第3話・ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴しよう【ロールキャベツ定食】

ドラマ「孤独のグルメSeason8」
帝一くん

この記事では、ドラマ「孤独のグルメSeason8」の【第3話】を
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第3話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」動画視聴リンク

ドラマ「孤独のグルメSeason8」はTBS公式VOD配信「Paravi」で
【第1話から全話】までフル動画配信決定!!

 孤独のグルメの過去シリーズ、Season1〜7・SPドラマ版も全動画見放題で配信中!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

☆『Paravi』ユーザーレビュー

40代女性
PARAVIは国内ドラマのラインナップが豊富で、TBSとテレビ東京のドラマが多く、テレ東が放送されていない地域では非常に重宝します。
WOWOWやオリジナル作品も発信しているし、WBS、カンブリア宮殿などビジネス系の番組に強いのも強みです。

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第3話 見逃し動画 2019年10月18日(金曜)24:12放送分

■1週間以内の場合の動画視聴(配信期間は10月18日放送後〜10月25日放送開始直前まで)

※TVer、ネットもテレ東、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

Paravi

■動画共有サイト検索

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第2話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第4話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第3話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」の詳細

■ドラマ「孤独のグルメSeason8」第3話あらすじ

日比谷公園のベンチでひと時の休憩をとっていた井之頭五郎(松重豊)は、昨今の忙しさからかついつい居眠り…。仮眠後、商談相手の劇団ノーモラル主宰・武者小路朱雀(岸谷五朗)を尋ねる為、銀座のとあるバーへ向かう。しかし、オーダーを受けた像のカタログを渡すも「インスピレーションで探して」と言い出すなど、五郎を困惑させ面倒なやりとりが続いていく…。
商談はうまくいったものの、変な気を使って体力を消耗し空腹に。飲食店街に出た五郎は、怪しげな路地に建つ、アングラな店構えの【四馬路】を見つける。“昼食堂”“ポークソテー”と書かれた看板に心惹かれ、五郎は覚悟を決めてこの店に勝負をかけることに!
しかし、ポークソテーを注文しようとすると、店主(室井滋)から「ロールキャベツ定食しかない」と言われる。ボークソテーがない事にショックを受けつつも、「ロールキャベツ、随分食べてないし、それも良し」と思い、ロールキャベツ定食を注文することに。
独特な店主のキャラクターに圧倒されるも、出てきた「ロールキャベツ」は不思議な甘さで無茶苦茶旨い!さらに定食に付く「大根と人参のなます」は、絶妙な酸っぱさで「ロールキャベツ」との相性は抜群!最後にご飯をお替りし、ロールキャベツのスープを残さず堪能し、再び仕事に向かう五郎であった。

【出典:ドラマ「孤独のグルメSeason8」公式HPより

■キャスト

松重豊

久住昌之(ふらっとQUSUMI) 他

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第3話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」ネタバレ解説・感想

【第3話】

ネタバレ解説
岸谷五郎が演じる武者小路朱雀という面倒な商談相手との打ち合わせだった。すでにワインを飲んでおり、松重豊が演じる井ノ頭五郎が下戸であることを告げると、人生の半分を損している、と言ったり、打ち合わせの最中に演劇の舞台の上のような振る舞いをする面倒さだった。そのような商談相手との打ち合わせに疲れた井ノ頭は銀座で昼食が取れるところを探す。そこで見つけたのがポークソテーの看板があったバーだった。お店に入ると癖のつようそうな女性店主が迎えてくれる。しかし、メニューにポークソテーはなくロールキャベツ定食のみだった。仕方ないのでロールキャベツ定食を食べることにした井ノ頭だが、そのおいしさに感動し、ポークソテーがなくてよかったと感じることとなる。夜再びお店の前を通ると、白昼夢を見ていたのか、というほどの昼間との違いに驚く

■感想

30代女性
咀嚼音がそのまま録音されているのか、リアルな感覚に食欲をそそられた。今回はロールキャベツのお店。ロールキャベツしか出てこないの?と思ったけど、実際のお店を見てみると、本当にシンプルなお店だなと思った。ブランデー入りのメロンも美味しそうだった。
30代女性
「四馬路」の店主のような、おしゃべり好きの飲食店のスタッフは結構いるので、五郎が思うことに共感しながら見てしまいました。出来上がったロールキャベツは美味しそうだったので、見ていてお腹が空いてきました。でも、五郎が気になっていたように、私もポークソテーの存在が気になってしまいました。
30代女性
今回は日比谷のロールキャベツ定食でした。劇団を主宰する武者小路朱雀役の岸谷五朗さんと「昼食堂 四馬路」店主役の室井滋さんの俳優魂十分の演技のキレの良さには仕事には全く手抜かり無しのプロ意識を感じたところです。そして久住さんが夜にふらっと訪れた時の大きなメロンを半分に切ってそこにブランデーを注ぎ込んで飲むスタイルは下戸の私でも実に美味しそうに見えてしまいました。もちろん五郎さんの一見淡々とした食事の中にもそこに辿り着くまでの壮大な過程があるからこそ味わえる本人だけの至福の時をテレビの前に居ながらにして共感出来る事が多くの方を惹きつけているドラマの一つだと私は思います。
30代女性
あまり自身が訪れる機会がないこともあり、銀座・日比谷というと高級店ばかりのイメージが強かったですが、隠れ家風の素敵なバーで、こんな家庭的な料理を出す店があるのだと驚きました。吾郎の食べるロールキャベツが美味しそうで、後半のスープにご飯を投入する雑炊風が特に心に刺さってしまい、相変わらずの飯テロ番組だと実感しました。ですが最終的には、最後の久住さんのコーナーで出たまるごと半分メロンに全て衝撃を持っていかれてしまいました。
30代女性
中央区日比谷公園で一眠りしていた主人公の井の頭は、喫茶店で顧客と話し合いをしたあと、腹が減ったと日比谷や銀座内で飲食店を探すが、数がありすぎて迷う。結局昼食堂というところのロールキャベツを食べて満足した。