【第1話から全話まで】ドラマ「都立水商!〜令和〜」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ「都立水商!〜令和〜」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【放送情報】
MBS/TBSドラマイズム枠にて5月初旬スタート
MBS:5月5日(日)深夜0:50~ / TBS:5月7日(火)深夜1:28~

【最新話】視聴リンク

ドラマ「都立水商!〜令和〜」はVOD配信サービス「Hulu」で第1話から全話までフル動画配信決定!!!

VOD配信サービス「Hulu」は完全無料視聴可能です!

「Hulu」では初回2週間のトライアル期間中に解約すれば、完全無料で「Hulu」が利用可能に!
解約金などは一切なし!!なので本当に完全無料で視聴できます。

「Hulu」オススメポイント!!

  1. 国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど最大【50,000配信作品】が全部見放題!!(Hulu独占配信作品もあり)
  2. 追加料金や個別課金なし!!
  3. 高画質、高音質
    ※継続でご利用されると月々「933円(税抜)」かかります。

↓お得な「Hulu」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画 

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は次回放送開始前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Hulu』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴【毎週水曜 テレビ放送後に配信】

Hulu

■動画共有サイト
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第2話】ドラマ「都立水商!〜令和〜(2019年5月14日放送)」

▶︎【第3話】ドラマ「都立水商!〜令和〜(2019年5月21日放送)」

ドラマ「都立水商!〜令和〜」詳細

■イントロダクション

日本初!?水商売専門教育の公立高校を描いたベストセラー小説原作
「都立水商!~令和~」
竜星涼主演で開校!!
竜星演じる新米教師と、水商売を目指す生徒達との熱い人間ドラマを描く新感覚・本格学園ドラマ!

時は令和。東京歌舞伎町にひっそりとたたずむ、高校がある。「東京都立水商売商業高等学校」略して「都立水商」。ここは水商売に関する専門教育を行う都立高校だ。
就活中の石綿直樹(23)は、彼女のために「先生」の肩書欲しさで水商へ就職。そして就職後初めてこの高校が水商売専門の高校であることを知り、訳も分からず働き始めることとなる。
この学校にはキャバクラ科・ホスト科・マネージャー科・フーゾク科の4つの科があり、シャンパンコールの朝礼やキャバクラ実習での熾烈な指名争いなど、高校の実態を知り困惑するばかりの直樹。
 そして3年C組の担任を受け持つことになった直樹だが、着任早々、生徒たちが起こす思いもよらないトラブルに次々と巻き込まれることになり…!?
 水商売の未来を拓く!「都立水商」ここに開校!

【出典:ドラマ「都立水商!〜令和〜」イントロダクション

■キャスト

石綿直樹(演:竜星涼)

■公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

<各話>視聴者からのネタバレ解説・感想

【第1話】ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
彼女の両親と初めて食事をした際に就活中であることを隠すために「先生」の肩書き目当てに誰でも即採用という求人に飛びついた石綿直樹。
彼が就職したのは「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。
初めての登校日に同僚である乾の手伝いをすることになった直樹、そこでこの学校が商売に関する専門教育を行う都立高校だと知ることとなる。
担任となった3年C組の生徒、希海はまじめにキャバクラ嬢を目指すひとり。ある日の朝、彼女が他校の生徒に悪絡みをされている現場に遭遇し助けることとなるが、彼女を思って無理に水商売を目指すなと諭す直樹に反抗する希海は母親が女手一つで育ててくれた水商売に憧れていることを告白した。このことをきっかけに直樹は仕事に向かう姿勢を考え直すこととなった。

■感想

20代女性
『カメラを止めるな』で話題になった濱津隆之さん演じるホスト科の先生役が面白かったです。
最初はさえない普通の教師役かと思ってたのに、授業ではホストのコール練習をやってて、『カメラを止めるな』の監督役とのギャップもすごかったです。
40代男性
どこにでもある学校ドラマかと思ったら、主に水商売を中心にしたものだったので、コンセプトからしたら面白いと思う。
しかし、水商売そのものを否定するわけではないが、高校生と水商売を掛け合わせるのはちょっとどうかなと思う。
その先入観があると複雑な気持ちになるのだが、ストーリーそのものは普通の学校ドラマと同じなのでそれなりに楽しめると思う。
「都立水商業高等学校」というもっともらしいネーミングも、よく思いついたなと思った。
先生と生徒たちのやり取りや、ところどころ抜けたようなコミカルなところがあるので、次回も見てみたいと思う。
50代男性
この「都立水商」令和の感想なのですが、何とも変わった水商売の事を教える高校、令和の時代にぴったりの学園ドラマだと思います、普通の学校では習えないような、今の現代の人生にお着替えて、水商売に置き換えて考えさせられ、最後まで新米教師と生徒たちの成長を見届けていきたいとても面白いドラマです。
20代女性
斬新なドラマでした。扱いにくいテーマを、面白く真面目に取り扱っていると感じました。教育的な批判は多そうですが、本当に水商売の職業を目指してなった人はどれくらいいるのかな、そういう方のプライドってどういうものなのかな、と現実的な興味が湧きました。今から売れそうな俳優さん、女優さんを適用していたのも良かったです。
キャストの飯窪春菜さんのファンなので視聴した。設定が水商売の商業高校という奇抜なもので、見る前からどんなドラマなのか気になっていた。教師役がなよなよとしていることや、生徒たちを少し軽蔑しているのでは?と感じイライラしたが、高校生役のキャストがイケメンや美女が多いので、見ていて楽しい。ただ、就職するまえに学校のことを全然調べていないことや、学校からそういった説明が勤務後にされることや、彼女に嘘をつき先生をしていることなど、設定にむりがあるところが多々ある。

【第2話】

ネタバレ解説
第2話では、新米の社会科教師、直樹が生徒の進路指導を行う。
将来、キャバクラを目指す生徒が多い中、直樹は、キャバクラについてほとんどわかっていない状況である。
そんな中、キャバクラ科教師の千花に誘われて、授業を見に行くことになるのである。
実習では、ルックスが重要であるという現実を知る。
馬淵という生徒が落ち込んでしまっていたので、馬淵を良く見ていた直樹は、
馬淵の武器を指摘してあげたのである。
実際に、六本木のキャバクラで採用選考が行われることになった。
最後の面接採用結果では、
六本木のキャバクラで、採用されるには、外見やルックスのみではなく、お客様の話を聞く、
お客様に関心を持つことがポイントであると伝えたのである。
真中と馬淵の2名が面接の合格者として選ばれたのである。