第2話・ドラマ「特命刑事カクホの女2」を見逃し動画無料フル視聴しよう【たどり着いた真相・・!!】

特命刑事カクホの女2
帝一くん
【第2話のおさらい】近日更新予定です。

この記事では、ドラマ「特命刑事カクホの女2」を【第2話】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第2話】ドラマ「特命刑事カクホの女2」動画視聴リンク

ドラマ「特命刑事カクホの女2」は
VOD配信サービス「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信が決定!
(※レンタル作品のため、個別課金が必要です。)

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第2話 見逃し動画 2019年10月25日(金曜)20:00放送分

■1週間以内の場合の動画視聴(配信期間は10月25日放送後〜11月01日放送開始前まで)

※TVer、ネットもテレ東、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。
公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴(※別途課金が必要)

Paravi

■動画共有サイト
<動画検索>
YouTube

その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第1話】ドラマ「特命刑事カクホの女2」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第3話】ドラマ「特命刑事カクホの女2」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第2話】ドラマ「特命刑事カクホの女2」の詳細

■ドラマ「特命刑事カクホの女2」第2話あらすじ

如月光太郎(高橋克典)を逮捕するため、警察に復職した北条百合子(名取裕子)。息抜きに三浦亜矢(麻生祐未)と海釣りに行く途中、小山内寛治の首吊り死体を発見。警察は自殺と判断するが、小山内が水嶋直哉(河相我聞)に脅迫メールを送っていたことが発覚。水嶋が小山内を殺したのではと推理するが水嶋には料亭で会食をしているというアリバイがあった。しかし店の警備員・山崎(渡辺大)がそのアリバイを崩す証言を始め…。

