【第1話から全話まで】ドラマ「SUITS/スーツ」を見逃し動画無料フル視聴しよう!(キャスト:織田裕二 / 中島裕翔)

SUITS/スーツ2
NEW!

織田裕二×中島裕翔「SUITS/スーツ」続編が決定!
<2020年4月スタート 毎週月曜 21時~21時54分>放送中。
▶︎詳しい情報はコチラから◀︎

帝一くん
アメリカで大人気の連ドラ『SUITS/スーツ』が織田裕二主演で月9に登場!元検事の敏腕弁護士・甲斐正午を演じる。エリート弁護士と天才的な記憶能力を持つフリーターが手を組み、あらゆる手段で勝ちに行くリーガルドラマです。

この記事では、ドラマ「SUITS/スーツ」「SUITS/スーツ2」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

放送情報

2020.04.21追記→第3話以降の放送が延期となりました。放送日はまた追って更新します。

次回放送日の4月27日(月)21時からは『コンフィデンスマンJP』が放送されます。

▶︎ドラマ『コンフィデンスマンJP』の詳細はコチラ

動画視聴リンク

大人気ドラマ「SUITS/スーツ」は「FODプレミアム」で
第1話から全話までフル動画を独占配信中です!

アメリカ版『SUITS/スーツ』もシーズン1〜7までフル配信中♪

フジテレビのドラマを視聴するなら
独占配信多数の「FODプレミアム」がおすすめ!

  • 初回は2週間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
☆「FODプレミアム」レビュー
30代女性
ドラゴンボールが観たくて契約しました。検索機能がついており、たくさんの動画の中から、すぐに観たいものが見つけられました。またドラゴンボール関連の動画もすぐにわかり、たくさん楽しむことができました。オープニングやエンディングの歌もきちんと入っており、子供の頃観てた懐かしい気持ちが甦ってきて、より楽しむことができました。あと、前回どこまで観たかがすぐわかるように記録されていて、それもとても助かりました。

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

ドラマ「SUITS/スーツ2」見逃し動画リンク


2020.04.21追記→第3話以降の放送が延期となりました。放送日はまた追って更新します。

■最新話/放送終了後1週間以内の場合の視聴(「第2話」配信期間は2020年04月20日(月曜)放送後〜次回放送開始2020年04月 日(月曜)直前まで)

TVer FOD見逃し無料

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▼【第2話】『SUITS/スーツ2』詳細
▼【第3話】『SUITS/スーツ2』詳細

■『SUITS/スーツ2』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
TVer ○(最新話のみ視聴可能) TVer詳細
FOD無料見逃し ○(最新話のみ視聴可能)
FOD無料見逃し詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2020.06.02

TVer▶︎民放テレビ局制作の公式番組コンテンツを無料配信の動画視聴サービスです。放送終了後、1週間以内は視聴可能です。フジテレビ、TBS、日本テレビ、テレビ東京などのドラマ、バラエティなどが視聴できます。

TVerの詳しい説明はこちら

FOD無料見逃し▶︎フジテレビの公式動画配信サービス『FODプレミアム』サービスのなかでの登録不要で無料視聴できるサービスです。フジテレビの放送ドラマやバラエティ、アニメも無料で視聴が可能です。1週間限定での視聴が可能です。

FOD無料見逃しの詳しい説明はこちら

ドラマ「SUITS/スーツ2」をFODプレミアムで無料視聴する方法

 ドラマ「SUITS/スーツ2」はフジテレビの公式動画配信サービス「FODプレミアム」で配信予定となっています。

「FODプレミアム」とは・・・
月額888円(税抜)の有料の動画配信サービスです。フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメ、映画など対象作品が見放題で視聴可能です。

「FODプレミアム」でドラマ「SUITS/スーツ2」を無料視聴できる方法をご説明していきたいと思います。

ドラマ「SUITS/スーツ2」を「FODプレミアム」で無料視聴してみよう

「FODプレミアム」は有料サービスですが、初回登録に限り『2週間無料』無料視聴が可能です。

この無料期間を使い、ドラマ「SUITS/スーツ2」を無料視聴しましょう!

無料期間は
【2020年05月11日】に登録すると▶︎【2020年05月24日】の翌日から月額料金が発生します。

「FODプレミアム」に登録すると無料期間中でも利用できるお得なサービスがあります。

・人気雑誌の最新号が読み放題。
・対象のマンガが無料で読める。
・見放題対象外の動画・書籍の購入に使えるポイントがもらえる。

詳しいサービスについては下記の説明をご覧ください。

 

 

■「FODプレミアム」電子書籍サービスについて

「FODプレミアム」は、書店やコンビニで置いてある有名雑誌などが100誌の読み放題サービスや、最新の人気漫画も電子書籍で購入して読むことができます。雑誌は「ザ・テレビジョン」「週プレ」「CanCam」「non-no」などが無料で読み放題です。漫画だと人気や話題の「鬼滅の刃」「ハイキュー」、映像化漫画の「モトカレマニア」「4分間のマリーゴールド」などが配信中です。

 

 

■「FODプレミアム」ポイントサービスについて

個別課金が必要な最新作映画やドラマ、電子書籍などが購入できる、最大1300円相当ポイントが無料でもらえます。

<新作>課金対象作品一覧

  • 名探偵ピカチュウ
  • 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>
  • 翔んで埼玉
  • L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。など

上記の作品がポイントで購入できます!!

※ちなみのiTunesからの登録の場合、ポイントはもらえないのでご注意ください!

ドラマ「SUITS/スーツ2」を無料登録と解約のやり方

初回2週間無料で無料視聴する方法は、事前に『Amazonアカウント』を作成し、Amazonを経由して登録します。

FODプレミアム対象作品が見放題!
・人気雑誌の最新号が読み放題!
・電子書籍の購入で20%ポイント還元!
・対象のマンガが無料で読める!
・見放題対象外の動画・書籍の購入に使えるポイントがもらえる!

■無料登録のやり方

無料登録ができるのは、「Amazon」経由のみです。

事前に「Amazon」アカウントの登録が済んでいる状態だと登録がスムーズです!

■登録手順まとめ

  1. FODプレミアム登録画面を開く
  2. 決済方法を選択(必ずAmazonPayでの決済方法を選択)
  3. Amazonのメールアドレスとパスワードを入力
  4. 確認ボタンを押して登録完了

FODプレミアム登録画面を開く

FODログイン画面

 

 

 

 

 

 

 

FODのサイトページには、上記画像のような「今すぐはじめる」と書かれたボタンがあるのでそれを押しましょう。

このボタンはページ内の複数箇所に設置してありますが、どのボタンを押しても大丈夫です!

ボタンを押すと下記画像のような、決済方法の選択画面に移ります。

 

 

 

 

 

 

この際必ず、『Amazon Pay』の決済方法を選択してください。

『Amazon Pay』での決済方法の選択しないと、無料視聴の特典が受けられません!

Amazonアカウントでのログインを促される画面が表示されます。

Amazonのメールアドレスとパスワードを入力

FOD Amazonログイン FOD Amazonログイン

Amazonアカウントをすでにお持ちの方は、Amazonのメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

まだAmazonアカウントを作成していない方は「新しいAmazonのアカウントを作成」ボタンからAmazonアカウントを作成することができます。

Amazonアカウントでのログインが完了すると、FODプレミアムの月額コース登録画面が表示されます。

確認ボタンを押して登録完了

FOD月額コース登録画面 FOD月額コース登録画面

月額コース登録画面には、FODの利用規約などが掲載されています。文面を確認してから「確認画面へ進む」ボタンを押しましょう。

すると最終的な確認画面が表示されますので、そこに表示されているボタンを押せば登録完了です。

無料期間への登録は以上です。

■解約のやり方

■解約手順まとめ

  1. マイメニューを開く
  2. 月額コースの確認・解約を選択
  3. この月額コースを解約するを選択

マイメニューを開く

FOD解約マイメニュー FOD解約マイメニュー

FODのWebサイトを開くと画面上部に「メニュー」ボタンがありますので、それを押しましょう。すると上記画像のようなFODのメニューが表示されます。

「月額コースの確認・解約」という項目がありますので、それを選択しましょう。

月額コースの確認・解約

FOD月額コースの確認・解約 FOD月額コースの確認・解約

「月額コースの確認・解約」画面には現在登録している月額コースが表示されていますので、あとは流れに沿って解約手続きを進めれば難しいことはないと思います。

解約手続きそのものは上記の通り難しくないのですが、知らないとつまずいてしまうポイントがあるのでお伝えします。

  1. アプリを削除しただけではFODを解約したことにならない
  2. 解約手続きはWebサイトからのみできる

特に2.の項目は要注意です。スマホやタブレットにインストールしたアプリからは解約手続きを行うことができません。

SafariやChrome、インターネットエクスプローラーといったWebブラウザからFOD公式サイトにアクセスして解約手続きを進めるようにしましょう。

この2点を押さえておけば、解約できないといったトラブルに見舞われることもないかと思います!

ドラマ「SUITS/スーツ2」出演者配信作品一覧

☆織田裕二

  • ラストクリスマス
  • 踊る大捜査線
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
    踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 正義は勝つ Justice・for・all
  • 東京ラブストーリー(1991)
  • 外交官 黒田康作
  • Oh, My Dad!!
  • 振り返れば奴がいる
  • 素晴らしきかな人生
  • 株価暴落
  • 監査役 野崎修平
  • アンダルシア 女神の報復
  • アマルフィ 女神の報酬
  • 県庁の星
  • 将軍家光の乱心 激突
  • ボクの妻と結婚してください。

☆中島 裕翔

  • 僕らのごはんは明日で待ってる

ドラマ「SUITS/スーツ2」の詳細

放送日時
4月スタート 毎週(月)21時~21時54分

イントロダクション

全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作とし、2018年10月期に「月9ドラマ」枠で放送した『SUITS/スーツ』が、2020年4月期の同枠で『SUITS/スーツ2』として放送されることが決定しました。

フジテレビ「月9ドラマ」枠は、1987年4月から放送を開始して以来、134作品のドラマを放送してきました。135作品目となる今作は、これまでの最長話数となる全13話(※注釈1)を超える“月9”史上、歴代最長の話数での放送が決定! 通常の話数より大きく拡大し、7月まで放送されることも決まっています(話数未定)。

原作は、アーロン・コーシュが企画し、「USAネットワーク」のために「ユニバーサル・ケーブル・プロダクションズ」が制作。ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台に、敏腕弁護士・ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)と 、彼の才能あふれるチームの面々がさまざまな訴訟に挑む弁護士ドラマで、ダグ・リーマン(マット・デイモン主演の映画『ボーン・アイデンティティー』シリーズ)、デヴィッド・バーティス(映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)、ジーン・クライン(ドラマ『コバート・アフェア』)が製作総指揮を務め、海外では「NBCユニバーサル・インターナショナル・フォーマット」のフォーマットとして配給されています。

前作に引き続き、主人公・甲斐正午(かい・しょうご)を演じるのは織田裕二さん。甲斐は、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーとして1、2位を争う活躍をする敏腕弁護士です。甲斐は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当する事務所の稼ぎ頭。自他共に認める優秀な男で頭も切れる反面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることも。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、1987年のデビューから33年のキャリアの中でも今作が初(※注釈2)。ドラマ、映画などでさまざまな役を演じ分け、唯一無二の存在感を放ち、第一線で活躍し続けている織田さんの初挑戦にぜひご注目ください。

甲斐との運命的な出会いをきっかけに、経歴を詐称してアソシエイト弁護士として甲斐と共に働くことになった、明晰な頭脳と驚異的な完全記憶能力を持つ天才青年・鈴木大輔を演じるのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん。中島さんが地上波の連続ドラマのシリーズ作品に続けて出演するのは織田さん同様、キャリア初のこと。シーズン1で高く評価されたナチュラルな演技力は今作も健在。誰にでも言いたいことを言う、青臭い正義感を持った鈴木大輔演じる中島さんにご期待ください。

キャスト

織田 裕二、中島 裕翔

新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美

吉田鋼太郎 他

原作、スタッフなど

  • 原作

The‘Suits’series by NBCUniversal.
Format licensed by NBCUniversal International Studios.
Original teleplay written by Aaron Korsh.
Based on characters created by Aaron Korsh.

