第8話 やめるときも、すこやかなるときも(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴【壱晴は「桜子の椅子」を壊してしまう】

やめるときも、すこやかなるときも
帝一くん

【前回のあらすじ】壱晴は桜子に一緒に松江に行こうと誘うが「真織さんのことを思い出してる須藤さんなんて見たくない」と断られてしまう。仕方なく1人で松江に行こうとするが、真織のことを思い出し、なかなか前に進むことができない。桜子が家に帰ると顔に痣を作った母が待っていた。父と一緒にいることに限界を感じたことはないのかと母に尋ねると、母は父のそばにいることができるのは自分しかいないと話す。それを聞いた桜子は、壱晴と一緒に松江に行くことを決意する。真織のお墓参りが終わり、桜子が壱晴に「これでやっと前に進めるね」と話す。しかし壱晴は本当の自分の気持ちに気がついてしまった。壱晴は桜子に「真織と桜子が重なって見えた」「恋じゃなかった」と告げる。桜子はその気持ちを受け止め、「今までありがとう」とその場を去っていった…

この記事では、ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」を【第8話】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第8話】ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」動画視聴リンク

ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」はVOD配信サービス「Hulu」で
第1話から全話までフル動画配信中です。

VOD配信サービス「Hulu」は完全無料視聴可能です!

「Hulu」では初回2週間のトライアル期間中に解約すれば、完全無料で「Hulu」が利用可能に!
解約金などは一切なし!!なので本当に完全無料で視聴できます。

「Hulu」オススメポイント!!

  1. 国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど最大【50,000配信作品】が全部見放題!!(Hulu独占配信作品もあり)
  2. 追加料金や個別課金なし!!
  3. 高画質、高音質
    ※継続でご利用されると月々「933円(税抜)」かかります。
☆『Hulu』ユーザーレビュー
40代女性
huluはグリーンを主体とした鮮やかなデザインと豊富なコンテンツ群で日常に彩りを加えてくれるビデオオンデマンドです。
洋画・邦画、国内外ドラマ、ドキュメント、アニメ、短編など映像のバランスが良く、作品のフレッシュさと名作のバランスも良いと思います。
特にバラエティ番組を見るのが好きで、日本テレビ系列のhuluで「ガキの使い」、そして地上波では見ることのできない「太田上田」は特に欠かさず見ていた貴重な番組です。
値段や作品数、充実度を考えると総合的にお勧めできるVODだと思います。

↓お得な「Hulu」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第8話 見逃し動画 2020年03月09日(月曜)24:59放送分

■放送終了後1週間以内の場合の視聴(「第8話」の配信期間は3月09日放送後〜3月16日放送開始直前まで)

※TVer、GYAO!、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。公式配信サービス『Hulu』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

Hulu

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第7話】ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」

▶︎【第9話】ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」

【第8話】ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」の詳細

■ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第8話あらすじ

松江で桜子(奈緒)と別れた壱晴(藤ヶ谷太輔)のもとに哲先生(火野正平)が退院したという知らせが入る。東京に戻り、柳葉(五関晃一)の店を訪れた壱晴は、哲先生には今でも想い続けている一人の女性がいることを知る。

桜子は、後悔はしていないと強がりながら、前に進もうとしていた。壱晴を諦め次の人を選ぶという桜子を合コンに誘う彩芽(金澤美穂)。そこで桜子は、壱晴の真織(中井友望)に対する想いを理解できた気がすると彩芽に打ち明ける…。
一方、壱晴は覚悟をもって向き合ってくれた桜子のために、必ず椅子を完成させると宣言する。悪戦苦闘する壱晴は哲先生に連れられ、とある場所を訪れる。そこで、哲先生の代表作「oubli」が一人の女性のために作られた椅子だったと知り…。

