エール(NHK連続テレビ小説)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴【キャスト:窪田正孝/二階堂ふみ】

エール
放送情報
2020年03月30日(月曜)放送予定。
総合午前8時〜

【最新話】NHK連続テレビ小説「エール」動画視聴リンク

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」にて
NHK連続テレビ小説 「エール」を第1話から全話までフル動画配信が決定!

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」トライアル期間を利用すれば
完全無料視聴が可能☆
無料期間中に解約すれば本当に完全無料。解約金は一切なし☆

U-NEXT(NHKオンデマンド)」オススメポイント!!

  • 初回は30日間無料!
  • NHKのドラマはもちろん、国内外のドラマ、映画、アニメなどレンタル作品も含め【最大14万本】の動画が見放題!好きな時にいつでも視聴可能!
  • 会員継続特典で1200円相当のポイントが無料でプレゼント!!

☆「U-NEXT(NHKオンデマンド)」ユーザーレビュー

20代男性
朝ドラが凄く多いので凄く助かっていますしいつも楽しく見ているんですけど朝ドラより大河ドラマが多いので若い人は大河ドラマは見ない人の方が思いますし、ちょっと減らしてもいいんじゃないかなと思いました。携帯のギガが上がっても映像が止まることなく配信されるので助かっていますし使って良かったです。観れてない朝ドラとかも配信されているので観れるのは嬉しいですし使い方も簡単なので一番オススメの配信サービスだなって思いました。

↓お得な「U-NEXT(NHKオンデマンド)」の【徹底解説記事】はコチラ↓

NHK連続テレビ小説「エール」見逃し動画 

※NHK連続テレビ小説「エール」の無料見逃し動画配信は行わない場合があります。
ご視聴の際は「U-NEXT」をご利用ください。

■第1話〜全話までフル視聴

U-NEXT

■動画共有サイト
<検索>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

▼【第1週目・第1話〜第6話 3月30日〜04月03日】の詳細はコチラ

▼【第2週目・第7話〜第13話 4月06日〜04月12日】の詳細はコチラ

■NHK連続テレビ小説「エール」動画配信サービス配信予定表 

サービス名 配信状況 詳細リンク
U-NEXT(NHKオンデマンド) ◎(『まるごと見放題パック』で見放題に) U-NEXT(NHKオンデマンド)詳細
ビデオパス × ビデオパス詳細
Paravi × Paravi詳細
Hulu × Hulu詳細
FOD  × FOD詳細

配信状況最終更新日 2020.04.06

帝一くん
NHK連続テレビ小説「エール」は、『U-NEXT』でも動画視聴できるのですが、個別課金で1話ごとに購入をするので、コスパ的にあまりおすすめできません。
”絶対にやって欲しい”おすすめ視聴方法は、『NHKオンデマンド』を『U-NEXT』経由で入会し、『まるごと見放題パック』を選択します。
『まるごと見放題パック』は、視聴期間などがなく、好きなだけ自分のタイミングで視聴することが可能です!『U-NEXT』の無料で貰えるポイントで、『まるごと見放題パック』の月額料金をポイントで購入できるので、完全無料で視聴が可能なのです♪

NHK連続テレビ小説「エール」を無料で視聴する方法

NHK連続テレビ小説「エール」を見逃してしまった場合、2つの無料視聴方法があります。

  1. 再放送での視聴(NHKの作品はドラマの再放送をする可能性があります。)
  2. 動画配信サービス「U-NEXT」を利用し、NHKオンデマンドに

この2番目の「U-NEXT」を利用する方法に関してを詳しく説明していきます。

U-NEXTの無料トライアル期間を利用し、 NHK連続テレビ小説「エール」を無料視聴する

通常、NHKの作品は公式動画配信サービスの「NHKオンデマンド」でのみ配信されるのですが、

実は「U-NEXT」ではその「NHKオンデマンド」を配信しています。

「NHKオンデマンド」に直接申し込んでしまうと、1話ごとの単品購入になってしまうのですが

「U-NEXT」から経由し入会すると、見放題パックの選択が出来るのでお得に全話視聴が可能、

なおかつ無料視聴することも可能です!!