  • スタッフ

脚本:小峯 裕之『SUITS/スーツ』、『世にも奇妙な物語』、『ビター・ブラッド』

演出:平野 眞『監察医 朝顔』、『5→9~私に恋したお坊さん~』、『HERO』

森脇 智延『SUITS/スーツ』、『ほんとにあった怖い話』シリーズ、『好きな人がいること』

星野 和成『チーム・バチスタ』、『都市伝説の女』、『トップリーグ』

プロデュース:後藤 博幸『SUITS/スーツ』、『5→9~私に恋したお坊さん~』、『ほんとにあった怖い話』シリーズ

荒井 俊雄『ルパンの娘』、『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』、『ココア』

制作著作:フジテレビジョン

<各話>ドラマ「SUITS/スーツ2」ネタバレあらすじ・感想

■【第1話】#1「新シリーズ幕開け!最強弁護士バディ」

ネタバレあらすじ
幸村.上杉法律事務所の敏腕弁護士の甲斐はボストンにいた大輔を呼び戻す。そして、元契約社員から訴えられた大手出版社の案件を任せる。一方、甲斐はロケットや航空機の技術開発を手掛けるクライアント三津谷から新開発したシステムの売却先を探し、最低価格100億円で交渉するよう依頼された。そんな折りかつて甲斐と事務所代表チカが弱味を握り、事務所から追い出した共同代表の上杉が復帰への意欲をのぞかせる。上杉の妻が亡くなり、チカや甲斐たちが葬儀に出席する。甲斐は、上杉に戻らないほうが良いと忠告する。チカは、大輔が最大の弱みだと言う。三津谷は50億円で売却すると言い張るが甲斐はなぜ急ぐのかと尋ねる。一方、大輔は、小説から答えを得ようとしていた。吉野は小説をまねようとしていた。大輔は小説家になるには書くしかないと言い聞かせていた。

■感想

30代男性
変わらず甲斐とアソシエイトの鈴木のコンビネーションは抜群で、争っている相手の極秘マニュアルを記憶していた鈴木が甲斐に伝えて、そこに極秘マニュアルがあるかのように説明していた甲斐の記者会見のシーンは最高でした。やっぱり前シーズンと同様に二人が活躍する展開は面白かったです。
 
40代男性
甲斐と大輔の名コンビのやり方で交渉を上手く持っていく流れからドラマが始まると思っていたのに、冒頭から逆に脅される危機的な状況を見せるとは予想外、トコトン視聴者を楽しませる構成がワクワクさせてくれ、甲斐が隠しカメラで撮影していたとは予想外、今回もギリギリな方法で甲斐の凄腕ぶりを見せてくれるとは面白すぎる。
30代女性
織田裕二さんと、加藤ミリヤさんのツーショットは、どちらも平均的な日本人の顔から、かけ離れているなと思いました。それにしても、加藤ミリヤさんは、なぜ今ごろになって、ドラマ出演をするのか不思議だなと思いました。
30代男性
やっぱり織田裕二と鈴木保奈美の共演というのは私の世代的に豪華で見ていて飽きません。でも今のところ二人に恋愛の要素がないのが少し残念です。幸村と甲斐のラブストーリーがシーズンが終わるまでにあることを期待して見続けようと思います。
 
40代男性
「SUITS/スーツ2」第01話を観て、主人公である織田裕二さんが演じる甲斐の活躍があったと思いました。米国だけではなく、日本人も交渉力があるということをしっかりと伝えることができていると思いました。
第1話のネタバレ考察

感想

ついに始まったスーツ第2シーズン。
シリーズ化が決定して事務所はこころなしか豪華になったような気が……
ガラス張りになって、それぞれの動きが隅々まで見えるようになりました。

そして、ゲスト俳優も反町隆史さんだったり、より豪華になっている!

スーツの特徴は弁護士事務所が舞台のドラマなのに、ほとんど法廷が登場しないこと。
法廷に持ち込まれる前までの水面下での交渉のやりとりがキモのドラマです。
冒頭の人気ロックグループの世界進出の交渉をやりきりました。

もともとが海外ドラマシリーズのオリジナルですが、その世界観を成立させているのが
小手信也さん演じる蟹江の存在でした。
「欧米か?」と言いたくなるほど、ハーバード出身を鼻にかけるなんかバタ臭い立ち居振る舞いが、あまり自己主張しないはずの日本人なのに、スーツワールドに引き込んでいきます。
今回、共同経営者の上杉が登場したことで、蟹江の動きが変わってきました。
前シーズンでは主人公甲斐とシニアパートナーの座を争って破れた蟹江。
上杉を抱き込んでNo.2の座を狙っているのは間違いないでしょう。

しかし、蟹江の秘書の馬場くんは名前は出てくるのですが、前シーズンでも一度も登場せず。休暇ばかりでいったいいつ出社してるんでしょう。

そして1シーズンでは名前だけで全く登場しなかった法律事務所の共同経営者が登場。
それがまさかの吉田鋼太郎さん。これ以上は無いキャスティングです。

葬儀の場面も、日本ぽくないアメリカドラマっぽい葬儀の場面。
細かいところをアメリカっぽい演出をしていることで、日本にはちょっとそぐわない訴訟や展開でも成り立たせてしまう効果があります。

自意識過剰と自己主張の強さが甲斐と上杉では似た者同士。
対立は避けられません。
上杉はもともとは自分が立ち上げた事務所なのに追い出されて、言わば創業当時のアップルのスティーブ・ジョブズのような存在なんですね。

その上杉の娘役は、ドラマ「3年A組」映画「ラスト・レター」に出演した森七菜さんです。
全然、似てませんが、この娘の存在が今後の展開にどう結びついていくのか気になります。

原作はアメリカドラマのシリーズなので骨組みはあるんでしょうけど、脚本家が交替してどうドラマが変わっているのか気になります。
ちょっと気取ったセリフのやりとりがクサイんだけど、クセになる感じでした。

オリジナルと比べると、オリジナルよりもセリフがキザ。
全然アメリカに負けてません。
それにさらにオリジナルよりカッコイイと言えるのが、キャストのかっこよさです。

織田裕二さん、中島裕翔さん、鈴木保奈美さん、中村アンさん、新木優子さん、その立ち姿の美しさはむしろ勝っていると言えます。

ドラマを見るうちに気になったのは、元々、中島さん扮する鈴木大輔はニセ弁護士でした。
ハーバードに2年いたことで、ちゃんと弁護士資格を取得したのか?
ブランクの間にどんな展開になったのか全く分からずどうなったのか気になります。

今回は、小説の盗作騒ぎでした。
日本の小説では、結構ネタかぶりやシチュエーションが似ているのは、当たり前。

でも欧米ではアイデアの盗用でも権利を主張することができます。

日本では著作権の問題は詩などがそのまま使われていないと成立しません。
甲斐が扱っていた特許案件も、盗作問題も訴訟までいかず和解交渉で成立させました。

次回の展開

第1回ラストで上杉が復帰。
甲斐と幸村以外は歓迎モードのようです。
蟹江は必ず上杉側につくにちがいありません。
鈴木がニセ弁護士であることがバレたら、上杉はそこをつついて来るでしょう。
弱点を封じるために鈴木が解雇?
まあ当然だよなと思いながら、これじゃドラマが続かない。
どうやってこの危機を脱出するかが見ものです。
冒頭から波乱含みの展開になってきました。

次回はゲストに黒木瞳さんが登場。
やっぱりゲストが豪華になっています。

■【第2話】#2「敵は最強の看護師」

ネタバレあらすじ
幸村・上杉法律事務所から事実上追放された上杉が復帰した。上杉はスタッフ全員の前で自身の身勝手さを謝罪する。そして妻の死をきっかけに心を入れ替える事を宣言する。一方でチカは上杉に弱みを掴まれる前に大輔の解雇を甲斐に命じる。しかし、甲斐はそれに応じなかった。そして甲斐は東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるようにと言われる。甲斐は大輔を伴って組合のリーダーである安田という女性に会いに行く。なんと安田は弁護士も付けないで交渉の場に来ていたのだ。甲斐達は看護師の賃金5%アップを提示してきたが、安田は病院の投資とAIシステムの導入の話をしてきた。そして賃金の15%アップを逆に提案してきたのだった。

■感想

30代男性
コロナの影響でほとんどのドラマが延期になる中でこのドラマが放送できている理由はなんなのでしょうか。おそらく途中で中断するのでしょうけど無理に始めないでよかったんじゃないかと思ったのですが、やっぱり新作が見たかったので嬉しいですね。
30代女性
今回のストーリーは、病院が舞台になっているので、番組制作が大変だっただろうと思いました。でも、今の実際の世の中は、看護師がストを決行するということがあれば、既に医療崩壊しているとも言われている、医療機関は壊滅的な状況に陥ってしまうだろうと思いました。
30代女性
幸村は表向きは再度事務所に帰ってきた上杉を歓迎しているように見えますが、実際は重要な案件は彼には任せないとかなり警戒しているように見えます。一度は追放された上杉なのでそこまでされる何かトラブルがあったのでしょう。それがなんなのか気になるところです。
30代女性
代表が上杉先生に対して復帰を歓迎すると話していて、2番手としてここにいるとみんなに話していてトップ争いが怖い。かい先生と代表にプレッシャーをかけていて、上杉先生に重要な案件は渡さないという話が、怖い。
30代女性
以前一緒に働いた上杉が妻の死をきっかけに戻ってきましたが、彼も一見真面目そうに見えてなんだかクセの強そうなキャラクターだなと思います。そして事務所を追放されてしまったのはどういう経緯があったのかも気になるところです。

ドラマ「SUITS/スーツ2」視聴者からの期待のコメント

30代女性
今回も前作と変わらず織田裕二×中島裕翔のタッグなのでとても楽しみである。しかも今回は「月9」枠としては歴代最長の放送回数となる予定だそうで今からどんなストーリーになるのかとてもワクワクしている。公開されたビジュアル写真は日本のドラマと思えない質の高いビジュアル写真でみんな美男美女すぎてみてるこっちが恥ずかしくなるくらいだった。そして背中を向けている人は誰!?どんな役を演じることになるだろう、、ととても気になって背格好が似ている俳優さんを考えています。前回は終わった後映画化にならなかったので今回はドラマが終わったらぜひ映画もしてほしい。
もっと期待の声をみる

30代女性
やっぱり織田裕二さんは二枚目俳優さんだと思いました。色々ドラマや映画にも出てきましたがスーツは大人の魅力を感じました。そして、仕事が出来る方をイメージして演じてくれるキャラクターがしっくり来ました。仕事をする上での姿勢は表情からなんだなと思いました。このドラマを見ていると会社の仕組みがなんとなくわかりますが社会勉強が出来ると思いました。会社を運営するための契約ってややこしいと思います。人材を確保するためにはスキルが必要です。会社に拒否されても頑張って歯を食いしばってでも自分を売ろうとする姿勢は良かったです。

