【最新科学で救出作戦!】第16話・ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

 

【最新話】視聴リンク

ドラマ「科捜研の女Season19」は日本最大級のVOD配信サービス「U-NEXT」で
第1話から全話までフル動画配信が決定!!

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!
→ドラマ1話分が無料に!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • 国内外のドラマ、映画、アニメ、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画が配信中!その中の【9万本】は見放題!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります

☆「U-NEXT」ユーザーレビュー

30代女性
月額基本料で映画やドラマが見放題となるだけではなく、ポイントが付与されるところが他のサイトと違ってよかった部分です。ポイントはレンタル作品に使用できるだけじゃなく、電子書籍の本も買うことができ自由度がありメリットです。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第16話 見逃し動画 2019年9月05日(木曜)20:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は9月05日放送後〜9月12日放送開始直前まで)

※TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『U-NEXT』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

ビデオパス

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第15話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

▶︎【第17話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第16話・詳細】ドラマ「科捜研の女Season19」

■ドラマ「科捜研の女Season19」第16話あらすじ

 解剖鑑定書を届けに来るはずの解剖医・風丘早月(若村麻由美)がなかなか現れず、到着を待っていた榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研メンバーたち…。そんなとき、京都市内のホテルのラウンジバーで発砲事件が起き、拳銃を持った何者かが立てこもったという知らせが入る。早月がそのホテルでスイーツを購入する予定だったと知ったマリコは嫌な予感を抱き、すぐにバーの防犯カメラ映像を送ってもらう。
 すると、防犯カメラには予想どおり早月の姿が…! 実は、早月はスイーツを購入したあと乗り込んだエレベーターで、不審な男2人に遭遇。エレベーターの隅で、若い男・古森謙一(忍成修吾)が拳銃を手に、マスク姿の男・館林穣治(三浦浩一)を脅していることに気づいたのだ。しかも、脅されている館林がペン型インスリン注入器を落としたのを目撃。早月は彼が糖尿病患者であることを見抜き、その注入器を届けるため、ラウンジバーに入っていく彼らの後を追い、自ら人質となったのだった。バーは現在、エアコンが故障して休業中で、早月のほかに、修理業者・樋口清史(下元佳好)、ホテルスタッフ・原田千里(小松美月)、その階にいた司法浪人生・陣野宇彦(花田だいき)、主婦・横井敏美(氏家恵)らが人質としてとらわれることに…。

 映像を確認したマリコたちは、早月が何やらゆっくり口や指を動かしていることに気づく。それは真っ先に防犯カメラを調べるであろう、科捜研への早月からの“メッセージ”だった。早月は古森に気づかれないよう、防犯カメラを通し、ジェスチャーで単独犯であること、人質は自分を含めて6人であることなど現場の状況を伝えていたのだ。
 特殊班捜査係の広橋翔大(合田雅吏)が古森と交渉を開始し、狙撃班がスタンバイする緊迫の状況の中、マリコたちは次々と届く、早月からの命がけのメッセージを読み解こうと独自の調査を続ける。ところがその矢先、現場から銃声が響き…!? はたして、マリコたちは早月を救うことができるのか…!?

ゲスト:忍成修吾、合田雅吏、三浦浩一、森尾由美

『出典:「科捜研の女Season19』第16話・あらすじ

■キャスト

榊マリコ (さかき・まりこ) …… 沢口靖子 (さわぐち・やすこ)

土門薫 (どもん・かおる) …… 内藤剛志 (ないとう・たかし)

風丘早月 (かざおか・さつき) …… 若村麻由美 (わかむら・まゆみ)

宇佐見裕也 (うさみ・ゆうや) …… 風間トオル (かざま・とおる)

藤倉甚一 (ふじくら・じんいち) …… 金田明夫 (かねだ・あきお)

日野和正 (ひの・かずまさ) …… 斉藤暁 (さいとう・さとる)

橋口呂太 (はしぐち・ろた) …… 渡部秀 (わたなべ・しゅう)

涌田亜美 (わくた・あみ) …… 山本ひかる (やまもと・ひかる)

佐伯志信 (さえき・しのぶ) …… 西田健 (にしだ・けん)

蒲原勇樹 (かんばら・ゆうき) …… 石井一彰 (いしい・かずあき)

