【第1話から全話まで】ドラマ「わたし、定時で帰ります。」を見逃し動画無料フル視聴しよう

わたし、定時で帰ります。
Paravi

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

【最新話】視聴リンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」はTBS公式VOD配信「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信決定!

【現在、第1〜3話が配信中!!】

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画 2019年4月16日(火曜)21:00放送分

■1週間以内の場合の視聴(配信期間は4月16日放送後〜4月23日放送開始直前まで)
※見逃し無料配信は終了しました。公式配信サービス『Paravi』でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル視聴

Paravi

■動画共有サイト
drama3S

<検索>
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▶︎【第2話】ドラマ「わたし、定時で帰ります。(2019年4月23日放送)」はコチラ

▶︎【第3話】ドラマ「わたし、定時で帰ります。(2019年4月30日放送)」はコチラ

▶︎【第4話】ドラマ「わたし、定時で帰ります。(2019年5月07日放送)」はコチラ

帝一くん
【第5話ちょこっとあらすじ】スポーツメーカーのクライアントは企画のやり直しばかりを命じ、具体案を出さないため、東山結衣は困っていた。デザイナーの桜宮彩奈は、クライアントから情報を得たいと思い、飲み会に応じたりと多少無理をしていた。そして、ついに桜宮彩奈は露出の多いスポーツウェアを着ることまで強要されてしまう。腹を立てた東山結衣はクライアントにセクハラをやめるように話をしようとするが・・・

▶︎【第5話】ドラマ「わたし、定時で帰ります。(2019年5月14日放送)」はコチラ

▶︎【第6話】ドラマ「わたし、定時で帰ります。(2019年5月21日放送)」はコチラ

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の詳細

■イントロダクション

 主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

【出典:ドラマ「わたし、定時で帰ります。」イントロダクション

■キャスト

東山結衣ひがしやま ゆい 吉高由里子
種田晃太郎たねだ こうたろう 向井 理
諏訪 巧すわ たくみ 中丸雄一
吾妻 徹あづま とおる 柄本時生
来栖泰斗くるす たいと 泉澤祐希
三谷佳菜子みたに かなこ シシド・カフカ
しゅう 桜田 通
王 丹おう たん 江口のりこ
戸塚 学とつか まなぶ 梶原 善
篠原友之しのはら ともゆき 酒井敏也
賤ヶ岳 八重しずがたけ やえ 内田有紀
福永清次ふくなが せいじ ユースケ・サンタマリア

■公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

【気になる!!】ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の期待の声

20代女性
シンプルに内容が気になります。私自身も定時を意識して積極的に仕事を終えるタイプなので主人公と重なるな〜と思った事、定時に上がる為の手段(言いくるめ方や仕事のやり方)等学べる事が多そうと思う事、主人公に立ち向かう刺客達が気になります。
30代女性
わたし、定時で帰ります。が気になっています。吉高由里子主演のドラマは毎回見ていましたし、つい目で追ってしまいます。今回は社会現象でもある残業問題について、どのように向き合っていくのかが見どころだと感じています。
30代女性
わたし、定時で帰ります。
働き方改革の今、ちょうど見てみたいと思うドラマです。
モンスター社員VS定時の女のお話みたいなのでどんなモンスター社員達が出てくるのが楽しみです。
また、KAT-TUNの中丸くんのファンなので楽しみです。

<各話>視聴者からのネタバレ解説・あらすじ

【第1話】『働き方新時代へ! 絶対に定時で帰る女』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
WEB制作会社のディレクターである東山結衣は、働きすぎた過去のトラウマから、定時で帰ることを徹底している。ある日、同じチームのメンバーである、ディレクターの三谷が、新人の教育係となる。しかし、世代や働き方に対する考え方が違う新人の教育に、三谷は行き詰まる。三谷は、新人を叱ってばかりで、結衣は心配する。新人が三谷に反抗したことで、三谷が遂には会社に来なくなってしまう。結衣は、三谷の家に行き、自分の過去などについて三谷と話し合い、三谷を説得する。結衣の説得で、三谷は会社に復帰する。そんな中、育児休暇中だった、結衣の先輩であるディレクターの八重が、職場復帰する。八重は、部長でプロデューサーの福永に、残業でも何でもすると宣言する。

