【第8話】テセウスの船(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【惨劇を止められるか】

テセウスの船
帝一くん

【前回のあらすじ】音臼小学校での毒殺事件の2日前にタイムスリップしてきた心は文吾と一緒に真犯人であるみきおの姿を追うが、その行方が掴めない。しかし、その途中でみきおの狙いは心の母親の和子であり、この時代でみきおは和子を殺そうとしていることに気付く。そのことを文吾に話すと、文吾は和子と子供たちにこの村から一時的に出ていくように促すが、当然理由も分からない状況では反対される。ただ、心の説得もあり、お楽しみ会に出られない代わりに一家でお楽しみ会を開き、タイムカプセルを庭に埋めるということで同意してくれたのだ。そして、お楽しみ会の当日になって、心と文吾は音臼小学校にやってくる。みきおの姿はどこにも見えなかったが、突然放送室からみきおの声が聞こえ、放送室に行ってみると、そこにはみきおがまるで2人を待っていたと言わんばかりの雰囲気で立っていた・・

この記事では、ドラマ『テセウスの船』を【第8話】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第8話】ドラマ「テセウスの船」動画視聴リンク

ドラマ「テセウスの船」はTBS公式VOD配信「Paravi」で
【第1話から全話】までフル動画配信が決定!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回登録後、2週間無料!この無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

☆『Paravi』ユーザーレビュー

40代女性
「Paravi」は月額税込で1017円支払うと利用することができますが、最初利用した時は月額1000円近くかかるのかと思っていましたが動画配信サービスの内容を見ると決して高くはないと思いました。それはまず500円分のチケットをもらうことができるので、これで見放題の適用にならない最新の映画を見るのに使っています。このチケットがあるので、月額1017円決して高くないと思います。それにTBSドラマやテレビ東京のドラマの作品数は豊富なので、この2つのテレビ局のドラマをメインで見たい時はこの「Paravi」は本当にオススメだと言えます。

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第8話 見逃し動画 2020年3月08日(日曜)21:00放送分

■放送終了後1週間以内の場合の視聴(最新「第8話」配信期間は2020年3月08日放送後〜2020年3月15日放送開始直前まで)

※TVer、GYAO!、TBSFREEでの見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴(地上波終了後、配信予定)

Paravi

■動画共有サイト検索

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第7話】ドラマ「テセウスの船」

▶︎【第9話】ドラマ「テセウスの船」

【第8話】ドラマ「テセウスの船」の詳細

■ドラマ「テセウスの船」第8話あらすじ

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!
 また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
 ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

【出典:ドラマ「テセウスの船」第8話あらすじ

■キャスト

田村 心…竹内涼真
公式プロフィール Twitter Instagram 公式LINE BLOG

佐野 和子…榮倉奈々
公式HP 公式Instagram

田村 由紀…上野樹里(特別出演)
公式プロフィール 公式Twitter 公式Instagram

佐野 文吾…鈴木亮平
公式プロフィール 公式Twitter 公式Facebook 公式ブログ

■原作

原作:東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング刊)

原作あらすじを開く
主人公・心の父親は無差別に沢山の人を殺した罪で死刑の判決が出ている。産まれてからずっと他人の目を気にして、後ろ指を刺されながら生活をしてきた。何故、自分は産まれたんだろうかとこの運命や父親を呪う事は多々あった。そんな心にも妻が出来、子供が産まれる。笑顔を他人様に見せてはいけないと母親に厳しく教育された心だが、流石に自身の子の誕生には胸が高鳴る。出産間近のある日、心の妻は心の父親の事件の事を調べていた、もしかしたら冤罪かもしれないと訴えた。心は父親を排除して生きてきたので聞く耳を持たなかった。ささやかながら妻と我が子と生活する事を望んでいた。しかし、妻は出産の時にかえらぬ人となってしまった。残された自身の子さえも妻の両親に取られそうになる。心はふと生前、妻が父親は冤罪かもしれないと話していた事を思い出す。そうして、事実を確かめようと郷土に渡る決心をした。着いた場所に足を踏み入れるとそこはホワイトアウトかの様な真っ白な世界だ。前も見えないまま進んで行くと、現れたのは現在ではない、事件当時の郷土だった。タイムスリップした状況で心は父親と接触し、実際には何があったのか、犯人は誰なのか、普通に生活をしながら追っていく物語

■脚本
高橋麻紀

■主題歌
公表され次第、更新します。

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第8話】ドラマ「テセウスの船」ネタバレあらすじ・感想

ネタバレあらすじ
大量毒殺事件が起きるお楽しみ会の当日を迎えてしまった心と父・文吾は、犯人であるみきおを発見する。しかし、二人に捕まえられたみきおは他の大人を欺き、二人の元を離れる。事情を聞かれた校長との話を終え、心と文吾は犯行を目論むみきおを阻止しようと必死に探し回る。しかし毒物を見つけることはできず、昼食の時間を迎えてしまう。心はみきおにこのようなことをする理由を尋ねたうえで事件を絶対に止めると言い放つが、みきおは「僕の計画は完璧だ」と返す。一方、和子は子供たちと共に町を離れるために車を運転していたが、道の途中に置かれていた荷物のせいで通ることができない。和子は車を降りて荷物を端に寄せようとするが、そこへ怪しい人影が近づいていた。

