【逆境に立ち向かう不変の愛】第9話・ドラマ「パーフェクトワールド」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第9話】ドラマ「パーフェクトワールド」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第9話/放送情報】
2019年6月18日(火曜)21:00放送

【最新話】視聴リンク

ドラマ「パーフェクトワールド」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中!(個別課金あり)

「FODプレミアム」は完全無料で視聴が可能です!!
初回は1ヶ月間無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴ができます。解約金などは一切かかりません☆

「FODプレミアム」のおすすめポイント!

  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!独占配信作品やオリジナル配信作品も!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続特典で最大1300円相当のポイントを【無料】プレゼント!
    ※継続料金で月々888円(税抜)かかります。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

第9話 見逃し動画 2019年6月18日(火曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は6月18日放送後〜6月25日放送開始前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『FODプレミアム』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴(個別課金あり)

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第8話】ドラマ「パーフェクトワールド」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【最終回・第10話】ドラマ「パーフェクトワールド」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第9話・詳細】ドラマ「パーフェクトワールド」

■第9話・あらすじ

樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)のあふれ出す想い!静かに怒りをあらわにした洋貴(瀬戸康史)は、樹に会いに行って…?さらに樹は葵(中村ゆり)に区切りをつけようと話を持ち掛けるが…!?

地震で資材の下敷きになり、身動きが取れなくなった樹(松坂桃李)は死を覚悟するが、つぐみ(山本美月)によって救出され、なんとか命の危機を脱する。同時に、再びつぐみに会えた喜びをかみしめる樹だったが、翌日、東京から駆けつけた洋貴(瀬戸康史)や葵(中村ゆり)の姿に、もう後戻りは許されないのだと思い知らされる。そして、つぐみとの関係をきっぱりと断つためにも、高木夫妻のマイホームの一件は、同僚の沢田(池岡亮介)に引き継ぐことに。しかし、地震を機に、一度は失ったはずの“生きることへの執着”が、再び自分の中に芽生えていることに気づいた樹。それまで胸に秘めていた、ある後悔を隠し切れなくなり、急いでつぐみの元へ向かう。同じ頃、つぐみもまた、自分たちの人生に悔いはないという圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)の言葉を聞いて、いても立ってもいられなくなり…。

自分の気持ちに嘘をつけなくなった樹とつぐみは、周囲の人を傷つけることを承知のうえで、洋貴と葵、そして家族にも、正直な気持ちを打ち明けることに。ところが、つぐみが会いに行くより一足先に、洋貴は樹の元を訪ね「一回だけ殴らせてもらっていい?」と静かに怒りをあらわにする…!

さらに、樹は葵に区切りをつけようと話を持ちかける。今の自分があるのは葵のおかげだとしながらも、正直に胸の内を明かす樹。しかし葵は樹の気持ちをさえぎるように食い下がり…。

【出典:ドラマ「パーフェクトワールド」第8話あらすじ

■キャスト

松坂桃李
山本美月
瀬戸康史

■公式SNS

公式サイト Twitter

視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

【第9話】
■ネタバレ解説

地震で途方に暮れていた鮎川をつぐみが救い出す。鮎川はつぐみに感謝の言葉を述べて、二人の絆は深くなった。鮎川は一度は失いかけていた希望をまた取り戻して、つぐみと共に歩んでいこうと前進していた。つぐみは是枝さんに自分を支えてもらった感謝の気持ちを言って、彼との婚約を断ったが、是枝はやるせない思いを抱くことになった。また、鮎川の母親は二人の結婚を認めていた。つぐみの父親には会って自分の思いを伝えようと決めた鮎川は、何度も会いに行く。だが、なかなか会ってもらえない。くじけずに何度も足を運んだ結果、鮎川の思いが受け入れられ、つぐみの父親と会うことができた。つぐみは父親の心境の変化に喜びを感じていた。鮎川も前進したことに思いをはせていた。

■感想

30代女性
“幸せになるって…人を不幸にしての幸せってやっぱり辛いです。
まわりの複雑な気持ちもわかるし、なんかやるせない気持ちになってしまいました。
そんな辛い思いをしてまでも、人を好きになれるって素晴らしいなと感じました。”
30代女性
“一旦別れたのに、復縁してしまった二人。
まわりを巻き込んで大騒動になってしまいました。
それだけまわりを傷つけたり、振り回したりしたので絶対に幸せになってもらいたいです!
ハッピーエンドになってもらいたいです。”
30代女性
“家族を巻き込んでまでの騒動になってしまいました。
ただ人を好きなだけなのに、今回はつぐみ達は罪人のように見えてしまいました。
やっぱり難しいですね…みんなが幸せになる道があればいいのに、様々な壁が待ち受けていて切なくなりました。”
30代男性
つぐみが好きでたまらない是枝は自分のキャラじゃない雰囲気で、是枝に気持ちが全くないつぐみに嫌われようとしたが、やっぱり元の是枝自身の言葉で今まで気持ちを伝えてありがとうで別れるってカッコ良すぎで、これまた是枝は無理している気がする。
30代男性
鮎川は、危険な感情を持っているヘルパーの長沢から離れるために、長沢とのヘルパー契約を終わりにしようとしたが、長沢は私は辞めないと言い出し、ただのヘルパーの仕事をするだけと言ったが、以前からつぐみにツンツン攻撃全開だったクセにと言いたくなる。