■キャスト

名取裕子 麻生祐未 大東駿介 正名僕蔵 小野塚勇人 長谷川初範
高橋克典(特別出演) 加藤雅也

【第2話】ドラマ「特命刑事カクホの女2」視聴者からネタバレ解説・感想

■【第2話】

ネタバレ解説
如月が帰国したと聞き、復職した北条に芹沢が復讐を忘れて人生を楽しんではと言われ、北条は三浦を海釣りに誘った。北条は釣りの友の小山内に電話するが不通なので家に行くと小山内の首つり死体を発見する。浜口は自殺だと怒鳴る。小山内は1年前に妻に先立たれた後追い自殺かと思われた。小山内の携帯と鍵を犯人が持ち出したと北条が推察する。北条は近くの川に証拠を捨てたと言い、川底を探す。すると携帯が見つかり、詐欺グループのリーダーだと警察に通報されたくなかったら1億円用意しろとの水嶋への脅迫メールのやり取りが残っていた。三浦は署長から殺人事件として捜査の許可が出たと言う。三浦は磯貝に報告を求める。小山内の妻は自殺だった。老人を狙った詐欺まがいの資産運用セミナーに参加していた。資産運用アドバイザーの水嶋の犯行が疑われたが、犯行推定時刻の、一昨日の夜7~9時に山下町の料亭にいたというアリバイがある。三浦らは料亭に行くと支配人は従業員を集めるが、特に変わりなかったと言う。しかし警備員の山崎が内緒を条件で隠れ通路にセキュリテイシステムがあると言う。水嶋が厚生労働省の添田から認知症の老人のリストを入手したとわかる。竹宮が小山内の家のグラスから水嶋の指紋が出たと言う。水嶋はセミナーを終えたところで三浦を逮捕した。添田は当日、水嶋が席を外したと言うが水嶋は他の部屋にいたと言う。竹宮はグラスがボトル1本10万円はする高級な酒の匂いがしたと言う。三浦が小山内の家にあったグラスを料亭に持って行くと水嶋と添田が特別室で使っていたグラスとわかり、高級なブランデーを呑んでいた。昨年、山崎の母も認知症をつけ込まれサギの被害に会い自殺した。山崎と小山内は詐欺被害者の会で知り合い、水嶋の罪を暴こうとした。小山内がわざと水嶋に脅迫メールを送り、自殺し水嶋の犯行のように偽装工作し、料亭から水嶋の指紋付きのグラスを持ち出し小山内の家に置き、家の鍵と携帯を川に置き、店のセキュリテイの記録を書き換え、水嶋が外出したかのように見せかけ、自殺で処理されては困ると考え、小山内が北条を釣りに誘い、絶対自殺をしないと思わせ、水嶋の犯行に見せかけたと言う。小山内は間違えたと言う。もうちょっと北条より頭の弱い人間を誘えばよかったと山崎が言う。水嶋を殺人犯にしたかったと山崎が言う。しかし、お母さんが息子の限りある人生が復讐の為だけにあるのを喜ぶかと三浦が問う。山崎は母が自分を苦労して育てたと言い、騙されて息子の貯金に手を出したことを悔いて自殺したと言う。水嶋を殺人罪で起訴して欲しいと山崎が言う。北条は芹沢に復讐以外に夢中になれるものがあるかと問われたのを思い出す。三浦は、水嶋が取引を要求してきたと言う。殺人罪に問われたくないようだと言う。北条は水嶋の罪は殺人より軽いだろう、水嶋は詐欺での立件で終わりだと言う。三浦は竹宮が、水嶋がキープしていたブランデーと現場にあったグラスの中のブランデーと同じだと判明したと言う。それは、水嶋が殺人犯ではないと言う唯一の証拠で、紛失したらどうなるのかと北条が言う。三浦は上にも検察にも話していないと言うので、竹宮を口止めすれば大丈夫だと言う。黙っていれば水嶋を殺人罪で訴えられると北条が冗談で思う。三浦は悪党が法律でも捕まえられなくて権力も持っていたら、どうするかと問うと、北条は銃で頭を撃つか胸をナイフで刺すと冗談で言う。詐欺で自殺に追い込んだ事件を殺人では問えない悔しさが漂う。

■感想

40代男性
今回は殺人事件と思われていたのが自殺であったことにびっくりしました。そして犯人に仕立てられそうになっていた水嶋という人物への恨みがあり、命懸けの行動での殺人に見せかける計画だったことに悲しくなりました。でもそれがきっかけで水嶋は詐欺を自白し結果多くの人を救うことになったように思えたのでそれは良かったです。
50代男性
北条と釣りに行く約束をしていた人が自宅で首を吊った状態で発見されます。三浦は室内にカギと携帯が見つからないため、手掛かりとして犯人の退散経路を推定して川の中でカギと携帯を発見します。詐欺と詐欺の被害者が表現されているのですが、被害者にならないように気を付けないといけないと感じるドラマです。三浦の供述者が嘘を言っているかどうかを感じる能力を活かしたドラマに楽しさを覚えました。
40代男性
詐欺グループの主犯である水嶋が権力のある人間との繋がりや巧妙な手口で起訴できないということに驚きましたし、実際にもそういう事件は起きているのかと考えさせられました。でも北条さんと三浦さんのような警察の人がいれば大丈夫だと感じたので本当に存在してくれたらなと思ってしまいました。次回も楽しみです。
40代男性
今回は北条さんが知り合いに釣りに誘われて出かけるような話の始まりだったので釣りをしていて事件が起きるような展開かと思っていたら、北条さんを誘った人物が死んでしまっていたことに驚きました。でも北条さんを釣りに誘うことが犯人たちの計画の一部に入っていたことでさらにびっくりしました。なかなか複雑で面白かったです。
40代男性
北条が浜口の真似をしていたのがとても面白くてよかったです。三浦の嘘を見抜く能力がすごいと思います。水嶋が逮捕されたのがとてもビックリしました。添田がセクハラしていたのがひどいやつだと思います。竹宮が鑑定で一度も間違えたことがないのがすごいと思います。