【因縁の病院–悪事を暴けるか】第9話・ドラマ「インハンド」を見逃し動画無料フル視聴しよう

【第9話】ドラマ「インハンド」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第9話/放送情報】
2019年6月7日(金曜)22:00放送

【最新話】視聴リンク

ドラマ「インハンド」は
TBS公式VOD配信サービス「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信が決定!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第9話 見逃し動画 2019年6月7日(金曜)22:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は6月7日放送後〜6月14日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

Paravi

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第8話】ドラマ「インハンド」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第10話】ドラマ「インハンド」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ▶︎

【第9話・詳細】ドラマ「インハンド」

■第9話・あらすじ

紐倉(山下智久)の研究所に、ある日突然、高家(濱田岳)の母・良子(宮崎美子)がやって来る。高家は良子からの話で、昔から恩師として尊敬している医師・陽子(市毛良枝)が入院していることを知る。高家の地元・相羽村唯一の病院で院長を務める陽子だが、東京に出かけた時に体調を崩してそのまま入院したのだという。しかも、陽子が入院しているのは高家が懲戒解雇された台田病院だった…。

陽子を見舞うため、紐倉と共に台田病院を訪れた高家。陽子は原因不明の下痢や嘔吐を繰り返し意識も不明瞭な状態が続いているというが、どういうわけかきちんとした治療が施されていなかった。しかも担当医は高家に懲戒解雇を言い渡した黒野院長(正名僕蔵)だという。黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉と共に調査に乗り出す。

一方で、牧野(菜々緒)が働く内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、福山(時任三郎)がCEOを務めるフューチャージーンが進めている“ある計画”の情報を掴んでいた。
牧野らが調べを進めると、福山は意外な人物と密会していることが判明し…。

【出典:『インハンド』第9話あらすじ

■キャスト

紐倉 哲ひもくら てつ 山下智久
高家春馬たかいえ はるま 濱田 岳
牧野 巴まきの ともえ 菜々緒
   
御子柴隼人みこしば はやと 藤森慎吾
   
熊谷美緒くまがい みお 高橋春織
城田幸雄しろた ゆきお 酒井貴浩
   
山崎 裕やまざき ひろし 田口トモロヲ
大谷 透おおたに とおる 松尾貴史
   
網野 肇あみの はじめ 光石 研

■公式SNS
公式サイト Twitter Instagram

視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

【第9話】
■ネタバレ解説

ある日、紐倉の研究所に高家の母親がやって来た。高家は母親から尊敬している恩師の陽子が入院したことを聞く。その入院先は、高家が懲戒解雇された台田病院だった…
さっそく、高家は紐倉とともに病院を訪れる。すると、陽子は原因不明の下痢と嘔吐を繰り返していて、意識もはっきりしないにも関わらず、水分の輸液しかされていなかった。担当医は病院長の黒野院長だった。
内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、フューチャージーンの福山が進めているBSL4の計画のことを調べていた。牧野は福山が厚生労働省の瀬川と癒着しているのを見つける。
陽子の容態が急変する。紐倉が陽子の病気に気づいて、血液を調べる。そして、セリアック病だと特定する。紐倉と高家は陽子を台田病院から連れ出して、高家の医大の同期の病院に転院させた。そこで、調べると陽子のセリアック病は難治性になっていることがわかる。そこでフューチャージーンの福山に協力を願うが断わられる。しかし、福山の息子の新太が協力したいと言われる。
その後、黒野院長と瀬川がつながっていて、陽子の治療をせず、悪化させていた。瀬川は福山のBSL4の建設予定地を手に入れるためだったということがわかる。

■感想

30代女性
濱田岳さんの落語のシーンは、久しぶりに見たので、ラッキーでした。せっかく見られるなら、もう少し、違ったトーンの落語を聞いてみたかったなと思いましたが、第9話では、これまでと違うチャレンジ的なシーンが増えているので、濱田岳さんの落語は継続されたら良いなと思いました。
50代男性
今日のストーリーも感動有り、涙腺大崩壊有りと、1時間がとてもあっという間でした。今回高家はめちゃくちゃ嬉しかっただろうと思います。台田総合病院の黒田院長に見事なまでの仕返し…。紐倉博士と手を組んで良かったと思えたと思います。次は、故郷を救おう!肩書き等無くても大丈夫だ?
30代男性
体調を崩して入院している医師の陽子の食事の好みを、高家の母親の良子が和食でなく洋食と言っていたのは、陽子が国境なき医師団の一員としての活動していたからで、陽子の志は素晴らしく、高家が尊敬する意味もよく分かる。
50代男性
医療と治療を題材に患者を助けるために三人が活躍する物語になっているなあ、と感じます。難しい病気の話はわかりませんが物語は軽快に進みます。今回は、意識不明になった医者の恩師を、強制的に転院させ、病名を特定し患者の症状を改善させるという荒業をします。普通にできなそうなことだから面白い、そんなドラマでした。
30代男性
高家が尊敬している恩義のある医師の陽子の見舞いに行きたいものの、解雇されてしまったためにために紐倉を誘うが即刻断る展開に、高家がすんなりと諦め一人で行くよに、思わず声をあげてしまった紐倉は、高家の策略に引っ掛かりやすくなっているのが、仲良しの証拠だと感じる。