【第1話から全話まで】2020年大河ドラマ「麒麟がくる」を見逃し動画無料フル視聴しよう

麒麟がくる
帝一くん

1540年代なかば、東西の要衝たる美濃の地に、一人の若き虎がいた。

智将・明智光秀を主役とし、謎めいた前半生の物語。

明智光秀とはいったい何者なのか?
王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか…
物語は、本能寺へと向かう…

この記事では、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

放送日程詳細
2020年1月19日(日)後8:00~ 9:15/総合
1月19日(日)後5:30~ 6:45/BSプレミアム
1月19日(日)前9:00~10:15/BS4K

※現段階では、全体の放送回数(最終回予定日)については、未定です。

【最新話】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」動画視聴リンク

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」にて
ドラマ「麒麟がくる (※まだ未放送です) 」を
【第1話から全話】までフル動画配信予定です!

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」トライアル期間を利用すれば
完全無料視聴が可能☆
無料期間中に解約すれば本当に完全無料。解約金は一切なし☆

U-NEXT(NHKオンデマンド)」オススメポイント!!

  • 初回は30日間無料!
  • NHKのドラマはもちろん、国内外のドラマ、映画、アニメなどレンタル作品も含め【最大14万本】の動画が見放題!好きな時にいつでも視聴可能!
  • 会員継続特典で1200円相当のポイントが無料でプレゼント!!

☆『U-NEXT(NHKオンデマンド)』ユーザーレビュー

20代女性
特選見放題パックを利用しています。毎月定額で過去の番組を何度でも観ることができます。私はドラマを観るために利用することが多いです。急に思い出して観たいと思ったときも、すぐに観られるところがいいです。パソコン画面でも、映像も綺麗ですし、音もよく聞こえます。放送したばかりの番組でも、10日から2週間ほど待てば配信されるので便利です。普段テレビでドラマを観るときは字幕を出すことが多いのですが、
NHKオンデマンドでも字幕が出せるのでそこも気に入っています。

↓お得な「U-NEXT(NHKオンデマンド)」の【徹底解説記事】はコチラ↓

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 見逃し動画リンク

※NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は無料見逃し配信の予定がありません。ご視聴の際はNHKの再放送または「U-NEXT」をご利用ください。

  • 再放送は
    【総合】土曜/午後1時5分〜
    【BS4K】日曜/午前8時〜 より放送。

■第1話〜全話までフル動画視聴

U-NEXT

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
第2話から第10話までの記事はコチラ

▼【第2話】の詳細はコチラ
▼【第3話】の詳細はコチラ

▼【第4話】の詳細はコチラ

▼【第5話】の詳細はコチラ

▼【第6話】の詳細はコチラ

▼【第7話】の詳細はコチラ
▼【第8話】の詳細はコチラ
▼【第9話】の詳細はコチラ

▼【第10話】の詳細はコチラ

▼【第11話】の詳細はコチラ

▼【第12話】の詳細はコチラ

■NHK大河ドラマ「麒麟がくる」動画配信サービス配信表 

サービス名 配信状況 詳細リンク
U-NEXT(NHKオンデマンド) ◎(『NHK特選見放題パック』で見放題に) U-NEXT(NHKオンデマンド)詳細
U-NEXT △(1話ごとに課金が必要) U-NEXT
ビデオパス × ビデオパス詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
FOD  × FOD詳細

配信状況最終更新日 2020.04.03

帝一くん
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、『U-NEXT』でも動画視聴できるのですが、個別課金で1話ごとに購入をするので、コスパ的にあまりおすすめできません。
”絶対にやって欲しい”おすすめ視聴方法は、『NHKオンデマンド』を『U-NEXT』経由で入会し、『見放題パック』を選択します。
『見放題パック』は、視聴期間などがなく、好きなだけ自分のタイミングで視聴することが可能です!『U-NEXT』の無料で貰えるポイントで、『見放題パック』の月額料金をポイントで購入できるので、完全無料で視聴が可能なのです♪

大河ドラマ「麒麟がくる」を無料で視聴する方法

大河ドラマ「麒麟がくる」を見逃してしまった場合、2つの無料視聴方法があります。

  1. 再放送での視聴(NHKの作品はドラマの再放送をする可能性があります。)
  2. 動画配信サービス「U-NEXT」を利用し、NHKオンデマンドに

この2番目の「U-NEXT」を利用する方法に関してを詳しく説明していきます。

U-NEXTの無料トライアル期間を利用し、 大河ドラマ「麒麟がくる」を無料視聴する

通常、NHKの作品は公式動画配信サービスの「NHKオンデマンド」でのみ配信されるのですが、

実は「U-NEXT」ではその「NHKオンデマンド」を配信しています。

「NHKオンデマンド」に直接申し込んでしまうと、1話ごとの単品購入になってしまうのですが

「U-NEXT」から経由し入会すると、見放題パックの選択が出来るのでお得に全話視聴が可能、

なおかつ無料視聴することも可能です!!

その方法とは・・・

「U-NEXT」にまだ入会されていない方限定で、個別課金対象作品などに利用できるU-NEXTポイント「1000円分」が無料トライアル特典で貰えることが出来ます。

そのポイントを利用し、NHKオンデマンドの「見放題パック」をポイントで買うことで無料視聴が可能となります。無料トライアル会員は31日間無料なので、見放題パックでドラマを視聴した後、無料期間中に解約をすることで完全無料視聴が出来ます。

※NHKの公式サイトから『NHKオンデマンド』にそのまま入ってしまうと無料トライアルの特典などはつきませんのでご注意ください!

もっと詳しい「U-NEXT」(NHKオンデマンド)の解説はコチラ

大河ドラマ「麒麟がくる」を無料視聴!U-NEXTでNHKオンデマンドの申込と登録、解約のやり方

■U-NEXTの登録のやり方

NHKオンデマンドを視聴するためには①U-NEXTの登録と②NHKオンデマンドの申込の2ステップありますが、難しい作業は一切ありません。
登録は30秒ほどで完了します。住所を入力したりなどの細かい入力はありません。会員登録したらすぐに視聴が可能です。

  1. 「U-NEXT(ユーネクスト)」のトップページなどの「無料でお試し」「まずは31日間無料体験」などのボタンをクリックします
  2. アカウント情報を入力します(名前、メールアドレスなど)入力し終わったら「次へ」をクリックします。
  3. 次のページでプランの確認、決済方法を選択しクレジットカードなどの情報を入力します。入力し終わったら下記にある送信ボタンを押します。これでU-NEXTの会員の登録は完了です。

■NHKオンデマンドの申込について

次にNHKオンデマンドの登録です。U-NEXTのTOPページ左上にある、「作品名、人名で検索」の虫眼鏡マークをクリックしてみてください。

カテゴリー欄にテレビ局というのが出るのでそこをクリックすると「NHKオンデマンド/見逃し番組」という表示が出てくるのでそこをクリックし、視聴したい作品をクリックします

『NHKまるごと見放題パック』を選択し、「規約に同意しポイント利用し0円で購入」をタップして下さい。これで契約完了となります。購入完了メールも届きますので、そちらも確認しておきましょう。

■解約のやり方

登録と同じように、解約も30秒ぐらいで簡単にできます。
ほぼクリックで進めて行くので、面倒な入力などはありません。

公式サイトでの解約になります。
※アプリでの解約はできません。

  1. 「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトにいきログインします。
  2. 左上のメニューから「設定・サポート」を選択します。
  3. 「設定・サポート」ページの画面最下部までスクロールし、「契約内容の確認・変更」を選択します。
  4. ご利用サービスの項目が表示されますので、項目欄の「解約はコチラ」をクリックします。
  5. 解約前のご案内というページが表示されます。下記の「次へ」をクリックします。
    この後に任意アンケートがありますが、スキップしても大丈夫です。アンケートの下に「同意する」チェックボタンを押し「解約する」を選択します。これで解約完了です。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の詳細

■NHK大河ドラマ「麒麟がくる」イントロダクション

「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑
たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です。
脚本は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策のオリジナル。
大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光があてられます。
物語は、1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念に
それぞれの誕生を描いていきます。
若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る…
「麒麟がくる」―新たな時代の大河ドラマの始まりです。

【出典:ドラマ「麒麟がくる」イントロダクション

■キャスト

長谷川博己、門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、伊藤英明、川口春奈、染谷将太、堺正章、本木雅弘 他

■公式SNS

公式HP

<各話>NHK大河ドラマ「麒麟がくる」視聴者からのネタバレあらすじ・感想

■【第1話】第一回「光秀、西へ」

明智光秀の領地に夜盗が襲ってくるところから話は始まる。何とか追い払うことができたが、野党の頭が持っていた鉄砲という武器を目の当たりにする。光秀は城主である斎藤道三に直訴して、鉄砲の入手と道三の奥方の病気を診る医者を連れてくることを条件に、旅に出る許可を得た。光秀は、堺の鉄砲鍛冶屋では松永久秀に出会い、飲み明かしたあとに、鉄砲を入手することに成功する。その後、京に向かうが、京では行先のない人たちが集まってきており、町は荒れ果てて、ひどい有様だった。ここで、望月東庵を訪ねるが、患者はおらず、東庵自身も治療をしておらず、食べるものにも困るような状態になっていた。そんなとき、火事が起こった。光秀は、燃えている家に取り残された子供を助けに行き、何とか助け出すことができた。しかしながら、東庵自身の家も燃えてしまい、ここで手伝いをする駒とともに東庵を美濃に連れて帰ることができた。

■感想

30代女性
長谷川博己さん演じる主人公の十兵衛の若々しく活力のある姿は素敵でした。主の斎藤道三のために鉄砲を手に入れようとしていたところの場面では、ピリッとした空気が流れていて、ススパイスがうまいところで働いていて、面白さが増しているなぁと感じました。久秀と飲み明かした翌日、十兵衛が起きたら鉄砲があったシーンも驚くような展開で面白かったです。偶然、出くわした火災に逃げ遅れた女の子を救うシーンは、もうだめなのではないかというようなところで見事に助け出し、とても素敵でした!ずっと夢中に見続けてしまうほどの初回放送でした。来週以降も期待したいです!
50代女性
美濃の明智光秀は、野盗が持っていた鉄砲に興味を持ち、斎藤道三に頼み込み、名医と鉄砲を持ち帰るために境に旅に出たいと申し出る。そして、望みどおりに鉄砲と名医を連れてくることが出来て、良かったと思う。光秀は、最初から偉大だと思った。
60代女性
美濃の美しい田園風景から始まりますが景色だけでなく衣装の色がとても鮮やかです。配役も主人公の明智光秀をはじめ豪華キャストで1話目から引き込まれます。盗賊が持っていた鉄砲を見て興味を持った明智光秀が鉄砲を求めて大阪の堺へ向かいますが、鉄砲を手に入れるまでに個性的な武士2名と出会います。この出会いは先々のドラマを期待してしまいそうな出会いです。鉄砲を手にいれた光秀は、その後立ち寄った京でも新たな出会いがあります。早い展開で進む「麒麟がくる」次回が楽しみです。
30代女性
長谷川博己さんが火の中に飛び込みちいさな女の子を救い出した所はとてつもなくかっこよかったです。人のために困難な状況でも立ち向かう姿は素晴らしいなと思いました。侍や村人たちが着ているお着物の色彩がきれいすぎて驚きました。
30代男性
光秀は松永に酒をタンと飲まされて酔っぱらい、守護代の道三をケチ臭い人物と密かに思っていた事をツラツラと話してしまう所が面白く、松永の金目当てで騙されたと思ったら鉄砲を置いていくとはビックリ、しかし何かしらに気付いたイヤらしい松永の表情は気にかかる。

