帆)は、プロ釣り師・久保野孝太郎(本人)が配信しているメジナ釣りの解説動画を見て釣りに挑戦することに。道具を揃えるために釣具店を訪れたのだが、釣り竿の予想以上の値段に困惑してしまう…。
その後、道具一式を持って釣り場を訪れた七子は、さっそく釣りを始めてみるがお目当てのメジナがなかなか釣れない…。釣り座を転々としていた時、カニを獲っていた中学生・宗太(青山和也)と出会う。

【出典:ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」公式HPより

■キャスト

三浦貴大、夏帆

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第6話】ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」視聴者からのネタバレあらすじ・感想

ネタバレあらすじ
近日更新予定です

■感想

40代女性
ドラマのタイトルのダブル味噌とはなんのことかと思ったら蟹の味噌と調味料の味噌でダブルっと言うことで観終わってからなるほどっと納得しました。メジナを中学生に釣って貰っていたのに食べて無かったので自分で釣った魚しか食べないのがポリシーなのかなっと思いました。
40代女性
1話で釣竿を借りて魚を釣っていたななこがとうとう自分の釣竿を買うところに本気度が伺えましたが釣具屋の品揃えがすごくて到底素人じゃ何買っていいか分からないだろうなっと思いました、ケチってタモを買わなかった辺りがななこらしかったです。
30代男性
今回は七子の回。ただ海に行って釣りをして調理して、食う。まさにタイトルそのままで、物語として起伏も何もない。とくに釣りが好きな人なら共感できるのかも知れんが、そうじゃなきゃ、なんとなく暇つぶしくらいにしかならないドラマ。料理だって現地調達の食材と言うだけで、ただの味噌汁だから興味に欠ける。何かちょっとした工夫でもあれば見ごたえもあるのかも知れないけど……。
30代男性
釣り道具屋の店員さんと七子のやり取りが面白かった。オススメな商品を進めてくれる店員さんに対して、全部合わせて「15000円以内でっ!」と言われて困りながらもギリギリ納めてくれる店員さん。自分も七子みたいに店員に対してハッキリ言える様になりたいと思った。
30代男性
女優の夏帆さんが主人公になり、神奈川県の城ヶ島で釣りをして、そこで釣れた魚を使ってキャンプ料理を作っていました。採りたてのカニ・豆腐・ねぎの味噌汁は、カニのだしが出て間違いなくおいしいので羨ましく感じました。