【復讐は最終章へー】第7話・ドラマ「ミラー・ツインズ」見逃し動画無料フル視聴しよう

【第7話】ドラマ「ミラー・ツインズ」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第6話/放送情報】
2019年5月18日(土曜)23:40放送

【最新話】視聴リンク

ドラマ「ミラー・ツインズ」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!

「FODプレミアム」は完全無料視聴が可能です!!
初回は1ヶ月無料で、無料期間中に解約すれば本当に完全無料利用ができます。解約金なども一切なし!!

  • フジテレビ系列の過去〜最新のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本以上】が視聴できます。豊富なラインナップで、見放題作品多数配信!
  • 動画だけじゃない!人気有名雑誌が【100誌】読み放題!(追加料金なし!)
    (ミラー・ツインズのコミカライズも配信中!)
  • 最大『1300円』相当のポイントが【無料】プレゼント!ポイントは最新映画や、電子書籍の購入に利用できます。
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

第7話 見逃し動画 2019年5月18日(土曜)23:40放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は5月18日放送後〜5月25日放送開始前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『FODプレミアム』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第6話】ドラマ「ミラー・ツインズ」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【最終話・第8話】ドラマ「ミラー・ツインズ」見逃し動画無料フル視聴はコチラ▶︎

【第7話・詳細】ドラマ「ミラー・ツインズ」

■第7話・あらすじ

海野(湯江タケユキ)殺しの実行犯・山沢(新羅慎二)が自殺に見せかけ殺された。疑念を抱いた圭吾(藤ヶ谷太輔)は独自に捜査を始める。
一方、皆川(高橋克典)と勇吾(藤ヶ谷/二役)はついに事件の核心に辿りつこうとしていた。勇吾にとある写真を見せる皆川。「この男が、20年前の誘拐事件の黒幕だ」そこに映っていた人物は――警視庁捜査一課長・久能(石黒賢)だった――
すぐにも久能への復讐を実行しようとする勇吾を、皆川は押しとどめる。相手は捜査一課長、証拠は何もない。無策で太刀打ちできる相手ではない、と。

【出典:公式HP「ミラー・ツインズ」第7話

■キャスト

葛城 圭吾(30)、葛城 勇吾(30):藤ヶ谷太輔

白石里美役:倉科カナ

皆川耕作役:高橋克典

久能源一郎役:石黒賢

赤城克彦役:渡辺大

赤久能詩織役:武田梨奈

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第7話】ドラマ「ミラー・ツインズ」視聴者からのネタバレ解説・感想

■ネタバレ解説

勇吾は圭吾になりすまして久能しおりに会いに行き人質にした。久能一課長は勇吾から1人で来いと言われたが、赤城刑事と来ていた。勇吾はお前の大切な娘を壊して復讐が終わると言った。
圭吾は母に20年前の話しを聞いて久能一課長を恨んでいる事をしり、当時を録音したものが家にあることを知りカセットテープにを聞いてみた。そこで不思議に思う会話があった。
母の容態が悪くなり勇吾にも会わせたいと里美に連絡を取るが勇吾は来なかった。里美が代わりにに勇吾の20年間を話して聞かせた。
勇吾は久能しおりに拳銃を向けていたが、皆川さんが止めに入った。そして皆川さんは母が20年間会いたいと願っていたことを話すと、勇吾はその場から逃げた。勇吾は母の元へ走ったが間に合わなかった。里美と勇吾は抱き合い悲しんだ。
圭吾は母の遺言を読んだ。そこには貴方達の本当の父は皆川さんだと書いてあった。

■感想

30代男性
勇吾と圭吾の双子の兄弟の母親である春江は、誘拐されて20年間も会えなかった勇吾に会うことを願っているが、余命僅かになっているのがわかるほど弱っている姿に圭吾が勇吾に伝えたい事を思わず聞いてしまったのが切なく、春江はまだ大丈夫と前向きに話す所に弱りきった状態でも母親らしさを持っている所に胸が締め付けられた。
30代男性
誘拐された勇吾の復讐を手伝っていた英里は、里美と偽り、勇吾の弟の圭吾に近づいていて、プロポーズをされて現実的の幸せを感じて揺れる気持ちが溢れていたが、勇吾の母親の春江に、勇吾の気持ちを伝えに行った事で、最後に選んだ相手が勇吾とわかり、英里として生きると決めた瞬間に感じた。
30代男性
圭吾は母親の春江の容態が悪化しているために、刑事としての立場よりも家族としての立場を取り、正義を守る覚悟を決めた事をはっきりと伝えた里美に対して、勇吾に対して母親の事を伝える決心をした所に、圭吾の溢れる優しさが感じられ、邪な大人たちの行動がなければ良い兄弟だったろうにと悔しさを感じた。
30代男性
勇吾は誘拐犯たちに復讐する動きは超人的で、山沢という大柄な男にも戦いを挑むなど凄さばかりが目立っていたが、誘拐事件の黒幕だった久能を追い詰めるために娘の詩織を誘拐しようと、圭吾に成りますまでは双子だからこそ完璧で良かったが、話す言葉が荒々しく、動きも肩で風を切る姿があからさまだったためにバレないかハラハラさせられた。
40代女性
やはり、久能さんが黒幕だったんですね。娘さんの為とはいえ、同情はできないですね。詩織さんは、今後どうするのでしょうか。今回は、お母さんの死がとても切なかったです。しかし、最後の皆川さんが実のお父さんて、一体どういうことでしょうか。

ドラマ「ミラー・ツインズ」出演者作品リンク

■藤ヶ谷太輔

  • 藤ヶ谷太輔出演ドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

■高橋克典

  • 高橋克典出演ドラマ「後妻業」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