【警察署に爆弾魔が立てこもり!?】第6話・ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」を見逃し動画無料フル視聴しよう

【第6話】ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

動画視聴リンク

ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」は
VOD配信サービス「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信中!
(過去シリーズも配信中!)

(※レンタル商品のため、別途料金がかかります)

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第6話 見逃し動画 2019年8月23日(金曜)20:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は8月23日放送後〜8月30日放送開始前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴(※個別課金制)

Paravi

■動画共有サイト

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

◀︎【第5話】ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第7話】ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第6話】ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」の詳細

■第6話・あらすじ

厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係に「遊んでいる子供がうるさい」と苦情の電話が入り、冬彦(小泉孝太郎)らが現場に向かうが子供の姿はない。その頃、ゼロ係に田崎新太郎(大和田伸也)が現れて横山(片岡鶴太郎)と靖子(安達祐実)を人質に立て籠り、署内に爆弾を仕掛けていた。田崎はネット中継で、自殺したとされる孫の死の真相を知りたいと語るが、衝撃的な情報が次々と寄せられ…。

■キャスト

小泉孝太郎
(関連記事:小泉孝太郎が出演するおすすめドラマ5選

松下由樹 安達祐実 木下隆行 戸塚純貴
宮川一朗太 中野裕太 六角慎司 岸明日香 /吉田栄作/
石丸謙二郎 加藤茶 斉藤由貴 片岡鶴太郎 他

【第6話】ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」視聴者からのネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
0係に爆弾を持った男が片岡鶴太郎扮する0係長を人質に取って立てこもる。男は自殺と認定された孫の死に疑惑を抱いており、警察に孫の死の再捜査を要求し警察署から身代金として取った2000万を賞金として、インターネットを通じて孫の死の真相を知る人間やその情報を探そうとする。ところがインターネットには孫の悪い噂ばかりが書き込まれ、やはりあばずれ女の自業自得による自殺という形で結論が出そうになるが、小泉孝太郎扮する小早川が、孫の死は孫が金を貸した男による他殺であり、悪い噂の書き込みは犯人が自分の殺人をごまかすためのデマであるという真相を突き止め、事件は落着しそうになる。しかし実は男はその時重篤な病に侵されており、意識を失った瞬間に起爆装置を床に落とし起動させてしまう。そしてあわや爆発という直前に何故か部屋に残っていたTKO木下によって起爆装置が解除され、人質は無事に解放されて今度は本当に一件落着となる。

■感想

30代女性
神沼からの「すべてが嘘だ。早く気付け」のメッセージが気になる。今回の事件のことなのか、それとも連続殺人事件のことを言っているのか、、。小田島管理官がまた不審な動きをしていたので、何かにひっかかった虎三が今後どう動くのかも次回のCM動画を観ながら楽しみ。
50代男性
警察署内の一室が爆弾を所持して男に占拠され、人質まで取られて立て籠もられるという緊迫した状況が続き、横山係長が自身の安全を顧みず、女性職員の靖子の解放を求めるという展開の中、桜庭が眠り続けていたというオチが面白かったです。しかも、寝返りを打った拍子に時限爆弾のタイマーを止めてしまうという奇跡のような結末も、「なんでも相談室」ならではの可笑しさと感じられました。
50代男性
なんでも相談室は、警察の枠にはまらない物語だなあと改めて感じました。今回、なんでも相談室に爆弾が仕掛けられ、横山と靖子が人質になります。人質を取られ、現場はネット公開。犯人は1週間前に亡くなった孫娘の真実を知りたいと懸賞金をかけます。ドラマ中盤、強行突破を試みようとする時に、冬彦は孫娘を殺した犯人を逮捕すればよいといいます。犯人逮捕と爆弾の行方がどうなるか楽しめました。
50代男性
なんでも相談室に爆弾を持った老人が立てこもります。殺人事件が一緒に起きるのかあと思っていると、立てこもった男は1週間前に亡くなった孫娘がなくなった真実を知りたいということで、身代金を懸賞金に変え、情報を集めます。5階のビルから飛び降り自殺とみられていたのですが果たして?最後に、爆発寸前の爆弾の止め方は動画を観ながら笑えました。
60代女性
係長! よく眠れる安眠枕買っておいて良かったですね。命拾いできました。それにしてもSNSの書き込みで、世論はなんとでも誘導できてしまうのは、犯罪を生み出す危険がいっぱいで怖いですね。係長はもうダメかと思ったけど、本当に助かって良かったです。