【第1話から全話まで】ドラマ「リッチマン、プアウーマン」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

帝一くん
2012年、”月9”で放送され、小栗旬が若きIT企業社長である主人公・日向徹を、石原さとみが現役東大生ながら就職難にぶつかるヒロイン・澤木千尋を演じる。共演は相武紗季、井浦新、佐野史郎など。

二人の恋愛だけでなく格差社会や当時の時代背景を反映させたドラマでもあります。

この記事では、ドラマ「リッチマン、プアウーマン」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

視聴リンク

ドラマ「リッチマン、プアウーマン」はFODプレミアム
第1話から全話までフル動画配信中です!
スペシャル版「リッチマン、プアウーマンinニューヨーク」も配信中♪

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

『リッチマン、プアウーマン』
 動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2019.10.23

ドラマ「リッチマン、プアウーマン」詳細

イントロダクション

IT企業社長と、就職難にあえぐ女性の等身大でありながら、女性誰もが憧れるシンデレラストーリー!

キャスト

  • 小栗旬
  • 石原さとみ
  • 相武紗季
  • 浅利陽介
  • 中村靖日
  • 嶋田真
  • 八木のぞみ
  • 舞川あいく
  • 野村麻純
  • 古川雄輝
  • 丸山智己
  • 中原丈雄
  • 佐野史郎
  • 井浦新

ほか

▶︎井浦新出演最新ドラマ
【第1話から全話まで】ドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

ドラマ「リッチマン、プアウーマン」視聴者からのネタバレ・見どころ感想

ネタバレ解説
ドラマ「リッチマン、プアウーマン」のあらすじは、IT企業の社長であり億万長者でもある日向徹が、東大生でありながら就職難でいまだに内定をもらっていない澤木千尋と出会い反発しながらも惹かれ合うラブストーリーである。日向徹は傍から見ると恵まれた生活をおくっているが、母から捨てられたという心の傷を抱えている。日向から見ると千尋は就職すらできず、貧乏な生活をおくっているので最初は見下していたが、一緒に仕事をするうちに反発しながらも自分になりないものが彼女の中にあると気づく。その後、日向は信じていた友人に裏切られるものの、千尋がそばにいるうちに大事な人であると認識しはじめる。お金持ちと貧乏な格差は、愛で乗り越えられるのかが見どころである。

■見どころコメント

20代男性
ドラマ「リッチマン、プアウーマン」は近年のドラマでは名作ではないでしょうか。 最初の序盤は全く気付いていませんでしたが、これはアップルのスティーブジョブズと同じ結末を迎えてしまいます。 自分で会社を設立したのに関わらず、会社内の役員たちに社長の座を下ろされますが、また新しい会社を設立し、再び古巣に戻るという。 この会社と恋愛をうまくマッチさせた作品です。しかしこんな性格の社長だと内面を知らなければやはり人はついていかないと思います。 小栗旬が花より男子以外の作品で一番輝いていた気がします。
30代女性
石原さとみさんと小栗旬さんの人気コンビのラブストーリーです。久々にラブストーリーを見たなって感じです。最初は嫌なやつだったけど、お互いに気になり出し…って王道な展開が良かったです。たまにはラブストーリーもいいなと思いました。
20代女性
小栗旬と石原さとみのコンビが不器用すぎて面白かった。その2人がお互い頑固で、想いを伝えることも下手くそすぎてじれったかったが、最後の最後で空港で気持ちを伝えあうシーンは素敵すぎて騒いでしまった。
40代女性
小栗旬さん、かっこよすぎてでしょ。あの顔とあのスーツを着こなすスタイルで会社を経営で大金持ち‥。世の中に勝てる人いるのか?ってほど完璧。性格は多少難ありとしても恋に落ちないわけはない。石原さとみさんもかわいいしねー。見ていて幸せな気分になるドラマです。
30代女性
当時韓流や海外ドラマが人気を集める中、久しぶりに日本のドラマが面白いと思いました。ドラマ「リッチマン、プアウーマン」最高です。石原さとみちゃんが可愛いかったです。ドラマ背景も現代風な会社だったり、ファッションもオシャレでした。記憶よ戻ってくれと願いながらみていました。
もっと見どころコメントをみる!
30代女性
それまで、石原さとみさんのことは、同性のひがみも若干あって好きになれませんでしたが、この『リッチマン、プアウーマン』を見て、そのかわいさに完全にノックアウトされました。これは、世の中の男性がコロッといってしまうのも仕方がないと思いました。
20代女性
小栗旬と石原さとみの掛け合いが面白かった。小栗旬の社長が雰囲気が似合っていてカッコよかった。このドラマを見て会社や就職活動の仕組みを知ることが出来た。あと極め付けは何と言っても石原さとみがめちゃ可愛いかっあ
30代女性
“このドラマを視聴して、都会的でオシャレな働き方とかスタイルとかに非常に憧れました。
登場人物のファッションもとてもステキだった印象です。特に石原さとみさんがリクルートスーツ姿からどんどん可愛く洗練されていくところにワクワクしました。”
30代女性
石原さとみと小栗旬が出ていた月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」仕事と恋愛を頑張る様子で面白かったです。最初2人は仕事仲間としていたけど、だんだんと恋愛感情が芽生えてきて見ていてドキドキしました。翌年にはスペシャルドラマも放送されて一度は別れたけど仕事の同僚に助けられて再び好きになったところは奇跡だったかなと思いました。
石原さとみ演じる真琴、このドラマの前まで私が勝手に抱いていた石原さとみのアタフタキャラが払拭されました。小栗旬が演じた日向は安定したツンツンキャラで、この二人のやり取りに毎回ドキドキモヤモヤしてしまいした。年々テレビドラマが昔のように面白いものが減っていってマンガ原作みたいなのが増えていたから、このドラマもどうかなと期待せず1話を見たら毎週欠かさず見るほどハマっていました。
20代女性
小栗旬と石原さとみの不器用な恋愛も描かれていて、仕事を良いものにしようとする小栗旬だが、人間関係はどうもうまくいかずだったが、石原さとみのあたふた女子と出会い、色々ありながらも付き合うまでの過程がハラハラドキドキして動画視聴してました。

