第7話・ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴しよう【神奈川県鎌倉市由比ガ浜のドイツ風サバの燻製とスペアリブ】

ドラマ「孤独のグルメSeason8」
帝一くん

【第6話のおさらい】 近日更新予定・・・

この記事では、ドラマ「孤独のグルメSeason8」の【第7話】を
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第7話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」動画視聴リンク

ドラマ「孤独のグルメSeason8」はTBS公式VOD配信「Paravi」で
【第1話から全話】までフル動画配信決定!!

 孤独のグルメの過去シリーズ、Season1〜7・SPドラマ版も全動画見放題で配信中!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

☆『Paravi』ユーザーレビュー

40代女性
まず、パソコンやタブレットでしっかりと視聴することができたので良かったです。また、動画をしっかりとダウンロードすることができたので嬉しかったです。そして、国内ドラマについても充実していたので安心でした。また、30日間の無料トライアルがあったので良かったです。そして、リアルタイム配信がしっかりとあるところが最大のメリットだと思いました。また、ドラマの見逃し配信がしっかりとあったので本当に良かったです。

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第7話 見逃し動画 2019年11月15日(金曜)24:12放送分

■1週間以内の場合の動画視聴(配信期間は11月15日放送後〜11月22日放送開始直前まで)

※TVer、ネットもテレ東、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

Paravi

■動画共有サイト検索

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第6話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第8話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第7話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」の詳細

■ドラマ「孤独のグルメSeason8」第7話あらすじ

井之頭五郎(松重豊)は、昔からの知り合い・中村真治(パパイヤ鈴木)との商談のため、由比ガ浜へ。中村と昔話に花を咲かせつつ、商談を終えお腹が空いた五郎は海鮮モード!だが周りはカフェしか見当たらず…。
ようやく見つけたドイツ家庭料理店【シーキャッスル】に入ると、独特な迫力のあるママ(かたせ梨乃)が。その雰囲気に圧倒されながらも「スペアリブ(マッシュポテト・ザワークラウト付き)」「サバの燻製」「ライ麦パン」「本日のスープ」を注文!
どこか懐かしさを覚える、優しい味わいの「本日のスープ」に癒され、ポテトとの相性が抜群な冷製の「サバの燻製」に舌鼓を打つ五郎。トマトソースで食べる「スペアリブ」はドカンとくる肉の衝撃と、なんとも美味しいマッシュポテトが絶妙で、「ライ麦パン」に挟んで食べても美味しく、ドイツ料理の素晴らしさに感動する。
さらにデザートで頼んだ「アップルパイ」を堪能し、由比ガ浜の海風に吹かれながら帰路につく五郎であった。

【出典:ドラマ「孤独のグルメSeason8」公式HPより

■キャスト

松重豊

久住昌之(ふらっとQUSUMI) 他

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第7話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」ネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
本日の仕事は、観光地として人気の高い由比ガ浜である。経営者は病気を機に、会社勤務をリタイアして転職した知り合いの中村真治だ。中村は昼間からビールを飲み、余暇にはサーフィンを楽しむという以前からは考えられないほどの変わりように主人公は驚くばかりである。商談も無事に終わり、見慣れない街を散策しはじめたが突然空腹であることに気づく。時計を見るとお昼を大分回っている時間だった。急いで食事する場所を探すが、観光地ということもあって近辺にはカフェばかりがある。今の気分はカフェ飯では、足りないのでどこか美味しいレストランはないかと探す。その時に目についたのが、ドイツ家庭料理と書かれたレストランだった。気だるげな雰囲気の女主人が、メニューには載っていないスペアリブをすすめられる。五郎は気になっていたスモークされたサバも、注文しその美味しい料理を堪能した。

■感想

近日更新予定