■【第2話】第二回「道三の罠(わな)」

ネタバレあらすじ
旅に出る条件として約束したことをなんとか果たして戻った光秀。ただ息をつく暇もなく戦に借り出される。織田信秀軍が攻めて来たのだ。しかも約束を果たしたのに旅の資金は貸しただけで返せと言われてしまうが、戦で侍大将の首は2つ取れば帳消しにしてくれるという。ともかく目の前の戦に奮闘する。それにしても今回の戦は人数的に美濃側の分が悪い。大将である道三の采配は・・・。なんと籠城すると言うのだ。道三の嫡男・高政や重臣たちは不満のようだったが、戦が進む中、相手側が勝ったと油断したのを見計らって突撃命令を出す。策が見事に的中し勝利する。軍の大将、織田信秀はなんとか生き延びたようだったが弟は討ち取られ遺恨を残す。戦いで勝利したとはいえ、相手が叔父に似ていたこともあり躊躇してしまったことで武士としての在り方から反すると喜べない。京から連れてきた東庵からはそれでも勝ったのでいいではないかとなだめられる。そんな中、大将の道三の所へ帰蝶の夫である土岐頼純が祝いに駆けつける。しかしこの戦が頼純が織田家をそそのかして起こさせたものだと突き止めていた道三はその場にいた帰蝶を下がらせた後に茶を点てるので話し合おうと言って毒殺するのだった。美濃の守護である土岐家の長男だっただけに波乱を呼びそうだが・・・。終幕。

■感想

30代男性
道三の娘の帰蝶が嫁いだ相手の頼純とはいえ土岐という名門家だけに位が高いのに、道三の戦があったと知っていながら甲冑を身に付けていない事をハッキリと指摘する行動をする所に驚きしかなく、ここまで言える能力の高さとこのような戦となった理由が頼純の腹黒い策略としっかりと把握していた所は、父親の道三の優秀な遺伝子を引き継いでいるのがよくわかった。
30代男性
斉藤道三の巧みな戦術によって織田軍を撃退する姿がかっこよくも娘婿を毒殺する姿が印象的でした。また、こてんぱんにやられた織田信秀が尾張に逃げ帰る時の表情や戦いを終えた後の光秀の戦の現実に苦悩する姿がよかったです。そして、川口春奈が可愛かったです。いがいと時代劇姿が似合っており、帰蝶役が見事にはまっていました。
30代男性
美濃に戻った十兵衛が、道三から旅に使ったお金を半分返せ、返せないなら戦で返せとと言われた場面には驚きでした。十兵衛の表情もあんぐりした表情が見れて面白かったです。織田との戦いでは、 十兵衛達の臨場感が感じられる戦い振りに目を奪われました。籠城するとしたはずが、一転、引き返していく織田勢を後ろから攻めるとした手法を取る展開には驚きとともに、このあとどうなっていくのだろうかとスリルある展開に面白さを感じました。十兵衛のあどけない青年らしさを感じる姿から、一人の武将として戦う姿まで、様々な姿が見れて満足でした。第一話と同様に、飽きることなく釘付けになってしまうようなストーリー展開で、非常に面白かったです。
30代女性
本木雅弘さんが、すごく怖い人で驚きました。娘さんの旦那さんが、裏切り者なのはわかりましたが、本木さんの事をバカにしたのもわかりましたが、お茶に毒を混ぜて殺すとか怖すぎました。長谷川博己さんにも、無茶な事をいい放った本木さんですが、籠城するふりをしてして、その隙を狙って相手をやつけるのはかっこ良かったです。
30代女性
光秀は、堺から鉄砲と名医を連れてきたが、道三はあまり喜んでいない。美濃に侵略を目論む織田信秀の大軍が迫っていた。道三は籠城を決め込もうとする。戦のやり方に高政と光秀は道三の命令に不満を漏らしていた。しかし、それが織田軍を倒す策略だったとは、さすが道三だと思った。娘の帰蝶も道三譲りの気の強さはさすがだと思った。

■【第3話】第三回「美濃の国」

ネタバレあらすじ
斎藤道三によって、夫・土岐頼純を失った帰蝶は、平和が訪れた美濃の田畑で畑仕事をしている明智光秀の元を訪れる。また、そこにはかつて光秀が救った農民・菊丸が三河国より訪れ、薬草や味噌等を持ってきて、東庵の娘・駒は菊丸と仲良くなる。一方、斎藤家では、土岐頼純が失ったことにより美濃の守護を欠いており、道三は土岐頼芸に相談を進めていた。頼芸は、頼純を毒殺したのは道三であると疑うが、道三は土岐家を簡単に操れると画策を始める。頼芸は、道三の息子・高政に、自分の父親であるかのようにほのめかしていた。高政は、明智光秀を呼び出し、堺より調達した鉄砲を調べるように指示を出す。そして光秀は、高政に、美濃の国に「麒麟がくる」という希望に満ちた言葉を残し、鉄砲で瓢箪を射抜き、力強さを見せたのだった。

■感想

30代男性
土岐頼芸は斎藤道山が来た時に鷹の絵をかきながら息子が毒殺されたという噂の話をして反応を見ている感じがありましたが、道山は否定し頼芸に守護をしてくれということを打診しますが、毒殺したら困ると冗談めかして言うと、操り人形だったら毒殺しないと道山が言っていて、険悪な感じが見ていて伝わり怖かったです。
50代男性
光秀は田畑を耕し、帰蝶の話し相手になり、高政の相談相手になり、駒や菊丸とも話をしています。領民に優しい、温厚で知恵の回る人物だったようです。帰蝶には敬語で高政とは対等に話すなど、少し様子がわからないところもありますが、人望があったことはよくわかります。光秀は本能寺の変の首謀者として有名で悪役のイメージですが、このドラマではそんなところが全く見られません。実際はどんな人物だったのか、これから少しずつわかってくることを期待しています。
40代男性
岡村隆史さんが演じる菊丸が明智に助けられた恩返しにと薬草などを沢山持ってきていたら、そこに駒が現れて薬草が足りないという話をしていたのですが菊丸の持ってきた薬草を見てどこにあるか教えて欲しいという場面があって、菊丸が恋をしたような顔をしていたのがよかったです。
50代男性
今回は、冒頭にあった美濃の国の田畑で、明智光秀が畑仕事をしているところを、かつて救った農民・菊丸と再会したり、菊丸が持ってきた薬草を見て駒が喜ぶシーンなど、平和な場面があって癒しの時間を感じました。また、ラストでは光秀が瓢箪を鉄砲で撃ち抜いた後、「麒麟がくる」という自信と希望に満ちた言葉を残すことで、今後の光秀の活躍がさらに楽しみになりました。
50代男性
美濃の領地での権力争いで、織田軍に戦を仕掛けるように画策していた疑いで、自分の主君である土岐頼純を家臣にあたる斎藤道三が毒殺し、その後の権力構図を意図的に変えようと土岐頼芸に対し、脅しをかけるやり取りには、今では考えづらい怖さが感じられました。

■【第4話】第四回「尾張潜入指令」

ネタバレあらすじ
光秀が光安から呼び出しを受けた。望月が道三から謝礼を受け京へ戻ると言うが尾張に行くのではと道三が言う。望月が3年前に尾張に行き、10貫の借金があると見抜いていた。望月は、すごろくの借金を返すと言うが、道三は望月に信秀の具合を探るように頼むが、望月は断ると光秀に望月のクビをはねろと道三が言う。望月は命を受ける代わりに借金を負担して欲しいと言う。道三は光秀に駒を人質にして望月に随行しろという。菊丸も加わる。平手が望月に信秀が肩に流れ矢を受けたと言う。尾張の国境で銭を払い光秀と菊丸は薬草売りの兄弟を装い通過した。望月は信秀に道三から様子を教えろと言われたと言う。信秀は左肩に怪我があり3ケ月経ったと言い、信秀は嫌な夢を見るので望月を呼んだと言う。望月を訪ねて薬草売りが来たという。幼い家康が光秀に刈谷の母の元に連れていけと言い、光秀は籠にかくまったが、幼い家康に気が収まるという薬草を与え時を待つように諭した。三河が尾張に頭を下げるのが悔しいと菊丸が言う。望月が光秀に会うと薬草が役立たずだと言い、意味がわかるかと光秀に言う。信秀は薬草売りを捕らえよと家臣に言い、光秀は襲われながらも助っ人に救われる。光秀は美濃に帰り、信秀が傷を負い、発熱があり手遅れだと道三に伝えた。道三は駒を釈放して良いと言う。本能寺が銃を作らせていると日蓮が道三に言い、足利義輝が銃が、いずれ弓矢に代わるものだと言った。

■感想

50代女性
三河の農民役の岡村がとってもかわいいですね。長谷川博己さんと一緒に薬草を背負って歩いてたけど、こんなに身長差があるとは思わなかった。岡村可愛すぎです。帰り際、刺客に狙われてたけど、岡村の動きが素早くて驚いた。岡村って忍び?名のかなと思った。
30代女性
本木雅弘さんの傍若無人ぶりには、今回も驚きましたが、堺正章さんの方が上手で面白かったです。門脇麦さんの所作が一つ一つすごくおきれいで、素敵でした。長谷川さんが、鉄砲の練習に夢中になっている姿は可愛らしかったです。
50代女性
本木雅弘扮する斎藤道三の凄みには初回から感服させられています。知略に長けているぐらいなら適役かもしれませんが蝮と呼ばれた武将を演じるのはどうかなと当初は思いましたが、意外や意外、回を重ねるごとに腹黒さや重みがましていくようで見ていて怖いくらいです。いずれ訪れる織田との激戦をどう戦うのか今から楽しみです・ナインティナインの岡村こと菊丸の存在感も次第にまして行きそうですね。
30代女性
お着物が今回もきれいで素敵でした。堺正章さんのお着物の、ウサギと月の柄がかわいかったです。長谷川さんが、鉄砲に夢中になり、一生懸命に練習している姿はかっこよかったです。本木雅弘さんが今回も自分勝手で怖かったです。
30代女性
医師は、今は守秘義務があり、患者のことは他人に口外することはありませんが、この時代の医師も同じだったんだなと思いました。堺正章さんが、本木雅弘さんの頼みをすんなりとは聞かなかったのは、さすがだなと思いました。怖がらずに、自分の首をはねるように言ったのは、男らしいと思いました。

■【第5話】第五回「伊平次を探せ」

ネタバレあらすじ
主君・斉藤道三に鉄砲のことで報告していた光秀。将軍家が鉄砲を大量に欲しがっているという噂を聞いた道三はさらに探るように光秀に命じる。そんな時、光秀は家臣の伝吾から昔、村に住んでいた伊平次が刀鍛冶をしていて今は京にいるらしいと教えてもらう。さっそく道三に京に行きたい旨を伝え、しぶしぶではあるが資金も出させることに成功する。まず伝吾から聞いた本能寺に訪れるが今はいないことが分かる。当てが外れた光秀だが、堺で出会った将軍配下の三淵も同じ目的で来ており、これから三好家家臣の松永を訪ねるので一緒に来ないかと言われる。堺では鉄砲を調達してくれた恩があるので同行すると、松永は三淵が帰ってから伊平次の居所を知っているので一緒に行くことになる。酒を飲み好きなことをする伊平次。松永が金を積んでも断ろうとするが、光秀が昔助けたことがあったのを思い出すと伊平次の方も恩を忘れてなかった様子で伊平次が味方になってくれるようだ。伊平次に付いて行く光秀。京の町に戻ってきた駒とすれ違う。道三の命令を無事に遂げることが出来るのか、駒との再会はあるのか。次週へ。