30代男性
「SUITS season2」では前作と同様に、主人公の弁護士とともに仕事をしていくことになる経歴を詐称している弁護士の存在が注目です。謎めいた部分もあるような人物ですけど、能力は非常に高いということが特徴で、特に記憶能力にはとても長けているという部分の有能さが光るのです。したがって、この経歴を詐称している弁護士が主人公を含めて、いろいろな人物に影響を与え、ストーリーを面白くしていくのではないか?と思います。ドラマなどで謎がある人物がいたときには、確実にストーリーをかき回していく存在だと思いますから。

30代女性
前作は観たことがなかったのですが、織田裕二が続投を決めたというドラマなのでかなり気になっています。彼は作品へのこだわりが強いので、続投するかどうかは彼の意思が最大限尊重されたり、彼が合わないと思ったキャストは再共演しないと聞いたことがあります。そんな彼がほぼ同じキャストでやりたいと思ったのですから、かなり面白いのだなと期待しています。内容もクレバーで、ストーリー展開を楽しんだり、自分の現実的な世界とはほど遠い頭が切れる人たちのやり取りを観て感心できそうです。また、そんな頭脳プレイだけではなく、社内の人間関係も複雑そうなので、一つの作品として楽しめそうです。

20代女性
続編が始まるということでワクワクしています。続きがあるということは面白く反響があったドラマだったという証拠だと思います。また中島裕翔さんと織田裕二さんのコンビが見られるのは嬉しいです。前回と違うキャストが出てくるのか、そして何年後が描かれているのかというところが気になります。勿論前回と変わらないところがほとんどであってほしい気持ちもありますが、何か新しい風をふかせてもらいたいなという思いもあります。そして、今回は恋愛的要素を色濃く出してもらいたいなという願望もあります。やはり月9にはしっかりと恋愛ドラマを見たいです。

30代女性
エリート弁護士と天才フリーターという反対なようでどこか近しい2人が展開するストーリーにドキドキします。織田裕二さんの熱い演技はもちろんですが、小手伸也さんの圧巻の演技力と新木優子さんのできる女感が抜群で、真琴と大貴の今後の展開にもわくわくしています。何よりも國村隼さんのなんともいえない渋い魅力ある演技が随所でアクセントとなり、味を出しているのでもっと出番があるといいのに、と思っています。ストーリーはもちろんのこと、それぞれの人間関係がどう変わっていくのか、心の葛藤にも注目して見て行きたいと思います。

30代女性
中島裕翔さんは、どんどん演技力がアップしているので、前作では、役のとおり、ちょっとおどおどしたりしている部分がありましたが、今回は、キャリアも積んで、織田裕二さんからも認められる弁護士としての働きを見せてくれるのではないかなと期待しています。韓流ドラマの「SUITS」も見ましたが、織田裕二さんも中島裕翔さんは、チャン・ドンゴンさんとパク・ヒョンシクさんをはるかに超えるかっこよさで、そのかっこよさは、原作にも負けないくらいだと思います。今回も、織田裕二さんのばりっと決まったスーツ姿を見るのが楽しみです。

20代女性
前作も見ていて、鈴木君と甲斐先生の会話のテンポが良く、お話も痛快なものが多かったので、season2も月曜日から爽快な気持ちにさせてくれると期待しています。鈴木君はアメリカに行っていたようですが、なぜまた戻ってくる気になったのか気になります。そして日本で弁護士になれる道があったらいいなと思っています。甲斐先生と他のキャストとの掛け合いもまた面白くなりそうですし、ゲストも豪華なようなので、ゲストとの掛け合いも楽しみにしています。依頼者や相手の弁護士の意表をつくために、どんな戦法で2人が挑んでいくのかとても楽しみです。

20代女性
春の新ドラマの月9に「SUITSseson 2」が始まるのを聞いたとき凄く嬉しかったです。出演者の方々も豪華俳優陣で絶対見なきゃ損だと思います。第一話ではゲストに「玉城ティナ」さんが特別ゲストで出演するので楽しみです。出版社相手に訴訟を起こそうとする役どころなので見どころだと思いました。中村アンさんの大ファンなので久々のドラマ出演なので期待しています。モデル出身の女優さんが多いのでその方たちのコーディネートを見るのがとっても楽しみです。小手伸也さんはいつも独特の演技でいい味を出してくれるのでスーツでもきっといい味を出して大活躍してくれると思います。

30代女性
織田裕二さんが帰ってきましたね。先日、ドラマの番宣を見ましたが、織田裕二さんはかなり気合十分な様子でした。ちょっと若手が付いてこれてない感じもありましたが。今作もかなり飛ばしそうですね。このドラマは二人の関係性がめちゃくちゃ良いんですよ。バディものが最近流行っていて、今春のドラマもバディものがたくさんあるので、負けずに頑張ってほしいなと思います。個人的に、海外から帰ってきた中島裕翔くん演じる大輔がどれくらいパワーアップしているのか楽しみですね。一回りもふた回りも大きくなって、織田裕二さん演じる甲斐を振り回して欲しいなと思います。

30代女性
2018年に放送されたときから、シリーズ化されたら良いなと思っていたので、予想より早いセカンドシーズンが見られるのが、とても嬉しいです。織田裕二さんと鈴木保奈美さんの息の合ったやりとりは、さすが「東京ラブストーリー」で恋人役をやっていただけあるなと感心させられたし、中島裕翔さんも、織田裕二さんにこき使われながら、必死に頑張る姿もとても好感が持てます。セカンドシーズンでは、さらに成長した様子が見られたら良いなと思います。そして、少しは、高いスーツも似合う男になっているのかにも、注目したいなと思います。

40代女性
幸村・上杉法律事務所の、上杉が登場するスーツ2は楽しみです。幸村と上杉のバトルが繰り広げられそうなので、幸村と甲斐で上杉に負けることなく、事務所を守ってほしいと思います。無資格弁護士の鈴木大輔は、上杉にバレることなく甲斐とタッグを組めるのか気になります。無資格でありながら、天才的な頭脳で甲斐をサポートしていた、大輔の暗記力は素晴らしかったので、スーツ2でも観られるのを期待しています。甲斐と蟹江の掛け合いが面白いので、スーツ2でもたくさんのシーンがあるといいなと思います。大輔と聖澤の恋愛模様も気になるので、スーツ2で進展することを期待しています。

40代男性
前回同様、偽弁護士役で、いろんな難事件と言うか?難事な弁護が待ち構えているのか?最終的に偽弁護士は、弁護士になれるのか?前回偽弁護士は、何かの事件に巻き込まれて弁護士になれない中にも難事を解決していたのを覚えています。
今回は、上司役だった鈴木保奈美から反町隆史が上司と言う事もあって今回は偽弁護士がばれる可能性もあり得ますかねぇ!今回も、難事件の弁護が織田裕二上司である偽弁護士役の中島裕翔とのやり取りも面白かったのを覚えています。それと、問題を起こした偽弁護士役の中島裕翔は本当の弁護士になれるのかも、しれないと期待しています。

20代男性
前作を見たことは無かったのですが、ストーリーを読んで大変面白そうだと興味が湧きました。違法行為の際どいところを攻める敏腕弁護士と、六法全書を二回読んだだけで全部記憶してしまうほどのフリーター。天才と呼ばれるキャラが出てくるドラマやストーリーに目がない私なので、これだけの文言でも十分に惹かれました。コンビを組んだ二人がどのようにして、それぞれの特徴を生かした戦略を取るのか、とても気になります。法律事務所が舞台なので、スーツのお洒落さも気になるところです。それに加えて、演じる男優・女優の方々も有名どころの一流なので、演技にも注目してみたいと思いました。

50代女性
「SUITS season2」がついに始まりますね。前作はとても面白かったので、前作が終わった後にロス感におそわれて原作のアメリカ版を全て見てしまいました。日本版とは微妙にテイストが違うけれど、やはりこのドラマは面白いです。日本版のseason2も待っていましたよ!個人的には織田裕二さんが演じる甲斐は原作より良いと思います。独特のムードがある分クスッと笑えてしまいます。中島裕翔さんの素直で爽やかな感じも大好きです。2では恋愛面の進展もあるでしょうか。新木優子さん、今田美桜さんとの三角関係は贅沢過ぎます!SUITS season2、すごく期待しています。

30代男性
主人公は勝つためには何でもやるという勝利至上主義の弁護士で、その弁護士がパートナーとなる若年の弁護士を選ぶことになるわけですが、その相手となったのがフリーターをしながら、替え玉受験でお金を稼いでいたという人間だったのです。この2人が中心人物として描かれるドラマになっていますけど、共通点がまるでないような、パートナーとして適格なのか?と思えるような状況であるため、ストーリーがどのように展開していくのか?は全く読めない状況となっています。したがって、その点こそがこのドラマの魅力なのではないか?と思うのです。

30代男性
シーズン1ではアメリカ本家の設定を重視しながらも日本的な要素を多く取り入れていたので、シーズン2でも日本らしいエピソードが描かれていることを期待したいです。そして、キャラクター性も織田裕二が中島裕翔を意外にも評価しており、かなり気を配っている様子がアメリカらしいドライな関係とは違っていかにもコンビという感じがよかったです。そして、今田美桜が気になります。シーズン1ではめっちゃ可愛くてキュンキュンしてしまい、特に8話での身長差によるキスにはメロメロにされたので、再びそのようなシーンを期待してしまいます。

30代女性
織田裕二さんと中島裕翔の名コンビが帰ってきたことだけでも期待ができます。変わり者でエリート弁護士と、記憶力がずば抜けていい男の組み合わせが最強で、どんな件でも勝という姿が見ていてスッキリしていました。今作も期待しています。また、織田裕二さんと小手伸也さんとの同期でライバルのやりとりが、好きでした。2人とも絶大な自信を持ち争う姿が楽しかったたので、また見れることを期待しています。それに中島裕翔さんと新木優子さんの恋愛模様も気になります。以前はなかなか進まなかったので、今作では少しは進展があるのではないかと予想します?

30代男性
織田裕二さんのドラマは大好きで必ず初回の放送は見ると決めています。今回のこのスーツも絶対に見る予定です。前回の続編らしいのですごく楽しみです。やはりこのドラマは海外ドラマがオリジナルにありますからある程度はそのストーリーに則って進んでいくのでしょうが、日本オリジナルの話もたくさん入れて欲しいですね。それだとオリジナルのファンの人が起こる可能性もありますが、せっかく日本版を作るのですからある程度変えてもいいのではないでしょうか。あとまた織田さんと鈴木保奈美さんの共演が観れるのですごくワクワクします。

30代男性
前作のシーズン1ははじめの1話しか見たことがなかったので内容についていけるかどうか少し不安ですが織田裕二さんと鈴木保奈美さんの再共演という価値があるドラマですから次のシーズンは必ず初回から見てみようと思います。このドラマを見たことで今田美桜さんの存在も知ることができたのでかなり重要なドラマだったと認識しています。海外ドラマのリメイクだと聞いたので海外のドラマの評価のことは気にせずに独自の日本版スーツを描き出して欲しいです。海外のテイストに寄せると、どうしたってアンチが湧いてきますからオリジナリティを重視して欲しいです。

30代女性
前回の「SUITS」でこのドラマの大ファンになりました。
そして、学生の時に見ていた小学生だった中島裕翔くんが背が伸びて大人の色気のある素敵な男性になっていてすっかりファンになりました。鈴木の頭のいいキャラクターもイメージにぴったりでseasom1もかなり楽しめました。織田裕二さんと中島裕翔くんの絡みがとても面白く、2人のチャーミングなやりとりもまた見れるのが楽しみです。中島裕翔くん演じる鈴木もseason1よりもきっと弁護士として成長していますし、ファームのみんなもあれからどうなったかすごく気になります。4月が待ち遠しいです。

