【第1話から全話まで】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴しよう

NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」は「NHKオンデマンド」を配信しているVOD配信「U-NEXT(NHKオンデマンド)」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」は完全無料視聴が可能!
無料期間中に解約すれば本当に無料で利用ができます。解約金も一切ありません☆

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』のオススメポイント!!

  • 初回は30日間無料!
  • NHK番組はもちろん「U-NEXT(ユーネクスト)」の国内外のドラマ、映画、アニメなどレンタル作品も含め最大14万本が動画が見放題!
  • 継続特典で1200ポイントが無料でプレゼント!

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画 2019年4月19日(金曜)22:00放送分

※残念ながらNHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」は無料見逃し配信はありませんでした。ご視聴の際は「U-NEXT」をご利用ください。

■第1話〜全話までフル視聴

U-NEXT

■動画共有サイト
PandoraTV 9TSU

<検索>

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第2話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第3話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第4話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第5話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第6話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第7話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第8話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第9話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【最終回・第10話】NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

NHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」の詳細

■イントロダクション

偶然の出会いで親友となった4人の女性――彼女たちは頻繁に女子会を開いては、酒を飲み楽しく会話をし、日頃のうっ憤を晴らしている。だが実は、彼女たちは他人に言えないシリアスな問題を抱えていた。

【出典:ドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」イントロダクション

■キャスト

長谷川京子、水野美紀、玄理、大政絢、篠田麻里子、杉野遥亮、細田善彦、甲本雅裕、佐藤隆太

■公式SNS

公式サイト

<各話>視聴者からのネタバレ解説・感想

【第1話】『予期せぬ出来事』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
近日更新予定です。

■感想

40代女性
主要人物4人の中で最もセンセーショナルだったのが、柴崎香織役の長谷川京子さんでした。不倫相手の死の真相もミステリアスですが、その息子の存在も気になります。
 野口友美役の水野美紀さんにシングルファーザーが近づいてきたのは夫の保険金が目当て?と匂わせていましたが、予想を上回る展開を期待してしまいます。
40代女性
仲良しの4人の女性たちそれぞれに起きた出来事や人との出会いで、思いもよらない展開が始まっていくドラマなのでまだまだ謎が多く、貴志と安岡が怪しげで気になりました。2人とも香織や友美の前に突然現れたりして、今んとこ不気味な存在にしか感じません。
40代女性
メインの4人の女性たちは生活環境や仕事も違うので、それぞれの生活パターンや出会いのエピソードが見られて面白いです。愛人が死んだり、夫が行方不明だったりミステリーな部分も多くハラハラしたり、謎を自分なりに考えながら見られて楽しいです。
40代女性
長谷川京子さんが寂しげで孤独な女医役を好演していました。美人でミステリアスでとても魅力的で年下男性からいかにももてそう。貴志は父親の死の真相を探るために彼女と会い恋愛関係に発展するのでは!?と期待させるストーリーでした。
【第2話】『危険な香り」ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説

香織、冴子、樹里、ともみの4人は、人生における転機を迎えようとしていた。
香織は愛する人の息子に惹かれ始めた自分が怖い。かつ、自身の罪とも向き合わなければならない事実。息子は好きになった人が、父親の愛人だと疑い、知りたいけど、知ると香織が逃げてしまう。心のジレンマを感じた。

冴子は、子どもを産むか産まないかで、夫婦関係がギクシャクする中、自身が間違えて部下に送ったセクシーなメールがきっかけで、関係を持ってしまうかもしれない。

樹里はれいに、『本当の愛を知らない』と言われ、今までのセックスフレンドに体で愛を感じていることに気づいたのかもしれない。本当の愛を、れいに求めてしまうのか?