工房に戻った壱晴は、完成させた「桜子の椅子」に腰を掛けてみるが自嘲のような笑いがこみあげる。ベストを尽くしたはずの「桜子の椅子」は「oubli」の足もとにも及ばず、壱晴は「桜子の椅子」を壊してしまう。これからも哲先生の作品を再生産していくだけだと、すべてを投げ出した壱晴に柳葉はずっと抱えてきた本音をぶつける…。

『出典:ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第8話あらすじ

■脚本
桑村 さや香

■原作

窪 美澄「やめるときも、すこやかなるときも」(集英社文庫刊)

あらすじ:家具職人の壱晴は、毎年十二月の数日間、声が出なくなる。原因は過去にあったが、誰にも話さず生きてきた。一方、会社員の桜子は困窮する実家を支え、恋とは縁遠い。二人は知人の結婚式で偶然出会い“一夜”を過ごすが、後日、仕事相手として再会し……。欠けた心を抱えた二人が戸惑い、傷つきながらも歩み寄っていく道のりの痛みと温もり。他者と共に生きることのいとおしさに満ちた傑作長編小説。

(出典:窪 美澄「やめるときも、すこやかなるときも」

■主題歌

公表され次第、更新します。

■キャスト

藤ヶ谷太輔、奈緒

■公式SNS

公式サイト 公式Twitter 公式Instagram

【第8話】ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」視聴者からのネタバレあらすじ、感想

壱晴が真織への気持ちに整理をつけられない為、桜子は別れを選んだ。松江で一人海を見ていた壱晴は優太から師匠が退院したと聞き東京に戻った。翌日からも桜子の椅子の構想が浮かばずにいる壱晴を師匠がとある場所に誘った。そこは師匠が利用している材木問屋だった。そこで桜の木を見つけた壱晴は、その木で椅子を作ることに決めた。一方桜子は彩芽に彼が欲しいと告げ合コンを開いてもらうも、そこで少し壱晴の気持ちを理解してしまい、何事もなく帰宅する。妹に慰められるも、自分はこの家で両親の面倒を見ながらこれからも過ごすのだと告げる。翌日、再び壱晴は材木問屋を訪れ、そこで師匠が一生想い続けた人へ贈った椅子を見て、自分の椅子の出来が酷いことに笑ってしまった。工房を訪れた優太には壱晴への劣等感から家具職人を辞めたことを告げられ、壱晴はやりきれない思いを抱えるのだった。

■感想

30代女性
30分間のドラマとは思えないほど、印象的だなと感じさせられる。壱晴がまた捨てられた子犬みたいになった。
その姿を見たら手を差し伸べずにはいられなくなる、壱晴の周りにいる人たちはきっとそんな優しい人たち。
君は愛されているんだよって強くいいたい。
40代女性
柳葉さんが今までどれだけ痛みや葛藤や諦めを抱えながら壱晴を支えてきたのかと思うと、今回は嗚咽回。
五関様の繊細で細やかな機微に触れた演技がとても好き。舞台演技でもいつもそれを感じてたけど、映像でもそこを表現する五関様がさすがです。
20代女性
哲先生の体、絶対良くないよね。
迎えに来た妹さんが壱晴くんに何か言いたげだったし、壱晴くんも妹さんの素振りで感じ取って気にしてた。
予告でもまた、ベッドに横たわる哲先生が映ってたし、来週の回悲しくなりそう。
50代女性
哲先生がお前にここ譲ったからだよ。俺じゃなくてお前に!哲先生がお前を褒めないのはな、期待してるからだ。職人は思い上がったら終わりなんだよ。だから厳しくしてるんだよ、それぐらいわかれよ!
優太の怒りは家具職人を辞めた自分に対しても向かってるのか切ない。
30代女性
「やめるときも、すこやかなるときも」第08話のドラマ感想として、桜子が須藤さんとお付き合いがうまくいかなかったことは、残念に感じられました。桜子がそのことを引きずってしまい、前に進めていないように感じられました。頑張れと応援したくなりました。