40代男性
こんなに早く戻ってくるとは!というのが本音です。前回の前評判では「月9」のカンチ・リカに注目が集まっていましたが、その世代の私は意外と「ドラマの中身」に注目していました。そこでの発見は「織田裕二の役柄(キャラ)」ですね。完璧な敏腕弁護士と思いきや、少し強引で、ほんの少しだけどスキがあり。でもその隙間というか幅が非常に楽しみでした。おそらく第2シリーズはあると思ってましたが、その各役者+その他役者のスキルの幅、役柄の幅に注目したいです。これは期待なのですが是非「最強の強敵」をが出てきて欲しいです。前回以上の。よろしくお願いいたします。

50代女性
SUITS、あれから1年半くらいでしょうか、待望の続編でとても嬉しいです。俳優織田裕二さんの以前からのファンです。フジテレビと織田さんは相性がいいと思います。踊る大捜査線やお金がないとか大好きでした。このSUITSもストーリーが面白いし、キャストがとてもスタイリッシュでおしゃれですよね。中村アンさんや鈴木保奈美さんなど見ているだけでも素敵な女優さんがたくさん出演されているので、ものすごく楽しみです。ただ、SUITSのポスターが解禁になりましたが、後ろ向きに映っている人がいるのが気になります。誰だろう?、ますます楽しみです。

20代女性
シーズン1が面白かったから、シーズン2も期待できる。海外ドラマではもっとシリーズも進んでいるとのことなので、今後も続けてドラマをしてくれるとすごく楽しみである。前回は中島が演じる役の一度観た文章を忘れないという能力をあまりうまく活かせていないように感じたので、次シリーズではそれを活かしてライバルの蟹江や検事たちとしっかり戦っていってほしいと思う。弁護士としての仕事の部分以外にも、悪友との関係・恋愛・親との関係などさまざまな問題が渦巻いているドラマで次シリーズは恋愛の相手などが変わったりするのかそういったところも楽しみの一つだ。

30代女性
SEASON1に続き、SEASON2でも、織田裕二さんと中島裕翔さんの2人が見られて嬉しいです。SEASON1では、まだ高いスーツは着こなせなかった中島裕翔さんも、自信をつけて、織田裕二さんにもひけをとらないくらいに、ばっちりスーツを着こなしてくれるだろうと思います。そして、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの2人の共演が、また見られるのも嬉しいです。お互いのことをよく知っている2人だからこその独特の空気感と、間の取り方などが、見ていてとても心地よいので、ちょっとオトナの会話ややりとりも見られると良いなと思います。

50代女性
メインの2人だけではなく、他のキャストも変わっていないようで良かったです。前回のイメージをそのまま繋げながらドラマを楽しむことが出来ます。鈴木大輔の弁護士詐称疑惑の問題はそのまま引き継がれていくことになるのでしょう。彼は確かアメリカへ行き、弁護士の勉強をしてくるということでしたが、帰国後からスタートするのかもしれません。それぞれが少しだけ大人になった感じがあり、前作よりも深みが増したような気がします。ストーリーはアメリカ版が元になっていると思いますが、日本らしいアレンジが観られると尚よいと思いました。春からの放送が楽しみです。

20代女性
前作に続き織田裕二さん演じる甲斐正午と中島裕翔さん演じる鈴木大輔のコンビがまた見られるのが嬉しいです。甲斐先生は勝つためなら法ギリギリのこともやる先生ですが腕は確かで、鈴木大輔はとても頭が良く、すぐ記憶もできるのでいつも悪態をついていながらも甲斐先生が大輔のことを認めていて良いコンビなので楽しみです。前作のラストでボストンに渡った大輔がどの陽に成長しているのかも期待しています。また前作では新木優子さん演じるパラリーガルの聖澤真琴と想いが通じ合っていたので今作では二人の様子も少しは見てみたいと期待しています。

20代女性
原作が海外の作品とのことではじめて日本版で見ましたが、主演の織田裕二さんと中島裕翔さんの演技力がとても高く、新木優子さんや中村アンさんなど女性が憧れる女優が演じていてとても楽しみでした。また、花のち晴れで人気になった今田美桜さんやコールセンターでアルバイトをされていたとおっしゃっていた小手伸也さんが今回の作品では登場するのかもとても気になります。今田美桜さんが演じている幼馴染の役がどう新木さんと中島さんが演じる役に乱入するのかも期待です。小手伸也さん演じる役もとてもキャラクター性のある人だったのでとても楽しみです。

50代男性
アメリカの人気ドラマSUITSを原作リメイクした織田裕二さん主演のフジテレビのSUITS/スーツ。2018年秋に大人気だったSUITS/スーツの第2シリーズがこの春放送されますね。敏腕弁護士を演じる織田裕二さんと、頭脳明晰な天才若手弁護士を演じる中島裕翔さんの組み合わせも絶妙で、再び見られるが楽しみです。特に中島裕翔さんは、極めて有能だが若さゆえの未熟さをもった青年を演じたら業界一の実力を持っていると思いますので、今回の織田裕二さんとのコラボで成長する姿を見せてくれるのが楽しみです。また、織田裕二さんも年齢を重ねSUITSで新たな当たり役を得た感もあり、役作りにも力が入っていると思われますので楽しみですね。4月からの放送が待ち遠しいですね。

40代女性
織田裕二さんが演じるクールな凄腕の弁護士「甲斐正午」が、また新ドラマで帰ってくるというので、楽しみにしています。織田さんは、どんな役柄でも自在に演じ分ける実力派俳優ですが、「スーツ」での弁護士役は、特にはまり役で、ステキですよね。「スーツ」ファン待望のシーズン2に、期待しています。甲斐は、よりパワーアップしているのでしょうか。今作では、イケメン中嶋裕翔さん演じる「鈴木大輔」も、ボストンから呼び戻されるそうです。二人の最強バディが復活するかと思うと、なんだかワクワクしてきますよね。放送を楽しみにしています。

30代女性
前作に引き続き主人公の甲斐正午に織田裕二さんと鈴木大輔にHey!Say!JUMPの中島裕翔の二人が出演されることから、二人の演技だけでなくコンビネーションにも期待しています。アソシエイトの鈴木大輔はこの2年の間に人としても成長しているのか、恋の行方はどうなったのかが描いているのではないかと思うので期待して待っています。小手伸也さん演じる蟹江との他愛のないやりとりは今年も見れるのかにも注目しています。所長の幸村チカのキャラクターも好きなので、幸村チカの行動にも注目しています。甲斐正午は鈴木大輔とこれからどんな物語を作っていくのか楽しみです

20代女性
ドラマの鍵となる織田裕二さん演じる甲斐先生と、Hey!Say!JUMP中島裕翔さん演じる鈴木先生のお二人の活躍がまたドラマで見れると思うと今からとても楽しみです。前作では、2人が協力して数々の事件を解決しているイメージが強いので今回も期待したいと思います。また、鈴木先生に関しては、資格がない状態で働いていたので今回の展開はどうなっているのかも楽しみな要素だとおもいます。このお二人以外にも、豪華キャストが出演されると思うのでキャスト同士の関わりや掛け合いもどんな感じになるんだろうとドキドキします。

20代女性
スーツ1から見ててはまっていたドラマで、優秀弁護士と天才フリーターの二人がコンビになって、どんな手を使ってでも勝ちにいくところと二人のやりとりがすごい面白くて大好きです。一度見ただけですぐに覚える記憶力も持つ中島裕翔は、自分の記憶力を使って替え玉受験でお金を稼いでた過去とかもあるけど、本当に優秀なので弁護士なってほしいと思いながら見てました。主人公の二人はもちろんですが、キャストの人がすごいメンバーで見てるだけで華やかなのでスーツ2も期待しています。勝ちにこだわって二人が協力していくところと二人のちょっとしたすれ違いの部分も個人的に好きなので、2も楽しみです。

30代女性
season1見ていました!毎回ドキドキハラハラ、面白すぎて毎週楽しみにしていました。鈴木大貴の身分がバレそうなときなんて、もう息を飲んでみていました。今回season2でも身バレするのかどうか、楽しみです。カイさんはかっこよすぎます。元々織田裕二が大好きなので、SUITSの主役と知ったとき、絶対見ようと思っていました。厳しいけれど、優しい上司やな、と思います。それからサワムラさんのファッションが毎回美しいし、スタイルはいいし、見惚れていました。season2でもキャリアウーマンのカッコ綺麗な姿楽しみです。

30代女性
SUITSは前回のドラマを見ていなかったので、初心者でもシーズン2から見やすい内容になっていたら有難いなと思います。キャストの2人も主役経験の多い2人なので、安定感があります。それに前回のチームワークがあり、中島さんがミスしても織田さんが肩を組みに行って和ませたりと現場の雰囲気も良さそうでなので、ドラマに良い影響があるといいなと期待しています。主役が弁護士なので、1話完結の話で進んでいくのかなと思うと見やすいです。軽妙かつテンポのよいセリフがSUITSならではとの事なので、シリアスな場面だけでなくそういうシーンも楽しみです。

50代女性
3か月クルーの連続ドラマで、13話というのは今までなかったと思います。なので、かなり内容の濃い作品になるのではないかと期待しをしています。メインの2人以外のキャストはまだ決まっていないようですが、できれば同じメンバーでやってほしいと願っています。ストーリーは本作のアメリカ版を基本に行われると思いますが、甲斐がキャラメル好きな設定など、日本らしさも加わると、さらに観やすく、面白い作品になると思いました。新年度の時期にぴったりのドラマだと思いますし、今から放送が始まるのがとても楽しみです。二人のかっこいい演技も見逃せません。

30代女性
このドラマの本家であるアメリカ版SUITSが大好きで観ていました。アメリカほどのスケールはないけれど、うまく日本版にこじんまりアレンジしていてまぁまぁの出来だった前作。原作を観ている人はわかるけれど、シーズン2はあの共同代表を務める弁護士が出てきますね。この弁護士が出てくることで巻き起こる騒動はシーズン2の見せ場だと思います!また、その弁護士をどの役者さんが演じるのかすごく気になります。楽しみであり、納得できる方なのか…わくわくそわそわといったところでしょうか。個人的には、小手伸也さん演じる蟹江貢はちょっとやり過ぎ感が否めないので…。しっくりくる配役だと期待して、楽しみに4月を待ちたいです。

50代男性
負け知らずの敏感弁護士と経歴詐称の天才青年が、さまざまな訴訟に向き合い問題を解決していくストーリーで、笑いとテンポの速さが、見ていて楽しいです。大輔は、シーズン1の最終回でハーバード大学のお膝元のボストンへ渡米して帰ってくるが、しっかりと弁護士資格を取って来たのか?何か、それだと面白くないので、何かありそうな感じもします。幸村・上杉法律事務所は共同代表は、シーズン1では、登場がなかったが、今回は、復帰という流れで登場するみたいで、どんな新しい内部紛争が起きるのか楽しみに見させて頂きます。やはり、大輔君がどれだけ海外に行って、成長して来たのかが一番期待する所です。

40代女性
もう楽しみで仕方がありません。織田裕二さん世代としては、前シリーズで年齢を重ねたスーツの似合う大人の男の格好の良さを再認識しました。そのドラマの続編が放送されるので、とても期待しています。負けを認めないエリート感しかない弁護士である甲斐先生は相変わらずなのか、甲斐先生の計らいでボストンへ行っていた鈴木大輔はその後どうなったのか。大輔は前シリーズでは無資格なのに正義感ばかり強いアソシエイトでしたが、今回はどのように成長したのかとても気になります。また、甲斐先生の経験や知識を生かした弁護士としての腕と大輔の人並み外れた記憶力により爽快に相手を打ち負かすことを期待しています。とても楽しみです。

