【第1話から全話まで】ドラマ「神の舌を持つ男」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ「神の舌を持つ男」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

動画視聴リンク

ドラマ「神の舌を持つ男」は日本最大級のVOD配信サービス「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信中です!

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • 国内外のドラマ、映画、アニメ、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画が配信中!その中の【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴
U-NEXT

■動画共有サイト検索
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

ドラマ「神の舌を持つ男」の詳細

■イントロダクション

堤幸彦×向井理が連続ドラマで初タッグ! 舞台は全国の秘湯と呼ばれる温泉地。ひょんなことから知り合った3人の男女が、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅するコミカルミステリー。主人公の朝永蘭丸を演じるのは向井理、2時間サスペンスドラママニアのウザカワ女には木村文乃、2人をまとめる人格者に佐藤二朗がふんし、ギャグ・パロディ・オマージュ満載の堤ワールドを彩る。

■キャスト

向井理、木村文乃、佐藤二朗

■公式SNS

公式サイト

視聴者からの見どころ紹介

30代女性
向井理が主役の推理物ドラマ。舐めるだけで成分を分析できる少し不思議なドラマでした。全国の温泉を旅しながら事件を解決していく内容で、温泉に行きたくなるシーンも多かったです。個人的には佐藤二朗と向井理のやり取りが面白かった印象です。
30代女性
“3人組で動いており、そのトリオがとても面白かったです。
向井さんが事件を解決していく姿がとてもかっこよかったです。
広末さんがとてもきれいでした。結局広末さんと出会えたのですが、向井さんにとってのハッピーエンドとならなかったのが面白かったです。”
30代女性
向井さんがとてもかっこよかったです。メガネ姿がとても似合っていました。佐藤さんと木村さんとの掛け合いがとても面白かったです。絶対舌感というのがとてもよかったです。本当にそういう人がいたらすごいなと思います。
30代女性
タイトルと主演が向井理さんだと知った時と実際に視聴した時の印象がまるで違いました。タイトルと主演を知った時は天才料理人か何かの話かなと思っていましたが、実際は口にした物がどのような成分で構成されているか分かるという主人公が事件の謎を解くサスペンスでした。良い意味で期待を裏切られました。

視聴者からの感想(ネタバレあり)