■感想

30代女性
谷川章介さんの声が、市川海老蔵さんの声に似ているように聞こえて、思わず画面を何度か見直してしまいました。市川海老蔵さんは、ナレーションを担当していますが、市川團十郎白猿の襲名前で忙しいのか、これまでの大河ドラマのナレーションより少なめなので、物足りないなと感じます。
40代女性
昔の大河ドラマや、時代劇では、けっして人を殺した時の気持ちを、砂を噛んだようだとか、気持ちが悪かった、と表現するようなシーンは無かったと思いますが、長谷川博己さんのように、本当は戦は嫌なのに仕方なくやっているというセリフがあるだけでも、今の時代の大河ドラマらしいなと感じました。
30代女性
この時代に、本当に「戦をやめたい」と口に出して言える人がどれくらいいたのかわかりませんが、長谷川博己さんや、谷川章介さん、吉田鋼太郎さんのように、戦に対して反対だと言える武士がいたとすれば、良いことだなと思いました。
30代女性
吉田鋼太郎さんのクセが強すぎて、久しぶりに(そう言えば、もともとは舞台で活躍していた人だったなぁ)と思い出しました。吉田鋼太郎さんの大声につられて、長谷川博己さんまで、だんだん大きな声になっていく様子を見て、『小さな巨人』の時の香川照之さんとの関係を思い出しました。
30代女性
伊平次を探すことに。十兵衛はフットワーク軽いです。これも光秀本人が本能寺の変を起こしたことからのインスパイアかもしれません。しかしまた本能寺が登場。将軍、向井理さんにはなんとも優雅な感じ。適役ですね。

■【第6話】第六回「三好長慶襲撃計画」

ネタバレあらすじ
松永久秀の陣所で、主である管領・細川晴元から疑念を持たれていることを気にする三好長慶。久秀は笑い飛ばし、共に連歌の会へ向かう。一方、光秀は伊平次から晴元が長慶と久秀を暗殺する計画を立てていることを聞き、暗殺阻止のため将軍家の力を借りに三渕藤英の館を訪れる。しかし細川陣営の内紛を望む藤英に助力を拒否され、捨て台詞を残し立ち去る。その台詞を聞いていた将軍・足利義輝は藤英たちに後を追わせる。連歌の会が催されていた屋敷では、侵入してきた兵により長慶は追い詰められていた。あわやという瞬間、光秀たちが駆けつけ長慶と久秀は離脱に成功する。しかし光秀は深手を負い、知り合いの医師・東庵の家で静養することになった。東庵の助手・駒の看護を受ける光秀の元を藤英の弟・細川藤孝が訪れ、彼が京に留まることを望んだが、光秀は心残りを訴えつつも断った。その時、東庵が美濃で勃発した新たな争乱を伝えてくる。光秀は帰国を決め、まだ癒えきらない負傷を気遣う駒と共に、美濃へと旅立った。

■感想

30代女性
やっと次週は信長が登場しそう~。今回の終わりにまた道三VS織田信秀の戦いになり、道三の勝利でしたが、このままでは終わりませんよね。帰蝶が一人に身になったし、次週は嫁入り?、でもまたひと波乱ありそう。光秀が傷を負っているから東庵先生は駒を一緒に付いて行かせたけど、今度はこのまま一緒に尾張にとどまるのかな。そうじゃないと一人で駒をまた京へ帰らせるのはかわいそうです~。菊丸に送らせてもいいけど・・・。
40代女性
きゃぁ~、光秀と駒急接近ですやん~。大河でちょっと男女がいい雰囲気だと勝手ににやにやしちゃいます。光秀としてはケガをしているとはいえ、自分だけが火の近くで寝るには忍びなく駒も横で休むようにとの気遣いでしょうけれど、駒的には「ぽっ」となりますよね。それにしても駒が口ずさんでいた歌をどうやら光秀も遠き昔に知っている様子。今後どう繋がるのか気になります。
30代女性
伊平次は光秀に長慶が久秀と共に討たれるかもと言う情報を遊女の置屋で知ったと言う凄い情報力だ。光秀は伊平次と三淵に久秀と長慶が襲われる危険があると伝えに行ったが、三淵は所詮、細川の内紛だから放置せよと言う。藤孝は晴元が嫌いだ、晴元が義輝の目の前で平気で鼻をかむような無礼な男だと言ったのは笑えた。藤孝は三淵に止められるが、光秀は三淵に争いを止めるように注進するが、無駄かと思った。しかし義輝が光秀を支持したのは意外だった。万里小路の館で油断していた久秀と長慶は襲われて間に合わないかと思ったが光秀と藤孝と三淵が助けたのは幸運だった。平和を願う光秀の思いが通じたのは良かった。藤孝が鬼かヘビと言われている久秀に取り入った光秀に感心したが光秀は優れた人たらしだと思う。
30代女性
怪我をした十兵衛が美濃へ帰るときのあの駒とのやり取り。寒いなかなので十兵衛の思いやりと、駒の表現が印象的でした。駒にとっては胸が張り裂けんほどの出来事だったはず。現時点で十兵衛が一番心を許せる相手が駒のようです。前半の争いの動と後半の駒との静。対比が明確に表現されていました。
30代女性
松永長慶の暗殺計画を阻止したものの左肩に傷を負った光秀は東庵の診療所へ運び込まれます。駒は付きっきりで丸二日、光秀を介抱します。その嬉しそうな顔は門脇麦さんらしい可愛さでしたね。古むしろを一緒に被って寝るときのときめきぶりは見ている方も胸がキュッとしました。駒の気持ちに気づいていない光秀は色恋よりも仕事が第一なのでしょう。斎藤道三に託された仕事は彼にとっては命と同じくらい大事なものであり、故郷の美濃が平安になることが光秀の最大の願いなのでしょうね。道三と織田信秀との戦が再び始まったことを知った光秀は傷も癒えぬまま美濃に急いで戻りますが、その道中の田園風景は素晴らしかったですね。CGでしょうか、それともそんな景色が残っているところがまだあるのでしょうか。気になります。

■【第7話】第七回「帰蝶の願い」

ネタバレあらすじ
美濃に戻った光秀(長谷川博己)と駒(門脇麦)は、光秀のおじと母(西村まさ彦・石川さゆり)、そして帰蝶(川口春奈)と再会を果たします。そこで、光秀は帰蝶が尾張との和義のために、織田家へと嫁いでほしいと斎藤道三(本木雅弘)から頼まれており、帰蝶が尾張へと嫁ぐ気持ちがあるか問うようにおじである光安(西村まさ彦)から頼まれます。光秀は帰蝶に心境を問いますが、帰蝶は光秀に嫁ぎたくないと述べ、自分を守ってほしいと告げます。光秀はこれを受け、帰蝶の嫁ぎ話はやめるべきだと斎藤道三(本木雅弘)へ告げますが、この嫁ぎ話が美濃の平和のための和義であると説得され、逆に帰蝶を説得してほしいと頼まれます。光秀は帰蝶と道三の間でどのように動くべきか苦悩します。

■感想

30代女性
いよいよ帰蝶が織田信長に嫁入りする話が出ました。今川義元の力が大きいために、今まで争っていた美濃と尾張が和議を結ぶためです。帰蝶は、守護の土岐家に嫁ぎ、夫を道三に殺され、次は敵と思っていた織田家に嫁がなければならない、とても悲しい運命だと思います。でも、帰蝶は、国のために受け入れようとします。健気だと思います。光秀は信長がどんな人物か見極める役目を命じられ、これが、光秀に大きくかかわる運命になるのだ思いました。昔の人の生き方に触れ、切ないですが強さを感じました。
40代女性
美濃と尾張の和議。帰蝶の尾張への輿入れが条件となるわけですがここでも光秀に意見が求められます。尾張との和議に反対する勢力もあり難しい選択です。ドラマとはいえ現代感覚に寄せすぎですがこのぐらいはしょうがないでしょう。再び尾張に向かう光秀ですがここでとうとう信長が登場します。運命の出会いとなるはずですがどういったものになるのでしょうか。
30代女性
宿敵である織田信秀から、見事に大垣城を取り戻した、マムシの道三演じる本木雅弘さんのシタリ顔が、めちゃくちゃカッコ良かったです。毎回、あの美しすぎる武将姿を拝見するのが、週に一度の密かな楽しみとなっています。
30代女性
美濃に戻ってきた明智十兵衛光秀の背後に広がる棚田の風景は見事でした。こんな美しい所で育った光秀が純粋な心を持つのは当然ですね。斎藤道三と織田信秀が手を組むのに帰蝶の政略結婚を主君から進めるよう手筈を整える役を仰せつかり、はたまた帰蝶から取りやめにして欲しいと頼まれたりと、両者からそんな無理を頼まれる立場にあるのはそのような大自然の中で純真な心を持ち育ったことが大きいかもしれません。そのような性格だからこそ数奇な運命をたどることになるのでしょうか。それにしても十兵衛の着物はいつも鮮やかな緑ですね。道三の毒を中和するのに一役買っているようです。
30代女性
信秀の城を奪われて弱気になっていて政秀に愚痴としか思えない話を始める所が情けなく感じたが、その先に待っていたのが敵対してばかりだった道三と手を結ぶという流れになっていくのが面白く、ここから光秀の人生も大きく動くと思うと楽しみが広がる。

■【第8話】第八回「同盟のゆくえ」

ネタバレあらすじ
帰蝶に頼まれて明智光秀は尾張に潜入して、織田信長を探しだすのである。そして、漁港で海から魚をとってきて、安く民に売って、市場で高く売れると言っている、信長を見るのである。そして、光秀は美濃に帰り、信長の人柄に納得はしていないが、帰蝶に信長と結婚するように説得するのである。その後、斎藤道三に帰蝶を説得したことを褒められるが、道三の息子の高政に裏切ったと責められるのである。そして、土岐頼芸の元に連れて行かれ、尾張と同盟を結ぶことは愚かなことであると言われるのである。その後、帰蝶は尾張に輿入れに行くが、肝心の信長がその場にいなかったのである。また、その頃今川義元は尾張を攻めようと計画を巡らしていたのである。

■感想

30代女性
帰蝶が織田信長に嫁ぐために尾張に行ったのですが、織田信長自信がどこかにいなくなってしまい家臣が慌てふためくというシーンがありました。信長らしいと思ったのと、帰蝶が笑っていたのを見て帰蝶はそこまで怒ってなく逆に会うのが楽しみぐらいに思ってそうだと思いました。
40代女性
駒が十兵衛の元から離れることを決意して京都に帰る決心をしました。十兵衛は途中まで見送りに行って2人きりになった場面で、駒に帰蝶に対しての気持ちを聞かれる場面がありました。駒も十兵衛のことが好きなだけに苦しかっただろうなという印象でした。
30代女性
沢尻エリカさんの代役として、急きょ、川口春奈さんが演じることになったわけですが、今となっては、川口春奈さんくらい、強い存在感があるわけではないという女優で良かったのかもしれないなと思いました。もし、沢尻エリカさんのままだったら、きっと長谷川博己さんを圧倒してしまい、バランスが悪いと思います。
30代女性
十兵衛は織田信長を見てきたは良いものの、帰蝶を嫁がせていいものか悩む描写がありました。母親の国のためを考えての一言で帰蝶に報告しようとするが、本人を前にしてまた躊躇し始めたのを見て、自分の気持ちと国のことを天秤にかけてんのかなと勝手に思いました。
30代女性
『麒麟がくる』は、これまでの大河ドラマと違って、長谷川博己さんをはじめとして、細かい気持ちの描写もセリフとして聞くことができるので、より身近に感じることができるなと思いました。とにかく、戦さをしたくない、と当時の武士でも考えていたとしたら、ちょっと救われるなと思いました。