各話のネタバレ

第1話
「リッチマン、プアウーマン」の主人公である日向徹(小栗旬)はNEXT INNOVATIONIT社長を務めている。8年前に学生会館の1室から会社をスタートし、あっという間に成功を収めた。その一方、澤木千尋(石原さとみ)は東京大学理学部卒という経歴を持っているにも関わらず、なかなか就職を決めることが出来ないでいた。そんな折、澤木千尋はNEXT INNOVATIONのある高層ビルの前で目を止める。センスの高い職場とそこで働いている人々の様子を見て、澤木千尋は思わずため息を漏らすのだった。全く逆の人生を送っていた日向徹と澤木千尋が出会ったことにより、物語は動き始める。この2人が歩む未来にはどのような出来事が待ち受けているのか。
第2話
NEXT INNOVATIONが手がけるパーソナルファイルのプロジェクトの会合で総務省の藤川真沙子(大地真央)は、出身大学の後輩でもある澤木千尋とウマが合い、政府の通信事業への参入が上手く進みそうな感じになっていた。そんなとき、東大の講演会に出席した藤川は、キャンパス内で千尋を見つけ、彼女がまだ学生でプロジェクトの一員ということが嘘であることを知ってしまう。別の会社の最終面接の日、朝比奈(井浦新)から、今からネクスト・イノベーションに来てくれないかと電話が入り、面接をフイにして駆け付ける千尋。会議の場でもう日向徹たちに政府の事業を任せられないと伝える藤川だったが、千尋はその後何度も総務省に行って、藤川に社員でなかったことを謝罪し日向の凄さを伝えようとした。すると藤川は、日向に「人々の生活を良くしよう」という熱意が感じられなかったから、一緒に事業はできないと言ったのだと千尋に伝えたのだった。
第3話
澤木千尋改め夏井真琴は晴れてNEXT INNOVATIONでインターンとして働くことになった。偽名の「澤木千尋」の名刺を貰った真琴は、友人に実は以前、母親を探しに来た日向徹と会っていて、その時に母親を知っているのに会わせてあげなかったことを後悔していると話した。翌日、真琴が会社に行くと若手エースの坂口(中野裕太)が解雇されてしまった。納得のいかない坂口に、日向は君には才能がないと突き放す。数日後、坂口は新しく作ったゲームを社長に見せて欲しいと真琴を頼って来て、それを見た日向は坂口に出資して会社を作らせると言う。その後、偶然レストランで会った日向と真琴は一緒に食事することになるが、そこで真琴は日向が母親を探しに来た過去を口走ってしまい…。それを聞いた日向はお前は何者だと問いただし、二度と顔を見せるなと吐き捨て去って行ったのだった。
第4話
日向徹はシステムの開発を進めていたが、想像通りにいかずいらだっていた。日向にクビを告げられた夏井真琴は、償いのため区役所の前でアンケート調査を行うが、調査を行ったことで詐欺の疑いを受け警察に連行される。日向が真琴を迎えに行くこととなり、その後会社でパーソナルファイルのテストを受けさせるが、上手く操作できない姿を見て、誰でも簡単に操作できるものを作らなければならないことに気付く。パーソナルファイルを再構築を行っている間、真琴は日向に母親である澤木千尋の住所を伝えるため、附箋に住所を書きオフィスの壁に貼り付けた。
真琴は改めてインターン生として受け入れられ、本名である「夏井真琴」として紹介されるが、日向は大手通信会社JIテックとの業務提携を白紙に戻してしまい、朝比奈は日向に不信感を抱く。日向は朝比奈燿子(相武紗季)の店で食事を行い、燿子は二人が9年前に出会っていたことを伝えキスをするが、真琴は二人の姿を目撃しショックを受けるのであった。
第5話
