【第1話から最終回まで】ドラマ「松本清張 黒革の手帖」を見逃し動画無料フル視聴しよう!(キャスト:米倉涼子/ 仲村トオル)

帝一くん
これまで6回テレビドラマ化されている松本清張の「黒革の手帖」。2004年版は米倉涼子が主演を務め、松本清張×米倉涼子の3部作「けものみち」「わるいやつら」へと続く。

この記事では、ドラマ「松本清張 黒革の手帖」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法(配信状況)をわかりやすく解説していきます。

ドラマ「松本清張 黒革の手帖」の動画を視聴

U-NEXT

ドラマを見るなら配信作品が国内最大級のU-NEXT(ユーネクスト)がおすすめ!

☆U-NEXTでは「松本清張 黒革の手帖」をフル配信中です♪
(2019年10月7日現在)
※松本清張 黒革の手帖は課金なしで見れます♪

31日間の無料お試し期間中に解約した場合は月額料金が発生しません。


U-NEXTのおすすめポイント

  • 「見放題」の作品はもちろん全部見放題!
  • 無料お試し登録でも600円分のポイントがもらえる!
  • 韓流・アジアドラマも多数配信!
  • 映画・ドラマ・アニメ・バラエティも多数配信!

U-NEXTについて徹底解説↓

見逃し動画リンク

■無料動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『松本清張 黒革の手帖』動画配信サービス配信状況

サービス名 配信状況 詳細リンク
U-NEXT ◎(見放題) U-NEXT詳細
FOD × FOD詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス ○(課金あり) ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2019.10.07

松本清張 黒革の手帖 詳細

あらすじ

東林銀行に勤める原口元子(米倉涼子)は1億2千万円横領し、架空名義預金者たちのリストを黒革の手帖に記す。横領を知った銀行だが、元子は手帖の存在を明かし、銀行を黙らせる。やがて、銀座の老舗クラブ「燭台」のママ・岩村叡子(山本陽子)のもとで銀座での生き方のイロハを学んだ元子は横領した金を元手に、銀座に「カルネ」という名のクラブを開く。
元子は様々な人間を利用し、魑魅魍魎が跋扈する銀座でのし上がっていく。

各話タイトル

  • 第1話 銀座の女帝
  • 第2話 愛欲の獲物
  • 第3話 愛の口止め料
  • 第4話 銀座の頂点へ
  • 第5話 女帝の危機
  • 第6話 一晩2億の女
  • 最終話 負けるもんか!銀座の蝶、最期の闘い

キャスト

  • 米倉涼子
  • 釈由美子
  • 仲村トオル
  • 吉岡美穂
  • 柳葉敏郎
  • 山本陽子
  • 小林稔侍
  • 室井滋
  • 紫吹淳
  • 真木よう子
  • 渡辺いっけい
  • 小野武彦
  • 津川雅彦

ほか

米倉涼子 主演ドラマ『ドクターX〜 外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』
2019年10月17日(木)よる9時スタート!
(テレビ朝日)

松本清張 黒革の手帖 視聴者からの感想(ネタバレ注意)

40代女性
米倉涼子演じる元子が、かなり危ない橋を渡りながらも結構切り抜けていく様子が鮮やかで良かったです。銀座の女としてはちょっとギラギラして品のない感じもしましたが、ドンである長谷川役の津川雅彦にも迫力で引けを取らない感じで、見ごたえがありました。
30代女性
黒革の手帳を手にしてから夜の世界でのしあがっていくのが面白かったです。まさに女性のサクセスストーリーです。主人公みたいにかっこよく、華やかな世界で頭脳を使いながら働いてみたいと思いました。刺激的でした。
30代女性
今まで何度もリメイクされている作品ですが、このドラマは米倉涼子の圧巻の存在感でこのシリーズ1、2を争うと思います。波子を演じる釈由美子も文句なく可愛く色気もありますが、関西弁だけは何だか違和感がありました。
40代女性
米倉涼子さんが圧巻の演技を見せる作品です。ご存知の名作をリメイクされたものです。銀行員の米倉が権力者たちの弱みにつけこみ大金をかすめとります。そのツンツンした迫力と色気がまさにはまり役。中村トオルもごってりした演技で、ストーリーの雰囲気の重厚さを増してくれます。大御所いっぱいの、これぞドラマ!な作品です。
30代女性
主人公の女性銀行員が多額の裏金を有する男たちの金を横領し逃亡する。逃亡後も銀座のクラブを経営しながら、銀行時代に得た情報を元に男たちの金を騙し取っていく。全ては銀座NO1のホステスになるためだった。男たちから大金を騙し取る際の駆け引きは、毎回スムーズに事を運べるわけではないが、失敗しそうになっても決して諦めず、時には考えられないような手段を用いて成功に導いていく。権力と金を持った男たちを前に物怖じせず、堂々と立ち振る舞う主人公に魅力を感じる。主人公が銀行からの逃亡の際、偶然出会った議員秘書との関係も、敵となるのか味方となるのか、毎回ドキドキする。「悪女」と呼ばれる女の結末は天国か地獄か、目を離せないドラマである。

関連記事