■【第9話】第九回「信長の失敗」

ネタバレあらすじ
ドラマは織田信長が三河の松平当主を暗殺する場面から始まります。父に報告するも逆に怒られる信長。孤独感を感じます。竹千代の祖父はこの事実を知り、竹千代の身を心配します。父に叱責された信長はストレス発散といわんばかりに鉄砲を撃っています。それを見つける帰蝶。信長は帰蝶に鉄砲を撃って見るように言います。興味を示す帰蝶。的に当たった事とその威力に驚きます。そして「従兄弟の光秀という男は鉄砲を持って京都や堺などによく行っていました。」と紹介します。帰蝶が話している光秀に興味を示す信長。帰蝶は「私も父が好きではありませんでした。」と信長に話をするのです。そして信長と帰蝶は、急速にその距離を縮めていきます。

■感想

30代女性
信長は父親に怒られたことによって機嫌が悪くなり、鉄砲を撃つ練習をし始めました。帰蝶がそれを見て褒めると、帰蝶にも鉄砲を撃つことを進めて手ほどきをしていて、何だかんだ夫婦としていい雰囲気だと思って見ていてほっこりさせられました。
40代女性
織田信長は松平広忠の首を父親の信秀に見せて無茶苦茶怒られることになってしまいました。今の現状で戦が起きるのはまずいと考えている信秀は戦が起きないようにした道三との和議だっただけに、戦を初めてしまおうという信長の考え方に腹を立てるのも仕方がないのかなと思いました。
30代女性
はじめは染谷さんの信長はどうなんだろう?と思っていましたが、今日の放送を観て納得しました。この信長は怖いです。父親に喜んでもらえると思ってあんなことしますかね。この信長が光秀と対立していく様が描かれる今回の大河は期待感しかありません。
30代女性
織田信長は血気盛んなようです。信秀との対立は今後に遺恨を残すでしょうか。信長と結婚した帰蝶は、相性は良さそうですが、時代の流れに翻弄されそうです。光秀は、女っ気はないのに、女の方から近づいていて、うらやましい限りです。
30代女性
染谷将太さんの織田信長は今まで抱いていた織田信長のイメージと違って可愛らしいなと思いました。帰蝶はちょっと信長に興味と好意を抱いた雰囲気がしましたね。さすが肝が据わっています。よもや大好きないとこが自分の旦那をいずれ殺めるとは夢にも思っていないだろうと不憫に感じました。

■【第10話】第十回「ひとりぼっちの若君」

ネタバレあらすじ
駒は光秀と離れてしまったことで元気をなくしていたのである。そこに、駒の育ての親である伊呂波太夫が一座を引き連れて京に現れ駒と再会するのである。その頃、明智光秀は斎藤道三から呼ばれていたのである。そして、尾張の信長の兄の城が今川から攻められ、人質に取られてしまい、尾張にいる竹千代との交換の話があることを話し、帰蝶に合うという名目で終わりの事情を探って来いと言われるのである。光秀は尾張に向かい、その途中に市場で菊丸から味噌を買い、帰蝶のもとに向かうのである。そして、光秀は帰蝶と会うが、そこに織田信長が帰ってきて、お茶でも飲んでいくように言われるのである。そして、お茶を飲んでいると竹千代が信長と将棋をしたいと現れ、一度断るが信長は将棋をすることになり、今側との話をするのである。

■感想

30代女性
様子がおかしいコマを心配して、後を追いかけた望月先生でしたね。コマは芝居の一座を見つけ、見物しているだけかと思ったら、いきなり綱渡りを始めたのでビックリしました。コマの知らざれる一面を、垣間見た気がしました。
40代女性
信長ってけっこう好き~。幼少の頃の話を帰蝶だけでなく光秀にも聞かせてくれてたあたりも器が大きいなぁと思いました。母親が弟を溺愛してるのが口惜しくて魚釣りをして大物を釣った時に見せたら喜んでくれたという時の笑顔も良かったです。結局、最初だけしか母親は褒めてくれなかったけど、その後は村の者が釣った魚を喜んでくれるのが嬉しいという辺りも健気でいいです。子供っぽいところもたっぷりだけど浜辺で一度会った光秀のことを覚えてる辺りや父、信秀との会話などはさすがに将来織田家を継ぐ者って感じですが。
30代女性
信長の腹違いの兄が今川に捕まり、家康と人質交換しないかということになっているのを聞きつけてる道三さすが~。今川に三河の跡継ぎになる家康を行かせるなら同盟は破棄、息子の信広を見捨てるのを推奨してたあたりは鬼でしたが。でも、信長も父の信秀に家康を渡すべきではないと進言してたので道三と同じ匂いがするなぁ。
30代女性
タイトルが「ひとりぼっちの若君」だったので最初から人質になっている家康の話かなと思ったら、前半は京の駒のエピソードでじれったかったです。京には将軍もいるからのちのちの伏線に繋がって行くのかな。魅せ方がうまいなぁと思いました。帰蝶はけっこう信長とうまく行ってる感じで良かったです。
30代女性
菊丸って完全に忍びの者ですやん。動きを探るためにまた光秀は尾張に行かされていましたが、港の市場で菊丸の所の味噌を購入。一緒にお城まで行きながら話してましたが、菊丸は三河の生まれだし、お互いが探り探りの会話で笑えました。光秀より先に帰ったことになってたけど、信長と家康の会話を天井から覗いててびっくりでした。今後も菊丸の動きには目を離せません。

■【第11話】第十一回「将軍の涙」

ネタバレあらすじ
名古屋の笠寺で今川と織田との人質交換が無事に行われた。そして翌年、今川軍が知多半島に攻め入り熱田まであと一歩のところまで攻め込まれた。道三は光秀に米は渡せるけど、援軍は出せないと言うために使者として遣わせた。それを聞いた平手は怒って部屋を出て行った。光秀はなにか策はないかと考える。そして帰蝶と信長から将軍家に仲を取り持ってもらえるように頼んでほしいと押し付けられる。しかし、道三は将軍に頼む時に持っていく金は出さないと突っぱねる。土岐氏に頼みに行くが、道三が守護になろうとしているので道三を排除できるなら手紙を書くと言われ、了承してしまう。しかし、将軍は三好との戦いに敗れて近江に逃れていた。偶然、光秀は細川藤孝に出会いなんとか京都に戻れないか画策していると聞く。そして将軍に手紙を渡す。将軍は自分の不甲斐なさに涙していた。

■感想

40代女性
徳川家康の幼少期である竹千代が、とても利発そうな少年として描かれていますよね。天下を手にする英傑は、幼いころから違うものだなぁ、と感心してしまいました。美濃を今川義元から守ろうとする斎藤道三が、威厳があって格好いいです。黒地に白っぽい模様の着物が、本木雅弘さんのスタイリッシュさを、より一層引き立てているように見えました。
40代女性
光秀は尾張と美濃の板挟み状態で、苦労している感じだったので、可哀想だなと思いました。しかし、織田軍はいつも負けていて弱すぎると思いました。早く信長時代になって強くなって欲しいと思いました。信長も光秀の前で帰蝶といちゃつくなど心配な感じに見えました。斎藤道三もケチすぎると思いますが、将軍も大変だなと思いました。
40代男性
いやー、向井将軍が凛々しいねー。あの時代生まれが全てで生まれた時から将軍になる運命って言うのはどれほどの重責か。しかもお父さんが病弱で、子供の頃からその重責をひしひしと感じながらやってきたんだろうね。弱音を吐くこともできず、間違いを強く正してくれる者もおらず、将軍は孤独なんだろうな。麒麟の話がまた出てきたね。最後には麒麟がほんとに来るんだろうか?
40代男性
人質交換をしていたのがとてもビックリしました。子供と大人を交換していたのがとてもビックリしました。今川が次々に制圧していたのがすごいと思います。織田に力を貸す兵士がいなかったのがとてもビックリしました。相撲をして遊んでいたのがとても面白くてよかったです。信長が相撲を楽しんでいたのがとても面白くてよかったです。
40代男性
今川義元に捕らえられていた織田信広は落武者のように髷をしていない姿ながら、一切傷付いていないために城を必死に守っていたようには思えない情けなさを感じてしまう父親の信秀の気持ちがよくわかり、信長は何を仕出かすかわからないうつけものの上に信秀自身は深傷を負ったことで思うように体が動かせない状況と、織田家が満身創痍のように思えてしまった。

■【第12話】第十二回「十兵衛の嫁」

■感想

近日更新予定です。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」視聴者からの期待の声

30代男性
今まで悪役を主として描かれてきた明智光秀を主人公とするところが斬新だと思いました。歴史を紐解けば当たり前ですが、明智光秀がいなければ、豊臣秀吉は台頭してこなかっただろうし、江戸に幕府が開かれることもなかった。だからこそ、なぜ織田信長を殺さないといけなかったのかがとても興味深いです。幼い頃の文献も残っていないとのことなので、オリジナルストーリーは多いと思いますが、それもまた楽しみの一つです。前作が時代劇ではなく近代ものでしたので、やはり大河ドラマは時代劇としての作品に戻り、且つ戦国時代という舞台が幅広い世代が大河ドラマに戻ってくる要因の一つとして期待しています。

20代女性
特に本能寺の変と言えば謎が多い戦国ミステリーのひとつでもあります。だからこそ、どのような終わり方になるのかまた、何故織田信長を討ち果たしたのかその目的がどのように明らかになるのか楽しみです。また、従来の織田信長のイメージとは、につかわない染谷将太がどのように織田信長を演じて行くのか楽しみです。当初は、凛としたイメージが強い沢尻エリカを期待していたばかりに川口春奈では、物足りなさを感じていたが、初々しくも若々しい帰蝶は、川口春奈の方が合っているように思えて来ました。今後帰蝶もどのような運命を辿る事になるのか楽しみです。帰蝶も最後は、謎が多いので!
もっと期待の声をみる

40代男性
実力派俳優の長谷川博己さんが明智光秀を演じる。これだけでも光秀がエリートで知的なのが表現されているのではないでしょうか。その光秀がいかにして本能寺の変へと至ったのか。そこが一番の見どころだと思います。歴史作品では明智光秀といえば悪者として描かれることが多いと思いますが、主役の明智光秀から見た織田信長を描くことで、また違った視点で歴史を考えることができるのではないでしょうか。今のところ織田信長との関わりがまだあまりありませんが、歴史を見るとこれから光秀で辛い感じになっていくと思うので、気持ちが沈みそうですが、長谷川博己さんの演技力で光秀の正義を描いてほしいと思います。

30代男性
光秀が帰蝶に頼まれて人柄を探った信長と、遂に対面して奇妙な行動と言動に触れた事から繋がりが始まるものの、超真面目で礼儀正しい光秀とお坊ちゃん丸出しのように自由奔放に振る舞い考えが浅はかな印象の信長との対照的な雰囲気から、既に違和感が生じていたという今までの歴史ドラマでは描かれなかった新しい本能寺の変への起点になったモノを見せてくれるのを期待している。
また、漁師のように船に乗るなど活発に動く事から後の天下人となるまだ農民の秀吉と信長が農地で既に出会っていたという流れも新感覚な描き方で面白く表現して欲しい。

