【第1話から全話まで】ドラマ「ラヴソング」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

視聴リンク

ドラマ「ファイブ」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中!

「FODプレミアム」は完全無料で視聴が可能です!!
初回は1ヶ月間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴ができます。解約金などは一切かかりません☆

「FODプレミアム」のおすすめポイント!

  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!独占配信作品やオリジナル配信作品も!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続特典で最大1300円相当のポイントを【無料】プレゼント!
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「ラヴソング」詳細

■イントロダクション

オリジナル作品である今作の主人公・神代広平は、過去にミュージシャンとしてプロデビューし唯一のヒット曲はあるものの、その後は鳴かず飛ばずのままレコード会社との契約を打ち切られてしまう。神代は自らの才能の限界に打ちのめされ、音楽業界を離れた――。
それから時は経ったものの、音楽への情熱を完全には絶ち切ることができないでいた。一方、私生活では持ち前のルックスの良さで多くの女性と付き合うものの、過去の恋愛による影響で真剣に向き合える女性に出会えないまま、独り身で40代に突入。そんな時1人の女性・佐野さくら(藤原)が現れる。彼女は人とコミュニケーションをとるのが苦手で、悩み苦しみ、ひとり孤独を背負って生きていた。神代同様、どこか人生に嫌気が差していた。しかしさくらには、音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能があった。神代は、さくらとの出会いによって再び音楽と向き合った時、モノトーンだった神代の人生が少しずつ色付き始め、2人の奏でるラブソングがはじまるのだった。

■キャスト

福山雅治/藤原さくら/菅田将暉/夏帆/山口紗弥加/木下ほうか/渋川清彦/駿河太郎/田中哲司/由紀さおり/宇崎竜童/水野美紀 他

■各話タイトル
  • 【第1話】あなたにこの声を届けたい!!たった一つの恋と歌が人生を変えていく!
  • 【第2話】7秒の勇気で世界が変わる
  • 【第3話】あなたを想って歌います!
  • 【第4話】物語は新展開へ!涙のキス
  • 【第5話】 私とあなたの終わらない歌
  • 【第6話】届け・・・こんな歌ができたの
  • 【第7話】 溢れ出す想い・・・涙の告白
  • 【第8話】君とキスをした夜
  • 【第9話】わたしが最後にしたい事・・・
  • 【最終話・第10話】希望という名の最後の歌

視聴者からの見どころコメント

30代女性
福山雅治さんのファンだったのですが、結婚した直後のドラマということで、これまでのように応援する気持ちが強く持てないドラマでした。相手役の藤原さくらさんが若いせいか、福山雅治さんが一気に老けてしまったように見えたのも原因の一つだと思いました。
30代女性
藤原さくらがとてもかわいらしかったです。歌もとても上手くて大好きになりました。吃音をとても上手に演じていたと思います。福山さんとはちょっと年が離れすぎているのでこの二人の恋愛というのは無理があるなと思いました。
30代女性
福山さんが臨床心理士をしており、とてもかっこよかったです。こんな臨床心理士さんがいたら何でも相談をしてしまうと思います。藤原さくらさんがとても歌が上手くて、大好きになりました。独特な歌い方がいいなと思いました。
30代女性
今作で女優デビューの藤原さくらがフレッシュで良かった。吃音の少女という難しい役柄だったが上手く自分のものにしていたと思う。主題歌も良かった。相手役の福山雅治との歌唱シーンは映像としてもとても綺麗で印象に残っている。
40代女性
“たまにある、ドラマのヒロインを無名の新人が演じるパターン。藤原さくらがそれでした。なるほど、かわいいし歌も上手かった。いきなりあの福山雅治相手に堂々と演じ切り、度胸もあるのだろうなと思って見ていました。しかしその後彼女は特にヒット曲も生まれずドラマでも見かけず、一発屋で終わってしまった感じ…。ドラマ自体は…さくらが神代を追いかけていたはずなのに、最後は神代の方がさくらを好きになっているという展開で、驚きとちょっとガッカリという感じでした。”