トレース~科捜研の男~(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴(キャスト:錦戸 亮 / 新木優子)

帝一くん
月9初主演 錦戸 亮さんが「科捜研の“男”」に挑む!
月9連投の新木優子さん&月9初出演サスペンスの帝王・船越英一郎さんと描くリアルな本格科捜研サスペンス。

異色のトリオが魅せる。老若男女が楽しめる科捜研サスペンス!

この記事では、ドラマ「トレース~科捜研の男~」を【第1話から全話(最終回)まで】
無料動画視聴できる方法(配信状況)をわかりやすく解説していきます。

【最新話】視聴リンク

ドラマ「トレース」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!

  • 初回は1ヶ月間無料!
  • フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!

↓お得な「FODプレミアム」の徹底解説記事はコチラ↓

見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

FODプレミアム

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『トレース科捜研の男』動画配信サービス配信状況

サービス名 配信状況 詳細リンク
FOD ◎(見放題) FOD詳細
U-NEXT × U-NEXT詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細

配信状況最終更新日 2019.10.28

ドラマ「トレース~科捜研の男~」詳細

イントロダクション

科捜研を舞台に繰り広げられる事件の数々……現場に残された痕跡(=トレース)はどんな“真実の欠片”を示すのか?そこから導き出される“鑑定結果”とは……?錦戸さん演じる「男」が抱える“陰惨な過去”の真相は……?

キャスト

錦戸亮/新木優子/山崎樹範/岡崎紗絵/矢本悠馬/加藤虎ノ介/山谷花純/小雪/遠山俊也/篠井英介/千原ジュニア/船越英一郎 他

▶︎新木優子出演最新ドラマ
【第1話から全話まで】ドラマ「モトカレマニア」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

ドラマ「トレース~科捜研の男~」の見どころ紹介

30代女性
「トレース科捜研の男」は、科学捜査研究所を舞台に事件の数々の謎を解いていく本格派のサスペンスドラマです。男性アイドルユニット関ジャニの錦戸亮が主演しています。主人公の真野礼は科捜研法医研究員で、どこか陰のある人物です。いつも冷戦沈着で、鑑定結果こそが真実であると常々言っています。一方、長年の勘を頼りに捜査を行うベテラン刑事の虎丸良平には、サスペンスドラマの帝王と呼ばれる船越英一郎が選ばれました。手法が違うことから虎丸と真野はぶつかることもありますが、真実を追い求め事件を解決したいという思いは共通しています。「トレース科捜研の男」の見どころは、少ない事件の手がかりを分析し解決に導いていく爽快感にあります。
40代女性
ドラマ「トレース科捜研の男」は、科捜研に勤める一匹狼だった真野が、同僚や刑事と協力することによって少しずつ心を開いて過去の事件に向き合うところが見どころです。真野は優秀だけれど、人間関係を構築するスキルは低く、職場でも浮いた存在になっています。そこに現れたのが、遺体を見ることが苦手な新人法医研究員の沢口です。沢口は仕事に対してはやる気があるものの、まだまだ経験不足で真野を苛立たせてしまうことがありますが、真面目な仕事ぶりに真野も少しずつ認めていきます。そしてベテラン刑事である虎丸は、口は悪いけれど事件解決への情熱は人一倍強い人物です。そのため検査結果を早く出せと求める虎丸と真野は常に対立をしていますが、一緒に事件を解決していくうちに信頼関係を構築するようになります。複数の事件を解決していくうちに、真野は小さい頃に自分が巻き込まれた事件についても解決をしたいと動くようになります。しかしそれは警察上層部を巻き込む可能性があり、真野は一人で動くことは危険になりますが、虎丸や沢口も協力をして大きな壁に立ち向かっていこうとするところが注目のポイントです。真野は過去の事件を解決に導けるのか、そして事件の裏に隠された真実を明らかにできるのか最後まで目が離せないハラハラした展開のドラマです。
さらに見どころをみる
40代女性
幼い頃家族が自宅で殺される。主人公は第一発見者。警察の見立てでは兄が家族を次々と殺し自殺したと断定される。
主人公は警察の見立てに納得がいかないまま大人になり科捜研で働きだす。警察に不信感を抱きながらも事件を科学捜査で解決していく。毎回、考えさせられるセリフが出てくる。
泣いてしまう事もあるかも。最終回には今までの家族が何故殺されたのかが判明する。理由はドラマを見ていて何故そんな事で?って思ってしまった。
50代女性
見どころは武蔵野一家殺人事件の真相が最後に分かるのでそれが見どころだと思います。感想は警視庁刑事部長の壇浩暉の役の千原ジュニアさんが怖いくらいに悪役を演じているのですが、千原さんの演技力が素晴らしいのが意外でした。かわいそうな話しが多いのですが、是非最後まで見てほしいです。