30代女性
主人公甲斐正午役に織田裕二さん、鈴木大輔役に中島裕翔さん続投ということで前作から視聴している人にもこれから視聴していく方にもオススメです。SUITSは弁護士のドラマなので、前作は一話一話完結していく形だったので途中から視聴していく方にも視聴しやすいと思います。また、ゲスト俳優も毎回豪華だったので色々な方が楽しんで見れると思います。家族で楽しんで見ていけると思います。脇役も豪華で前作は新木優子さん、中村アンさん、小手伸也さん、鈴木保奈美さんといった俳優さんも出演されていました。今回は前作のキャストがどれくらい出演されるかも楽しみです
40代男性
前回のSUITSも面白かったしドラマ全体的に格好いいなと感じていました。主演の織田裕二ファンとしても嬉しい限りです。昔から見ていますがプロ意識を圧倒的に感じる役者ですしSUITSのシーズン1に関しても格好よすぎる役を織田裕二がやるから成り立つんだなと感じました。なかなか甲斐正午という渋すぎる男は織田裕二ならではだなと感じています。思っていたより早いシーズン2ということで人気があるんだなと感じました。織田裕二と鈴木保奈美とのシーンも東京ラブストーリーを思いださせてくれたし、今回も楽しみにしています。
30代女性
SUITSは終わり方が続きます!って感じだったので、続編あるだろうなと待っていたドラマです。織田裕二さん演じるやり手弁護士甲斐と共に、事件を解決してきたというか裁判に勝ってきた大輔ですが、実は弁護士の資格を持っていないという破天荒な物語でした。しかも大輔に弁護士のふりをさせていたのは甲斐先生。現実だったらヤバイ話ですよね。でもだからこそ楽しかった部分があります。2では多分大輔は本当に弁護士になって戻ってくるはずなので、ヒヤヒヤすることや誰かに後ろ指をさされることなく堂々と弁護ができるはず。どんな事件が2人を待っているのか楽しみです!
30代女性
前回の続きである事を期待しています。中島さんと優子ちゃんの恋愛模様や弁護士の資格はどうなったのか、海外で取れて恋愛も勝ち取れて戻ってきているのか等が気になります。新ドラマのネットニュースに出てるアリスちゃんの役どころも気になります。ショートカットで法廷に立つ姿から仲間の弁護士なのか敵の弁護士なのか、また法律ギリギリアウトのところまで攻めた勝ちの取り方を見せてくれるのか。そして、ライバルの小手さんとのやりとりも少し箸休めのような楽しいシーンも楽しみに期待しています。あまりキャストが変わらなずに続きものらしいストーリーを楽しみにしています。
30代女性
前回ではとても息のあったバディを見せてくれた織田裕二さんとHey!Say!JUMPの中島裕翔さんですが、またまた「SUITS2」として帰って来てくれましたね。前作では外国へと行ってしまった中島裕翔さん演じる大輔ですが、シーズン1からどんな風に成長しているのか楽しみです。もともとイケメンな中島裕翔さんですが、さらに男前になって帰ってきてほしいですね。そして織田裕二さんには以前よりもパワーアップして負け知らずの敏腕弁護士っぷりをまた見せて欲しいです。今回はかなり話数が長いそうなので、どのようにストーリー展開していくのか楽しみです。
30代女性
season1のあのコンビのやりとりがまた見られると思うとすごく嬉しいです。season1では、鈴木大輔が弁護士資格がないまま弁護士として働いている事がバレるんじゃないかとドキドキしながら見ていましたが、最終回で海外へ留学する所で終わっていたので、資格の問題はちゃんと解決したのか気になります。season2では、ただ単に弁護士事務所の話になるのか、それとも新たな秘密を持って隠さなければならないのか分からないのでその辺も楽しみです。甲斐と蟹江のやり取りも変わらず見られるのか。1話1話解決してくれる弁護士としての話もスカッとして気持ちがいいので楽しみです。season1とのキャスト同士の絡み方の違いも見られるのかも気になります。
20代女性
スーツのseason2との事で、season1がとても面白かった印象が強いので春からの連ドラもすごく楽しみです。甲斐先生と鈴木先生とのコンビネーションがまた見られると思うと今からドキドキします。いつもギリギリの捜査方法で事件を切り抜けていくので、今回はどんな風に解決をしていくのか楽しみです。まだ、詳細は発表されていませんがおそらく今回のキャストもとても豪華なのではないかなと思っています。個人的にはseason1の蟹江先生との絡みがとても好きだったので今回もキャストに入っているといいなと思いました。


https://twitter.com/rnrn_totheworld/status/1250731508731506691

お2人はなんと以前に映画で共演されていたんですね!
果たしてSUITS2では鈴木と聖澤は恋人同士になるのでしょうか!?

ドラマ「SUITS/スーツ2」の見どころ

見どころ①〈豪華すぎる各話ゲスト〉
第1話には21年ぶりの月9出演となる反町隆史。織田裕二とは今回が初共演となります。そして「第44回報知映画賞」新人賞を受賞した今大注目の玉城ティナ、初のドラマ出演となる歌手の加藤ミリヤ、さらに「天気の子」でヒロインの声を務めた森七菜など、1話だけでも豪華すぎるゲストが出演。第2話には黒木瞳や、「踊る大捜査線」で織田裕二と共演した佐戸井けん太とが登場。毎話登場する豪華ゲストたちに目が離せません。

見どころ②〈怪優・吉田鋼太郎〉
新レギュラーとして加わった吉田鋼太郎。演じるのは「幸村・上杉法律事務所」の共同代表であり最強の敵、上杉一志。優秀で謙虚な表の顔とは全く逆の顔を持つ危険な男です。最近の吉田鋼太郎といえば大ヒットドラマ『おっさんずラブ』での好演が印象的でした。会社では頼れる上司なのに、部下の男性を好きになってしまい、戸惑いながらも突き進むおじさん。見た目に反して一途な乙女のようで可愛らしく、大袈裟な動きや表情によるコメディセンスも見事でした。そんな吉田鋼太郎ですが、元は蜷川幸雄の舞台などで迫力ある芝居をする怪優。今回は可愛さや面白さを封印し、最強の敵として君臨する吉田鋼太郎に注目です。

ドラマ「SUITS/スーツ」詳細

イントロダクション

都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する、ハーバード大学卒の敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)。彼は、事務所内でもトップクラスの稼ぎ頭だが、その傲慢な性格が災いして、人にやっかまれることもしばしば。もっとも当人は、そんな外野の声は気にも留めず、難解な訴訟を次々に解決していた。
ある日、甲斐は、上司から昇進の条件として、アソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示される。そこで彼は、秘書と共に新人採用の面接会を開くことに。そこに偶然やってきたのが、明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れないという驚異的な記憶力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしの生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)だった。
当初は、悪事に手を染めていた人間は採用しないと言っていた甲斐だったが、大貴の驚異的な記憶力と頭脳を評価し、自らのアソシエイトとして採用することを決意。弁護士資格を持たない彼の経歴を詐称することを提案し、自らの部下とすることに。こうして秘密を共有した二人は、常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していく―。

キャスト

  • 織田裕二
  • 中島裕翔
  • 新木優子
  • 中村アン
  • 小手伸也
  • 磯村勇斗
  • 今田美桜
  • 國村隼
  • 田島令子
  • 鈴木保奈美

ほか

 

各話あらすじ

■第1話『超エリート弁護士と天才フリーター!あらゆる手段で勝利する』(視聴率:14.2%)

<公式>第1話あらすじ

甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・ 蟹江貢(小手伸也)らが働いている。

事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた 鈴木大貴(中島裕翔)だった。その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第1話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
幸村・上杉法律事務所にやってきたダイス・スズキは、事実無根の記事を差し止めるように依頼する。ダイスの不当解雇を訴える梅宮の担当弁護士である木次谷が現れるが、甲斐正午は梅宮がライバル会社のスパイである証拠を突きつけ、黙らせる。一方、鈴木大貴は司法試験の替え玉受験の仕事を果たしたつもりだったが、依頼人からは条件の違いを指摘され、破棄されてしまう。仕事に困り友人から大麻に関わる大金を運ぶ仕事を受けた大貴は、たまたまアソシエイトの面接を受け付けていた甲斐の秘書に希望者と勘違いされてしまうが、誤解を解き、帰ろうとするところでちょっとした諍いから、甲斐より自分のほうが法律に詳しいと言う。それを聞いた甲斐が大貴を試すと大貴は確かに六法全書をすべて記憶していた。それを面白く思った甲斐は、大貴をアソシエイトとして雇うことにする。しばらくして甲斐の同僚の蟹江が、甲斐の示した証拠を捏造していたことを木次谷に明かしてしまう。甲斐が大貴を連れて木次谷の家へ向かうと、木次谷の息子は大貴に替え玉受験を依頼した人間だったことがわかり、木次谷はダイスへの訴訟を取り下げる。その後ダイスはシンガポールに移住し、大貴はダイスの本名を名乗って弁護士と働くことになるのだった。

■第2話『打倒、セクハラ男!弱き女性達を救え!』(視聴率:11.1%)

<公式>第2話あらすじ

甲斐正午(織田裕二)は、クライアントである『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。部長の谷川好昭(長谷川公彦)が預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるというのだ。

同じころ、鈴木大輔(中島裕翔)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。今日子に同情した大輔は、法廷で闘うべきだと彼女に告げると、甲斐にもその旨を伝えた。甲斐は、クライアントに同情するなと言って一度は反対した。だが、相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう命じる。海部は日本医師協会の次期会長候補。スキャンダルを嫌って示談に応じるはず、という甲斐の読みだった。

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)は、甲斐の予想通り、大輔が提示した金額での示談に応じる。交渉成功を喜ぶ大輔。だが、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、物事が上手くいきすぎているときは必ず不吉なことが起こる、と大輔に告げる。
その予言通り、大輔は、アソシエイトを監督する立場でもある蟹江貢(小手伸也)から、仕事に関しては逐一報告書を提出するよう命じられる。さらに、海部のセクハラ疑惑を報じるネットニュースが流れてしまい……。

『出典:『SUITS/スーツ』第2話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
改名して大輔となった大貴は新人弁護士として無料相談会を担当することになる。そこに現れたのは病院長の海部からセクハラを受け解雇されたという看護士の河瀬。大輔は海部の弁護士である館林と会うが、舘林はスキャンダルを避けて早々に示談交渉に応じる。しかし、しばらくして河瀬の弟の行動により海部のセクハラが公になってしまう。舘林は示談を破棄し、河瀬を名誉棄損で訴えるという。真琴からアドバイスを受けた大輔は河瀬の他に海部からセクハラを受けた人間を探し、里美という被害女性を見つける。大輔は工場の経営に悩む里美を説得して証言してもらう約束を取り付ける。しかししばらくして里美は約束を翻してしまう。里美にも会えなくなってしまった大輔は弁護士を諦めようとするが、受けた仕事は最後までやり通せと甲斐から言われる。甲斐と大輔は病院側による里美への口止めの情報を掴み、海部と舘林に録音されたレコーダーを突きつける。それは大輔が里美に持たせておいたもので、舘林が里美に工場への融資を持ち掛けるものだった。工場は甲斐に恩がある銀行が改めて融資することで、大輔たちは改めて里美の協力を得ていた。海部は示談に応じ、大輔は初仕事を終える。大輔が戻った事務所のデスクには、甲斐からあつらえてもらったスーツの請求書と、弁護士バッジが置いてあった。

■第3話『追放!裏切り社長』(視聴率:10.3%)