30代男性
久々の戦国時代物の大河ドラマで楽しみにしていました。放送直前に出演者の一人が不祥事を起こしてしまい、異例の撮り直しとなってしまった為に放送が半月ほど遅れてしまうという事があって少し残念な所ではありましたが、代わりに代役として引き受けてくれた演者さんのおかげでなんとかドラマとしての体を成し遂げたことは物凄く大変な思いであったと思います。そんな大河ドラマですが、今まであまりメインとして取り上げることの少なかった明智光秀を主人公としているところが、凄く目新しいと思いました。今までとは違う明智光秀像が見ることができそうなのでこれからの展開がとても期待出来ると思います。

40代女性
沢尻エリカの逮捕によって撮り直しが行われるなど、大変なことがありましたが、素晴らしい作品が作られていると思います。私はこれまでNHKの大河ドラマは、途中で飽きてしまって中々最後まで見ることが出来ませんでした。けれども麒麟がくるは、夢中になってみることが出来、あっという間に45分が過ぎてしまいます。織田信長ではなく、明智光秀が主役というのも興味があります。恋愛も含ませながらの展開で、大変引き付けられる作品になっていると思います。これからの明智光秀が織田信長とかかわっていく展開を楽しみにしています。

40代男性
信長の登場でこれまでの流れは変わっていくでしょう。光秀が美濃の周辺国を巡る事は続くでしょうが信長と光秀が面識を持つことにより双方の目的意識が共有されていくような気がします。織田信秀の死がどこで起こるかにも寄りますが尾張の内紛がメインの話となるでしょう。かなり複雑な人間関係をドラマでどう表していくのか。光秀も絡んでくるでしょうからかなり混沌となるはずです。美濃の方でも内紛の兆しがでてくるでしょうが本格的なものになるのもう少し先だと思います。道三はまだ健在ですので簡単には倒れません。また京でも騒乱が起きますがどんな形で見せてくれるのかも注目です。

50代女性
回を重ねるごとに大河ドラマはやっぱりこうでなくちゃという視聴後の満足感と爽快感があります。戦国武将の物語なので、野性味溢れる男の世界が描かれると思いきや、これまで女性の登場人物の繊細な恋心を門脇麦さんと川口春奈さんがうまく演じられていて女性へのアピールも抜かりありません。ここに木村文乃さんの登場によって、これからの十兵衛さんの恋模様が大いに期待できます。また織田信長演じる染谷将太さんの本格的な登場は、親を思うせつない気持ちがじわじわ染みるように伝わってきて、どんんどん引き込まれます。とにかく演じる役者さんたちがみなさん魅力的で、役柄の思いがものすごく伝わってくるのでこれからがますます楽しみです。

50代女性
帰蝶が尾張に嫁ぎ、光秀とは因縁の織田信長が出てきました。織田信長は地元の三代英傑の1人で私の最も好きな武将です。「麒麟がくる」は光秀側から見る話なのでどんな受け取り方になるのかと興味津々です。染谷将太さんの織田信長は今までのイメージを覆す感じで可愛らしかったです。ちょっとイメージとは違ったけど、演技力に定評のある染谷さんなので新しい信長像を見せてくれるのではと期待しています。帰蝶も信長に興味を持った様子。川口春奈さんの帰蝶が本当にキリッとしていて強い女性という感じで大好きです。徐々にこれから活躍する大物たちが出てきて今後の展開が楽しみです。

50代女性
帰蝶が光秀の言葉に従って、織田信長の元に嫁いでいきました。彼女は本当に光秀のことが好きだったのだと思いました。駒も同様に光秀が好きでしたが、彼女は身を引き、京都へ帰ってしまいました。おそらく光秀は2人とも好きだったようですが、それは夫婦愛に発展するものではなかったのだと思います。光秀は彼の本妻となる女性と再会します。周りからも身を固めてほしいと言われている光秀にも、良い縁談がありそうで良かったです。しばらくは光秀のことよりも、帰蝶と信長の夫婦のことが気になりそうです。おおうつけと言われていたくらい、信長は風変わりな若者だったのでしょう。

50代女性
織田信長は父母に愛されていないことを知った帰蝶は、信長に興味を持ち、寄り添います。実は信長の母は弟を溺愛しているのです。帰蝶も父と兄の折り合いの悪さを知っているので、信長を理解できるのでしょう。帰蝶と信長の心の触れ合いが見られることが楽しみです。竹千代の父の松平広忠が、今川に言われて織田を責めそうなことが気がかりです。竹千代は織田の人質になっているからです。それを救うのが、菊丸らしいのです。もしかしたら、忍者か侍なのかもしれません。竹千代を救い出し、戦も避けられればいいのですが、この時期、今川の勢力が強いので、どうなるか心配です。

30代女性
川口春奈さんが、染谷将太さんと結婚をしてしまったので、長谷川博己さんと絡むシーンは当分、見られなくなってしまいそうですが、のちに正妻となる木村文乃さんの登場で、また長谷川博己さんの、ちょっとかわいいつぶやきや気持ちの動きがわかるセリフなどが聞かれるかもしれないのが楽しみです。当時の武士は、おそらくあまり口にすることがなかったのではないかと思われるような素直な気持ちを表現するセリフがあると、とてもわかりやすく、興味を持って見られるので、とても良いと思います。「戦をしたくない」という長谷川博己さんの考えが守られるような平和な時代が続くと良いなと思います。

30代男性
明智光秀が主人公であり、織田信長などさらに有名な偉人が脇役となっているところが注目のドラマだと思います。どうしても信長らと比べると光秀の存在感は多くの人にとって小さいものであり、教科書での扱いも小さくなってしまうでしょう。ただ、そういった多くの人にとって詳しく知られていないような人物が詳しく描かれていくので、教科書で取り上げられているような事実以外にどんな特徴があったのか?どんな生涯を送ってきたのか?という部分を知ることができるのではないか?と思いますし、新鮮な気持ちで見られる作品じゃないか?と思います。

40代男性
遂にラスボス的な織田信長が登場したので、面白くなってきたと思います。そして、接点はありましたが、光秀はいつ信長と親交を深めるのだろういうことに興味があります。信長と光秀は年齢差もかなりあると思うので、二人がどのように主従関係になり、天下布武を目指すのかということに興味があります。また、秀吉役が佐々木蔵之介さんというのが、新たな秀吉像が誕生しそうで面白そうだと思います。また帰蝶と信長の関係も気になります。当時としては政略結婚は当たり前ですが、帰蝶は気も強いので、どのように二人が惹かれあっていくのかが気になります。

50代男性
個人的には文化史に興味があり、激動の時代からどのように文化が花開いていくのかを知りたいと思っています。その意味でも戦国時代から織田信長、豊臣秀吉、徳川家康へと天下統一に向けた激動の時代を明智光秀を中心に描くこのドラマを楽しみにしています。特に個人的に興味があるのは明智光秀の娘である細川ガラシャ、彼女の書が有名ですが、このような方を輩出した時代背景を知りたいと思っています。また、現在、天文年間の出来ごとが放映されていますが、天文法華の乱などを含めて京都町衆が戦乱に巻き込まれていた時代です。この後、織田信長の名物狩り、豊臣秀吉の刀狩りと文化財が集められ、文化的な価値が重要視されていきます。そして、本阿弥光悦、俵屋宗達といった後世に大きな影響を与える人物が出て来ることになります。そういった時代背景を知る上で本ドラマに非常に期待しています。

40代男性
今のところは、やはり織田信長の登場が見せ場になると思うので期待しています。夫婦になる信長と帰蝶の関係が描かれるのが楽しみです。そして、明智光秀とどのようにして出会い、主従関係になるのかが気になります。そして、どのように天下布武をかがけて全国統一を目指すのかが見所だと思います。光秀は足利義輝とも出会っているので、二人の関係も気になります。光秀は色々と板挟みになると思うので、その時の光秀の心情も見所だと思います。また、松永久秀との意外な関係も気になります。そして、まだ先ですが、やはり本能寺の変が見せ場だと思います。

40代女性
群雄割拠で平和とは言えませんが魅力的な人物が多数登場しそうな「麒麟がくる」。しかも主人公はあまりスポットの当たることがなかった「明智光秀」なのでどういう人物だったのか、どんな世界観を持っていたかを含めて期待して見ています。まだ序盤なので道三の配下の武将というくらいですが、道三の息子や三好配下の松永など光秀を買っている人物がいて今後もどんな出会いがあり、どんなやりとりをするのかが気になります。それにしても、道三の娘、帰蝶はてっきりすぐに織田信長と結婚すると思っていたのに、先に結婚していたんですね。すぐに道三に毒殺されましたが、頭でさらっと知っているだけの歴史が大河を見るともっと分かってくるのでまだまだ知らない部分が知れそうで期待しています。またオリジナルキャラである駒や菊丸も随所に出て来るのでどんな役目を担っているのかを見守りたいところです。

50代女性
尾張の織田信秀が美濃に和睦をしたいと申し出てきました。このことで美濃と尾張はようやく戦いが終結するのかもしれません。しかし、その条件として斎藤道三の娘の帰蝶が織田信長のところへ嫁に行くことになってしまいます。彼女はこの婚姻をとても嫌がっていますが、結局は従うしかないのでしょう。また、美濃へやってきた駒と光秀のこれからの関係が気になります。駒はもう東庵先生のところへ戻るつもりがないのかよく分かりません。ですが、光秀が好きなことはよく分かりますし、美濃には親しい人もいるので、彼女にとっても居心地が良いのかもしれないと思いました。

40代男性
光秀は三好と細川の争いを治めることができるのでしょうか。カギを握るのは、鉄砲の存在と将軍家だと思われます。戦いにおいて、新型兵器である鉄砲をどれだけ所有しているかが、勝敗の分かれ目となります。また一方で、武人たちを統括する役割を担う将軍家が、京での戦火を治めさせるべくどのように行動するのかも注目です。特に、藤英と藤孝の兄弟の働きぶりが重要になってくるでしょう。ただし、松永久秀と藤英の関係が良くないのが気になります。光秀は、京も大事だが、自国である美濃の争いも治めなければならず、まずはライバルである織田信秀をどう迎え撃つか、その対策も見物でしょう。

20代女性
長谷川博己さんの演技は毎回お上手で際立っています。毎回行われている刀のシーンはキレもありカッコいいと思います。役所は裏切り者として嫌われてしまっている明智光秀にはなりますが、今現在の展開では、自分の国を少しでも強く、そして発展できるようにと常に考えているとても良い人のように思えます。今後織田信長や徳川家康など後々のキーマン達と出会った後にどのように心情が変化し謀反まで至るのか、展開がとても楽しみだとおもいます。そして、この大河ドラマに出ている人は皆豪華なので、キャスト同士の絡みにも注目だとおもいます。

30代女性
大河ドラマや歴史上の人物を取り上げた番組などでは信長・秀吉の一生がよく取り上げられるが、明智光秀は中年期から最期までのストーリーしか詳しく取り上げられたものしか見たことがなくエピソードとしては信長に気に入られていなかったというものが有名な気がするので、幼少期か青年期どのような人だったのか、良いイメージのエピソードがどんなものがあるのか人物像も興味があったので楽しみにしている。斎藤道山との関係やその時代のその地域ならではの生活も見ることができるし、番組の最後に流れる人物ゆかりの地の紹介も見るのを楽しみにしている。