視聴者からのネタバレ・感想

各話ネタバレ

第1話
陰惨な事件を体験した過去がある主人公の真野礼二(錦戸亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員だ。鑑定結果こそが真実という信念があり、膨大な知識と高い技術と他の人とは異なる着眼点を持っていて周囲から実力を高く評価されながらもクールで協調性がなく、必要以上に人と関わらない存在だ。ある日、上司の法医科科長の海塚律子が、研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。その後、イベント会場で発見された切断された左手の鑑定結果から、真野礼二とノンナは、独自に日原川に向かって女性のバラバラにされた遺体を発見する。解剖結果から、死因は心臓を刃物で刺された失血死、死亡推定時刻は4日前の新夜で被害者は生前に恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡が見つかる。
第2話
大学病院の外科医・真田(名高達男)の教授就任祝いのパーティーで、主役の真田がバルコニーから転落死しているのが見つかった。現場から逃走する男・宮永(篠原篤)が容疑者として拘束されたが、真野礼二と沢口ノンナが行ったDNA鑑定結果が不一致であったため釈放される。誤認逮捕を上司から叱責された捜査一課の虎丸はそれでも宮永が犯人だと主張し現場の再調査を始め、一方の真野は再鑑定を地道に行い、最終的に犯人は真田の娘・由里(関めぐみ)を狙っていることに気付き、由里の勤める病院に急行したところ宮永が由里を殺害しようとしている場面に出くわし、駆け付けた虎丸(船越英一郎)が宮永を逮捕した。事件の真相は真田の心臓移植手術の不正で宮永の彼女が死んだことで、代わりに移植を受けた由里に真野は真実を告げるのであった。
第3話
科捜研の真野礼二は、絞殺されたと思われる9歳の少女・桃(高松咲希)の鑑定を依頼される。被害者も時々訪れていた児童館のボランティア職員であり10数年前の事件でも被疑者としてマークされていた西内(池内万作)が犯人として疑われる中、現場周辺に落ちていたタバコの吸い殻のDNA鑑定結果も西内のものと一致するが、あくまで西内は容疑を否認。そしてその後、その証拠はその事件に拘り続けていた鶴見刑事(大地康雄)が捏造したものであったことが判明する。ただ、その鶴見刑事の執念を引き継ぎ操作を続けた結果、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件については西内が容疑を認めたため無事逮捕に至る。一方で、桃の死の真実は両親を仲直りさせるためにした自殺のフリが失敗した、という悲しすぎるものであった。
第4話
科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が刺殺体で発見された。発見したのはアパートの大家から浩司と連絡がつかないと言われて部屋に行った相楽。虎丸は強盗に見せかけた顔見知りの犯行として捜査を開始した。事情聴取で兄とは何年も会っておらず、家族や友人に嘘をついて金を借りているような奴で、自身も300万円を貸したままだったと言う。捜査していく中で浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険が終了することが判明した。その受取人はすでに他界した叔母だったため、最終的には弟の相楽になっていた。そして2人が事件の3日前に会っていたことも分かり、相楽は重要参考人として連行される。同僚のピンチに真野礼二とノンナが血痕などを鑑定、その結果浩司が殺人を装って自殺していたことが分かった。実は末期がんだった浩司は、弟への借金を返すために図った事件だったのだ。真相を知った相楽は泣き崩れた。
第5話
真野礼二は山で見つかった奈津美(滝沢沙織)の遺体の鑑定を任され、周辺に故人とは違う毛髪が見つける。その毛髪の鑑定した結果、18年前に誘拐された子供だと判明し、その子の両親が呼び寄せられる。子供が行方不明になったときに住んでいた場所に奈津美も住んでいたことが判明し、奈津美の家を家宅捜索すると誘拐された子供の受け渡し場所に死んでいた神崎(石垣佑磨)という男の血がついた包丁が見つかる。その頃、ユウ(山本舞香)と名乗る少女が奈津美殺害を自首し、その少女が行方不明の子どもだと判明する。ユウは誘拐された後、養護施設で育っていたが、そこに預けたのが奈津美だと知って復習した自供をするが事実は違った。ユウは実の親が自分を探していたことを知ったが迷惑をかけたくないので、本当の犯人である養護施設長をかばって自首をする。しかし真野礼二は毛髪が故意に抜かれたことや死亡時間を証明し、真実を明かす。ユウは両親に受け入れられ、新しい家族としてやり直す。
第6話
真野礼二もとに、正体不明の男から電話があった。その内容は真野礼二の兄に話があるという内容だった。真野は指定された場所で、男を待ち続けたが誰も姿を現さなかった。一方、河川敷ではホームレス男性の遺体が発見される。被害者は高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男、新妻大介(伊藤高史)であった。死因は溺死であり、痕跡は確認されたもののその最大の要因である体の濡れが全く確認されなかった。現場には血痕が付着した軍手が落ちていた。虎丸達は科捜研の海塚(小雪)に、遺体の検査を依頼した。その結果DNA鑑定の元被害者とは違う皮膚片が確認された。臨場に向かった真野達は現場の水道から水を採取する。そこには新妻の高校時代の担任・早川尚文(萩原聖人)が現れたのである。そして25年前の無蔵野ー家殺人事件について話すのだった。
