【訪れる別れの時ーさらば班長】最終回・第11話 ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最終回・第11話】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最終話・第11話/放送情報】
2019年6月26日(水曜)21:00放送

【最新話】視聴リンク

最終回・第11話 見逃し動画 2019年6月26日(水曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は6月26日放送後〜7月3日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『ビデオパス』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴(個別課金あり)

テレ朝動画

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第10話】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

☆【第1話から全話まで】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最終回・第11話・詳細】ドラマ「特捜9-Season2-」

■第11話 あらすじ

弁護士の小林則夫(坂本直季)が死亡する事件が発生し、特捜班が臨場する。ほぼ無傷の遺体は、指先だけが切れており、床に血で『J・P』と書かれていた。“これはダイイングメッセージか!?”と考える浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班の面々だが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)の解剖によると、死因は不明…。
 一方、鑑識課の解析により、すべて同じ背広姿の男を隠し撮りした大量の写真がスマートフォンに残っていることがわかる。それを見た班長の宗方朔太郎(寺尾聰)は、写真の背景から撮影された場所は東京地方裁判所だと指摘。さらに調べを進めると、写真に映っている人物が裁判官の櫻井潤(嶋田久作)であることが判明する。
 特捜班が、小林と櫻井の接点を調べ始めた矢先、第2の死亡事件が発生! 死亡したのは、弁護士の松井浩史(古河耕史)で、床には血で『J』の文字が!
 小林と同様死因は不明だが、松井の足裏に軽度の熱傷があることが判明。真澄は、二人は感電死した可能性があると言い、二人の弁護士の死は、連続殺人事件の様相を見せ始める。
 櫻井と二人の弁護士の接点を調べる中で、松井が元々検事だったヤメ検弁護士だということが分かる。さらに、12年前の『青酸ガス無差別殺人事件』でのつながりを見つける。当時の関係者にも聞き込みを始めるが、上からは圧力がかかる事になる。
 しかしそんな中、裁判所から刑事部長の三原達朗(飯田基祐)に、しつこく櫻井に聞き込みをするなとクレームが入り、直樹が降格の危機に…。さらに、優しく人に寄り添いながらも正義を貫く直樹の姿を見た宗方はある決意を固め、特捜班に運命のときがやってくる…。

【出典:公式HP『特捜9-Season2-』あらすじ

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第11話】視聴者からのネタバレあらすじ・感想

【第11話】
■ネタバレあらすじ

浅輪直樹の成長。浅輪と班長の別れ。係長の面影。本当は、係長とも、班長と同じように「ありがとうございます」って言って、浅輪は別れたかったんだと思う。
今回の事件は、「冤罪」がテーマだ。検事、弁護士が次々と殺害されていく。そんな中、班長は警視総監室で「そろそろ子離れしないといけないですね」と話す。
事件について、裁判所の裁判官櫻井潤にあたるものの、けんもほろろに追い返されてしまう。その後、裁判所から苦情が入ったと刑事部長に叱責された時、浅輪は刑事部長に言い返す。「相手が誰だろうと、捜査は捜査じゃないですか!」その姿を見て、浅輪の成長が心に響く。今年だけで、彼はどれだけ成長したことか。最終回だからか、いつもより強くそれを感じた。
その後、各ペアで捜査をし、犯人は村野だと判明、櫻井潤を狙っていることがわかり、確保へ急ぐ。
犯人の村野の叫びを聞き、怒りを胸に浅輪は櫻井潤を問い詰める。浅輪の言葉に櫻井潤は聞く耳を持たない。浅輪は「真実を明らかにする」と言ってその場を去る。
犯人逮捕から1ヶ月後、第1話の捜査資料を浅輪は班長に提出する。その資料をもとに、冤罪をあばき出し、裁判官、刑事部長を追い詰める。そして、自分も辞表を提出する。
特捜9の部屋でみんなと別れを惜しむ班長。雨の中、警視庁を出た近くの公園で、雨の中、傘もささずに浅輪は走ってきて班長を呼び止める。
「ありがとうございました!」そう言って頭を下げた浅輪。頭を上げ、少し間を置き、雨の中空を見上げて呟く。「ありがとうございました」と。
何年か前に遡るが、ドラマ本編では違う部署に異動になった加納倫太郎係長。その役を演じていたのは渡瀬恒彦さん。本編では一昨年、係長の急な部署異動でバタバタしながら別れているため、浅輪は長年お世話になった係長にちゃんと別れを告げることができていない。その後9係は、取り扱った事件の責任を取らされ、解散させられている。
班長は浅輪に「あなたはそのままでいい」と言っていた。加納係長もそういう人だった。2人とも、浅輪に限らず部下全員が自由に動ける環境を整える人だった。そして、権力や圧力で彼らが潰れないように、それぞれのやり方で上層部と戦う人たちだった。浅輪にとって親のような存在と別れを告げた。今度はちゃんと別れを言えた。
雨の中、新しい出発をした浅輪。その背中が日々逞しくなっていく。

■感想

50代女性
裁判官、検事、弁護士。正義を貫かなければならない職に就いている人物が、話を作り上げ、ひとりの人生、いや、その周りの多くの人々の人生を変えてしまう事は、あってはならないことです。腹がたつばかりです。たとえドラマとはいえ、なんだか裁判に不信を抱きそうです。
30代女性
父親が冤罪ではないかと疑いをもち調べていくうちに,裁判官と検事,弁護士がシナリオを作って有罪になったことを知る。現実にもなくはないかなと思うと少し寒くなってくる。母親の治療費を稼ぐ人生って辛そうです。病院代ってお金がかかるから。病院もお金が払えないと追い払われるから必死だったんだろうな。そして班長が責任をとって辞職。辞める必要ってあったかな?来シーズンの展開はどうなるんだろう。
50代男性
弁護士の殺人事件が起きて捜査を開始すると次も弁護士の殺人事件が発生。弁護士の連続殺人かと思わせるものでしたが、1件目の事件で被害者のスマートフォンには一人の裁判官の写真が大量に保存されていました。しかし、写真を撮られていた裁判官は弁護士一人ひとり覚えてはいないと警察の捜査に非協力的な態度で、身に危険はないのか不思議な感じでした。この事件を特捜班が解決するのですが、いつもと違った感じで新鮮に楽しめました。
50代女性
相手が、どんな立場の人間であろうと、そして、自らの地位を捨ててまでも、正義を貫こうとしている浅輪。ハラハラしましたが、格好良いです。そして、そんな行動が出来るのは、浅輪を信じている特捜の仲間達がいるからですね。胸が熱くなります。
30代女性
今回は、新人刑事、浅輪、班長それぞれの思いが強く出ていたと感じました。今回シリーズ最終話です。殺人事件は連続して起こります。1件目は弁護士、2件目も弁護士、事件を捜査している中で一人裁判官の大量写真を入手し、裁判官へ事情聴取するも思い当たることはないとの回答、任意同行にも応じません。司法側の協力が得られない中で、進む物語の葛藤を感じました。