【第1話から全話まで】ドラマ「獣になれない私たち」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「獣になれない私たち」はVOD配信サービス「Hulu」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

  • 月額「933円(税抜)」(月額料金そのままで追加料金無し!)
  • 初回は2週間無料!
  • 国内外のドラマ、映画、アニメなど最大【50,000配信作品】が全部見放題!!(Hulu独占配信作品もあり)

↓お得な「Hulu」の【徹底解説記事】はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

Hulu

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「獣になれない私たち」の詳細

■イントロダクション

深海晶、30歳。「常に笑顔」で「仕事は完璧」、誰からも好かれ、愛されている女。根元恒星、33歳。「世渡り上手」で「人当たりがよく」、女にモテる敏腕会計士。人生うまくいってるようで、ままならない二人が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会った。赤の他人だからこそ本音でぶつかる中で、傷つきながら自分らしく踏み出す姿を時に笑えるコメディで、時に切なくジリジリと描きます。本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたらラクなのに…。脚本家・野木亜紀子が現代に生きる人々のリアルに徹底的にこだわって描く、「全ての頭でっかちな大人」に送る、新しいラブストーリーがはじまります!

■キャスト

新垣結衣、松田龍平 他

ドラマ「獣になれない私たち」の見どころ紹介

30代女性
ドラマ「獣になれない私たち」の見どころやおすすめポイントをご紹介したいと思います。水曜夜10時に放送されていてたドラマで、人気女優の新垣結衣さんや黒木華さん、人気俳優の田中圭さんや松田龍平さんなどが出演しています。新垣結衣さんが演じる深海晶と、田中圭さん演じる花井京谷はお付き合いするも、なかなか結婚まではたどり着けません。最近のアラサー世代のどこか冷めたいて、考えすぎる慎重な恋愛模様のストーリーです。
このドラマの見所は、恋愛に対してネガティブだったり、思いきれない気持ちに共感できるところでしょう。また、脇役で出てくる人たちも皆個性的で、恋愛のスパイスとなっています。獣のように自由に恋愛したいという願いが込められたドラマです。
20代女性
ガッキー演じる深海晶は完璧で仕事もできて誰からも愛されるキャラなのに彼氏の前ではいい人ぶり、仕事では振り回されたりと悩まされてるがっきーがこの先どう変わっていくのか見どころです。獣みたいな一面が出てくるのか最後まで見逃せません。
30代男性
人間模様が複雑だったりしておもしろいストーリーです!1人の女性として少しづつ成長していく晶はなんかかっこよくもあった。段々とどんな展開になって行くのか気になってしまうような楽しさがあり、とてもおもしろい作品だった。
30代女性
まずキャストが豪華です。新垣結衣さんが大人になったなーと感じたドラマでもありました。松田龍平さんの渋かっこいい感じが役にぴったりだなと思いました。あと毎回登場する美味しそうなビールと、マスター役の松尾さんも要注目です♥️

ドラマ「獣になれない私たち」ネタバレ・感想

30代女性
このシーズンで一番好きな作品でした。いつも新垣さんがおいしそうに「クラフトビール」を呑んでいるのが美味しそうした。出ている演者さんたちが、私が好きな人たちばかりでした。最後の二人で鐘の音を聞いてカップルになるところが良かったです。ハッピーエンド最高でした。
50代女性
ガッキーは、期待を裏切らず、今回もかわいかった。OLファッションも似合っていた。ガッキー見たさで見たドラマだったが、いろいろ深く考えさせられた。ブラック企業で健気に働くガッキーが、最初のうち、見ていて辛かった。実生活でも、彼の元カノに悩まされ、それでも明るく耐えていたし。分野は違っても、現代人は誰しも、納得した振りをして、無理に自分をだましてやり過ごしていることがあるのではないだろうか。
だんだん自分の本心を出したりして、新たな道を進んでいくストーリーは、派手ではないが、見終わって清々しい気持ちになった。動画でもまたみる予定。オマケだが、お店で飲むビールがおいしそうで、自分でも銘柄にちょっとこだわってみたくなった。
30代女性
新垣結衣さんがとてもかわいらしかったです。途中でイメチェンをしたときは、ビックリしたのですがとても似合っていました。田中圭はとんだクズ男だと思いました。田中圭のお母さんは本当に旦那さんのことを思っているというのが伝わりました。こういうふうに人を愛したいです。
20代女性
野木さんの脚本ならば見ないと!と思って見始めました。脇役のキャラも全てが濃くて、毎回どうなるのかわくわくしながら見ていました。現実での不満と重ねて見てしまうこともありました。