ともみは安岡さんに惹かれ始めていく中、あの無言電話は実は行方不明の夫の可能性もあり、見どころ満載だ。

20代男性
このドラマは前回の謎を残した展開でサスペンス的な作品かと思いましたが、
女の秘密や隠したい謎やドロドロ展開なのかもしれません。
ヒロインの長谷川京子演じる香織がなんと不倫相手の息子の貴志とついに禁断の恋に発展します。
しかしこれ以上に不気味なのは貴志が何を考えているのかが全く分からないところなのです。
それがわかる時は本当に怖い時なのかもしれません。
まだまだテンポが悪いのでこれからテンポ良い展開を期待したいです。
【第3話】『愛の落とし穴』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
原田冴子は、子供のことで夫との関係がギクシャクしており、その関係修復にたまには外食にでも行こうと誘う。柴崎香織は、木戸貴志からいきなり愛の告白をされ戸惑いながらも、患者と医者の関係でありそれ以上ではないことをはっきり伝えるのだが、あなたは何かに苦しんでいる、僕を頼ってくださいと話す貴志。水島樹里は婚約者に気に入られているが、一方でジムに通う須藤令のことが気になっていた。野口友美は、一度ダメになったデートだったが、またデートが決まり、とてもウキウキしていた。4人の食事会では、それぞれがなんとなく近況を語り合い、お互いを励ましあっていた。原田冴子が自宅に帰ると、義理の母親が帰った後で、いろいろな妊活グッズを置いていっているのを見つける。冴子は、病院に行って、きちんと妊娠できることを確かめようと夫と病院に行く。そこで知らされたのは、夫に問題があり、子供はかなり難しいかもという事実だった。夫はかなり落ち込み、冴子への態度もそっけないものに変わってしまう。そのことが気になり仕事でもミスをしてしまう冴子、心配する後輩坂口に、心を許してしまう冴子。デートを楽しみにしていた野口友美だったが、娘が急に熱を出し、またダメになってしまう。心配して駆け付けた安岡に思わずキスしてしまう友美。水島樹里の部屋で、今度結婚する須藤令のウエディングドレス選びをする二人、お互いの感情が一致したのか、二人は唇を重ねるのであった。
40代女性
“心療内科医の香織は、大学生の貴志からキスされるも、拒絶。それでも貴志は執拗につきまとう。一方、シングルマザーの友美は海外絵本の翻訳家の安岡から再び食事に誘われ、久しぶりに恋の予感に胸躍らせる。
さらに、子作りのことで意見が合わず冴子と悟史夫婦は不妊治療を始めるがその検査結果に愕然となり。
この日は、フィットネスジムのトレーナー樹里とレズビアンの女性玲によるキスシーンもあるといい、「それぞれの愛に揺れる女たち」と予告されている。”
40代女性
“普通の女性たちが徐々に禁断の恋に向かっていっているような気がする。

冴子は夫が大好きで子供を作ろうとしていたのに、夫が原因であったことがショックで不倫してしまったように思える。
樹里が玲とキスをしたことでレズに目覚ましそうだ。”

メインの登場人物4人のそれぞれの女性に様々な状況がおこり、目が離せません。普通ではあまり起こりえなさそうですが、(夫が失踪とか、不倫相手が自殺とか)どんなふうに物語が進んでいくのか、楽しみです。次回もみます。

水野美紀さんが何度も訪ねてくるので、女の子が嫌がっている気持ちがよく分かりました。やはり、子供としては母親以外の女性と仲良くしている姿は見たくないのでそこを考えてほしかったですが、今は恋をしているのでそこまで考えられなかったのだろうともおもいました。

【第4話】『危ういキス』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
医師の香織は昔の恋人との久しぶりの食事の帰り、死んだ不倫相手の息子である貴志に目撃されてしまう。貴志の母親から大学に戻るよう息子を説得してほしいと頼まれた香織は、貴志を自宅に呼び説得を試みるが、受け入れられずに終わる。
一方、夫とのすれ違いから同僚と一夜を共にしてしまった冴子は後悔を感じていた。翌朝、昨日のことは忘れてほしいと告げるが、納得してもらえず不穏な雰囲気になってしまい、夫も実家に帰ってしまう。子供を作れないことで夫婦であることの自信を失う夫だったが、冴子と夫の仲が戻るよう樹理が取り持ち、夫は家に戻ってきた。
樹理はレズビアンの玲とキスをし、少しずつ玲に惹かれていたが、約束をキャンセルされた夜、投げやりになり父親がすすめたフィアンセの曽我部を家に呼ぶ。あまり期待をしていなかった樹理だが、花火を持ってきた曽我部に気持ちがほぐれる。
シングルマザーの友美は、自らキスをした安岡を、子供たちが学校に宿泊する日に食事に招く。互いになかなか積極的になれない二人だったが、安岡がとうとう告白し、二人の間は深まるのだった。
貴志からのアプローチを避け続けた香織だったが、大学に戻る決心をしたという貴志とその母親と食事をした帰り、自宅まで送ってもらい貴志に別れを告げるも、別れ際にキスをされ受け入れてしまう。
その頃、夫と不妊治療を開始するつもりでいた冴子は、妊娠に気付くのだった。
]
【第5話】『誤算』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
近日更新予定です。
【第6話】『溺れる女たち』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説