30代女性
脚本がどう描かれていくのかということが大変気になります。この前の堺正章ともっくんとのやり取りを見ていて、脚本の描き方が秀逸だと思いました。道三の暴君っぷりが、まるで織田信長にも通じるようなところがあります。そして、道三の言い分を聞きながら、絶対に自分の信念を曲げないという堺正章の演技。それを支えているのが脚本だなと痛感しました。直接セリフにしない、行動で演じさせています。これから、大まかな流れではありますが、光秀がどうなっていくのかということは多くの人が知るところです。登場人物の心情の変化を、この脚本家はどう描いていくのかが楽しみでなりません。

40代男性
今のところの期待は、やはりなんといっても明智光秀と織田信長との出会いだと思います。信長はまだ登場していないので、どういう感じで敵対する者通しが主君の関係になるのかが楽しみです。そして、そういう感じで二人で天下布武を掲げて、何があって二人は信じられなくなるのかなど気になることが満載です。今のところは、まだ先の話ですがきたいしています。当面は斎藤道三絡みのことが気になります。息子に殺されるということで、伏線ははられていますが、今後どう言う感じになるのか、また、それに光秀はどういう感じで関わるのかが気になります。

50代女性
光秀は鉄砲作りの名人である伊平次を捜しに京へ向かうようです。当時の鉄砲はまだ日本に入ってきたばかりでしょうが、武器としてはかなり重宝されたものだと思います。それまで刀が中心だった戦で、鉄砲を使うようになると、さらに攻撃がしやすくなると思いました。光秀は無事に伊平次を見つけることが出来るのかどうかがかなり気になるところです。光秀は京へ行くことで、再会する人もいるようで、さらなる物語の展開が期待できそうで、とても楽しみです。一方、尾張の織田信秀の肩の症状が少し気になりました。東庵先生の見立て通りだとすると、そう長くはないのかもしれません。

20代女性
前作はなかなか見る気が起きなかった分、今回の麒麟がくるのこれからの展開が楽しみでなりません。俳優陣の方々もとても大好きな方々で、長谷川さんなどの武将姿もとても美しくて可憐な姿だったので朝ドラでの一面とは全然違った一面が見れそうです。タイトルの通り、「麒麟」が関連していて、伝説の動物とされる麒麟が最終的に何者でどういう感じで物語と絡んでいくのかも気になるところです。川口春奈さんが代役として抜擢され、やっぱりプレッシャーもあると思うのですが、川口さんは様々な顔をもっているので、どのように濃姫を演じていき、自分のものにしてくれるのかがとても楽しみです。

40代男性
明智光秀を演じる長谷川博己さんは、色々な役を器用に演じている印象がありますので、これから光秀の人生と人格にどういう変化があるのかとても興味深いです。良い意味で先が読めない面白さがあります。本能寺の変は謎が多いので、今回のドラマで新たな解釈が出てくるのではないかと期待しています。今の所、話の序盤という感じになっていますが、本木雅弘さんの斎藤道三がかなりの存在感を出しています。本木さんはスマートな役をやる優秀な俳優の印象でしたが、今回で役の幅がさらに広がったと思います。道三とその周辺の人物は光秀の人生に大きな影響を与えそうなので、そこも楽しみで期待しています。

50代女性
尾張の織田軍と美濃の斎藤軍の仲が悪いようですが、これが後々の明智光秀の本能寺の変に繋がっていくのかもしれないと思いました。戦国時代ということで、戦乱の世ですが、光秀の衣装を初め、民が着ている服装は意外と色鮮やかな感じで、爽やかさをそこに感じました。視覚的には気持ちが晴れやかになるような気がしています。光秀と菊丸が尾張に侵入していきますが、彼らの動きなど、今後の行動がかなり気になるところです。また、まだあまり触れられていませんが、光秀の恋や結婚なども気になります。道三がどこまで続くのかもかなり気になっています。

40代女性
久しぶりに大河ドラマにはまっています!
麒麟がくる、とはどんな意味なのだろうと思いましたが、戦争のない平和な時代、国になるという意味だとわかり、明智光秀の末路を知っているだけに、なんだか切ない気持ちになっています。今までは明智光秀と言えば裏切り者、というイメージでしたが、織田信長側からではなく、明智光秀側から見た戦国時代だと、まったく印象も異なるものだな、と思っています。
岡村隆史さんが出演されているのも、今後、もしかしてキーパーソンになるのではないかとわくわくしています。
衣装が鮮やかなのですが、それぞれの役柄にイメージカラーがあると思って観ると、視覚的にも役柄を見分けやすくて鮮やかな戦国時代もいいなと思います。

