【「赤い宝石』の驚きの正体とは!?】第12話・ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第12話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第12話】放送情報
2019年8月8日(木曜)20:00放送

【最新話】視聴リンク

ドラマ「科捜研の女Season19」はVOD配信サービス「ビデオパス」で第1話から全話までフル動画配信中です!

  • 業界最安値!月額「562円(税抜)」
  • 初回は30日間無料!
  • ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど【1万本以上】の作品が見放題!!
  • お得な540円相当のビデオコインが【無料】でプレゼント!

↓お得な「ビデオパス」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第12話 見逃し動画 2019年8月8日(木曜)20:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は8月8日放送後〜8月15日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『ビデオパス』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

ビデオパス

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第11話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

▶︎【第13話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第12話・詳細】ドラマ「科捜研の女Season19」

■ドラマ「科捜研の女Season19」第12話あらすじ

   神社の境内で、宝石店の警備スタッフ・春田光彦(モト冬樹)が脇腹を刺されて倒れているところを発見された。幸い一命は取り留めたものの、昏睡状態が続いているという。
 榊マリコ(沢口靖子)らが臨場したところ、現場には花びらや赤い小さな実のようなものが散乱しており、どうやら春田が犯人に襲われた際、持っていた花束を振り回したようだった。また、地面には春田が指で記したらしいアルファベットの“Y”が3つ残されていたほか、春田の手帳の事件当日の欄に“赤い宝石”という言葉が書き込まれていたのも大きな謎だった。
 土門刑事(内藤剛志)らが花束を販売したフラワーショップを突き止めたところ、現場に散らばっていたのは“ペッパーベリー”という樹木の実だと判明。店主・香坂めぐみ(大村彩子)はそれを”赤い宝石”と名付けて店頭に並べていたことがわかる…。
 その後、花束のバラのトゲに付着していた血液から、傷害や恐喝などで4度の逮捕歴がある男・諸星大地(石垣佑磨)のDNAが検出される。しかし、諸星は春田など知らないとシラを切るばかりで、2人の接点がまるで見当たらない。
 だが、やがて2人を結ぶ意外な線が浮上。それを知ったマリコは“3つのY”が指し示す、ある“秘密”に気づくが…!? はたして“3つのY”とは何を表しているのか…!? また、“赤い宝石”という言葉の真の意味とは…!? そして――最後にマリコたちがたどり着いたのは、“運命のいたずら”ともいうべき2人の出会いから生まれた、あまりにも切ない真相だった…!?

ゲスト:モト冬樹、石垣佑磨、大村彩子、原扶貴子

『出典:「科捜研の女Season19』第12話・あらすじ

■キャスト

榊マリコ (さかき・まりこ) …… 沢口靖子 (さわぐち・やすこ)

土門薫 (どもん・かおる) …… 内藤剛志 (ないとう・たかし)

風丘早月 (かざおか・さつき) …… 若村麻由美 (わかむら・まゆみ)

宇佐見裕也 (うさみ・ゆうや) …… 風間トオル (かざま・とおる)

藤倉甚一 (ふじくら・じんいち) …… 金田明夫 (かねだ・あきお)

日野和正 (ひの・かずまさ) …… 斉藤暁 (さいとう・さとる)

橋口呂太 (はしぐち・ろた) …… 渡部秀 (わたなべ・しゅう)

涌田亜美 (わくた・あみ) …… 山本ひかる (やまもと・ひかる)

佐伯志信 (さえき・しのぶ) …… 西田健 (にしだ・けん)

蒲原勇樹 (かんばら・ゆうき) …… 石井一彰 (いしい・かずあき)

■公式SNS

公式サイト

【第12話】ドラマ「科捜研の女Season19」視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

■第12話

ネタバレ解説
6年前殺人があり殺したのは、もろぼしだったが、もろぼしの先輩である人から殺せと頼まれて殺した事件で、その日も春田さんはもろぼしに採血を要求しに来たのだが断られ、もろぼしの持っていたゴミ袋に血のついたナイフがあり、そのナイフを春田さんに見られ、採血を条件に脅されていたもろぼし。春田さんはもう6年もたち、もろぼしと会った時に揉めたので、もう脅すのは無理だと思っていた時に刺された。もろぼしが犯人だと思っていたが、それを見ていた6年前もろぼしに殺しをお願いした先輩だった。自分も関与していることがバレているのではないかと思ってのことだった。結果、春田さんは6年前の事件の証拠のナイフを警察に提出し、もろぼしは捕まった。

■感想

30代女性
モト冬樹さんが、病院のベットに寝間着を着て寝ながら「三途の川をわたっちゃったよ」と言うと、なんだかとてもリアリティがあって、(本当にカラダを大事にしてよ)と言いたくなりました。久しぶりに、役者としてのモト冬樹さんを見ましたが、良いなと思いました。
30代女性
「科捜研の女」では、ときどき難しすぎる専門用語が出てきますが、第12話は、特にその割合が高かったように思います。なんとなく雰囲気かわかっていれば、ストーリーにはついていけますが、科捜研だからある程度は仕方がないとしても、もう少しわかりやすくしてくれたら、もっと良いのになと思います。
30代女性
捜査のほとんどはすんなり解明できるものではなく、行き詰まってしまうものなので、みんなで自然に雑談でもしているような感じで、話をすることは大事だなと思いました。誰かの一言で、違う誰かがひらめいて、一気に捜査が進んでいくということもあるので、チームワークの良いこのメンバーを見ていると羨ましく思います。
20代女性
珍しい抗体を持っているのが人間的に問題のある人(ヤクザ)だという、ある意味よくある設定だった。しかし犯人かと思われた人は誰も傷付けたことは無く、むしろ自分が救った子供に声を掛けたくなっていたという人間味のある“良い人”であったということが最後に分かり、心が温かくなった。
40代男性
半グレを軸にストーリー展開してくるとは、驚きました。半グレ撲滅のために警察には頑張っていただくしかありません。特殊な抗体で救われる命があるのであれば、予算を付けて広く周知すべきだとも思いました。科学の力はすごいと感じました。