日向徹は自分で作ったパーソナルファイルを総務省に認めさせるために、運用実験をある農村で行なうことにした。工業デザイナーでありトマト農家として成功している青山誠人(片岡鶴太郎)が、夏井真琴とメル友であったことがきっかけだった。しかし時間が経ってもその住人たちはパソコンを使用しようとしなかったため、十分な運用データを得ることができない。さらにライバル会社がより大きな規模で参入してきたことがわかると、役員たちにパーソナルファイルの運用中止を宣言されてしまう。またそれとは別に、朝比奈恒介が何者かに階段から突き落とされて入院することになる。そんな彼に日向徹は、NEXT INNOVATIONの社員だった遠野秋洋(綾野剛)と会ったことが伝えられるが、実は朝比奈の自作自演だった。さらに500万人の個人情報が流失する大自体になっていく。
第6話
日向徹は個人情報流出で会見を開き、経路は警察の協力を得て調査中だが外部侵入の形跡はないと報告するが、株主総会が迫る中で株価は下がり社員たちは動揺する。大量の個人情報を持ち出せたのは会社に在籍した人物以外いないと結論し、社員の検問が行われて監視カメラも確認するが疑わしい人物は見つからない。実は、朝比奈が元社員の遠野秋洋と共謀したクーデターで、山上芳行(佐野史郎)は騒動が収まるまでパーソナルファイルの件は保留として夏井真琴に総務省に騒動の件で探りを入れるように指示する。朝比奈は後2週間で契約が終わる彼女に任せられないと言い、真琴はやらせてほしいと言うが日向徹にも一蹴される。そして朝比奈は真琴への好意を伝えたのだった。
レストランの客入りが良くない朝比奈燿子は、余った食材を使った料理教室を発案してライバルのシェフ乃木湧太(丸山智己)へメニュー考案を依頼し険悪だった二人の仲も少しずつ変化していく兆しが見えてきた
第7話
NEXT INNOVATIONは株価が暴落していたが、代表取締役である日向徹は自分の株を担保に被害者への謝罪金を出すことにして、徐々に株価も上昇していった。一方で真琴は大手企業の研究員の話が舞い込むが、日向徹の元で働きたいと伝える。顔を合わせれば嫌味を言ってきた日向に対しても恋愛感情が芽生え始めていた。ところが日向徹は取締役会で山上より社長解任動議出されたことによって社長辞任となってしまう。これは全て朝比奈が仕組んだ罠だったのだ。そして日向の代わって新社長となった朝比奈は、日向に本日付で解雇メールを送ったのだった。
第8話
日向徹は、自分自身が創立した会社の社長の地位を解任され、さらに解雇されてしまった。辞任することを記者会見で発表した日向徹は、朝比奈恒の居る場所に出かけ詰め寄ったのだ。お前がしたことなのかと尋ねると、朝比奈は馬鹿にした態度で認めた。日向徹は複数の社員と共に新しい会社を創設しパーソナルファイル開発を宣言したのだが、パーソナルファイル事業がJIテックと提携していくという記者会見をテレビで目にし、社員にも引き抜きを断られ、怒りに狂う。真琴は研究員の話を進めているなか、朝比奈からNEXT INNOVATIONの正規採用を持ちかけられていたが、日向についていくと決めた。二人で新しいスタートの日となった。
第9話
朝比奈恒介に裏切られた日向徹は、夏井真琴と新たな会社を作った。事務所も決まったのだが、気力はない。さらに3億円あった日向の貯金は、数ヶ月で15万円になっており、真琴は日向の金持ちマインドを矯正しようとする。一方で朝比奈は、総務省事務次官である藤川真沙子から、自身が作ったホームページを酷評され日向が作ったものの方が良かったと言われてしまう。そして、突然呼び出されて藤川からパーソナルファイルの問題点を指摘され全て暗記した琴美は、壁一面に課題を貼り、それをみた日向は目が覚め凄まじい集中力で仕上げていく。極秘でパーソナルファイルを修正したのが日向だとわかった社員の安岡(浅利陽介)たちはNEXT INNOVATIONから日向についていくことを決意し、「ワンダー・ウォール」が誕生する。そしてテレビでは、データ流失の疑いで朝比奈が逮捕されたというニュースが流れていた。