■感想

20代女性
ドラマを見て、ゆとり世代な考え方だなとおもいました。私も、実はゆとり世代なので、定時で帰ることが当たり前だと思っていた部分がありますが、主人公の定時で帰る理由を知ってから、残業というものの見方が変わりました
40代女性
登場人物が個性的で面白かった。特にユースケサンタマリアが、彼らしい明るいキャラでよいイメージだったけど何か裏がありそうな展開で、今後に注目です。主人公の東山に情報を提供している人物がいて、非常に気になりました。
20代女性
とても面白かったです。
特に女優さんや俳優さんが役に合っていて、次も見たいと思いました。
ドラマの内容は会社の色に染まるのではなく、自分の時間も大切に過ごす大切さを伝えていて私も考えてみようと思いました。
今はどこかで休んではいけないと思っている人もいたり、休むことで何か言われてしまうことを怖がって休まないようにすることが多いと思います。
吉高由里子さんが演じる東山結衣がシシドさんが演じる三谷佳菜子の部屋で話してたことが心に響きました。
次回も楽しみにしています。
50代女性
働き方が問題となっている現代社会に合ったドラマだと思いました。主人公の結衣は最初に勤めた会社で大変な経験をしたことがきっかけで、定時に帰るようになったのだと分かりました。これから結衣の職場では問題がいろいろ起きそうですが、どうなっていくのか楽しみです。
40代女性
ドラマの内容がタイトルから想像できるし、結構ありきたりのお仕事ドラマだと思ったけど意外と面白かったです。吉高さんがナチュラルで好印象でした。強烈なキャラのシシドさんが無断で会社を休みベッドから出てこないシーンはかわいかったです。
【第2話】『定時の女 vs ワーキングマザー 仕事と子育ての両立!!』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
産休から復帰した女性が、周りが嫌気がさすほどの仕事へのやる気を見せる。プロジェクトが決まった時も、頑張りすぎて同僚の意見を聞かずに自分のやる気をむき出しにして何でも意見を押し通してしまう。しかし、それが原因でミスが発覚し、クライアントから怒られてしまう。育休中の夫に子どもを任せているが、子どもが熱を出した時も周りから「子どものせいで仕事が滞る」と思われたくないがために、周りのアドバイスに聞く耳を持たず頑固に帰ろうとしない。同僚が協力して、子どもが不調の時くらい帰ろうという気持ちにすることになんとか成功した。
東山もずっと付き合っていた彼についにプロポーズされるが、その瞬間を会社の上司に見られてしまう。

■感想

30代女性
子育てと仕事を両立したいのは分かるけど、周囲を振り回しすぎ。何かあった時は親が駆けつけないとダメだよ~。後輩走らせるなんて何考えてるんだろう。結局仕事も中途半端で、母親業を頑張ってほしい。捨てることも大切ってわかったかな?
30代女性
内田有紀さんが、わかりやすく頑張りすぎていて、その気持ちは理解できますが、同じ職場にいられたら、結構、疲れそうだなと思いました。使い古された言葉ですが、「仕事は一人でやっているんじゃない」というのは本当なんだなと思いました。
30代女性
ドラマとはいえ、吉高由里子さんと中丸雄二さんがカップルというのは、似合わないなと思います。吉高由里子さんの良さをすべて出しきれていない感じがします。プライベートを大事にする主人公が、そのプライベートで長い時間を過ごす相手としっくりこないのは、ちょっと違うかなという気がします。
30代女性
内田有紀さんは、意外と人間らしい部分があるので、私としては応援したいなと思いました。自分が招いた事態で、職場の人たちに迷惑をかけている時に、寝坊してしまうのは致命的なミスですが、意地っ張りで痛々しいくらいでした。「頑張りすぎないで」と声をかけたいです。
30代女性
ほぼすっぴんで、まだまだイケる内田有紀さんはすごいと思いました。たとえ遅刻しても、一旦、出社したら、トイレで薄化粧くらいできそうだけどなぁとも思いましたが、ほぼすっぴんの内田有紀さんは、ナチュラルで本当に素敵でした。
【第3話】『働き方新時代! 自分がいる意味とは…?』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
新人・来栖が軽率に公開してしまった撮影現場の炎上動画が拡散されてしまったことでネットヒーローズ社はクライアントに迷惑を及ぼしてしまい、定時勤務がモットーの結衣も婚約者の両親に挨拶に行こうとしていた出鼻を挫かれるなど、メンバーはそれぞれ対応に追われる。
動画騒動こそ運良く収束したものの、その発端となった来栖は心挫けて辞表をしたためてくる始末で、たかだか一事の失敗で辞意を固めてしまうあっさりした態度に結衣は来栖の心中を察せられず、困惑しつつも、彼の考えていることを読み解こうと歩み寄る。
さらに、結衣と来栖を待ち受ける新たなクライアント・ランダー社はガチガチの体育会系企業で、定時退社常連の結衣や根性なしの来栖にとってはさながら天敵。
案の定、結衣のプレゼンはランダー社に刺さらずコンペでの苦戦を強いられるが、遂には来栖の発想が引き金となり、さらに、さり気なく来栖が披露したランダー社製品への理解がネットヒーローズ社にコンペの勝利をもたらすのであった。