40代女性
裏切り者という認識がされている明智光秀ですが、このドラマでは明智光秀の人間性も描かれているので、織田信長と出会ってどんな風に変わっていくのか、心情の変化なども見られるじゃないかなと思っています。まだ始まったばかりで斎藤道三も出演をしていますが、この斎藤道三の存在がとても怖いです。娘婿を毒殺したり、守護職の土岐氏に圧力をかけるなどじわじわと追いこんでいる感じがします。歴史上ではこのあと、息子の義龍との戦で敗れてしまいますが、義龍との親子関係がどう変わっていくのかも注目をしたいなと思っている部分です。
30代男性
ここ最近の大河ドラマは、近代日本がテーマの大河ドラマが続き久しぶりの戦国時代物の大河ドラマでとても楽しみにしていました。今回の大河ドラマの主人公は今まであまりメインとして扱われる事の無かった明智光秀でどちらかと言うと、この人物は織田信長に謀反を起こし裏切った卑怯者と言った印象を受ける人物で今回の大河ドラマでそのあたりをどのようにして描かれて行くのか楽しみな所です。今のところまだ、明智光秀は良い人といった印象を受けますが、これから先ドラマが進むにつれてこのまま良い人で何か信念があってあの様な事を起こすのか、それとも悪役として反旗を翻すのか、そのあたりの展開が今後楽しみな所です。
50代男性
明智光秀はこれまで大河ドラマに何度登場したか数えるのも難しいほどのキャラクターですが、よく描かれていた記憶がありませんでした。
それが今回は明らかに「正義の味方明智光秀」のスタンスで描いてくれています。
特に第1話の野党を追い払うシーンや、京都で子供を火事から助けるシーンは光秀の新しい描き方として印象に残りました。
今後は主君が斎藤道三から織田信長に変わって、彼の理想がどのように変化していくのか?、変化しないまま信長に従っていくのか?
最終的な結末は本能寺の変であると誰もがわかっているので、そこに至るまでの彼の正義の人としての葛藤が描かれるのかどうか非常に期待しています。
20代女性
明智光秀の生涯をどのように描くのかとても楽しみです。裏切り者として世の中では嫌われてしまっている武将だとは思いますが、長谷川博己の演技を見ていると本当に嫌われるような人だったのかなと今の段階で思ってしまいます。明智光秀が最終的に、どうして織田信長を殺さなければならなかったのかを凄く知りたくなる大河ドラマだと思いました。今回の大河ドラマは、英雄を題材にしたものではないのでストーリー展開や気持ちの変化や戦国の世を一緒に駆け抜けていくキャストとの関わりがすごく楽しみです。来週かも見逃さずにみたいと思いました。
30代男性
信長に仕官前の素性や本能寺の変の動機な不明な点が多く、歴史上の人物の中で最も謎多き人物と評される明智光秀を描いた大河ドラマという点で歴史好きにはたまらず期待することができました。さらに主演に長谷川博己、秀吉役に佐々木蔵之介、松永久秀に吉田鋼太郎、向井理、木村文乃など豪華俳優陣が出演し、久々に大河ドラマにて戦国時代を舞台としていたことも魅力に感じました。また、放送前に沢尻エリカが逮捕されたことでもドラマが話題となりましたが、川口春奈が帰蝶役を演じることになってどんな帰蝶を演じるのか気になりました。
50代男性
麒麟が来る。明智光秀の生涯の物語です。期待することとしては、光秀の生涯についての伝記を全く読んでいないので、本当の光秀の素顔が見えなかったことです。特に幼少期、青年期については全く知らない。唯一知っているのは信長の小説で、多少触れていた程度で詳しくは知らなかった。この幼少から青年期まどを物語を通じて詳しく知りたいと思っています。又、光秀の信長に対する謀反は何故起こったのか?その背景を詳しく知りたいと思っています。信長伝記で書かれてい居る内容(信長が光秀につらく当たったためにその仕返し)と書かれていますが、ただそれだけで裏切れるものなのかどうかを知りたいと考えております。
30代女性
第3回になり、だんだん川口春奈さんの出演シーンが増えてくるようで楽しみです。既に、第2回までの出演で、もともとこの役が沢尻エリカさんが演じるはずだったという印象は消えていますが、気の強いじゃじゃ馬という感じのお姫様の役が思った以上に似合っていて、なかなか良いと思います。そして、長谷川博己さんは、この時代の武士にもこんなに弱気で人間らしいところがある人がいたのかな?と感じるほど、普通に愚痴を言ったり、迷いを口にしたりするので、そこが良いなと思います。一方で、震え上がるほど怖い本木雅弘さんも素敵で、イケメンが多い大河ドラマは日曜の夜に目の保養がしっかりできるので、これからも期待しています。
30代男性
久しぶりの戦国時代の大河ドラマです。ここ最近は割と近代日本の大河ドラマが多かったので、あのドロドロとした戦国時代もが見れるのは楽しみですが、今年は諸事情で放送が半月ほど遅れてしまったりした所が残念ではありますが、演者さん達も豪華な顔ぶれで凄いと思いました。今回の大河ドラマは戦国時代でも、あまりメインとして取り上げられることが少なかった明智光秀ですが、とりわけ光秀は織田信長を裏切った武将として卑怯者の様な扱いを今までの大河ドラマなどでは描かれていましたが、今回は主人公という事で扱い方が変わってくると思うので、新たな明智光秀像をどのように描くのか期待したいです。
50代男性
明智光秀が何故謀反を起こしたのか、その背景に何があったのか?幼少時代が今一不明なため非常に気になる。幼少時代については、光秀が無本人であるが故に、小説化されていない背景があると思っています。私も敢えて、光秀の生い立ちを知ろうと思わなかった人間の一人です。今回光秀の生涯を正面切ってドラマ化するのですから、さぞかし見ている人の度肝を抜く物語になる事だろうと思います。特に光秀の青年時代から謀反を起こすまでの物語は太閤秀吉や織田信長の物語で知っているのですが、幼少時代についてはほとんど知りません。自分が知ってい居る範囲を超える光秀の生涯について詳細を知ることが出来るので、期待を持ってみてみたいと思います。
40代男性
最近旅行で安土城跡にも登山して、織田信長への興味が溢れていたので、その家臣で、信長を葬った本能寺の変を引き起こした明智光秀が主人公のこの作品はとても楽しみにしています。
安土城跡に登って、現在まだ城が残っていたらどんな感じになるのだろうと惜しく思っていました。
光秀が主役なので、当然信長のこともたくさん描かれると思うので、安土城も見れると思うので楽しみです。
そして、なぜ聡明な光秀が主君の信長を裏切ったのかに興味があり、そのへんのことも詳しく描かれると思うので期待しています。
はやく始まって欲しくて仕方がない作品です。
30代女性
明智光秀を題材にしたドラマとのことで、これまで明智光秀は悪役で描かれることが多かったように思いますが、今回は、明智光秀の視点から描かれるドラマで、本能寺の変に至るまでの心情や明智を取り巻く人たちがどう描かれていくのか楽しみです。また、これまでとは違った解釈があるのではないかと期待しています。
40代女性
麒麟が来る!!いよいよ明智光秀が主役となって放送されますが、光秀といえば、信長の裏切った謀反者として有名ですが、諸説ありますが、いかにして織田信長を裏切ったのか?どんな心理状態だったのか?本当に1人で謀反を決めたのか?新しい切り口で放送される事を期待しています。
40代男性
まずは戦国時代が好きなので、謎が多い明智光秀が主人公のこの作品は面白そうだと思います。明智光秀は名前も完璧で素晴らしいのに、裏切り者という感じで不思議です。本能寺の変の謎がどう描かれるのかが気になります。
40代男性
大河のドラマで3年振りとなる戦国時代の内容となります。大河ドラマの時代で一番面白いのはやはり戦国時代だと思います。また、今回は明智光秀と歴史的にも名の残っている人物ということで歴史があまりわからない人も見やすいのではないかと思います。
40代男性
主役は明智光秀という、戦国時代ど真ん中の設定だけでワクワクします。長谷川博己ももちろんですが、門脇麦さん、岡村隆史さん、をはじめとした俳優さんも個性的です。おそらく史実とは別視点で描かれるであろう戦国時代をこういった俳優がどうやって魅せてくれるかとても期待できます。
30代女性
まずは主役が明智光秀という今までは重要だけど添え物的だったり裏切り者呼ばわりされたりの人物が主役ということでどんな切り口になるのかがすごく楽しみ。また、長谷川博己、高橋克典、伊藤英明と渋くて深みのある(イケメンという言葉で片付けられない)素敵な大人の男性陣が名を連ねているのも期待大です
40代男性
今まで明智光秀は主君を裏切る悪者で脇役というイメージしかありませんでしたが、このドラマはその明智光秀が中心となって描かれていくので、今までとは違う視点で見れそうです。大河で久しぶりの戦国時代ものなのでとても楽しみです。
50代男性
とにかく、久しぶりの戦国時代を描いた大河なので、それだけでも非常に楽しみです。主演は、「まんぷく」で萬平さんを熱演した長谷川 博己さんがつとめますが、今とても注目度の高い俳優さんだし、インテリ風の明智光秀 役にはピッタリなので期待も膨らみます。
30代女性
明智光秀を題材にしたドラマとのことで、これまで明智光秀は悪役で描かれることが多かったように思いますが、今回は、明智光秀の視点から描かれるドラマで、本能寺の変に至るまでの心情や明智を取り巻く人たちがどう描かれていくのか楽しみです。また、これまでとは違った解釈があるのではないかと期待しています。
30代男性
麒麟が来る!!いよいよ明智光秀が主役となって放送されますが、光秀といえば、信長の裏切った謀反者として有名ですが、諸説ありますが、いかにして織田信長を裏切ったのか?どんな心理状態だったのか?本当に1人で謀反を決めたのか?新しい切り口で放送される事を期待しています。
40代男性
“まずは戦国時代が好きなので、謎が多い明智光秀が主人公のこの作品は面白そうだと思います。
明智光秀は名前も完璧で素晴らしいのに、裏切り者という感じで不思議です。
本能寺の変の謎がどう描かれるのかが気になります。”
40代男性
大河のドラマで3年振りとなる戦国時代の内容となります。大河ドラマの時代で一番面白いのはやはり戦国時代だと思います。また、今回は明智光秀と歴史的にも名の残っている人物ということで歴史があまりわからない人も見やすいのではないかと思います。
40代男性
主役は明智光秀という、戦国時代ど真ん中の設定だけでワクワクします。長谷川博己ももちろんですが、門脇麦さん、岡村隆史さん、をはじめとした俳優さんも個性的です。おそらく史実とは別視点で描かれるであろう戦国時代をこういった俳優がどうやって魅せてくれるかとても期待できます。
30代女性
“まずは主役が明智光秀という今までは重要だけど添え物的だったり裏切り者呼ばわりされたりの人物が主役ということでどんな切り口になるのかがすごく楽しみ
また、長谷川博己、高橋克典、伊藤英明と渋くて深みのある(イケメンという言葉で片付けられない)素敵な大人の男性陣が名を連ねているのも期待大です”
40代男性
今まで明智光秀は主君を裏切る悪者で脇役というイメージしかありませんでしたが、このドラマはその明智光秀が中心となって描かれていくので、今までとは違う視点で見れそうです。大河で久しぶりの戦国時代ものなのでとても楽しみです。
50代男性
“とにかく、久しぶりの戦国時代を描いた大河なので、それだけでも非常に楽しみです。主演は、「まんぷく」で萬平さんを熱演した長谷川 博己さんがつとめますが、今とても注目度の高い俳優さんだし、インテリ風の明智光秀 役にはピッタリなので期待も膨らみます。”
50代女性
“明智光秀が主人公というのも、変わった視点から見た戦国時代のドラマになりそうだと思いました。視点が変わることによって、歴史上の人物の印象ががらりと変わるので、それも楽しみに観たいと思っています。特に織田信長の描かれ方が気になります。”
30代男性
謀反人のイメージが強い明智光秀ですが、最近の研究によって温和な人柄で人望も厚かったらしいので、そのような人間味ある明智光秀が描かれていたらいいと思います。また、高い演技力で知られる長谷川博己の演技にも注目しています。
30代女性
大河ドラマは、やはりある程度、有名な歴史上の人物が主人公のほうが、断然、盛り上がると思います。長谷川博己さんが、どんなカッコいい明智光秀を見せてくれるのか、とても興味があります。ドラマを見ながら、歴史の知識も増やしたいです。
30代女性
先日の『白い巨塔』でも、体当たりの演技を見せてくれた沢尻エリカさんが、NHKの大河ドラマに出演するということで、楽しみです。顔が小さいので、着物を着ても、お人形さんのようで、とても似合うだろうと思います。
30代女性
本木雅弘さんが、久しぶりにテレビで俳優として活動されるのが、とても楽しみです。本木雅弘さんが出演するというだけで、ほかのキャストも引き締まるし、画面もキリッとしまると思います。長期間、出演シーンがあると良いなと思います。
30代女性
“今回のメインは、明智光秀という事で、様々な武将が出るので、楽しみです!
役者の方も少しずつ発表されていますが、私はこの話に出てくる有名な武将が出てくるのが注目です。
織田信長や豊臣秀吉など有名な人も多いですが、斎藤道三なども出てくる話なので、歴史好きにはたまらないです!!”
30代女性
岡村隆史さんも出演するということで、どんな演技を見せてくれるのか想像がつかない分、期待が高まります。そのうち、『チコちゃんに叱られる』でも話題にのぼったりするのかなと思うと、そちらもとても楽しみです。
40代女性
裏切者の代表に例えられる明智光秀を、真面目ななイメージの長谷川博己さんが演じる今までの役柄とのギャップに、大河ドラマのスケールで演じられる事に大いに期待します。本当は織田信長一番の実直な部下でしたが、何故本能寺の変に向かっていくのか楽しみです。
30代女性
“私は、「麒麟がくる」で一番の期待は、濃姫役の沢尻エリカさんです。
元々好きな役者さんで、今回が初の大河出演とあって、期待大です。また、話の中では重要な役だと思うので、たくさん出演される事を楽しみに待ってます!”
40代男性
これまでの大河ドラマにないような新しい切り口での物語になることをとても期待しています。さらに岡村隆史さんや本木雅弘さんなど豪華な出演者が多いので、演技にも注目や期待をしたいです。そして大河ドラマはオープニングがとても凝っているので、そちらにも期待したいです。
50代男性
ついに大河ドラマに登場する「明智光秀」。過去の様々な歴史ドラマではどうしても織田信長に対する謀反の張本人という印象が強いですが、よくよく調べてみると領民思いの領主であったこともわかってきたので、じっくりとその生涯を楽しみたい。そして、なんと言っても織田信長役が誰か?豊臣秀吉は?明智光秀周辺の武将たちの顔ぶれも楽しみな要素です。
30代女性
やっぱり大河ドラマは時代劇の方が期待できる。悪役、裏切り者としての印象が強い明智光秀だけど、どんな物語があるのか、なぜ本能寺の変を起こしたのか気になります。あと99のファンなので岡村さんが大河ドラマに出演するということでとても期待してます。
明智光秀というマイナスイメージ、謀反を起こした人物というイメージをどうやって大河流に仕上げるのか、長谷川さんがどこまで似せてくるかが期待しています。沢尻エリカさんも和服が似合うので、魅力満載のキャストの皆さんの戦国の生き様に期待です。
50代男性
私は長谷川博己氏ご出演のドラマは「鈴木先生」と「まんぷく」しかありませんが、人間の狂気と正気の演じ分けが出来る良い役者だと思います。裏切り者のレッテルを貼られている明智光秀の人となりは、近年良い方に見直されております。この辺りを長谷川氏の演技で掘り下げて頂きたいです。
50代男性
沢尻エリカ女史は、過去の失態で、総スカンを食らって、もう終わった女優だと思っておりましたが、なんだかんだで持ち直したことは、人間失敗しても復活できる勇気を与えてくれたと思います。ドラマでは、派手にやって貰いたいです。
50代男性
山口真帆女史は、先日の騒動で、関係者に殺されてしまうか、完全に失墜させられると思っておりましたが、晴れて「麒麟がくる」に出演が内定しているとのニュースを知り、報われて良かったな、と嬉しい反面、放送日まで事件に巻き込まれない様気をつけて貰いたいと願います。
40代男性
久々の戦国大河ということで乱世の骨太のストーリーであることを期待します。主人公が明智光秀ですので斉藤道三、朝倉義景といった近年ではあまり日の目を見ていない武将がどう描かれるのかとても楽しみです。そして織田信長を討つに至るまでの光秀の心情がどうなっていくのか大変興味深いです。
50代男性
岡村隆史氏のご出演は、チコちゃん繋がりのコネかもしれませんね。実際、岡村氏をテレビで拝見するのは、チコちゃん以外にないので。ドラマでは、明智光秀の危機を助ける農民の役とのことですが、明智との出会いの様子や関わり方が気になります。
50代男性
織田信長を演じられる染谷将太氏は、映画ばたけの若い俳優さんという印象なんですが、芸歴は15年以上のベテランなんですね。信長の、子供の様な天真爛漫さや、血も涙もない冷酷非情な暴君ぶりをどんな風に演じられるか楽しみです。
30代女性
この大河ドラマは、戦国時代とのことで、個人的にはとても嬉しい時代チョイスです。4K対応らしいので、機会があれば4Kで見てみたいです。また、菊丸役にあのナインティナインの岡村さんが出るそうで、役者としての岡村さんにも期待を寄せています。
30代女性
“「敵は本能寺にあり」と主君に刃を向け、三日間だけ天下をとった男が、とうとう大河ドラマになるのが凄いですね。
ビックリです。主演の長谷川博巳の演技力は、きっと問題ないだろうと。実は期待しているのは、沢尻エリカです。最近は、イイ意味で丸くなって好きなんです。
果たして、岡村隆史はどうなるんでしょうか。なぞです。”
20代男性
「麒麟がくる」は明智光秀を主人公に描くストーリーで、日本の歴史において織田信長や豊臣秀吉らの影に隠れて、いまいちその多くを知ることができていない印象の明智光秀の生涯について、みっちりと理解を深められる内容となることを期待しています。
40代男性
戦国後期を主な舞台とした大河ドラマはどれも注目作でしたのでこの作品も当然話題となります。明智光秀を主人公としていますので最後は分かっていますがそこに至るまでの彼の心境の変化をどう描いていくのかが期待されるでしょう。信長に仕えた武将の中でも優秀さは群を抜いた光秀の半生は一体どのようなものだったのか。若き日の姿やそのときに仕えていた斉藤道三の様子はかなり気になります。戦国大名でも特殊な生い立ちの道三が大河ドラマで久々に登場しますので彼をどう描くのかも注目です。豪傑として描くのかそれとも繊細な所を見せるのか期待しています。光秀と共に道三が個人的な注目です。

