【第1話から全話まで】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「小説王」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

追記:「FODプレミアム」で先行配信が決定!!

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

第1話 見逃し動画 2019年4月22日(木曜)22:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は4月22日放送後〜4月29日放送開始前まで)
※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『FODプレミアム』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第2話】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第3話】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第4話】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第5話】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第6話】ドラマ「小説王」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

ドラマ「小説王」詳細

■イントロダクション

物語は、過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の作家・吉田豊隆(白濱亜嵐)が自らの才能の限界を感じ、筆を折ろうとした時に、疎遠になっていた幼なじみの編集者・小柳俊太郎(小柳友)、吉田のファンである佐倉晴子(桜庭ななみ)と出会い、活字離れ、出版不況が叫ばれている今の時代を1冊の本の力で変えようと、出版業界に壮大なケンカをしかけていくという、出版に携わる人だけでなく、すべての社会人、そしてこれから社会人になる若者に捧げる痛快熱血エンタテインメント作品です。

■キャスト

白濱亜嵐(吉田豊隆 役)

小柳友(小柳俊太郎 役)

桜庭ななみ(佐倉晴子 役)

■公式SNS

公式サイト

<各話>視聴者からのネタバレ解説・感想

【第1話】『相棒』

ネタバレ解説
吉田豊隆は売れない作家で、バイト先でもバカにされていた。
売れるために書き上げたものも編集者に酷評され、小説を書くのをやめる決意をする。
豊隆の小学生時代の同級生・小柳俊太郎は、出版社に勤めている。
ある日、俊太郎は文壇バーで、ベストセラー作家・内山から言われ、豊隆を探すことになる。
ようやく探し当てた豊隆に、本を書いてもらおうとするが、豊隆は小説はやめたの一点張り。
そんな豊隆に、俊太郎はあるものを渡す。
それは豊隆が新人賞を取った本で、そこには俊太郎のアドバイスや感想が細かく綴られていた。
後日、文壇バーで俊太郎は豊隆を再度説得する。
俊太郎は、豊隆の才能を信じていた。
しかし、豊隆の気持ちは変わっていなかった。
そこへ内山がやって来る。

【第2話】『嫉妬』

■感想

20代女性
運よく本屋の後ろに知っている人が並んでいて、お金を出してくれるなんてドラマあるあるだなと感じました。自分の評価がいつも同じなのに、違う作品に救われたなんて、本当に先生の本が好きなんだなと伝わって来てよかったです。
20代女性
西岡さんの嫌味な男の役がとても似合っていてかっこよかったです。良い賞をもらっていてもなぜその賞を取れたのかがわかった時の可哀想な空気がとても辛かったです。あらんくんの目の演技がとてもうまくてよかったです。

【第3話】『覚悟』

40代女性
どの世界も一流になるのは、とても簡単なことではなくて、小説の世界も甘くはないとひしひしと感じられます。吉田豊隆の苦悩の表情が、つらく胸が痛みます。ただひとりの理解者小柳が、これから力になり、吉田との成功を導き出せればと願わずにはいられません。吉田の父親の存在が、目ざわりでもあり、しかし重要な感じなので、これからの展開がどうなるのか、目が話せないなあと思っています。

【第4話】『父子』

30代男性
吉田と小柳の殴り合いがとても激しくてよかったです。父親と吉田が仲が悪すぎてとても面白いです。子供の前で夫婦喧嘩は良くないと思います。小説と作文を一緒に書いてるのがとても面白くていいです。悠が名前でいじられているのがとても可哀想でした。
40代女性
小さい頃いかにもJリーガーを目指していたような白濱亜嵐くんが、「夏目漱石とか本ばかり読んでいたよ・・・。」と言っているのが凄く不思議な感じがしましたが、その台詞がやけにしっくりと胸にきました。あと、小柳の息子のしづかくんの作文には泣けました。

【第5話】『告白』

40代女性
第5話では、吉田の小説がだんだん読み応えのあるものになっていっているようなので、このままうまくいけばいいのにと思いました。気になったのは、仕事に振り回される小柳のことです。奥さんが同窓会で帰りが遅くなると言われていた日に子供をほったらかして家に帰ってくる時間が遅すぎると思いました。最後の妻からのもう限界ですというメッセージもなんとなくわかるような気がしました。小柳は、とてもいい奴だと思うのですが、家族をもっと大事に想ってほしいです。
20代男性
今回気になったのは女優さんの桜庭ななみさんで、今までのイメージと雰囲気変わりすぎな気がしました。
そして物語に関しては結局付き合うことになるのかよと思ってしまいました。
もう少し展開が欲しい印象があります。