【文化財指定の老舗旅館が危機!】第2話・ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴しよう

【第2話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」は
VOD配信サービス「Paravi」で第1話から全話まで見放題フル動画配信予定です!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第2話 見逃し動画 2019年7月29日(月曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は7月29日放送後〜8月5日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

Paravi

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第1話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第3話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第2話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の詳細

■ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」第2話あらすじ

村越誠一(反町隆史)の事務所に現れた米倉正臣(橋爪功)は、破産危機にあえぐ伊豆の老舗旅館の話を始める。
従業員に半年以上給料が支払えないほどの負債を抱え、顧問弁護士も匙を投げてしまった。
せめて文化財指定を受けた旧館建物を守りたいとの思いを受け、村越はこの案件を引き受けることに。その決意の裏にはある秘めた思いが…。現地調査に同行した永井茜(小池栄子)は同級生の花塚千束(矢田亜希子)と偶然再会する。

【出典:公式HP『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』第2話 あらすじ

■キャスト

反町隆史
→関連記事:反町隆史が出演するおすすめドラマ5選

■公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」視聴者からのネタバレ解説・感想

【第2話】

ネタバレ解説
今回の依頼者 旅館 “河合楼” 代表取締役は河合寿治,女将は河合聡子でした。負債総額は10億。従業員給与は半年以上未払いの状況。売りは文化財指定を受けている旧館建物。有形文化財登録日が、H.15.10.23 (村越弁護士の娘さんの命日と同一)。現地調査に出向きました。行く途中、土産品店で茜の同級生の花塚千束と出会います。その場は挨拶程度でした。代表取締役、女将と挨拶面談の後、旅館従業員と面談。社長・女将に恩義を感じていて、敵意など全く感じられませんでした。夕食時、メインバンク担当が来たとの事で、村越弁護士と話をする事となります。意外や意外、メインバンク担当の宇野氏は、全く敵意が無い。というかめちゃめちゃ好意的でした。ただし、民事再生申立費用等への融資はもう無理との事。新たにスポンサーを探し、新経営者を立てる事はOK。もちろん融資も。その時、茜が花塚千束の事を思い出し、連絡取り面談して、まだ旅館経営する事をあきらめていない事を確認します。千束は夫と共に、村越弁護士の事務所を訪問します。一通り、再建計画や費用使い方等について説明され、民事再生申立手続を始める事の了承を得ます。花塚夫妻と共に、河合楼に行きます。千束は河合楼の建物等に惹かれます。千束は実際に働いてみて良いか?申し出ます。そして了承得ます。そして裁判所に民事再生申立を行います。翌日、柄の悪い税務署員が複数名河合楼に訪れます。村越弁護士は河合楼の再建の重要性を熱心に訴えます。そして滞納分税金とクーポン券等の差し押さえを回避させます。その他問い合わせ(旅行代理店や地域の取引先等)を丁寧に面談のもと説明、説得して歩きます。そして第1回債権者説明会になります。再建計画の説明と新規スポンサーの紹介を行います。一番賛同して欲しい、第2銀行には苦戦を強いられます。また予期していない、新人弁護士・武藤の誤った回答もあり、混乱を招きます。そこはさすが村越弁護士。即お詫びを言い、何とかその場を納めます。第1回債権者説明会は波乱で幕を閉じます。その片づけをしている際に、村越弁護士は「あきらめない心が、再建の道を開くのです!」と、前向きな発言をし、その言葉に花塚千束は感動します。そんな時、茜に千束からSOSが発信されます。茜はすぐさま千束の働く河合楼を訪れ、グチ話を聞きます。それが効を奏してか、千束は持ち直します。村越弁護士はメインバンク担当者と共に、第2銀行(伊豆中央)を訪問し、説得を継続。やるべき事はやり、いよいよ債権者集会に。ただし、票読みが非常に困難な状態。運を天に任すのみ•••。債権者集会において、村越弁護士は熱弁をふるいます。「10年先の未来を見て下さい。“おもてなしの心が多くのお客様に幸せを与えていくのです。”お願いします。」で、話を絞めます。そしてついに、結果発表•••。総債権額の75%,出席総債権者の80%の承認を得て、見事に可決されたのです。第2銀行も、「心ある銀行でありたい•••」とし、賛成に着いたのでした。ついに、新生“河合楼”がスタートしました。

■感想

30代男性
村越の恩師の米倉は、イヤらしいと思えるほどに優秀さを感じたものの、村越の旅館の立て直しが忙しくなるために補助をする要因として送り込んだ、米倉の事務所の武藤の自信満々な苛立つ態度まではいいとしても、交渉のための話し合いがデタラメ過ぎる失態をしでかしておきながら、全く反省の色が無いことに腹が立って仕方がなく、米倉のダメな面をハッキリと見た。
50代女性
新女将は旅館の仲居さん達に仕事にタブレットを使ったらと提案した。直ぐに、仲居さん達は反対した。それはそうだと思いました。若い仲居さんは居ないのだからタブレットを使いこなすのは、仕事をするよりも大変な事だと思いました。
40代男性
“今回は、老舗旅館の再建をかけた村越誠一の奮闘ぶりが素晴らしく、彼の諦めない姿から勇気をもらえました。彼ら家族の思い出の旅館でもある河合楼は景色が素晴らしく、蛍が見られるという風情あるもので、シリアスなストーリー展開と癒しの場面があって、面白く素敵な内容でした。
また、今回は矢田亜希子さん演じる花塚千束もまた、一度は挫折しかけたが、茜の応援によって復活する姿も凛々しく素晴らしかったです。”
50代女性
村越は家に帰り、妻が食事の準備をすると息子はお腹すいたと言う。さっき食べたばかりでしょうと息子にも食事を出した。そして妻はいいわね、食べても太らないなんてと言うと、息子はじゃあビールを飲む辞めればと言ったのには笑いました。
40代女性
“老舗旅館「河合楼」の旧館が文化財指定になった日が村越の娘の命日であったことや河合楼を訪れた初日に蛍を見たことなど娘を意識する状況に「縁」を感じました。
ラストシーンでも村越の肩に蛍が止まったところは、娘と一緒に「民事再生」を勝ち取ったようでとても感動しました。”