【のれんを守るため、下した判断は?】第3話・ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴しよう

【第3話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】動画視聴リンク

ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」は
VOD配信サービス「Paravi」で第1話から全話まで見放題フル動画配信中です!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第3話 見逃し動画 2019年8月05日(月曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は8月05日放送後〜8月12日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

Paravi

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第2話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第4話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第3話】ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の詳細

■ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」第3話あらすじ

今回の依頼者は老舗呉服店『なみの』社長・波野公介(須田邦裕)。急死した兄に代わり社長に就任したが資金繰りが崖っぷち状態に。しかも救いの神と思っていた宅磨譲司(徳重聡)に“乗っ取り屋”疑惑が浮上。状況的に簡単には辞めさせられず、困り果てた公介は、村越誠一(反町隆史)のもとに駆け込んできたのだ。だが宅磨は公介の姉・愛子(堀内敬子)と結婚の約束をした上、兄が残した保険金3億円を奪うべく動き出していて…。

【出典:公式HP『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』第3話 あらすじ

■キャスト

反町隆史
→関連記事:反町隆史が出演するおすすめドラマ5選

■公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」視聴者からのネタバレ解説・感想

【第3話】

ネタバレ解説
3人兄弟で経営をしてきた老舗和服店。長女が乗っ取り屋の男に騙され、店が乗っ取られようをしてしまいます。長男が急性し、次男が社長の座についたものの、経営状態は改善しない。乗っ取り屋の男を完全に信用している長女は話を聞こうともしない。なんとか乗っ取り屋と手を切りたいと考えた社長が村越に助けを求めました。色々考えた結果、破産をするのがもっともよい方法だと判断し、破産の手続きを行います。破産をすれば乗っ取り屋の計画も意味を持たなくなってしまうので、在庫を販売し、その上で利益を得ようとします。しかし村越が先を読み、在庫を全て倉庫に隠してしまいました。荒れ狂う乗っ取り屋。経理担当者まで監禁し、そこで暴力事件が起こって警察が駆けつけ、乗っ取り屋も逮捕されました。

■感想

40代男性
今回のリーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~は資金難に陥っている呉服屋なみのに乗っ取り屋が絡んでの展開で無事に倒産させるのも難しく、とても面白かったです。あやしい人物であっても会社を助けてくれそうだと手を繋いでしまうことは実際にもあり得るだろうなと思い考えさせられました。次も楽しみです。
30代女性
今回のリーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~は、自己破産について勉強になる内容でした。破産をする会社が清算までに時間がかかるのには、在庫が多かったり、特別な何かがあるからだとわかりました。会社の乗っ取りについても、素性の知れない人は役員にしてはいけないことがわかり勉強になりました。
30代男性
経営立て直しのプロフェッショナルである村越の元に訪れた、老舗呉服屋の社長の公介が乗っ取り屋から助けてくださいと頼み、村越は乗っ取り屋に負けたら男が廃ると笑顔で引き受けたのは良かったが、老舗呉服屋の顧問弁護士が荷が重いとやめたのを男が廃ったと遠回しにディスっているのが動画を見てて面白い。
30代男性
乗っ取り屋の宅磨の倒産をさせない企みを止めさせようと、弁護士になりたくてしかたがない事務員の池田が、怒り狂ったヤクザに殴られるのを楽しみにしていた表情で、顔に打撃を綺麗に受ける所が面白く、笑ってしまったが、そんな殴られる仕事よりも早く弁護士になれと池田には伝えたい。
30代男性
乗っ取り屋の主犯だったイケメン流し目の宅磨が逮捕されて連行される姿を見ていた、呉服屋の娘で役員の愛子が、宅磨から貰った大切にしていた指輪を投げ捨てて、初めからわかっていたわよと言い放ったが、乗っ取られる寸前まで信じきっていたくせにと愛子に動画を見てて説教したくなった。