40代男性
お気軽に楽しめるコミカルミステリーでした。それでいて、少年漫画のミステリーものっぽい終わり方をしました。出演者の方もなかなか面白かったですね。主人公の蘭丸の向井理さんも能力が、あらゆる物質を成分分析できる舌って、毒物なめちゃったら危ないんじゃないとか、主人公が運命の人だと感じた広末涼子さん演じる温泉芸者さんのミヤビの見た目がどう見てもお色気くノ一だったり、木村文乃さん演じる蘭丸に想いを寄せる女の子の名前が、甕棺墓光。甕棺墓って古代の甕や壺に遺体を入れて埋葬されたお墓なんですが、すごい氏ですね、しかも光ってますしさらに、2時間ドラママニア設定。佐藤二朗さんもメインキャストですし、いろんな意味でかなり楽しめる作品でした。
30代男性
成分などを詳細に分析できる舌を使って様々な事件を解決する奇想天外なストーリーが面白く、コミカルな展開も多かったので笑えてよかったです。また、出演者もコメディな作品に定評がある佐藤二朗が出演しているので、よりストーリーにコメディさに深みを持ち、向井理が毎回、舌を見せて「舐めないでください」というセリフの後に佐藤二朗が「舐めているのはお前だ」といってツッコむシーンを見るのが楽しみでした。そして、木村文乃も出演していましたが、コスプレ姿が可愛かったです。毎回キュンキュンしてしまい、この作品からファンになりました。
20代女性
神の下を持っているだけではなく家業の神がかり的なかけ流しの技術まで持っているとはいろんな才能がある登場人物ですね。木村文乃さん、佐藤次郎さん、向井理さんの3ん人を中心にいろんな温泉施設を巡ったりしながら事件に遭遇する感じがまったりしていて、ほかの作品を彷彿とさせました。まずはトリック、仲間由紀恵さんと阿部寛さんのミステリー展開の殺人事件の解決方法みたいだなと思いました。そのあとに訪ソされるサーガのドラマの要素も含まれているかんじがして、意外と時代がつながっているなと思いました。ギャグ要素がつよいなあ。
20代女性
神の舌を持っているだけではなく家業の神がかり的なかけ流しの技術まで持っているとはいろんな才能がある登場人物ですね。木村文乃さん、佐藤次郎さん、向井理さんの3ん人を中心にいろんな温泉施設を巡ったりしながら事件に遭遇する感じがまったりしていて、ほかの作品を彷彿とさせました。まずはトリック、仲間由紀恵さんと阿部寛さんのミステリー展開の殺人事件の解決方法みたいだなと思いました。そのあとに訪ソされるサーガのドラマの要素も含まれているかんじがして、意外と時代がつながっているなと思いました。ギャグ要素がつよいなあ。
30代女性
イケメンはどんなにダサいファッションでもどんなにダサいヘアスタイルでも、様になってしまうのはズルすぎます。向井理さんの眼鏡姿もキュートで、本当にカッコ良いです。そんな向井理さんの主演のこのドラマは、謎が多いだけに見逃せない内容です。神の舌をもつとは舌にのせたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力「絶対舌感」のことで、向井理さん演じる蘭丸はその舌を存分に生かし、事件を紐解いていくのです。彼の周りにこうも事件が、それも殺人事件がよく起こるのか不思議ですが。その舌を武器に納得の説明で誰もを唸らす事件解決は面白かったです。
20代女性
神の舌を持つ男と雅の関係っていったいどんな感じなんでしたっけ、そもそも雅という舞妓さんはなぜ登場していたのか、なんだか記憶が朧気毛ですが、カメラカットなどでギャグ要素が豊富な印象を受けました。演歌歌手の人が登場したりとお年寄り向けの番組なのかなと思っていました。ストーリーの展開がほかの作品に似ていると思いながらも監督が堤幸彦さんということで、きっとなにか裏テーマのあるドラマだったのかなと感じています。登場する人物がとにかく豪華でコントみたいなところが面白いと思います。こういうドラマに堅物が似合うな。
30代女性
「神の舌を持つ男」は、堤幸彦さんの個性がぎゅっと凝縮されたようなドラマで、登場人物の設定から演出、ストーリーまで良い意味でヘンテコでわけがわからない面白さがありました。このドラマで初めて木村文乃さんを拝見したのですが、絶妙な演技に好感を持ちました。また、毎話ごとのゲスト俳優さんがなかなか豪華な点と、架空の温泉地のネーミングもユニークで、チェックするのが楽しかったです。殺人事件を基本としたストーリーでありながら重暗い雰囲気はまったく無く、差し挟まれる小ネタに笑いながら気楽に視聴出来る作品なので、少々クセは強めですが、明るい気分になりたい方におすすめしたい作品だと感じました。