第7話
とある深夜、道路を徘徊していた認知症を患う高齢男性が伊集院の秘書である住井葉子がハンドルを握る自動車にはねられて死亡したという事件の捜査を手伝う虎丸、事故発生から実際に警察へ通報があるまで一時間程のタイムラグがあり、事故時同乗者である都議会議員の伊集院が当時飲酒をしハンドルを握り起こした事故ではないか?住井葉子(河井青葉)がそれをかばっているのではないか?と虎丸は疑いを持つのだ。
一方、真野礼二は
25年前、高校生であった姉が何者かにより殺害された当時お腹に子供がいた妊娠の事実を知り、高校教師の早川に接見し姉に関する情報を求める行動に出るのだ。時期同じくノンナと合コンした亜希(河井青葉)が階段から何者かに突き落とされバッグを奪われ、英里もひったくりに襲われるという事件が相次いでいたのである。
第8話
真野礼二は御手洗(渋谷謙人)という男が友人の根岸(落合モトキ)を刺し殺した事件を担当する。その事件の2日後、ノンナは御手洗と根岸の幼馴染だという女優の梨央(石井杏奈)から、2人はそんなことをする人間じゃないから真相を調べ直して欲しいと頼まれる。事件を調べ直し始めた真野とノンナだったが、もう1人益山(落合モトキ)という男が殺されているのが発見された。
捜査の中で益山は「荻窪
8丁目殺人事件」の被害者の甥だと分かる。その被害者というのは娘を虐待しており、その娘に殺害された。そしてその娘というのが梨央だったのだ。この過去をバラすと脅された御手洗と根岸は、梨央を守るため益山に金を渡していた。しかし段々と要求額が増し、耐えきれなくなった根岸は益山を殺害。根岸は益山の弟に刺されるが、もし弟が逮捕されたら梨央の過去を話されてしまう。そこで御手洗に犯人になってくれと頼んだ、というのが事件の真相だった。事件解決後、真野は早川から、これから会おうと連絡を受ける。
第9話
真野礼二は25年前に家族が殺害された事件に関する情報を聞き、そこで姉が当時妊娠してたことを知る。中々事件の真相が見えないことに憤りを感じる真野であったが、その一方で虎丸がアパートでの殺害事件を捜査していた。容疑者として浮上したのが富樫(和田正人)で、真野は25年前の事件と何らかの関係がないか疑いをかける。富樫は仮出所したばかりの身で、7年前に彼を逮捕したのが虎丸であった。被害者の鑑定を行った真野は、富樫がアパートの事件の犯人だと決めつけて疑わない。しかし、虎丸は自分がかつて逮捕した人間が再び事件を起こすはずはないと信じているのだが、真野が苛立ちからかいつもとは違う勢いで虎丸に食ってかかる。それでもそれを受け流すだけの余裕のある虎丸に、何らかの言い分がある。
第10話
法医研究員である真野礼二が鑑定する事件が、自身の兄である故・義一(倉悠貴)をいじめていたグループの1人、佐保優作(袴田吉彦)に関係するものであった。実は、佐保がオーナーとなっているテニスの実業団チームは、数日前に転落死を遂げた元テニスプレーヤーの原田恭一(上杉柊平)が所属していたところである。真野礼二が追う「武蔵野一家殺人事件」の解明に、協力者の高校教師である早川がもたらした情報によると、この佐保が早川の元教え子で、高校時代には「倉本」という苗字であったことが分かる。予想の付かないところでいくつかの接点が次々と出てきて、真野礼二の復習がついに始まっていく。
第11話
自分の兄が家族を殺害した事件の真相を追っていた真野礼二は、兄の高校教師である早川と捜査を進める。そして爆発事故現場で、殺害された姉が身ごもっていた子どもの父親のDNAの証拠を入手する。刑事の壇浩輝が容疑者として浮かび上がるが、検査の結果DNAが一致しないことが判明する。佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は「武蔵野一家殺人事件」の軍手のDNA型と一致していた。
佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出る中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで刑事部長の壇浩輝(千原ジュニア)の名が浮かびあがったのだ。そんな折、壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れる。真野は、壇のDNA型を検査したが、壇は胎児の父親ではなかった。早川に壇の一件を報告した真野は早川の言葉に不審を抱き、彼が使ったストローを抜き取りDNA鑑定をする。そして仁美を妊娠させたのは早川であることが明らかに。早川と連絡が取れなくなり、真野と虎丸がアパートに向かうと
25年前に義一が残したものと似ている遺書が置いてあった。ノンナは防犯カメラで真野と壇が車で出ていく映像を発見し、虎丸と共に軽井沢に向かったと思われる2人を追い別荘にたどり着くが2人はいない。2人は壇と義一と初めて出会った思い出の場所という閉鎖された映画館にいた。義一を見た壇は苦しんでる姿を見たいと思い、新妻と佐保に義一を虐めるよう頼み不登校に追いやる。さらに新妻を通じて仁美から、妊娠した途端に捨てられた早川を破滅させてほしいと頼まれたという壇。早川に子供を産もうとする仁美を殺すように追い込み、壇の思惑通り早川は仁美と両親を殺害、新妻たちに義一を自殺に見せかけ殺させた事実を真野に話した。怒り狂った真野は壇に襲いかかるが、海外に逃亡したはずの早川が壇の胸を刺す。早川は逮捕され、壇は意識不明で昏睡状態に陥ったまま。真野は壇と早川を殺さなかったのは「二度と暗闇から抜け出すことができなくなる」と思ったからだった。

