【勝つのは権力側の真実か!?】第8話・ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第8話】ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】動画視聴リンク

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」は
VOD配信サービス「ビデオパス」で第1話から全話までフル動画配信中です。

「ビデオパス」は完全無料で視聴が可能です!
初回は30日間は無料で、無料期間中に解約すれば本当に無料視聴が可能に!解約金などは一切なし☆

「ビデオパス」おすすめポイント!

  1. VOD配信業界【最安値】の低料金!!月額「562円(税抜)」
  2. ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど【1万本】の豊富なラインナップで動画が見放題!!
  3. 最新映画などに使えるお得な540円相当のビデオコインが【無料】プレゼント!

↓お得な「ビデオパス」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第8話 見逃し動画 2019年9月05日(木曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は9月05日放送後〜9月12日放送開始直前まで)

※TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『ビデオパス』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

ビデオパス

■動画共有サイト検索
<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第7話】ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

▶︎【最終回/第9話】ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」を見逃し動画無料フル視聴はこちら

【第8話】ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」の詳細

■第8話・あらすじ

人気歌手・北見永士(横山涼)を毒殺した罪で服役するも不審死を遂げた宮島清花(柳美稀)、そして実際に永士の飲み物に青酸カリを入れた所属事務所社長・会田幹彦(猪野学)。2人と共謀した主犯は次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光)の娘・島崎楓(森川葵)であり、彼女こそが北見を窒息死させてとどめを刺したに違いない――。北見の喉から見つかった青い繊維と照らし合わせ、そう確信する「日本法医学研究院」の解剖医・柚木貴志(大森南朋)。だがその矢先、真実の鍵を握る会田が死亡してしまう! しかも、ホテルの部屋から飛び降りたと見られる会田の遺体は、島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)の要請で、島崎と裏でつながる「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)が解剖することになり…!?

 その頃、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は会田の死に島崎サイドが関与していることを立証し、追い詰めようと計画。まもなく千聖の部下・高橋紀理人(高杉真宙)が、死亡推定時刻範囲内に会田の宿泊階で、楓らしき女が目撃されていたことを突き止める。だが、翌日に迫った司法解剖で伊達が自殺と判断すれば、捜査の続行は不可能だ…。自らのキャリアをふいにする可能性を視野に入れながらも、真実追求の覚悟を決めた千聖は、島崎の妨害を封じ込める“禁じ手”を実行することに! 一方、柚木はある切り札を盾に、伊達の助手として会田の司法解剖に参加。当然のごとく2人の解剖所見は食い違いを見せるが、その直後に伊達が耳を疑う言葉を発し…!

 そんな中、楓がついに任意聴取に応じる。だが、そこには“思わぬ落とし穴”が待ち受けていた――。

【出典:ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」第8話あらすじ

■キャスト

柚木 貴志(ゆずき・たかし)(43)
大森 南朋
 「日本法医学研究院」の解剖医。権力に屈することなく真実と正義を追求する、愚直なまでに真っ直ぐな法医学者。「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭の一番弟子で、解剖の腕は超一流。すこぶる口が悪くて偏屈な無頼派だが、表になかなか出さない胸の奥底には、人としての温かい心が宿っている。

関連記事:大森南朋が出演するおすすめドラマ5選

和泉 千聖(いずみ・ちさと)(43)
松雪 泰子
 警視庁捜査一課の管理官。女性初の捜査一課長を目指す野心家。圧倒的な男性社会である警察組織の中で悔しさをバネに、必死に勉強して今の地位まで這い上がってきた。勝ち気で、芯が強い。柚木貴志とはかつて恋人関係にあり、一時は婚約もしていた。普段は冷静で落ち着き払っている大人の女性だが、酒癖が悪い。

中園 景(なかぞの・けい)(26)
飯豊 まりえ
 「日本法医学研究院」の新人解剖医。真摯に法医学と向き合う女性。尊敬する「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭の一番弟子である柚木貴志のもとで、自ら弟子になることを志願。柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく、打たれ強く天真爛漫な女性。実は、過去に身内がある事件に巻き込まれており…!?

高橋 紀理人(たかはし・きりと)(26)
高杉 真宙
 警視庁捜査一課の警部補。千聖の部下。女たらしの一匹狼。若手ゆえに経験値はまだまだ浅いが、刑事としての勘が冴えており、仕事は優秀。千聖の迫力に時折ビビりながらも、臆することなくズケズケと物を言うなど、かなり生意気だが、なぜか憎めない新世代刑事。

伊達 明義(だて・あきよし)(52)
仲村 トオル
 国立大学の法医学教授。「真実とは勝者に与えられるものだ」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男。自らの保身のためなら、時には解剖結果の改ざんもいとわない。かつて兵藤邦昭と「日本法医学研究院」院長の座を争って負けたが、今もなおその椅子を虎視眈々と狙っている。

■公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」視聴者からのネタバレ解説・感想

ネタバレ解説
国民的人気歌手の北見永士が所属していた事務所の社長がビルから飛び降りて死んだ!カギを握る人物がまたもや死んでしまい、管理官・和泉と刑事・高橋の捜査は難航する。社長の遺体解剖が日本法医学研究院長の伊達がすることに決まる!また解剖結果を自殺と捏造されないために、柚木は助手として解剖に参加した。柚木は遺体の側頭部にある傷を見て、「これはハンマーのようなもので殴られた傷です。」と告げる。その言葉を聞き、伊達は仕方なく「柚木先生の言う通り、側頭部を鈍器のようなもので殴られた後に、ビルから落とされたのではないかと考えます。」と話す。伊達の言葉に慌てたのは島崎の秘書だった!「自殺として処理してくれるのではなかったのか!」と声をあらげる秘書に対して伊達は冷ややかに「殺害したのが誰か何て分からない。もう少し言葉に気をつけてもらいたい。」と告げるのだった。

■感想

30代男性
人気歌手の北見を殺害しようとして失敗した芸能事務所社長の会田が事件の真相を話してくれればと新人解剖医の中園が話していたが、簡単に話してくれるくらいなら、北見の素行が悪くても金になる北見を殺害しようとはしないだろと動画を見て思ってしまう。
30代男性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-で中園の妹の優が長い間意識が戻らないまま、人工呼吸器に繋がれていたからか、心臓が弱まっていると父親の陽一が話したが、中園の言葉に反応したように妹の優が涙を流した所を見たために諦めきれない気持ちになるのはよくわかるが、父親の陽一が言うように助けるにもお金がかかるのが一番キツく辛い所だ。
30代男性
院長の伊達が会田の死亡推定時刻を解剖の時には19時だったのが、記者会見では23時と言い出した事に、さすがに解剖医助手の松沢たちも納得できない気持ちを持っている所は立派だったが、他の職員たちの弱腰には呆れてしまい、闇に葬られる案件が多くなりそうだ。
50代男性
社長の解剖に伊達と助手に柚木がついた。これで安心と思いました。記者発表で伊達は死亡推定時刻を改ざんした。それに対して助手に入った人達が死亡推定時刻は違うと言うと、机を叩いて脅した伊達はパワハラだと思いました。動画を見ながら酷すぎと思いました。
30代女性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-にて最後、柚木先生と楓が楓の家に居たところは、柚木先生殺されちゃうんじゃないかとひやひやしました。あの青いクマのおかげで楓が犯人だと決定するのか気になりました。また、中園景が家から出たところに伊達先生が居て証拠隠滅されるのかなと心配になりました。