20代女性
登場人物は個性的な人ばかりでコメディ要素の強い作品でした。独特のギャグや言い回しはまさに堤幸彦監督ならではで、毎話たくさん笑いました。堤作品が好きな人は絶対ハマると思います。主人公が旅をしながら訪れる温泉地で起こる事件を解決していくという、1話完結もので、エンターテイメント性が高く見やすいドラマでした。主人公は舌で舐めたものの成分が分かる特殊能力を持っていて、その点もこのドラマを面白くしている魅力の1つだと思います。また、キャストの向井理さんや木村文乃さん、広末涼子さんがコメディに振り切って演技をしていたのはとても新鮮で良かったです。
30代女性
堤幸彦監督の世界観が溢れるドラマでした。向井理さん、木村文乃さん、佐藤二朗さんという個性的な面々が温泉地をめぐる旅が面白かったです。三角関係な大人の3人が一緒の旅をするってなかなか無理があると思うのですが、それも笑いに変えていてよかったです。いろんな温泉地の様子が見られるのも毎回楽しみでした。三助を演じる向井理さんのシーンは毎回セクシーでしたね。女性たちはいいなと思ってました。今もああいう仕事はあるのでしょうか。蘭丸の憧れのミヤビさん演じる広末涼子さんもきれいでした。みんな片思いで切なかったですね。
20代女性
温泉巡りをしていたら事件に遭遇、しかも巣阻止変な事件で個性の強いゲストとともにことの解決にあたっている主人公たちは、それまた個性強めだなと思います。佐藤二郎さんは、ほかの作品でも個性のある役を演じていますが、このドラマでもその雰囲気をいかんなく発揮していると思います。でも、それに負けずに向井さん演じる蘭丸や木村文乃さんも自分の道を行く感じがとてつもなくおもしろいと思います。事件だけではなく温泉がちかくにあるから、撮影が終わったらまったりお湯につかったりと出演者にも恩恵がたくさんあったのかなと想像してしまいます。
30代女性
舌でどんな成分も感じ取れる能力は、面白いと思います。出演者の個性的なキャラクターもこのドラマが面白いと思う理由の一つです。木村文乃さんが、とても可愛らしく「2サスの掟」というセリフが楽しみでした。今回のドラマで、木村さんの新たな演技が見れて、親近感と今後の演技にも期待ができます。また、佐藤二朗さんがさすがの演技。演じるというよりは、佐藤二朗をそのまま見ているという感じです。ただ、ここまで面白いと思えたのはキャストのおかげかなと思います。面白い内容ではあるけれど、三助は引いてしまう部分もあったり内容に納得いかない部分もあったり……一番納得できなかったことが、ミヤビが薬を飲んでいたから何も成分を検出できなかったということ。オチが薬なのかと残念に思えました。折角ならもう少し捻った答えが欲しかったです。
20代女性
このドラマの前までは向井理さんはイケメンの王道キャラのような感じがしていたけれど、このドラマでそのイメージが払拭されて不思議なキャラクターも演じられるのかと食い入ってみていました。推理できるようなものやみながらどうなるのかと考えるそんなドラマがすきなのですが、このドラマはそういう系に近かったのでいつも一緒に考えながらも笑いながら見ていました。木村文乃さんもこのドラマをみてから大好きになり、ファンになりました。知らなかった人を知るような知らなかった一面を知るようなきっかけになったドラマでした。凄く面白かったです。
30代女性
朝永蘭丸(向井理さん)主人公で、ダサキャラです。神の舌を持つ男、蘭丸!温泉シーンでの蘭丸はフンドシ姿になります。このドラマの見所ポイントです。蘭丸は謎の美人温泉芸者を追う。ひょんなことから知り合った、甕棺墓光(木村文乃さん)宮沢寛治(佐藤二郎さん)この2人も何故か一緒に旅をする。毎度、コスプレをする光(木村文乃さん)名探偵コナンなど蘭丸とお揃いのボーダーカーディガンストーリーも面白いですが光のキャラの濃さに目がいってしまいます。1番好きな所は、蘭丸(向井理さん)が舌でなんでも舐めてしまうシーン。とっても綺麗な舌です。カツラもなめてました(笑)毎回面白いシーンも豊富!3人の乗ってるクルマがオンボロ過ぎだったり、お金、全然持ってなかったり。謎の美人温泉芸者は、誰のか?そこも最後まで楽しませてくれました。