■公式SNS

公式サイト

【第16話】ドラマ「科捜研の女Season19」視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

■第16話

ネタバレ解説
新館タワー反対運動がホテルの前で行われていた。風丘がホテルのエレベーターで拳銃を持った男がマスクをつけた男を脅している場面に遭遇した。風岡が非常停止ボタンを押し止まると男はマスクの男を連れてラウンジバーに立てこもり風岡ら6人が人質になる。マスクの男は糖尿病でインスリンを打っていた。京都のピアホテルで発砲事件があったとマリコらに連絡が入る。男は全員の携帯電話を没収する。特殊犯捜査係の広橋らが担当する。洛北医大の牧村が来る。風丘の家族が京都のホテルで待ち合わせをしていたのに来ないと言う。マリコは防犯カメラを見ると風丘が人差し指を頬に寄せたり指や口を開けてサインを読もうとする。犯人は1人、人質は6人と判る。風丘は狙撃されるから犯人に窓の傍に立たない方が良いと言ってカーテンを閉めたが、完全には閉め切らなかった。風丘は監察医だと言う。広橋は犯人に電話すると犯人が新館タワーホテルの建設阻止が目的だとわかる。広橋は女性や病人の解放を要求するが受け入れない。風岡が糖尿病患者を診察するふりをして上顎骨、後頭骨などは異常ないというが、マリコが英語に訳し最初の文字を繋げるとモデルガンという字になった。犯人はモデルガンを持っていると言う意味だとマリコが解釈した。風岡は病人を解放しろと言うが受け入れない犯人に本当の理由を問うと、犯人は銃を向けると発砲音がする。威嚇発砲だった。館林は仮想通貨の詐欺事件に絡んでいた。自作自演の可能性があった。仮想通貨が47億円流出したが、館林は保釈されホテルで身を隠していたが地裁の出頭命令が出ていたのを阻止するのが立てこもりの目的かと疑いが出る。犯人は館林にただで解放出来ないと言い、金を払えと言う。マリコは発砲のサーモグラフィで高温になっていないので、弾丸が出ていないと言う。警官隊が突入し身柄を確保する。犯人は小森と言い、仮想通貨の会社のシステムエンジニアでクビになっていた。舘林が、今日の5時までに地裁に出頭しないと8000万円が没収される筈だった。4人は仮想通貨サギ事件の被害者で仮想通貨の暗号化を担当していた小森がネットに接続して館林の個人口座に繋げて共謀してアカウントのログイン情報を入手する手はずだったのだ。それを風丘の妨害にあって手順が狂い、タワー建設反対は表向きの理由で演出された立てこもり事件だった。

■感想

voice icon=”https://teiichi.jp/wp-content/uploads/2019/03/youngman_31.png” name=”40代男性” type=”l”]スピーディーな展開でよかった。拳銃で監禁されながらあれくらい冷静に対処できる人間が果たしてどれくらいいるだろうか。モデルガンと科学的に判断するあたりが科捜研らしくで見ていてすがすがしく思いました。共犯で根が深い事件だったとは圧巻でした。[/voice]

30代男性
早月は拳銃を持っている古森の指示通りに座ったものの離れた場所を選んだ理由が、窓際だとシミになってしまう紫外線を浴びるからと言ったので、こんな時にも気にするのかと驚いたが、防犯カメラで状況を伝えるためだったとは判断力が凄すぎる。
30代男性
早月がホテルの前で慌てていたのは事件に関わっているからかと思ったら、科捜研に解剖所見の蓬田書類と共に、呂太たちが喜ぶお土産のからふるもなかを買うためだったとは笑ってしまったが、多くの人々が並ぶ程に美味しい物なのかと興味が湧いた。
30代男性
拳銃を持って脅している古森が天井に向けて発砲したのを、解剖医の早月が恐れる事なく、天井を確認して銃弾当たった場所が何処なのかを確認する事で、古森の拳銃が本物か偽物かを見抜こうとしていた行動は鋭く、解剖医でなければ刑事をしていたかもと想像してしまった。
50代男性
拳銃を所持した若い男がエレベーターで他の人に銃口を突きつけている状況を目にしながら、緊急停止ボタンを押して犯人を追いかけるという解剖医の風丘の行動は驚きでした。普通なら、足がすくんで逃げ出すことを優先すると思えたのですが、人質となっても尚、他の人を気遣いながら外へ情報を伝えようとする行為は、マリコや土門といった周囲の人々の影響と思えました。