▶︎2019年3月に行われた『麒麟がくる』記者会見動画の感想コメント

  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント1
30代女性
本木雅弘さんは、自分は戦国武将を演じるようなタイプの性格ではないと謙遜していらっしゃいますが、短いコメントの中でも、記者会見場に集まった記者やカメラマンもグッと惹きつけ、同時に壇上に一緒にあがっている俳優さんたちをも惹きつけるような魅力的な挨拶をするのは、さすがだなと思います。最近は、本木雅弘さんはCMで見たり、昨年、相次いで亡くなられた樹木希林さんや内田裕也さんの葬儀でのコメントなどを聞く機会しかありませんでしたが、本木雅弘さんが演じたら必ず面白くなるだろうという期待感を大いに抱かせてくれる俳優さんだなと思いました。主役の長谷川博己さんもかすんでしまうほどの魅力を存分に発揮して欲しいなと思いました。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント2
30代女性
沢尻エリカさんが、とても謙虚に、そしてとても情熱的にNHKの大河ドラマへの出演の喜びを語っているのが印象的でした。今まで、いろいろなドラマや映画に出演してきていますが、「自分がもっているものすべてをこの作品にささげたい」「沢尻エリカの集大成をここで」とまで言う作品は、これまでになかったのではなかと思います。それほど、女優としてもNHKの大河ドラマに出演するということは、大きなことなのだなと思います。沢尻エリカさんは、本当に顔が小さいので、着物を着るとますます顔が小さく見えて、美しいだろうなと思います。沢尻エリカさんの芯の強さが見られて、しっかりと強い部分もあるようなお姫さまが見られたら良いなと思います。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント3
30代女性
西村まさ彦さんの挨拶が、まるで若手議員が選挙に出馬して、その応援のために中央から駆け付けて応援演説をしている大物議員のようで、主演の長谷川博己さんのことを支えていこうとして、その場を盛り上げる役目もかって出ていらっしゃるのだなと思いました。このように、年長である西村まさ彦さんも一緒に現場を盛り上げようとしている様子を見ていると、これから1年間、みんなで頑張っていこうという雰囲気作りもできていて、今の大河ドラマ「いだてん」がかつてないほどの視聴率の悪さにあえいでいるので、来年はそのようなことがないようにしたい、という出演者の意気込みのようなものも感じました。来年の大河ドラマは面白くなりそうだと、動画会見を見た人の印象に残るコメントだったなと思います。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント4
50代女性
明智光秀が主役の今までの概念を覆すのではないかと思われる大河ドラマ。配役が斬新なので期待も大きい。主役の長谷川博巳の意気込みが製作発表から伝わってくる。明智光秀のイメージがかわりそう。本当に生き延びるのではないか?と期待してしまう。信長役の染谷将太、この配役が一番以外であった。合理的で現代的な見た目のイメージの彼がどんな信長になるのか?そもそもドラマの中の信長は今までのイメージ通りなのか楽しみ。沢尻エリカの帰蝶、美人でプライドが高そうな濃姫のイメージにぴったり。演技で信長が喰われてしまうのではないかと心配。斎藤道三役の本木雅弘、ご本人は謙遜していたけれども、面白い配役だと思う。演技に厚みが増している本木さんの道三が楽しみ。全体的に若くて新鮮なキャスティングになっていると思う。池端俊策のオリジナル作品とのことで期待値大な作品である。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント5
30代女性
これまでにも、NHKの大河ドラマに歌手の方が役者として出演したことはありますが、演技にも慣れていないうえに、普段着慣れていない着物を着ての演技でかわいそうな方もいましたが、その点、石川さゆりさんなら普段から着物姿には慣れているし、所作なども特に訓練の必要もないほどしっかりと身につけていらっしゃると思います。もともと、おきれいな方なので、どんな役もそこそここなされると思います。上品で、それでいてちょっと色気もあるような役が見られたら良いなと思います。ドラマの中で自慢の歌声を聴くことは難しいのかもしれませんが、踊りなど芸と関わるような役だと、石川さゆりさんの良さも引き出せるのではないかと思います。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント6
40代女性
まず、ビックリするのが大河ドラマで岡村隆史さん、石川さゆりさんが役者として出演することです。役者さんの中にいるとかなり違和感のある二人がドラマの中でどのように活躍するのかかなり興味がわきました。また、私の大好きな染谷将太さんが織田信長の役をするそうです。新しい、革新的な織田信長を作っていこうという話を製作陣の方から言われたとのことなので、長谷川博己さん演じる明智光秀との絡みがどのようなものになるのかとても楽しみです。
最近、大河ドラマをあまり見ていなかったのですが今回はあまり戦国時代について詳しくない私でも知ってる!という有名人・明智光秀を扱っているので最初からスムーズに物語を見ることが出来そうです。今から放送が楽しみです。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント7
50代女性
俳優の西村まさ彦さんやお笑い芸人の岡村隆史さん、歌手の堺正章さん、俳優の高橋克典さんが出演するのでコメディのドラマになるのかなと思いました。特に堺さんはドラマの「ちゅらさん」のイメージが強いので、面白くなるのではないかと思いました。西村さんも映画の「家族はつらいよ3」で笑わせてくれるので、そのイメージが付いています。歌手の石川さゆりさんは意外に思いました。女優の沢尻エリカさんや門脇麦さんは実力派女優なので、ちゃんとしたものが出来ると思っています。特に沢尻エリカさんさんの最近のドラマの「白い巨塔」は良かったので、楽しみにしています。主役の長谷川博己さんはドラマの「まんぷく」で立花萬平を見事に演じたので、明智光秀も楽しみにしています。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント8
50代男性
戦国時代いわゆる桃山時代の中のキャスティングは500年前の作品なんでそんなに時代が把握でき何のが現状ですね。
多分普通に着物を着て戦国時代の殺し合いとか天下を取るとかの時代なんで刀や武器を持って戦うと言う形にはなって行くのではないかと思います。
岡村隆史さんがドラマ初出演でかなり期待はしています。あの方は鬱で入院経験がある方何で僕としては共感を持てると思っています。
麦さんがしゅえんなんです。NHK連続ドラマで活躍されていたんで今回のキャスティングはかなり気合が入っていると感じています。
後は高橋克典さんとかサラリーマン金太郎で大活躍された俳優さんもちらほら出ています。ネットでは評判になっています。かなり克則さんは再ブレイクするのでは
無いかと信じています。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント9
40代女性
「麒麟がくる」の会見動画を見て一番驚いたのが、石川さゆりさんが出演されることです。今までこの方が演じているところを観たことがありませんので、どのように演じられるのか楽しみです。本木雅弘さんが斉藤道三役ということで、どのように「まむし」を演じるのか見ものです。また染谷将太さん演じる織田信長が、長谷川博己さん演じる明智光秀に対して、どのように怒鳴ったり蹴飛ばしたりするのか、そのあたりの演技が楽しみです。織田信長だけでなく、高橋克典さん演じる織田信秀や上杉祥三さん演じる平手政秀が出てくるのであれば、織田家に関しても詳しく描かれるのではないかと期待しています。上杉祥三さんに関しては、大河ドラマ出演が10本目だということで、安定した演技力で来年の大河ドラマ「麒麟がくる」を支えられるのではないでしょうか。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント10
50代女性
織田信長を本能寺の変で殺した男として有名な明智光秀の物語。幼少時から光秀はどのような人だったのか、このドラマで描かれるので、知りたいと思いました。真面目な性格で、気性の激しい信長に使えて尽くしていた光秀ですが、誤解が生じてしまい、信長に逆らったと誤解されてしまい、裏切ったのではと思います。次第に信長は光秀をよく思わなくなってしまいます。そして、信長は光秀をいじめ、だんだんとそれは光秀を怒らせてしまいます。そして、本能寺に居た信長を撃ち、追い込んでしまいます。そして、光秀は天下をとりますが、秀吉に射たれてしまい、天下はたったの三日間で終わってしまいます。光秀の闘いはおわりました。そして、秀吉の時代、そして、徳川家康の時代に変わっていくのです。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント11
20代女性
明智光秀と言えば私にとっては可哀想、悲壮感漂う武将のイメージがあります。織田信長に見出され重臣に取り立てられますが、本能寺の変を起こして主君を自害させます。その直後中国大返しから戻った豊臣秀吉により山崎の戦いで破れます。織田信長から酷いイジメを受けていたと言う説もあります。可哀想な主人公、悲しいストーリーになりそうですが、ナイティナインの岡村隆史さんなどがスパイスになるのではないかなと思っています。後半になって織田信長演じる染谷将太さんが重要になってくるのかなと感じますが、織田信長に嫁ぐ帰蝶演じる沢尻エリカさんもかなり重要になりそうだなと感じました。沢尻エリカさんと言えば、とても演技力が高いイメージなのでかなり感情移入してドラマを見てしまいそうです。
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント12
40代女性
長谷川博己の明智光秀楽しみです。他のキャストもいろいろと楽しみですが、西村まさ彦の明智光安って誰?といった感じで、そういった自分のなかで知らなかった新しい歴史上の知れるのも大河ドラマのいいところだと思います。大河ドラマは毎回「お笑い芸人枠」があり、それが今回はナインティナインの岡村隆史というのも驚きました。大河ドラマの世界に馴染めるのだろうか、、と思ってしまいました。染谷将太の織田信長も楽しみです。明智光秀よりかなり若いと思うのですが、史実ではどうだったかな?染谷将太はなつぞらでの演技が評価されたのでしょうか。沢尻エリカもそうですが、時代劇のイメージがないので、どんな演技になるのか楽しみです。大河は長いので、脚本がつまらないとどんなにいい人たちがでてても見る気がしなくなってくるので、とにかくいい脚本であることを願っています!
  • 『麒麟がくる』の動画を視聴したユーザーコメント13
30代男性
キャストの方々が一人一人思いを語られているのを見て、この作品にすごく興味が湧きました。個人的には染谷将太さんは別の作品で好きになった俳優さんですので、今まで多くの方が演じられてきた、織田信長をどのように演じられるのか今から期待しています。
他にも沢尻エリカさんや長谷川博己さんなど豪華な俳優陣がどのような形で融合した作品になるのか楽しみです。明智光秀は今までなかなか取り上げられてこなかった歴史上の人物ですが、今回どのような形でドラマを進めていくのかも合わせて注目したいです。また、名だたる俳優の方の中に石川さゆりさんや岡村隆史さんなど少し畑の違う方々がどのような形で作品に参加されるかも見所になるのではないかと感じます。
岡村さんは過去に映画も出ておられるのでその演技にも期待ができるのではと感じます。
50代男性
明智十兵衛光秀という人物はこれまで戦国時代劇などに多く登場していますが、どれも信長か秀吉の脇役扱いで、あまり掘り下げて描かれたことの無い、実は「謎の人物」です。
これを大河ということで、当然幼少期から語られるようなので、それだけでも興味津々のドラマですが、
ドラマ情報に因れば、これまでのように「本能寺の変」から見た人物像が語られるのではなく、どういう考えの元に戦国時代を生き、行動してきたかが詳細に描かれるようなので、新たな英雄像が見られるのではないかと楽しみにしています。
とはいえ、歴史学者も未だに首をヒネり、解明できてない戦国時代最大の謎の事件=「本能寺の変」についての見解も、やはり見所のひとつではないかと思っています。
豪華な俳優陣も含め、今期の大河ドラマは期待できそうな予感がします。