視聴者からのネタバレ感想

50代女性
「科捜研の男」どこかで聞いたことのあるようなタイトルに、期待と、不安を、持ちました。科学を使って、事件を解決するということに加えて、被害者の思いや真実を、突き止めるところに惹かれました。主人公である真野自身にも、辛く苦しい過去を持っているということで、被害者に寄り添うことができたのでしょう。また、虎丸は、昔ながらの勘を頼りに捜査する刑事。横柄な態度が、鼻につく感じでしたが、真野と、関わっていくごとに、虎丸自身の変化も、面白かったです。そんな2人の間にいる女性研究員沢口。新人であることで、被害者に寄り添う優しさが、ホッとしたりもしました。科学+人の思いが、伝わるドラマでしょう。
40代女性
硬派な礼二と新米ながら熱意にあふれるノンナの組み合わせが良かったです。事件が鑑識の立場からすごく親身に掘り下げられているのに、毎回感心しました。気にったのは第8話、友人を刺殺した青年の事件に、全く思いもつかなかった背景があるのがわかった事件です。
30代女性
“錦戸くんと新木さんのコンビと船越さんのベテラン感が良かったです。新人役の新木さんの頑張っている姿が見どころでした。
所々で出てくる千原ジュニアさんが気持ち悪くて怖かったです。最終話のシリアスなシーンはとっても迫力がありました。”
30代女性
「科捜研の男」というサブタイトルに、パロディのコメディ?と、始めは思ってしまいましたが、しっかりとした科学捜査ミステリーでした。ミステリーによくある、暗い過去を抱え、ひとつの事件にこだわりまくる主人公ではありましたが、媚びない真野を錦戸くんがクールに演じていたと思います。こういったミステリーものは、警察はなにやってるんだ、と思わせることが多々あるのがお決まりなのですが…、なんだか暑苦しい船越さんでうまく丸め込まれました。そして、全体的にポップではないのですが(明るい箸休めは新木優子さんが補ってくれました)、その予想を上回る最終回の気持ち悪さは見どころです。千原ジュニアさんがとてもよかったです。
さらにネタバレ・感想をみる!
40代女性
科捜研での話で、とことん調べて犯人を見つけていくのは謎が解けてスッキリした感じになります。基本的には1話完結ですが、最終的に家族の死の謎が解けてまさかの人が犯人で面白かったです。ジュニアさんのDNA鑑定をするときに血が出るほど器具を口にこすりつけていた映像が強烈で、今でも思い出すとぞっとします。
40代女性
1話完結の事件物の裏に両親を惨殺され兄を犯人にされた上に自殺に見せかけて殺された一家の生き残りである主人公の自分の起こった事件を解決していくという通しの話があるドラマだった。少しずつ謎が解けるところも昔の事件に隠された真実もとても面白く錦戸亮の陰のある演技もよかった。ちょっと船越がうざかったが、信じあえるようになってからはお互いに認め合ってる感じがでていた。
20代女性
冷たくて謎が多い男だけど、科捜研という仕事にしっかり取り組んでて、死体からわかるメッセージを読み取って、死んだ側の人のキモチや、残された側にどういうメッセージを残したかなど、科捜研にしかできないことをしてそれを調べてて、毎回、泣ける。
20代女性