<公式>第3話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていた。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。困惑する大輔。しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろす。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第3話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
甲斐は、伝統ある時計メーカー「KAMIYA」を訪れる。社長・加宮忠が急逝した「KAMIYA」は、何やら不穏な空気に包まれていた。新社長の候補である取締役の安樂孝志が、以前から生産拠点を海外に変更するべく、密かに画策していた事実を知った甲斐。安樂の新社長就任を防ぐために甲斐と大輔は、反対派役員の増員と工場長の岡林を対立候補として擁立するべく動き出す。岡林を含めた2名の取締役の増員に成功するも、安樂が急遽招集した取締役会により、甲斐たちは彼の新社長の就任を防げずに終わってしまう。新たに社長となった安樂によって、「KAMIYA」の顧問から外された甲斐。先代社長・加宮忠との約束を、甲斐は果たすことができるのだろうか。

■第4話『謎多き薬害訴訟』(視聴率:8.9%)

<公式>第4話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることだった。何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。実は辛島は、チカの元夫だった。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案するが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第4話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
東大法学部時代の後輩と、久しぶりに再会した甲斐。後輩の畠中美知留は、業界大手のスタンリー法律事務所で働くエース弁護士だった。甲斐は、畠中から製薬会社「ナノファーマ」の訴訟について情報を探っていく。その頃、蟹江によって春日友加里の弁護を任されてしまった大輔。法廷で友加里の弁護に臨むも、相手側の代理人弁護士は、甲斐の後輩である畠中美知留だった。通常なら担当しないような小さな案件に、エースの彼女が関わっていることに違和感を覚えた甲斐。大輔にこの案件は裏があるとだけ伝え、控訴するように指示した。一方、甲斐は、チカから「ナノファーマ」を助けるために薬害訴訟の案件を任される。「ナノファーマ」はチカの元夫・辛島悠紀夫が代表を務め、公私ともにパートナーである立花理乃と一緒に開発を行うベンチャー企業であった。甲斐によって、「ナノファーマ」の弁護は順調に進んでいたが、治験データの欠落を指摘されたことにより、事態は思わぬ展開を見せていくのだった。

■第5話『新章、スタート!』(視聴率:11.8%)

<公式>第5話あらすじ

『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われた。甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1だった。チカ(鈴木保奈美)は、甲斐と蟹江にある賞品を手渡す。

そんな折、大輔(中島裕翔)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入る。大輔は、祖母の結衣(田島令子)が転倒して怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。
大輔は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かった。ところがその途中、赤城がトラックと追突事故を起こしてしまう。事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう告げる。

大輔は、遊星の身柄を引き受ける。遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしい。店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。しかし遊星は、マンションや車を失った上、まだ借金も抱えているという。

甲斐は、赤城から、糸井が示談を拒否しているとの報告を受ける。甲斐は、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大輔を非難すると、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じるが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第5話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ

幸村・上杉法律事務所では、表彰式が行われた。扱った案件数は蟹江が一番だったが、最も稼いだのは甲斐だった。そんな折、大輔の元に悪友の遊星が傷害事件を起こして逮捕され、引き取りに来て欲しいと言われる。大輔は、祖母が転んで怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。甲斐によって甲斐個人の車を手配されてしまうが、大輔は、運転手の赤城に事情を打ち明け、警察署へ向かう。しかしその途中、赤城がトラックと衝突事故を起こしてしまう。事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。実は、この糸井は、以前に甲斐の担当する自動車部品会社のそっくりなコピーを売り出した本人だった。そして、特許で争い、甲斐がねじり伏せた相手だったのである。今回の事故の補償金で起業しようと目論んでいた・・・

■第6話『消えた20億円の謎』(視聴率:9.5%)

<公式>第6話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、 蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

『出典:『SUITS/スーツ』第6話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です。

■第7話『超緊急事態発生!』(視聴率:9.8%)

<公式>第7話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

『出典:『SUITS/スーツ』第7話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です

■第8話『最終章スタート!』(視聴率:10.5%)

<公式>第8話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第8話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です。

■第9話『緊急15分拡大SP!宿命!裏切りの代償』(視聴率:9.9%)

<公式>第9話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。

『出典:『SUITS/スーツ』第9話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です

■第10話『ゲスト市川海老蔵!今夜、最終話前編!』(視聴率:9.9%)

<公式>第10話あらすじ

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。

『出典:『SUITS/スーツ』第10話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
近日更新予定です。

■<最終回>第11話『最終回15分拡大SP サヨナラホームラン』

<公式>第11話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、澤田仁志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。
甲斐は栗林の再審請求することを決意する。
自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。
柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。
果たして2人の結末は……。

『出典:『SUITS/スーツ』第11話あらすじ

視聴者からのネタバレあらすじ
甲斐は数年間の検察時代に担当していた事件が冤罪てあったことを知る。その事件とは名門高校の女子生徒が刺殺されたというものであった。その事件で全科もちの栗林が逮捕されていたのだ。13年もの間、無実の罪で栗林は刑務所に入れられている。実はこの事件では逮捕された栗林以外の他の人間の血液が付着した女子生徒の衣服などの証拠が隠されていたのだ。更に手紙も隠されていた。その証拠を隠したのは甲斐の上司であった柳だったのだ。真犯人は事件が起こる前に女子生徒と会っていた同じ高校の男子生徒二人であると推測する。今度の裁判に負ければ甲斐は職を失うことになるかもしれない。それでも甲斐は事件の真相を暴くべく、大輔と共に事件を再度審判することを目指す。

ドラマ「SUITS/スーツ」ここが見どころ!

★「東京ラブストーリー」で一躍人気スターとなった織田裕二さんと鈴木保奈美さんが、二人とも五十代になって再共演というところは最大の見どころの一つとなっています。ドラマの見どころは、負けたことがない弁護士の織田裕二さんと、六法全書のすべてを記憶するという驚異の記憶力を持ちながら、定職についていない青年役の中島裕翔さんとの絡みです。中島裕翔さんは六法全書を記憶する驚異の能力の持ち主ということで、そのセリフの難しさから、記憶するのがさぞかし大変だったろうと感じられる上に、別の人物に成りすますという設定です。鈴木保奈美さんは織田裕二さんの上司役で、二人の絡みは「東京ラブストーリー」ファンにとって、新鮮な立ち位置となっています。

9ドラマ「SUITS/スーツ」は、世界中で圧倒的な視聴者数を誇ったドラマを原作としています。織田裕二さんが扮するのは敏腕弁護士で、勝利のためには強引な手段も厭わない傲慢なキャラクターです。
そんな彼に昇進の条件として、上司からアソシエイトパートナーと協力することを求められます。それがもう一人の主人公で、高い能力を持ちながら素行の悪さでフリーターをしています。その日暮らしで生活していましたが、大金が必要になったため弁護士として働くことになります。この性格も社会的な地位が全く異なる2人が、それぞれの目的を果たすために様々な事件に関わっていく物語です。彼らの元には海外事業の資金回収や殺人事件といった様々な案件が舞い込んできます。
海外ドラマが原作ということで日本を舞台にしながら、若干日本とは違う雰囲気を感じ取ることができるでしょう。会話の中に所々ユーモアを混ぜ込んだり、早さのある会話が繰り広げられます。それぞれ敏腕弁護士と天才というどちらも頭の良い役柄なので、レベルの高いストーリーが見どころです。また脚本も、それを意識しながら練り上げられています。主人公の年齢差もあるので、幅広い層が楽しめるでしょう。

視聴者からのコメント(ネタバレ含む)

40代女性
アメリカ版のスーツのファンです。特にハーヴィが大好きでかっこいいなと見続けました。その人役が織田裕二さんが演じたことは個人的に許せなかったけど、違うものだと思って見れば展開とかも面白くて次のシーズンがあるということが楽しみです。そして、マイクの幼い感じもバッチリイメージ通りでいいですね。二人の掛け合いもアメリカ版におとらない感じで見ていてホッとします。同じ悩みを抱えてるん二人がどのように仲良くなっていくのかとてもとても楽しみですね。日本とアメリカの人裁判の違いはありますうまく作られているなとおもいます。
20代女性
大輔が蟹江との勝負に負けたことでファームを辞めなければいけないとなったときに甲斐がわざわざ大輔の家まで迎えに行き引き留めた場面が、冷徹そうな甲斐が実は優しいという一面が見られて好きです。また、大輔と聖澤が引っ付きそうで引っ付かないところも毎回やきもきしながら楽しんで見ていました。ストーリー以外でも出演者の女性陣が美人でファッションも毎回かわいくて真似をしたくなります。こんな美人の同僚や部下がいたら、仕事が捗るだろうなあと勝手に想像していました。シーズン2が4月から放送されるとのことで、ほとんど出演者も変わっていないようなのでとても楽しみです。
30代男性
織田裕二さんが主演なのですが観る前の初めにちょっと期待していた、昔の元気なスタイルでまっすぐに突き進んでいくような演技ではなくちょっと変わり者感もあり、落ち着いた風貌で今までにあまり観たことがないような雰囲気があって新境地の織田裕二さんの演技を観たような感じがして不思議な印象が残ったのを覚えています。相方の中島さんはまだあまりこの頃の演技は甘い感じで織田裕二さんに圧倒されているような形が垣間見れてちょっと期待はずれ感がありました。次回作がこの春からまた始まるのでもう一度見返しているところですがこの前回をうまく踏襲した雰囲気を維持してほしいです。
20代女性
SUITSの面白い所は、 Hey!Say!JUMP中島裕翔さんと織田裕二さんのコンビネーションがとても面白い作品だと思います。織田裕二さんは実力のある俳優さんなので、とてもうまいと思います。こんかいの役どころとしては弁護士であり、あらゆる手段を駆使してクライアントを守ろうとしているので、かっこ良いなと思います。事件に対しても一筋縄ではいかない事件ばかりなので毎回楽しく見る事が出来ます。この2人以外にも個性的なキャストがそろっているので、楽しく見る事が出来ました。キャスト同士の掛け合いや絡みもとても面白い作品です。
30代女性
どの出演者もおしゃれでかっこよくてキラキラしていました。織田裕二さんと鈴木保奈美さんのコンビも懐かしくって素敵でした。そんな中で、蟹江先生のキモさや癖の強さは際立っていておもしろかったです。ああいうズッコケキャラがいるからこそ、周りがさらに輝くんだろうなと思いました。ストーリーとしては、「え?それってありなの?」「弁護士ってそんな感じなの⁉」と思うようなところもありましたが、エンターテイメントとしてはありなのかなと思いました。毎週楽しみにして観ていました。アメリカで、ちゃんと弁護士になって日本に戻ってくるのかも気になります。4月からの続編にも期待したいです。
20代女性
まず私は今田美桜さんが大好きで中島裕翔さんに一途に恋をしている今田美桜さんにいつもキュンキュンしていました。内容的には主人公である中島裕翔さん演じる鈴木大輔は頭がすごくいいのに一度すり替え受験をやりそれのせいで弁護士になれなかったのに別人になりすまして弁護士として働きいろんな事案を解決していくというストーリーにどんなに小さいことでも一度罪を犯すと取り返せないこともあるし、頭がいいだけではダメだなと本当に思いいろんなことを考えされるドラマだなと思いました。ドラマ中の織田裕二さんと中島裕翔さんの掛け合いも面白くてとても良かったと思います。
20代女性
このドラマは海外ドラマを見ていたので、日本ですると決まった際にとても期待していました。
【キャスト】
まずキャストについては、メイン2人が織田裕二さんと中島裕翔さんと知り、織田裕二さんは別のドラマの特徴的な役柄の印象が強く、正直、ハーヴィーの役が合っていないと思いました。ですが、やはり俳優さん。特に違和感もなく、見ることが出来ました。中島裕翔さんは、マイクの未熟さ、幼さが上手くにじみ出ていて、二人の関係が海外ドラマに忠実に再現できていて、見ていて楽しかったです。特に、小手伸也さんが演じた役は、海外ドラマと同様、強烈で且つ面白い!その役を見事に日本版として忠実にこなされていたので、より、スーツというドラマが面白くなったのではないでしょうか。