夫が失踪してやっと保険金がおりたのに、無言電話をかけてきた相手が夫の浮気相手だということを知ってしまう。
そのことを誰かに聞いてほしくて、友達に電話をかけまくったり、朝から友達の家を訪ねてきてしまったりして、喧嘩するシーンが迫力があった。
どちらの言い分もわかるのですが、確かに朝から家に乗り込んでこられたら迷惑だ。しかも家にはばらしたくない彼氏がいるのに。
案の定、彼がいることがばれてしまい、はらはらした。

部下と一夜を共にしてしまい、その結果、妊娠してしまった女性。子供ができない原因は夫にあるとわかったとたん、妊娠してしまったのにはちょっとタイミングがよすぎな気がした。しかも、夫は妊娠できたことがわかると、「奇跡だ」と医者の前で言ってしまう、無邪気さ。まぁ、妻がまさか浮気しているなんて思ってもいないので、そんな対応になるのかと思いましたが、なんだか気の毒になった。浮気相手には「夫のこども」と断言していましたが、今後どうなるのか、心配。

■感想

30代女性
佐藤隆太さんが、疑いもなく嬉しそうに妊娠を喜んでいるところが、妻の事を疑うこともなく、素直に妻を愛しているのだなと思い切なくなりました。奇跡が起きて本当に佐藤隆太さんの子供なら良いのになと心の底から願いました。
30代女性
長谷川京子さんと年下の恋人の仲良さげな所がこちらまで幸せな気分になりました。離れがたくて長谷川さんが年下の恋人の手にキスをしたところとても美しかったです。大政絢さんと篠田麻里子さんとのシーンも最高でした。ずっと見ていたかったです。
“愛人問題や金銭問題、さらには恋人の嘘まで、一気に不幸が乗っかってきた友美が不憫でした。
樹里と玲のラブシーンはとても綺麗で、みとれてしまいました。玲が樹里の手をとって、ベッドの中に潜り込ませているシーンは刺激的です。欲を言えばもう少し見たかったです!”
30代男性
久しぶりの恋に浮かれていた友美が、突然現れた謎の女性が行方不明の夫の俊哉と愛し合っていたと一方的に告白されて戸惑うのは普通の反応で別に構わないが、香織に冴子と樹里たちにあわただしく電話するのは困った人物にしか思えない。
30代男性
恋を遊びのようにしていた樹里が曽我部に相談した内容は、どうしても会いたい気持ちになり、仕事よりも優先させてしまう気持ちになるのは何なのかというのを、真面目な曽我部から恋だとレクチャーされる展開は予想外で、真面目に受け止めた樹里の表情も新鮮だった。
【第7話】『嘘(うそ)の代償』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
柴崎香織は、貴志にとうとう光一郎との関係を認める告白をした。
それを聞いた貴志は、たちまち混乱をきたす。
到底その告白は受け入れられず、その場を立ち去る様子に、香織がショックを受ける。どこかで、大丈夫との憶測があったのだろう。

野口友美は、夫と愛人だったと名乗る女とその息子を、うちに招く。保険金の話ではなく、俊哉との経緯を聞くためだった。友美と俊哉の写真を見た愛人の息子が、パパだと反応。それにより、ほぼ、愛人の存在は事実かと見られる。

原田冴子は迷っている。
子供は産みたいものの、真実を夫に打ち明けるべきか。
このまま黙っていようかとの打算的な考えも少しあるように思える。

水島樹里は、須藤玲がまだ気になる存在。
わざわざ訪ねてしまうほど。
冷たい態度をとったわりには、また樹里の前に姿を現わす須藤。2人の関係も続くのでは。

■感想

50代女性
“樹里は、本当に玲を好きになってしまったんだね。
本当は玲もそうなのでは。
曽我部は悪い人じゃないけど、結局樹里の表面しか見ていないような。
樹里が全てを話したら、どう思うんだろうか。
それでも、樹里を好きだと言えるのか。”

50代女性
“冴子がそんなに夫を好きだとする気持ちが、ちょっと理解できないところがある。
悟史は、かなり身勝手な面があるように思えるんですよね。
冴子を自分の思い通りにしたいというような。
子どものことも、あんな勘違いするかな。
冴子の妊娠が悟史に分かった時、そこでモメても本当のことを話すチャンスだったのに。”

50代女性
“安岡ははっきり離婚したとは言っていないのに、友美が勘違いしたということなのか。
でもそれは安岡がちょっとずるいような。
離婚したと思うよね、やっぱり。
だけど、もっとふたりで話し合うことはできないのだろうか。
安岡の妻はどういうつもりでいるのかが気になる。”

