【死の観光ルート?!】第5話・ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第5話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「科捜研の女Season19」はVOD配信サービス「ビデオパス」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

  • 業界最安値!月額「562円(税抜)」
  • 初回は30日間無料!
  • ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど【1万本以上】の作品が見放題!!
  • お得な540円相当のビデオコインが【無料】でプレゼント!

↓お得な「ビデオパス」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第5話 見逃し動画 2019年5月16日(木曜)20:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は5月16日放送後〜5月23日放送開始直前まで)

TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!

■第1話〜全話までフル視聴

ビデオパス

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第4話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

▶︎【第6話】ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第5話・詳細】ドラマ「科捜研の女Season19」

■第5話・あらすじ

 焼けた廃倉庫の中から、全身が炭化した遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らの鑑定の結果、70歳過ぎの白人男性とわかる。犯人は被害者を薬で眠らせた上で、倉庫に火を放ったようだった。また、現場の近くで古いモノクロ写真が落ちているのが見つかった。そこには、日本人の青年2人とセーラー服の日本人少女が写っていた…。
 遺体の頭蓋骨をもとに、マリコは被害者の“復顔像”を作成。その画像を手に土門刑事(内藤剛志)らが聞き込みしたところ、殺された白人男性は事件当日、京都市内の土産物店で抹茶クッキーを購入。その後、投資会社社長・平松恭一郎(寺田農)に面会を求めていたことがわかる。さらに、モノクロ写真の分析を進めた結果、写っていた青年のひとりが、京野菜農家の後藤了胤(大出俊)であることまでわかった。後藤は1968年、自身の生家である寺の境内で何者かに刺されて重傷を負った過去があったが、犯人は見つからず事件は迷宮入りしたという。半世紀前の傷害事件は、今回の殺人に関係しているのだろうか…!? 
 謎が深まる中、土産物店には平松の妹・及川さくら(中田喜子)が勤めていた事実が浮上! 殺された白人男性と後藤、平松、さくらの関係は…!? そして、被害者が京都に来た目的とは…!?  捜査が進むにつれ、半世紀前、若者だった彼らを翻弄した、とある事件が浮かび上がっていく…!
ゲスト:中田喜子、寺田 農、大出 俊

『出典:「科捜研の女Season19』第5話・あらすじ

■キャスト

榊マリコ (さかき・まりこ) …… 沢口靖子 (さわぐち・やすこ)

土門薫 (どもん・かおる) …… 内藤剛志 (ないとう・たかし)

風丘早月 (かざおか・さつき) …… 若村麻由美 (わかむら・まゆみ)

宇佐見裕也 (うさみ・ゆうや) …… 風間トオル (かざま・とおる)

藤倉甚一 (ふじくら・じんいち) …… 金田明夫 (かねだ・あきお)

日野和正 (ひの・かずまさ) …… 斉藤暁 (さいとう・さとる)

橋口呂太 (はしぐち・ろた) …… 渡部秀 (わたなべ・しゅう)

涌田亜美 (わくた・あみ) …… 山本ひかる (やまもと・ひかる)

佐伯志信 (さえき・しのぶ) …… 西田健 (にしだ・けん)

蒲原勇樹 (かんばら・ゆうき) …… 石井一彰 (いしい・かずあき)

■公式SNS

公式サイト

視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

■第5話

ネタバレ解説
“炭化した死体が燃えた倉庫から出ます。生きたまま焼死したようです。複顔すると70歳以上の白人男性のようです。20mはなれた現場から絹性の糸が見つかります。それが、白人が会いに来た及川のものとわかると、てっきり及川が殺したのかと思いました。
そして白人の持っていた写真から及川と兄の平松と後藤の3人が浮上します。さすが科捜研です。そして、この3人の内の誰かが殺したと思いました。
男性はリチャードマクレガーとわかりベトナム戦争時の脱走兵とわかり、及川と兄と後藤がかくまったと判ります。
もしかすると、この3人を強迫する為に、リチャードが日本に来て、ホテルで争って、火事の現場に連れて行かれたと、推測しました。
ところが、山田という別人物が倉庫に放火して、リチャードとは全く関係ないと判り混乱しました。
もしかすると、及川と、平松と後藤が、放火現場にリチャードを放り込んだのだと思いました。
しかし、何とリチャードが精神錯乱状態で自分から放火現場に入って自殺したとは、今回の展開は完全に肩透かしをくらいました。”

■感想

30代女性
若村真由美さんの匂うような華やかさには、いつものことながら、驚かされます。実際に、派手な女性教授という人は、いるにはいると思いますが、それが法医学教室の教授となると、かなりレアなケースだろうと思います。
20代男性
“今日は今までにないPTSDを扱った独特な回になっていました。
ベトナム戦争にてPTSDを患った70代ぐらいの男性の死と男女3人との関係、
そして最後まで謎のまま真相が判明しなかったのはリチャードがなぜ自分で燃え盛る家に入ったのかでした。”
40代男性
“今回は、マリコ以外の科捜研メンバーは比較的に控えめで、事件関係者であるアメリカ人のリチャードや投資会社社長の平松、その妹のさくらが目立った、いつもと違うドラマの見せ方が良かったです。
さくらたちとリチャードの青春時代、そして、リチャードが戦争で味わった惨劇から救いを求めるように京都旅行に訪れ、そして火事現場にて自ら命を絶ったなど、全体的に悲しく、それでいてストーリー展開がしっかりしていました。”
40代男性
“学生運動やベトナム戦争と絡めたテーマにしてくるとは、いつもとは違った雰囲気だと思いました。
高齢者向けなのでしょうか。
何だか、重苦しい内容でした。
PTSDだからといって火災現場に自ら飛び込むなんて言うことは実際あるのかな、と不思議な気分で見ていました。”
60代女性
ベトナム戦争の爪痕に今もって苦しめられている人も多いそうです。アメリカ軍の兵士もPTSDに悩まされてそうで、リチャードもその一人だったのでしょう。50年前の日本の友達を訪ね、癒されたかったのに、誰も自分の事を覚えてくれていないと思い、絶望してあんな事に…。可哀相です。いつになったら戦争が無くなるのでしょう!