【ストーリー】
日本のドラマは、テンポの遅いものが多く、中々海外ドラマのあのあっさりとしていて、話の展開が面白いといったテンポの演出ができないドラマが多いと感じます。
不安点はそこにありましたが、見ていてあっという間に時間が経つほど見入るような、飽きさせない程よいテンポの早さだったのでとても面白く見ることが出来ました。

30代女性
司法試験に合格していない鈴木大輔だが、その記憶力を甲斐先生は活かして見事に様々な案件を納めていくが、はたしてそれがいつまで続くのかドキドキしながら見てしまう。同僚の聖澤さんとの恋もピュアというか、プライドが高いからなのかなかなか発展しないがお互いに気持ちが変化していく様が面白く、ちょっと共感できる部分がありました。またあらゆる弁護相談があって裁判にもっていくのか、示談で終わらせるのかも戦略の一つで弁護士としての仕事ぶりも知ることができて興味津々になります。法律についても勉強になって為になるドラマだなぁと思います。
50代男性
仕事が欲しい鈴木大輔に対して、スーツやKAMIYAの時計の違いを指摘しながら「この世界ではクライアントを持たない弁護士は人として認められない」と突っぱねた甲斐正午の尖った態度が傲慢ですが仕事の出来る主人公というイメージが深く印象づけられ、この二人が師弟の様に毎回舞い込んでくる案件で行動を共にして絆が生まれていったのが面白かったです。5話での正午の車の運転手の赤城が正午と因縁のあった糸井の車と接触事故を起こした際に、正午があらぬ噂でクライアントを失いかけたピンチを大輔のずば抜けた記憶力で実は糸井の方が交通違反をしていた事を突き止めた展開が、大輔の能力の凄さも伝わり面白いエピソードだったなと思いました。その時に「100回争っても100回勝つ」と糸井に言い放った正午の姿も強気で逆境にも負けない主人公だなと改めて感じられ、個人的に印象的な名シーンに感じました。
30代男性
今田美桜がとにかく可愛くてキュンキュンしてしまいました。特に好きなシーンは8話でのラストのキスシーンです。背の高い中島裕翔に背伸びしてキスする今田美桜の姿がめっちゃ可愛くて思わず中島裕翔に嫉妬してしまうほど見入ってしまったシーンでした。そして、ストーリーもオリジナルのスーツをベースにしながらも日本独自の社会の文化や風習にアレンジされていたので、自然にみることができて面白かったです。また、中村アンができる女性という感じでめっちゃかっこよかったです。女性でなくてもちょっと憧れる感じが捨てk知恵した。
20代男性
私は現在、商社に勤めている営業マンだ。
そのため日々「スーツ」という戦闘服に着替え、戦場へ出向く。
ある日、忙しい毎日に追われる中でインドア派な私は、ケーブル
テレビで「SUITS」を一話から見ることにした。
大体タイトルから「スーツが題材」であることは分かっていたが、
自分の身嗜みを疑ってしまうほど、主演二人のスーツ姿には驚いた。
一人はトムフォード、一人はバーバリーと名だたるブランドの一流
スーツに身を包んだ瞬間に彼らは、「出来る男」にしか見えない。
話も面白いが、着こなしやブランドにも用意チェックのドラマです。
20代男性
このドラマは、織田裕二演じるエリートだが温かみに欠ける弁護士がHey!Say!JUMP中島裕翔演じる能力は高か天才だが過去に替え玉受験を行なったことで弁護士の受験資格を失った青年を拾ったことから始まるドラマで、2人は考え方の違いからぶつかることが多々あるが、気があうことも多いようで多くの難しい課題をぶつかりながら、また、支えあいながら解決して行くところが見どころです。そこに私は面白さを感じました。2人は年も大きく違うので織田裕二の大人の世界を知った意見と中島裕翔の若者の勢いある意見がぶつかり合うのは当然ですが、この年代の違うバディという展開が大好きでした。
40代女性
私の世代は織田裕二さん主演のドラマがかなり流行っていて、今回のドラマにもかなり期待をしていました。期待どおりの面白さでした。ニセ弁護士が活躍するのはドラマならではの物語ですね。しかしながら、大貴役のジャニーズの中島君が高身長でスーツが似合う!勿論織田裕二さんも似合いますが。そこだけでも女性の心わしづかみです。キャストも豪華。ここでしか見られない鈴木保奈美さんと織田裕二さんとのツーショットがまた私の世代には嬉しい限りです。弁護士間での仲間のやりとりや、数々の難問題をスパッと解決していく気持ちの良いドラマです。続編が楽しみです。
20代女性
アメリカのドラマをリメイクした作品だそうですが、あまりそうは感じませんでした。でも甲斐と大輔のやり取り、甲斐と蟹江のプチバトル、大輔と聖澤の恋模様は楽しみにして見ていました。蟹江の、嫌味を言いながら自滅していくシーンは毎回笑わせてもらいました。会社に一人はいそうな気がします。甲斐を演じる織田裕二さんと幸村を演じる鈴木保奈美さんを見ていると、東京ラブストーリーを思い出させますが、この作品はこの二人に恋愛的なものはなかったですね。なので、大輔と聖澤の二人が気になりました。砂里も大輔を好きですが、妹って思われているのは見ていて分かるので、早くくっついてほしかったです。4月から2期も放送するのが楽しみです。
40代女性
シーズン1からずっと見てます。ハーヴィーとマイクの名コンビが大好き、難しい弁護も主人公の周りの恋愛も複雑なのがいい。ドナとハーヴィーがくっつきそうでくつかない。シーズン6でマイクが捕まり本当の弁護士になるまでは特にハラハラしました。やっとマイクの活躍が見れると思ったらシーズン8からレイチェルと居なくなってしまってショックです。でもついに8のラストでハーヴィーとドナが。。シーズン9に超絶期待してます。今までで1番好きなシーンはハーヴィーが弁護士らしからぬ上からな態度が一遍してマイクを助ける為に奮闘した所とカウンセラーと真面目に交際してた所です。いつもドナが原因で別れるが本人達はそてでもくつかない!本当に焦れったい!シーズン9に期待です!
30代女性
織田裕二さんは、昔よりもさらにダンディーになってきたように感じました。また、頭のいい役も多い気がしますが、刑事ものも似合う年齢になってきたと思います。織田裕二さんに悪役は似合わないので合っていると思います。また、お酒のシーンも時々あって日本酒ではなく、ウイスキーだったので海外版のようにも感じました。なるべく似せて作られていて話がそこまで変わらなかったので日本語で見れて良かったです。あと、女優さんでは新木優子ちゃんが本当に可愛いです。可愛い子たちが集まるオフィスで、働いてみたいものです。綺麗な女優さんが多いと思いました。
20代女性
原作がアメリカのドラマということで、どこかアメリカンなやりとりが特徴なドラマだったように思います。特に見る前に注目していたのは東京ラブストーリーで共演していた織田裕二と鈴木保奈美の再共演でした。あの頃の2人とは全く違い、成長した2人を見るようでなんだか嬉しかったです。高飛車で自信満々な織田裕二、さっぱりと冷静沈着な鈴木保奈美はまるで東京ラブストーリーのキャラクターの正反対の役で面白かったです。2人以外では好青年を演じるのがピカイチだと思う中島裕翔くんが、織田裕二に翻弄されながらもいい味をだしていたと思います。
50代女性
海外ドラマのSUITSを見ていたので、日本版がイメージとは違うかもしれないなと思い、それほど期待せずに観たが、織田裕二さんも中島裕人さんもピッタリハマっていて良かった。アメリカとは司法制度が違うから、細かい司法的な取引などは日本に合わせていたが、かえってわかりやすかったので良かった。特に印象に残っていたのは薬害訴訟の回で、必ず勝ってきた主人公達が今回ばかりは、無理かも‥と思わせる展開が二転三転して非常に面白いと思った。また、脇役の人物もそれぞれハマっていて、小手さんは一番ピッタリの役だと思う。磯村勇人さんは、このドラマで初めて知って気になる俳優さんナンバー1になった人です。自作があるという噂なので次回も同じメンバーで制作してほしいと思います。
20代女性
最初はリーガルドラマだから小難しい話ばかりで眠くなりそうとと思っていたのですが、友人のススメで見てみました。すると、法律にそこまで詳しくない私でも内容がしっかりはいってくるほど分かりやすくて面白かったです。普通のリーガルドラマとは違い、法廷でのシーンはほとんどないのも斬新で、連休を使ってイッキ見してしまいました。出演者さんも美男美女だらけで眼福ですし、キャラも個性的!とくに敏腕弁護士のハーヴィーとアソシエイトのマイクのコンビが大好きです。様々なトラブルを乗り越え、2人の信頼関係がストーリーを追うごとに強くなっていくのが良かったです。
30代女性
アメリカ版、韓国版を既に観ていた中で始まった日本リメイク版。あまり期待せずに見始めましたが、日本版もとても良かったです。まず何と言っても織田裕二と鈴木保奈美の再共演。東京ラブストーリー世代なので、テンションが上がりました。ストーリーはアメリカの原作とほぼ変わりませんでした。なので余計に日本のキャストが気になりましたが、どのキャストも期待を裏切らず良いキャラクターでした。アメリカ版を見たことがある人も楽しめると思います。弁護士資格のない人が弁護士として働くというストーリーには無理があるな、という感覚は変わらずですが。個人的にはこのドラマで小手伸也さんにはまりました。
30代女性
アメリカのドラマを日本版にリメイクして、このSUITSを上回るものは中々ないと思います。それは、主演の織田裕二さんや小手伸也の演技が、アメリカのドラマによくある皮肉の応酬や、少し洒落た言い回しにピタリとはまっているのが大きいと思います。また、この二人だけではこってりとして食傷気味になりがちなところ、中島裕翔さんのさっぱりとした演技がうまく組み合わさっており、丁度良いです。通常私がドラマを見るとき、ストーリーが面白いだけで終わっていましたが、このSUITSに関しては物語も面白いですがキャスティングが本当にマッチした作品だと思っています。
さらに感想をみる!
40代女性
フジTVドラマ「SUITS/スーツ」の元になったアメリカのドラマは観ていないのですが、「東京ラブストーリー」で共演した織田裕二と鈴木保奈美の久しぶりの共演に興味があったので観始めました。織田裕二演じる甲斐正午は有能だけど偉そうな態度が鼻につく敏腕弁護士、とっても上手でピッタリでした。中島裕翔も元々端正な顔立ちで理知的に見えるので、天才的な頭脳の持ち主の鈴木大貴役も違和感なく観れました。そして私が楽しみにしていた織田裕二と鈴木保奈美の共演シーンは、「東京ラブストーリー」の時とはキャラクターが全然違うものの何だか感慨深い思いで観ました。個人的には甲斐のライバル蟹江貢役の小手伸也が登場するシーンがコミカルで好きです。
40代男性
この作品は期待値がすごかったですが、いざ始まると、煮え切らない感じの展開で、中途半端な仕上がりになっていたと思います。織田裕二さんの演技も、炸裂するという感じではなく、醍醐味にかけると思いました。また「東京ラブストーリー」で共演した鈴木保奈美さんとのの出演もありましたが、やはり過去の呪縛からは逃れられないのかなと思いました。弁護士役は真面目すぎて、織田さんも「踊る大捜査線」の青島を超える役はもうないのかなと思わせました。そして、B’zが担当した主題歌も中途半端な仕上がりで、全体的に倦怠期のような作品だと思いました。
30代男性
「SUITS/スーツ」は海外もフジテレビのドラマも両方観ました。ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しないという伝統を持っていたマンハッタンの大手法律事務所ピアソン・ハードマンに主人公マイク・ロスの経歴を詐称して採用することから始まり、どんな問題も手段を選ばず解決する敏腕弁護士のハーヴィー・スペクターと天才的な記憶力を持つそのマイク・ロスの掛け合いやハーヴィー・スペクターと検事時代よりの付き合いで秘書を長年務めるドナ・ポールセンの信頼関係、何かと問題を起こすが憎めないそして最後には頼りになるルイス・リット等とにかく登場人物一人ひとりが魅力的で大好きです。
40代女性
何十年の時を経て、織田裕二さんと鈴木保奈美さんが共演するということで、楽しみにしていました。昔のイメージが残っているので、どうなるのかなあと不安に思っていましたが、貫禄ある大人の男性と女性にお二人がなっていて、昔とはまた違う良さがありました。このドラマで印象的だったのは、役柄のせいもありますが、鈴木保奈美さんの衣装が、とてもゴージャスで、毎回様々なタイプの衣装を着こなしていて、見るのが楽しみでした。中村アンさんや、新木優子さんといった、旬の女優さんも出演されていて、よかったです。織田裕二さんも、役柄によく似合っていたなあと思いました。
20代女性
一番最初の甲斐と鈴木が出会うシーンが一番面白かった。悪友からの依頼で麻薬の密輸を任せられたが、バレて逃げ込んだ先が甲斐の仕事場。しかも面接の人と間違えられてそのまま受かってしまうというシーン。身分を偽って弁護士として活動していって、毎回甲斐に振り回されながら行動するところが面白かった。また、身分を偽っていることをばれそうになったときの回避の方法等も頭がいいなと思った。一回見た文章を忘れない能力を、もっと活かしたらいいのにと思う。せっかくの能力が今回のドラマではあまり使いこなせてなかったように感じる。
20代女性
超エリート弁護士集団という、ちょっと変わった題材でとても楽しいドラマです。超エリートなだけでなく、キャストが皆とてもゴージャスで、非日常的で飽きることなく見てしまいます。特にハービーやレイチェル、上司のジェシカは現実離れしていて大好きです!なんやかんやでヒューマンドラマ的な要素が強い作品ですので、法律など難しいことがわからなくても、楽しむことのできるドラマになっています。弁護士集団が題材になっているとはいえ、なんやかんやでヒューマンドラマと言った方が近いかもしれません。個人的には、秘書のドナが最高に美しくて知的で憧れています。
50代女性
2020年の春ドラマで、「スーツ2」が始まるようで、とても楽しみです。内容的には弁護士事務所の話なので、とてもシリアスなのですが、それぞれのキャラが濃いためか、観ていて真面目さ以上に面白さを感じています。鈴木大輔が弁護士の資格も無しに仕事をやっていることが問題に挙げられていました。
しかし、今後も世間的には隠し通していくのだと思います。実際の現場ではありえないことの連続かもしれませんが、そこが面白さの秘訣なのかもしれません。あまり恋愛面には触れないドラマですが、「スーツ」で気になった恋愛模様が「スーツ2」でさらに進展していくことを期待しています。
40代男性
海外ドラマのリメイクということでさすがに原作の面白さは超えられないだろうとあまり期待していませんでしたが、意外とはまってしまうほど面白かったです。一回で一話完結するストーリー展開とエリート弁護士の甲斐と無資格の大輔がタッグを組んで様々な案件を勝ち取っていくことに爽快さもありました。やはり日本のオリジナルの法廷ドラマよりも事件にリアリティを感じることができ、とても面白く見ることができました。また、小手伸也さんのキャラクターはある意味すごい存在でしたが、豪華なゲストの出演も成功だった共います。最初は大輔の身元がなかなかばれないことに不自然さを感じていました。しかい。身元がばれた大輔との最後の仕事をするときや、「二年で戻ってこい」と言った甲斐先生は最高にかっこよかったです。続編を期待しています。
30代女性
アメリカの法律事務所を舞台としたドラマの日本版。東京ラブストーリー以来の織田裕二と鈴木保奈美の共演ということで、とても話題になりました。本作品では上司と部下の関係というのもので、東京ラブストーリーから10年以上経って、それはそれで新鮮な感じがありました。 織田裕二扮する敏腕弁護士が、さまざまな問題に直面しながら、暗記力抜群の若手のパラリーガルと解決していくさまは、それはそれで、面白かった。実は、そのパラリーガルには秘密があるという設定が少し無理があるかなと思ったが、普通に問題解決されていく様が面白かった。
50代男性
アメリカのオリジナルドラマと比較しながら、日本のドラマを見ました。ドラマの内容(筋書き)は良く出来きていて楽しめましたが、役者に出来不出来が目立ちました。主役の甲斐(織田裕二)はハービーの強烈な個性を出そうとしていたが、迫力不足で物足りなかった。鈴木(中島裕翔)はマイク役で新入社員としてのフレッシュさと未熟だが必死に取り組む姿勢がイメージが似ていた。幸村(スズキ保奈美)はジェシカ役、経営者としての頼もしさと熟年女性の魅力が表現出来ず期待を裏切った。反対に蟹江(小手伸也)はルイス役であの独特の人間味と男の可愛らしさを見事に演じ一番オリジナルに近い雰囲気を出し好演していた。
20代女性
織田裕二のちょっとムカつくけど頭のキレまくる弁護士と、可愛らしい顔をしながら、ずば抜けた記憶力と持ち前の愛嬌で難攻不落の自体を乗り越えて行く中島裕翔のかけあいがとても面白かったです。また、ライバル役の小手伸也さんもかなりウザいながらもいい味をだしており、ドラマをより引き立てているのも面白かったです。今となっては、色々なドラマに主演で引っ張りだこの新木優子ちゃんも、中島くんとの微妙な距離感を見事に演じきっており、素晴らしかった!2020年4月からシーズン2もスタートするとのことで、今から待ちきれません!