第10話
会社の社長の朝比奈恒介が逮捕されて、前社長の日向徹も地検に呼び出され事情聴取を受けることになり、遠野秋洋が情報をリークした事実がわかる。遠野は金が欲しかった訳ではなく、日向と朝比奈に「敵に回すべきではなかった」と認めてもらいたかったと話す。
日向徹と夏井真琴は営業を熱心に回り、取引先に頭も下げられるようになって人の名前も覚えようとして人が変わっていき会社は雑誌に取り上げられるまで成長する。そんな時に山上が日向を訪ねて、元の会社に戻ってきてほしいと頭を下げる。真琴はここ最近の日向の変化を喜ぶが、成長した彼は凄すぎて一緒にいるのが辛くなり距離を置くために会社へ出社しないで製薬会社の研究所でアルバイトをすることにした。彼女と連絡が取れないことに文句を言っていると、寺の住職の笛木に人に近すぎると心を乱されて嫌な自分になるが、それを含めて相手を受け入れることそれが一緒にいることではにかと諭される。日向は燿子と実母のいる洋食店にいくことになり、自分が息子だとは言わずにその場を後にした。
第11話
日向徹は、朝比奈の戻る場所を守るためにも倒産危機のNEXT INNOVATIONの代表取締役に復帰した。真琴は勤務先の会社からブラジルへ行くことを命じられ、それを聞いた日向は動揺し二人は喧嘩になる。朝比奈と面会すると、朝比奈は日向に会社を裏切ったことを詫びる。日向徹は倒産しそうな会社を救うべくJIテックに行き、パーソナルファイルを作らせてほしいと頼み込む。JIテックの社長は、まず運用実験を行って実績を出せば資金も出すと言う。その運用実験に見事成功し、日向徹は会社の危機を切り抜けた。
ブラジル行きを決めた真琴が航空ゲートに並んでいるところに、急いで日向徹がやってきた。そこでお前のことが好きだと告白する。離れていてもそばに感じれるようなものを作っていくのが俺の仕事だ、だからお前はブラジルに行け、と言ってキスをした。
19か月後、NEXT INNOVATIONに朝比奈が復帰し、日向とビデオチャットでやり取りしていた真琴も「ただいま」と言って帰って来た。
スペシャル
真琴がブラジルに行って遠距離恋愛をしていた二人だが、お互いニューヨークでの仕事の予定があり、久しぶりに会える時間を楽しんでいた。その後、ブラジルのカーニバル休暇のために日本に一時帰国し日向の家にしばらく泊めてもらうことに。しかし生活感があることを嫌う日向と、真琴の価値観が大きく違うことに気づかされる。自分の勤務している会社が買収により、勤務先が今後ボストンになることを知った真琴は日向の側にいたい思いもあり相談しようとしたが、ピリピリモードの日向と喧嘩になり部屋を出て行ってしまう。一方、朝比奈は出所しひっそり暮らしていた。日向は朝比奈に復帰してほしいと望んでいたが難航していた。JIテックが経営破綻し状況が大変な中、NEXT INNOVATION社員同士の結婚式に真琴も日向も参加する。そして夫婦をみて日向は自分たちはああいう風にはなれない、戦友だったのかもしれないと別れを告げた。真琴も泣きながらボストンへ旅立つことに。
その後、事業拡大で再びニューヨークに訪れるも交渉が難航していた日向のもとに朝比奈が現れ、ピンチを救ったのだ。再び組むことになった二人。そしてほんの少しの間、日向がボストンにいることをNEXT INNOVATION社員が真琴に伝え二人は再会する。そこで本音を言い、お互いが思い合っていたこと知り、やり直すことを決意する。