50代女性
“貴志は本当のことを知ったら、やっぱりもう香織のことを愛せないのだろうか。
このまま隠し続けるわけにも行かないし、香織が思い切って話し始めたのはよかったけど。
佳恵は、完全に香織を疑っているようだしね。
ふたりの今後がどうなるのか気になる。”

40代女性
“このドラマ好きで毎回楽しみにしていますが、怖いドラマですね。
香織は貴志に父親の事を告白したけど、この先が気になりますし、冴子の妊娠はどうなるんだろう…ここが一番気になります。
やはり後輩の子供なのは間違いないみたいだし、もしかしたらご主人も薄々気付いてるような気もします。
あと安岡さんは最初から怪しいと思って見ていましたが、本当に保険金目当ての悪い人なのか、そうではなくて友美と幸せになれればいいのですが、来週も色々ありそうなので楽しみにしています。”
【第8話】『告白』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
香織は貴志から、父親の自殺の手助けをしたか問い詰められ、ついに白状する。貴志の母親からは初めて自分に対して憎しみをこめた言葉を告げられる。香織が愛人であることを知って以降、荒れた生活をしている貴志は、「あなたとはもう会わない」と香織を冷たく突き放す。友美は安岡との今後に悩んでいたが、前に進みたいと決意。安岡にこれから一緒に生きていきたい、と伝える。樹里は玲が結婚して以降は友達として仲良くしていこうとするが、パートナーのミナと寄り添う姿を見て、胸が痛む。その後、玲がまだ自分に未練があることに気づき、ますます玲のことを諦めきれなくなる。冴子は悟史の子供ではないことをずっと言えずに悩んでいたが、悟史があまりにも幸せそうにしている姿を見て、罪悪感で胸がいっぱいになる。消え入りそうな声で、ついに「あなたの子供じゃない」と告白する。

■感想

40代女性
“毎週とても楽しみにしていて、子どもたちが寝た後にゆっくり味わいながら見ています。
今回はそれぞれが抱える秘密を告白してしまう回ですが、やはり人間は相手が愛する人であったりすると、良心がとがめて本当の事を言ってしまうんだなと思いました。
秘密にしていれば、伝えなければ上手く行くのに・・・と思いながら見ていました。”
40代女性
“毎週楽しみにしていて、子どもたちが寝た後に味わいながら見ています。
今回は特に香織が貴志に全てを告白した後、貴志の母親である佳恵から突然の呼び出しを受け、そこに貴志が戻ってきて、全てを自分が知っていると話した時の
修羅場にぞっとしました。特に、佳恵が絶対に事実を知られたくなかった貴志が全てを知っていると分かった時、そして香織と貴志の関係を知った時の表情が恐ろしくて、
今後の展開がどうなるのか待ち遠しくてたまりません。”
40代女性
最初はかなり違和感を感じながら見ていましたが、このドラマのドロドロ感がだんだんと気に入ってきました。あら大変!という展開に「そんなことあるかーい!」と突っ込みながら見てしまいます。ただ4人の女性のそれぞれのエピソードが同時進行で少し分かりにくく感じるときもあります。
30代女性
亡くなった夫の保険金を、愛人だと言って、保険金目当てに出てきた女性に対して半分も渡すなんていう女性は本当にいるのだろうかと、ドラマとは言え、あまりに現実ばなれしているようで、まったく共感できませんでした。
30代女性
簡単に言えるわけはないとは思いますが、まだ佐藤隆太さんに対して、本当のことを言えていない玄理さんは、佐藤隆太さんから優しくされればされるほど、苦しくなって、どうしようもない気持ちになってしまうだろうなと思います。
【第9話】『逆襲』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
香織の夫と隆志との関係を知り佳恵は訴え、警察が香織に光一郎の死を調べることになる。友美は夫が生きていることを知り、7年前にフェリ-に乗り遅れたことで事故から逃れている。愛人に子供が出き、仕事で追い詰められていた。家に戻り一緒に暮らしたいと訴えるが友美は拒否する。自分の子供でないと知った聡志は、冴子との関係が悪化して離婚届を渡す。樹里は玲と密かに会っていたが、二人の関係は誰にも言っていない。隆志は香織に会い、今でも好きですと言うが香織は反省して終わりを告げる。
バレンタインデーの日に光一郎に頼まれ、モルヒネを渡そうとして用意したが、渡すことをしなかった。
しかし光一郎は勝手に香織のバックから、モルヒネを取り出し自殺した事実を3人に話す。

