【AI(人工知能)会社の社長がプールで死亡】第8話・ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第8話】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【第8話/放送情報】
2019年6月5日(水曜)21:00放送

【最新話】視聴リンク

第8話 見逃し動画 2019年6月5日(水曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は6月5日放送後〜6月12日放送開始直前まで)

※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『テレ朝動画』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴(個別課金あり)

テレ朝動画

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第7話】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

【第9話】ドラマ「特捜9-Season2-」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ▶︎

【第8話・詳細】ドラマ「特捜9-Season2-」

■第8話 あらすじ

刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の大学時代の友人で、AI(人工知能)を製作する会社の社長・田嶋康太(大浦龍宇一)がプールで死亡。死因は水泳中の心臓発作で間違いないと思われたが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)は、アレルギーの原因となる物質を口にして2時間以内に激しい運動をしたことによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーショックで心臓停止に至った可能性も考えられるという。
 浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、三原刑事部長から、田嶋の死の真相を明らかにするよう依頼される。いつもは特捜班を目の敵にする刑事部長が自ら依頼しにきた事に、驚きを隠せない面々だったが、事件の真相を解明するために動き出す。
 捜査を開始した特捜班のメンバーはそれぞれ聞き込みを行い、田嶋が看護師の曽我景子(大浦千佳)と口論していたという目撃談や、クッキングスクールを任されていた元妻の江守美佐(久世星佳)が、田嶋からスクール閉鎖を通達されていたという事実をつき止める。
 さらに、田嶋と広報の北村萌香(小橋めぐみ)が男女の関係にあったことや、商品開発部の早乙女凛(新山千春)がAIロボットを巡って田嶋に不満をもっていたことも明らかに!
 次から次に判明する田嶋を巡る女の存在…。更に、最新の人工知能を持ち合わせたAIロボットの謎に特捜班が挑む!

【出典:公式HP『特捜9-Season2-』あらすじ

■公式SNS

公式サイト Twitter

【第8話】視聴者からのネタバレあらすじ・感想

【第8話】
■ネタバレあらすじ

被害者はAI製作会社社長の田嶋康太。死因は水泳中の心臓発作と思われたが、検査の結果アレルギー物質であるエビを口にした後に激しい運動に及んだことによるアナフィラキシーショックの可能性があることがわかった。田嶋は社内外問わず複数の問題を抱えており、容疑者は次々に浮かび上がってくる。経営する料理教室の閉鎖を迫られていた元妻・江守美佐、現在進行形で男女関係にある北村萌香、AI製作を巡って田嶋に不満を持っていた早乙女凜、そしてAIの不具合で祖母を亡くすことになった看護婦の曽我景子。それぞれに対し調査を進めていく中で、特捜は田嶋がアレルギー物質をどういう経緯で口にしたかに注目する。最後の食事はいつで、誰が作ったものだったか。電話の発信履歴、胃の残留物、社長の動向を知る者。一つ一つ洗い直していくうちに特捜は一人の人物に辿り着く。犯行に及んだのは、社長秘書の和田ひとみだった。和田はエビを揚げた後の油でハーブをきかせたカツレツを調理し、それを田嶋に夜食として渡していた。その後田嶋がプールに向かうことも知っていて、発作が起きても設置してあるAIが反応しないよう細工もしていた。和田は常日頃から田嶋のパワハラに苦しめられていた。耐えかねて自殺しようとしていたところを専務の梶田亜美に止められ、その口車に乗せられて犯罪に手を染めてえしまった。梶田は粉飾決算に手を染めており、それを隠すために和田を利用したのだった。

■感想

60代男性
“田嶋が横暴で、女性関係にだらしなかったので、元妻の江守に十分動機があったと思いました。なにしろ、料理教室で食物アレルギーのけんきゅをしていたので、部落に近いグレーだと思いました。
又、早乙女も田嶋から、ロボットのひばりの製造中止を言われ、殺害動機があったと思いました。
又、ひばりを使っていた曽我の母が亡くなって田嶋を責めたので、曽我が一番疑わしいと思いました。
しかし、梶田専務が粉飾決算で田嶋に強迫されていたので、単独犯行かと思ったのですが、まさか北村秘書が利用されていたとは意外でした。また、北村が海老を揚げた油を使った料理に香料で海老の匂いを消して田嶋に食べさせた手の込んだ仕業にはびっくりでした。
それにしても、浅輪が田嶋が亡くなったプールサイドに向かって叫んでいたのを動画から見逃さず、プール脇に、緊急警報システムが作動しない、ひばりが置かれていたと推理したのは見事でした。”
50代女性
田嶋は、AI制作会社を作った社長なのかもしれない。でも、社長として、何を言っても、許されるはずもない。田嶋のパワハラによって、秘書の和田の心が壊れていたのでしょうね。梶田の策略に、はまってしまったのは、可哀想ですね。といっても、殺害は許されません。
50代男性
ドラマは人工知能の話で始まり、事件は会社社長がプールで泳いでいる途中に死亡することで始まります。死亡原因は甲殻類アレルギーのショック死で、間違って食べさせたのかと思うほど簡単ではなく、普通の料理であれば臭いで食べられない食べ物がわかる被害者。被害者は人工知能関連の男社長で、周りの女性が聞き込みされています。アレルギー食品を食べさせたのは誰かに短絡せず、人工知能を巻き込みながら展開する話が面白かった。
50代男性
プールで泳いでいるときに、死亡した男性社長。プールにはカメラが設置されており、死亡した時の状況もわかります。気になるのは死亡間際、プールサイドに向かって何か叫んでいるところ。後でわかるのですが、プールサイドには会話通信ロボットが置かれており、救急車を呼ぶ機能もつけられていました。しかし、プールサイドにあるロボットは事件当日反応しませんでした。なぜ、反応しないロボットが置かれていたのか謎解きが行われ、ドラマを楽しんでみることができた。
50代男性
人工知能の話題をドラマに取り入れているのに感心しました。死亡者は人工知能関連会社の男社長で、プールで死亡します。原因が食物アレルギーショック死で、だれが食べさせることができたのかが犯人につながるのかなあと想像しドラマの展開が楽しみでした。社長の周りの関係者は女性だらけで誰が犯人候補か絞り込む楽しみもありました。