30代男性
まさに堤幸彦ワールド全開の作品です。主演の向井理さんは、これまでのイメージを打破するかのような個性的な役柄で新鮮でした。全国の温泉を巡ってミヤビという女性を探す道中に事件が起き、それを解決するミステリーなのですが、とにかくギャグと小ネタ満載で楽しませてくれます。ですので、ミステリーを楽しむというよりは、このギャグテイストで溢れた世界観を楽しむドラマといった印象でした。とにかく癖のあるキャラクターがわんさか出てくるし、2時間サスペンスのオマージュも豊富に出てきます。主題歌が演歌という点も逆に新しく、素晴らしくエンターテイメント性に溢れた作品だったと思います。
30代女性
肩の力を抜いて、リビングのソファでボーッと鑑賞したいドラマです。元々2サス(2時間サスペンス)が好きだったので、このドラマに度々でてくる「2サスの掟」には「あるある!」と共感したり、「確かに」と納得したり、笑いながら見ていました。これまでは2サスが好きと周りに公言してこなかったのですが、このドラマを見て、2サス好きはわたしだけじゃなかったんだなぁと安心しました(笑)また、向井理さん、木村文乃さん、佐藤二郎さんという3人の俳優さんたち、どの方にも好感を持って見ることができました。特に木村文乃さんは、それまで真面目な役柄のイメージしかなかったので、このドラマの中で演じられているちょっとぶっ飛んだキャラクターにとても新鮮さを感じました。ますます2サスが好きになりました。
50代女性
蘭丸の能力にはびっくりですが、謎解きは科学的で理路整然としていて不思議な面白さがあります。光が空回り気味に推理する場面にはいつも爆笑です。それと、寛治のボソッとしたツッコミや、可笑しみのあるたたずまいを面白く見ていました。謎めいた美しいミヤビは魅力的でしたね。彼女の色々な事実が判明する過程も興味深かったです。光の蘭丸への思いが、いつもかわされてしまうのはちょっと切ない部分もありました。それでも、3人の妙な絆が温かく、微笑ましかったです。事件に関わる登場人物たちが個性的で、繰り広げられる独特の世界がこれまた面白いものでした。
40代女性
温泉の三助の仕事という、今までに無かったドラマの設定で興味深かったです。父親が毒物を含む野草や鉱物を幼い蘭丸に食べさせたなんて無茶苦茶な設定。ちょっと笑っちゃいます。人工呼吸をされた女性のキスに気分が悪くならなかった事が始まりでの運命の女性探し。なかなか蘭丸が探す運命の女性にたどり着かないのは何故?そんなに謎の女なの?と思わされましたが、予想外の結末でビックリさせられました。そうきたかって感じでしたね。このドラマで面白いのは、木村文乃さん演じる甕棺墓光です!名前も変、流浪の古物商、2時間サスペンス好きの超ポジティブ女。彼女がいなかったらドラマの面白さは半減と言ってもいいぐらい、木村文乃さんが弾けていました。
40代男性
神の舌という、様々な物質を舌で舐めるだけで、化学成分を言い当てるといった、蘭丸の能力には、驚愕しました。ストーリー的に、あらゆる殺人事件に、巻き込まれながらも、事件解決に導いていく、その様は、観ていて、とても面白かったです。ミステリーな要素よりも、どちらかというと、ネタ的な要素が満載だった気がします。トリック的要素が、徐々に醸し出されていく部分は、とても良かったと思います。個人的には、木村文乃さんの役柄的な演技力が、素晴らしかったです。元気溢れる、はっちゃけぶりが、最高でした。佐藤二郎さんの、おひとり語り草も、面白くて魅力がありました。
20代女性
ドラマ化されるのを知り、毎週見ていました。タイトルを耳にした時は、どういう内容なんだろうと疑問を抱いていました。もし、つまらなかったら、見なくていいやと半ば諦めていましたが、実際はとても面白く、気づくと最終回まで見入ってしまいました。顔馴染みの俳優さんから聞いたことも見たこともない役者さんもいたのですが、見応えは十分あったんじゃないかと思います。普段連続ドラマはあまり見ないので自分でも意外でした。もし、このドラマの続編があったり、裏エピソード的なものがあったら是非見たいですし、原作も手に入れたいです。