■感想

30代女性
麻生祐未さんが、長谷川京子さんが自分の夫と不倫関係にあっただせではなく、息子とも付き合っていた、と知り、正気ではいられない気持ちは分かるような気がします。自分の存在を全否定されたような、打ちのめされたような気持ちになったのだろうと思います。
40代女性
友美の死んだはずの主人が生きていた事に驚きました。しかも不倫相手とその子どもと過ごしているとの事。それなのに友美がその主人を自宅に呼び出した時に、不倫相手とは関係を清算してよりを戻したいとか、その為に保険金を慰謝料として不倫相手に渡して欲しいとか、あり得ない事ばかり言い出して、友美や子供の気持ち等一切考えていないんだろうなと思いました。
30代女性
死んだと思っていた夫の吉沢悠さんが、本当に生きていて、筧美和子さんと何食わぬ顔で別の生活をしている様子を見て、声も出なくなった水野美紀さんのお芝居はリアルだなと思いました。あまりのショックに声が出ない、というのは多くの人がそうなってしまうだろうと思います。
30代女性
やっと子供ができた、と喜んでいた佐藤隆太さんが、自分の子供ではなかったと知ったあとに対「たった一度のあやまちじゃなち」と言う大政絢さんは、あまりにも無神経だなと思いました。どう取り繕っても仕方がないことではありますが、他人が言うことではないなと思います。
30代女性
夫が死んだと思っていたため、水野美紀さんは甲本雅裕さんのことを好きになりましたが、もし甲本雅裕さんの存在がなかったら、復縁を望む吉沢悠さんのことを受け入れて、元の家族にすんなり戻ったのではないかなと思いました。「混乱させないで!」というセリフは、ちょっと理解できませんでした。
【最終回・第10話】『新しい世界』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
木戸光一郎が死んだのはモルヒネを多量に処方した香織のせいだとSNS上に沢山書き込まれ、クリニックには患者が全く来なくなる。
心配した母親がクリニックにやって来るが、香織はこんなことを誰が書き込んだのかを突き止めても、また嫌がらせされるだけだからと、半ば諦め気味だった。
仕方なくクリニックはしばらく閉めることにする。
貴志は香織を訪ね「母親のしたことを許して下さい。」と謝りにくる。
そして「父は愛した人に自殺を手伝ってもらったのだから幸せだったと思います。」と告げて去っていく。
香織は木戸光一郎の墓に手を合わせ帰っていく際に、光一郎の妻に出会う。
妻は「香織さんにお墓を参ってもらって主人も喜んでいるでしょう。でももう二度とここには来ないで下さい。貴志にももう二度と会わないで。」と香織に静かに話す。
香織は「もちろん、そのつもりでいます。」と話す。
香織が去ろうとすると妻は、「あの書き込みは私ではありません。そんな死んだ夫を辱めるようなことはしません。」とだけ言ったのだった。
30代女性
麻生祐未さんには、どうしても同情してしまいます。夫が不倫の末、がんで亡くなったことは、なんとか乗り越えようと考えたと思いますが、まさか夫の死後に息子まで長谷川京子さんと関係があったと知っては、どんなに恨んでも足りないという思いに駆られてしまうだろうと思います。
30代女性
杉野遥亮さんは、自分も長谷川京子さんに気持ちを奪われているので、余計に亡くなった父親の気持ちもわかるのだと思いますが、男の子と女の子ではこうも違うのだなと思いました。女の子は、父親の不倫相手のことはどうしたって許すことはないだろうと思います。男女の違い見た気がします。
30代女性
長谷川京子さんは、町の小さな医院の医師なので、風評被害で診療ができなくなるのではないかと思っていたので、やっぱり…という気がしました。本当は、これを機会に医院は閉めて、どこかの勤務医として働いたほうが良いのではないかと思います。
30代女性
細田善彦さんが玄理さんに対して「僕に1ミクロンの気持ちもないと言われたら…」と言っていましたが、今でもこんなことを言う人がいるのかな?と思いました。重くなりがちな告白をあえて軽めにしたのかもしれませんが、この告白は重くしたほうが良かったと思います。
30代女性
玄理さんと佐藤隆太さんが、離婚せずに2人で子供を育てていくことにしたのには反対です。誰の子かわかっている状態で男性の佐藤隆太さんが、普通の父親になれるとは思えません。離婚したままで、少し距離をおいて、子供を育てていくという方法もあるのではないかなと思いました。