■感想

30代女性
「じゃあ辞めます!」と簡単に言う新人を見て、思わずテレビに向かって「出た?!」と言ってしまいました。向井理さんが、髪はボサボサながらも、スーツを着て、クライアントに頭を下げて、その後も失敗した新人にキツイことを言っていたのは意外でした。
30代女性
中丸雄二さんの母親役が清水よし子さんで、びっくりしました。あの高い声は相変わらず笑ってしまいました。でも、家庭的な専業主婦で、本格的なシュークリームも手作りするような母親だと、私は緊張してしまいそうですが、あまり悪気はなさそうで良かったです。
30代女性
向井理さんを見ていると、持つべきものは“仕事がデキる元彼”だなぁと思います。中丸雄二さんが、吉高由里子さんのことを本当に大事に思ってくれているのはわかりますが、男としてはちょっと物足りないかなぁと思ってしまいました。
30代女性
“辞表”の次に、“異動願”を持ってくる新入社員を見て、(うわぁ。こんな子、いたいた?!)と思ってしまいました。最近の子には、“退職届”の書き方も教えなければいけない時代になったのだろうと思います。いっそ、入社後の研修で教えても良いのかもしれないと感じます。
30代女性
吉高由里子さんがフットサルをしているシーンは、あまりにも下手すぎて、逆にリアリティがなかったと感じました。運動神経がとても良いようには見えませんが、もう少し普通にやっても良かったのになと思います。でも、どんなに下手でも吉高由里子さんがチームに入ってくれるなら男性にとっては大歓迎なのだろうと思います。
【第4話】『残業か生活か…新時代の選択!! 社内恋愛が動き出す!?』ネタバレ解説・感想
ネタバレ解説
吾妻の無駄なサービス残業が問題として出てくる。
福永から言われ、晃太郎と結衣が仕事の効率化を促すものの、吾妻の心に響かない。
そこへ派遣デザイナーとして桜宮がやってきた。
桜宮に想いを寄せた吾妻は、仕事の効率化を結衣にもう一度教えてもらい、順調に事が運んでいるように見えた。
桜宮を食事に誘い、結衣も含めて3人で話をしていると桜宮から吾妻に「夢って何ですか?やりたいこと、ありますよね!」と言われ、自分のやりたいことや夢がないことに愕然とする。
吾妻の仕事上のミスが発覚し、福永には「また君か!」と言われ、やる気を無くす吾妻だった。
そこへ結衣がやって来て、「私はお給料が1番の楽しみ!ビールを飲んで、気の合う人と喋って、それが私の幸せ!」と言い切る結衣に吾妻はホッとする。
夢はまだ見つからなかったが、定時で退社しコーヒー店で「美味しいコーヒーを家でも飲みたくて、、。道具は何から揃えたら良いんですか?」と店主に聞く吾妻の目は輝いていた。