50代男性
織田裕二が演じるベテラン弁護士で、負けた記憶がない男と、中島君が演じる、すべて記憶できる男がコンビを組んで、どんなに難しい依頼でも解決して行く痛快なドラマでした。小手さんが、演じる会社のライバル意識した闘いも、時には、よきパートナーになる時もあり、敵次第で、敵になったたり、味方になる少し、嫌われ役で、何か、吹っ切れて演じている所が楽しみです。妻は、所長役の鈴木保奈美さんが、どんな服を着て、どんなバックを持っているのかを私と違った興味を持って見ていました。中島君が、しっかり勉強して真の弁護士になれるかも、楽しみに見させて頂きます。
40代男性
メインキャストのハーヴィー&マイクの映画ゼリフ引用シーンには、楽しそうな二人の雰囲気に思わずこちらもニンマリしてしまいます。ドラマのメインテーマとは直接的関係のないこういった脱線部分がよりドラマの魅力を増やすんだろうな、と。映画好きな視聴者にとっては最高のデザート。シーンに出てきた映画がまだ観たことないのであれば「観てみたい!」という気にさせられ、観たことがあっても「どこのシーン!?もう一度観て確認したい!」という気になり、ある意味触媒としての作用があって、「ドラマ自体の面白さでから次の回次の回へと観てしまう海外ドラマあるある」+「派生した映画も観てしまう…」で、いくら時間があっても足りないということに成りかねない、ハマってしまう危険度激高の海外ドラマです。
30代女性
スーツは海外ドラマで見て大好きになったので、日本版のスーツがドラマになると聞いた時は楽しみでした。
弁護士を目指していた青年が高校時代の事件をきっかけに弁護士を諦める。でも、記憶力はずば抜けていて、ある事件をきっかけに弁護士資格はないが弁護士をすることになる話です。
誰がどの役をやるのか期待していました。今回このドラマは鈴木保奈美と織田裕二が久しぶりに共演とゆうことで話題になりましたが、海外ドラマを意識し過ぎなのかリアクションが日本のなのにオーバーだったり、織田裕二の演技が不自然すぎる。鈴木保奈美が腕を組むのが多すぎるなど不自然な点が目立ちました。海外版のスーツを意識しすぎです。私はあまり面白くなかったですが、初めて見た友人はすごく好きと言っていました。
30代女性
久々の織田裕二でしたね。海外ドラマでも見たことがありますが、日本ではあまり馴染まないような内容なのかもしれません。もちろんどんでん返しもあってカッコいいのですが。スマート過ぎて。あれだけのキャストだったらもっと人情溢れる感じの方が良かったかもしれません。私は好きですけどね。
30代男性
大貴の記憶力は、凄いけどどのタイミングでバレてしまうのかドキドキしながら見れた。敏腕弁護士の甲斐と蟹江の絡みはおもしろかった。原作もおもしろいが、日本版もとてもおもしろくて一気に見れてしまうような作品だった。

30代女性
有名な海外ドラマのリメイクということであんまり日本人に馴染まなかったらという懸念があったが一話見て安心した。むずかしい案件をテンポよく華麗にさばいていくバディもので毎週楽しみだった。ちょっと三角関係になる恋愛要素が入ってくるのが要らないとは感じたが、それを抜かせば概ね面白かった。キャストでいうと華ある若手女優たちをおさえ、所長の鈴木保奈美が髪型も服装もとにかくかっこよかった。展開と共に毎回のようにその服装も楽しみにしていた。出演者は美男美女かつスタイルもいい人ばかりだったので目の保養にもなった。
40代女性
織田裕二さんと鈴木保奈美さんのシーンが見たくて見てました。東京ラブストーリー以来の2ショット、2人ともほんとに綺麗に歳をとられて今でもラブストーリーができるくらい並んだ姿はカッコよかったです。物語の方はなんだかちょっと難しめで途中リタイア気味でした。
20代男性
アメリカで人気の海外ドラマを日本でリメイクした作品ですが、 アメリカの大きな規模とは違い日本的にリメイクした事によって小物感でてしまい、アメリカドラマとは違ってスケールの小さい作品になってしまいとても残念な作品です。 主演の織田裕二は演技はとても上手ですが、何故かコント的な違和感のある変なキャラクターになっており違和感しかありませんでした。その為、スーツはアメリカ版の日本ドラマ版ではなくただの法廷物作品にしか思えない作品で終わった感じしかしません。
40代女性
織田裕二さんと鈴木保奈美さんの27年振り?の夢の共演が見られて嬉しかったドラマ。2人の掛け合いのシーンが毎回面白くて好きでした。ただ途中から問題解決パターンがマンネリ化して来てちょっと残念でした。毎回わりと最後あっさり問題解決してしまっていたので、もう少し苦労して欲しかった(笑)
30代女性
東京ラブストーリーの名コンビである織田裕二さんと鈴木保奈美さんの慣れた感じのセリフのやりとりがとても良かったです。そして、市川海老蔵がゲスト出演して、かっこよすぎる検事役を演じてくれたのも、サプライズで良かったと思います。
40代女性
織田裕二がとてもかっこよかったです。こんな人と上手く仕事をやっていける自信はないのですが、人を使う技術はピカイチだったと思います。こんな方法で弁護をしていたのかと関心しました。韓国でも人気があったドラマというのが納得できました。

SNSの反応【#SUITS 2】

もっとみる

https://twitter.com/dorama_movie112/status/1256896754110263297

ドラマ「SUITS/スーツ」出演者作品紹介

織田裕二

  • 踊る大捜査線
  • 東京ラブストーリー

中島裕翔

  • デート~恋とはどんなものかしら~
  • 野ブタ。をプロデュース

新木優子

  • 家売るオンナ

中村アン

  • ラブリラン

鈴木保奈美

  • この世の果て

小手伸也

  • コンフィデンスマンJP