■感想

40代男性
みきお役は、すごくかわいいのに、やっていることは、大人顔負けの悪辣非道ぶりだ。それにしても、心と心の父親は、みきおに翻弄されているだけで、ただのでくの坊だな。もう少し学習して、賢くなってくれ。しかも、みきおにはバックがいるとは、心達には勝ち目がないだろ。
40代男性
正直タイムスリップをしまくっているせいか本当の黒幕が誰なのか、誰が引き金となってこんな壮大な事件になっているのかが分からなくなってきました。時間軸についても改めて確認しないとわからないくらい巧妙な演出で見応えがありました。伏線がたくさんあるので回収できるのかが気になります。
40代女性
予告で見た時、お母さんと子供2人は車ごと崖から落っこちて死んでしまったかもと思っていたからとりあえず3人プラス赤ちゃんが生きていて良かった。でもこのお母さん妊婦さんなのにすごい精神力だよね。これも3人目の余裕なのか?1人目でもヒーヒー人どころではなかった私とは全然違うわ(笑)
40代女性
和子・鈴・慎吾が村から出ている事を、どうして真犯人は知っていたんでしょう?スタンガンで3人を体育館の倉庫まで運ぶって10歳のみきおでは出来ないはず。心も文吾も「村に共犯者がいる」って言ってましたが、どの人間も怪しくて・・やっぱりさつきかな、と。
40代女性
心が、みきおが青酸カリを入れたかもしれないはっと汁を飲んだ時にはドキドキしました。結局毒が入ってなくて良かったですが。みきおが大人たちを味方につけたり笑みを浮かべたりして10歳なのにとても不気味でした。

【第8話】ドラマ「テセウスの船」ネタバレ解説

感想
いよいよ事件当日に向き合う平成元年の心と文吾。
みきおを問い詰めようとしますが、見事に学校の先生達がみきおを守ってブロック。
みきおは上手に大人達を利用して自分を守ります。
半端ないサイコパスぶりに、頭の切れ方です。

青酸カリはジュースからはっと汁に……
はっと汁は、おいしすぎて作ることを禁止された汁。御法度汁=禁止の汁という意味だそうです。
みきおがジュースに毒を混ぜたと、止めに入りますが、それはみきおのフェイントでした。
文吾と心は見事にみきおにコントロールされて、みきおに信頼がいくように、心には疑いの目が向くように仕掛けています。
心はみきおが持って行ったはっと汁をリスクを侵して食べました。
みきおを影で動かすのは一体誰なのか?

一方、文吾の指図で音臼村を離れた、和子たちには、真犯人たちの魔の手が迫っていました。
真犯人は和子、鈴、慎吾は何者かに監禁されてしまいました。
監禁された場所には、みきおのイラストが……
みきおの共犯者が車で連れ去ったとすれば、当然、犯人は車の運転ができる人、大人のはずです。
イラストには十字架に磔になった警察官が…… 
真犯人は文吾の命を狙っているようです。
3人を救ったのはまさかのみきおでした。
みきおが3人に近づいていた時に、「あれ持ってきてくれた?」と話かけた人間は一体だれ?

そして、監禁されていたのは音臼小学校でした。
とすれば、お楽しみ会に参加していた人が犯人となると、真犯人の候補者はやはり絞られてきます。

音臼小で30年後のタイムカプセルが埋められて、井沢、石坂がその時も生きているかどうかを暗示させる出来事です。
30年後もどちらかが生きているとしたら、真犯人を掴む重要なヒントになりそうです。

犯人は文吾に復讐するために、音臼小の子供達を殺したようです。

心がやめろと言ってるにも関わらず、みきおの誘いでキャンプ場に真犯人に向かい合います。
みきおは1人で来るように言いますが、それが真犯人の文吾にかけた罠なんでしょうか?

どんな苦しい状況になっても、自分の思ったことは貫く文吾らしい行動です。
しかし、それが心を苦しめることに。

拳銃を持ってキャンプ場のログハウスに向かう文吾。そこにはみきおの犯罪記録のようなワープロの文字が……
みきおが現れ、全ては鈴ちゃんのためと言います。
「ヒーローは1人だけでいい」というみきおの言葉。いったいどんな意味があるのでしょう。
スタンガンで、意識を失った文吾。
そして、共犯者のはずのみきおもスタンガンの餌食に。
真犯人はみきおも利用するだけだったんでしょう。
みきおの命さえどうなってもいいと思っている犯人なら、いったい誰なんでしょうか?

 

次回の展開

文吾の後を追った心はみきおが意識不明の重体で発見されます。
しかし文吾の姿はなく、文吾に殺人容疑が……。
結局、毒薬騒ぎを避けても、文吾の殺人容疑は変わらない。
やはりの歴史の大きな流れは食い止めることはできないの?
そして、予告動画によると1977年の出来事が、文吾に大きく関わっているようです。
ドラマ第8話の終盤では田中正志と徳本卓也が花を見て、お互いの母が花を見るのが好きだったといいました。
そして、「あんなことがなければ……」
と意味深な台詞を言いました。
ひょっとしたら1977年の出来事によって正志と徳本両方の母親が命を失うことになったのか? それとも重病になって見ることができなくなったのか?
真相が気になります。

それは平成元年より12年前昭和52年の頃です。
それはまだ文吾が警察官になるかならないかの頃の時期です。
その中で文吾には、音臼村には一体何があったのか?
真犯人はやはりグルッとまわって実は、木村さつきでは?
と思ったりしますが……
次回が気になります。