毎回毎回起きる事件は恐ろしくてリアリティ話があるものばかりだった。主人公の真野さんの過去の出来事の真実が分かった時、残酷すぎる家族の死と現実が復讐したいと思わせるくらい怒りと悲しみが入り混じった感情になった。
60代女性
真野は自分が被害者家族であり、真実を知りたい一心で法医研究を勉強し科捜研に入ったが、いざ真実を知った時の複雑な気持ちがうまく表現されていると思いました。 武蔵野一家殺人事件の犯人を操っていた壇はサイコパスで、、真野に詰め寄る所はホラー映画の様でした。
20代女性
月9なのに、とてもとても重い話でびっくりしましたが、錦戸亮さんはマスク姿でもイケメンということが証明されたなと感じました。真実だけを追い求めて行く姿がとてもカッコよくて、こういう人がいるからこそ、真実が明らかになるんだなと感心しました。
20代女性
錦戸亮さん演じる真野は真実のカケラをもとに事件を解決していくドラマで、兄が家族を殺し自殺した過去があるがとても優しかった兄がそんなことするはずがないと真相を探し続けています。しかしその事件の裏にはとんでもない人が関わっており当時の証拠はもちろん調査記録はほんどなくデタラメであった。小雪さん演じる海塚は当時の事件を調査した重要な人であり真野の味方なのか敵なのかハラハラする場面があります。
また新人科捜研の新木優子さん演じる沢口は真野とバディを組まされる。冷たく遇う真野に最初は嫌々ついていたが芯が通ってる所や科捜研としての腕は確かなところをみて次第に尊敬していきます。過去の事件のことを隠し名字を変えていた真野だがあることをきっかけに同僚にバレてしまい真実を知った同僚はどう対応していくのかそこにも注目してほしいです。
30代女性
トレース科捜研の男を見て、科捜研のドラマと言えば歴代の女優さんの印象がとても強い中、科捜研の男性が主役のドラマは初めて見ました。主人公の男性が、自分の家族の死因に納得できない中、小さい頃に養子になって成長してからは、被害者の本当の死の真相を科学の力で解き明かしてくドラマです。後半にかけては、自分の家族の事件が関わってきます。いつもの事件も少し暴走気味に調査をする主人公ですが、自分の家族の事件になるとさらに危険な所へ踏み込んんで調査しようとする姿に刑事・上司・仕事仲間も心配していきます。事件の裏には何者かの陰謀で兄に罪をきせて家族を殺害したのではないかと、真相に追及していく中、本当の敵は誰なのか最終回まで目が離せない展開のドラマです。動画配信などでもまた見返したいと思います。
50代女性
武蔵野一家殺人事件の被害者であった真野は、科捜研に勤めながら、早川と協力し、武蔵野一家殺人事件のことを調べていた。真野の姉は妊娠していた。その犯人が姉の相手である可能性が高い。しかし、親子鑑定の結果、一致しなかったのだ。しかも、兄を殺すように仕向けたのは壇とわかったが、真野は助けてしまう。壇の攻撃が始まりそうでハラハラしそうなラストシーンだったと思う。

ドラマ「トレース~科捜研の男~」出演者作品紹介

新木優子

・トドメの接吻

・チア☆ダン

山崎樹範

・サマーレスキュー〜天空の診療所〜

・MR.BRAIN(ミスターブレイン)

岡崎紗絵

・僕たちがやりました

・人は見た目が100パーセント