■感想

30代女性
東山の効率よく働く方法って、どんな職種にも応用できるからタメになる。さっそく片付けから始めよう。それにしても、新しく入ったサクラミヤというデザイナーが気になる。「役に立つ」発言の真意は?来週も楽しみです。
30代女性
30代前後になると、結果を出す人と、現状維持で終わっていく人に分かれていく。アズマは後者のほうらしく、夢がないことを攻められて、やる気を無くしたみたい。サクラミヤは28だから、結婚するって言うかと思ったけど、仕事でレベルアップ目指してるんだね。
30代女性
吉高由里子さんの仕事の時短かできる効率アップ法は、私も教えてもらいたいなと思いました。まず、整理整頓から、というのは、基本中の基本なのだと思いますが、私の場合、そこからやらなければいけないので明日からちょっと頑張ってみようかなという気持ちになりました。
30代女性
派遣社員の方は、仕事が出来ない正社員よりもずっと仕事ができるという人が多く、そんな派遣社員の方に安い給料で働いてもらうのは気の毒だなと思います。その一方で、職場の男性社員に媚びを売るような人もいたりして、手作りのカップケーキを持ってきたシーンは微妙でした。
30代女性
吉高由里子さんと中丸雄二さんが2人で思い出のお店でおでんを食べているシーンは、見ている私まで幸せな気分になりました。付き合う前から、「美味しそうに食べる表情が良いと思った」と聞いて、嬉しくない女性はいないだろうと思います。

【第5話】『それぞれの正義とは…自分らしい働き方の選択』

ネタバレ解説
桜宮は、クライアント先のランダー社との良い関係を、人脈を通して獲得しようと思い、積極的に飲み会に参加していたが、ある露出度が高いウェアをきせられるというセクハラまがいなことをされた。それをランダー社の社員が東山らに報告してくれ、東山らは怒り、種田と共にランダー社に反撃した。あくまでランダー社から契約を切られるようにしむけたのだ。後日、ランダー社は未払いの件で告発され紙面を大きく飾った。その影響で20周年に向けたプロジェクトも白紙にもどった。桜宮は涙を流し、これからの仕事の仕方をあらためたのだ。東山は恋人とは順調で、結婚に向けて親と食事を囲んだ。そして、種田が独立するという話が東山の耳にはいった。少し動揺をみせた東山。これからどうなるのか。

■感想

50代女性
“今回はセクハラの線引きや、定義に関して考えさせられる部分が多くありました。取引先から露出の多いスポーツウェアを着せられて走らされた桜宮は完全にセクハラを受けていたと思います。
30代女性
何らかの上下関係があると、下の人間がハラスメントを受けやすくなってしまうのが問題です。”女はお茶汲みをやっていたら良いんだよ。この台詞、何度言われたことか。女性には女性の役割があるからね。福永の言う台詞にもイラっときたなぁ。仕事の成功のために、プライベートの約束も容認するなんて、そんな仕事って何なんだ?
30代女性
江口のりこさんが、「うちの店では仕事の話はダメ。飲むときは楽しく!」と言っていたセリフには同感です。仕事のことを忘れたくて飲んでいるのに、飲んでいる時に仕事の話ばかりされると、仕事の延長のようで、美味しく飲めないので、私も江口のりこさんのお店で小籠包を食べながらビールを飲みたいなと思いました。
30代女性
体育会系の人をみんなひとくくりにしてしまってはいけないとは思いますが、吉高由里子さんが嫌悪感を抱いたように、『あっち側の人』という感じがしてしまいます。変なノリでの飲み会は疲れてしまうので、無理に飲ませるような飲み会はなくなれば良いなと思います。
30代女性
『ハラスメント』という難しいテーマに真っ向から挑んでいるドラマだなと思います。内田有紀さんのように「私たちが若い頃は…」と、すぐに昔話をして比較するのも時と場合によっては、『ハラスメント』になると思うので、本当に難しい時代になったなと思います。

【第6話】『共に働く仲間の存在とは…』

ネタバレ解説
近日更新予定です。

■感想
近日更新予定です。