その方法とは・・・

「U-NEXT」にまだ入会されていない方限定で、個別課金対象作品などに利用できるU-NEXTポイント「1000円分」が無料トライアル特典で貰えることが出来ます。

そのポイントを利用し、NHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」をポイントで買うことで無料視聴が可能となります。無料トライアル会員は31日間無料なので、見放題パックでドラマを視聴した後、無料期間中に解約をすることで完全無料視聴が出来ます。

※NHKの公式サイトから『NHKオンデマンド』にそのまま入ってしまうと無料トライアルの特典などはつきませんのでご注意ください!

もっと詳しい「U-NEXT」(NHKオンデマンド)の解説はコチラ

NHK連続テレビ小説「エール」を無料視聴!U-NEXTでNHKオンデマンドの申込と登録、解約のやり方

■U-NEXTの登録のやり方

NHKオンデマンドを視聴するためには①U-NEXTの登録と②NHKオンデマンドの申込の2ステップありますが、難しい作業は一切ありません。
登録は30秒ほどで完了します。住所を入力したりなどの細かい入力はありません。会員登録したらすぐに視聴が可能です。

  1. 「U-NEXT(ユーネクスト)」のトップページなどの「無料でお試し」「まずは31日間無料体験」などのボタンをクリックします
  2. アカウント情報を入力します(名前、メールアドレスなど)入力し終わったら「次へ」をクリックします。
  3. 次のページでプランの確認、決済方法を選択しクレジットカードなどの情報を入力します。入力し終わったら下記にある送信ボタンを押します。これでU-NEXTの会員の登録は完了です。

■NHKオンデマンドの申込について

次にNHKオンデマンドの登録です。U-NEXTのTOPページ左上にある、「作品名、人名で検索」の虫眼鏡マークをクリックしてみてください。

カテゴリー欄にテレビ局というのが出るのでそこをクリックすると「NHKオンデマンド/見逃し番組」という表示が出てくるのでそこをクリックし、視聴したい作品をクリックします

『NHKまるごと見放題パック』を選択し、「規約に同意しポイント利用し0円で購入」をタップして下さい。これで契約完了となります。購入完了メールも届きますので、そちらも確認しておきましょう。

■解約のやり方

登録と同じように、解約も30秒ぐらいで簡単にできます。
ほぼクリックで進めて行くので、面倒な入力などはありません。

公式サイトでの解約になります。
※アプリでの解約はできません。

  1. 「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトにいきログインします。
  2. 左上のメニューから「設定・サポート」を選択します。
  3. 「設定・サポート」ページの画面最下部までスクロールし、「契約内容の確認・変更」を選択します。
  4. ご利用サービスの項目が表示されますので、項目欄の「解約はコチラ」をクリックします。
  5. 解約前のご案内というページが表示されます。下記の「次へ」をクリックします。
    この後に任意アンケートがありますが、スキップしても大丈夫です。アンケートの下に「同意する」チェックボタンを押し「解約する」を選択します。これで解約完了です。

NHK連続テレビ小説「エール」の詳細

注目ポイント!
主人公と同期の作曲家・木枯正人役に、人気ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎さんが出演!
新海誠監督のアニメ作品の音楽を担当し、作曲家としても活躍されていますが、実はドラマや映画の主演経験もあります!朝ドラは初出演ということで、どんな演技が観られるか楽しみです!

■NHK連続テレビ小説「エール」イントロダクション

心に届け 君への応援歌エール!
天才だけど貧乏、もの静かだけど情熱的な夫
夫を助ける良妻かと思いきや?! 自分が世界の中心だと思っている妻
デコボコ夫婦の音楽が、日本、そして世界を包む!

連続テレビ小説 第102作「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語です。

銀行に勤める福島の青年と豊橋に住む女学生が、文通で愛をはぐくみ、電撃結婚。
音楽によって強く結ばれた二人は、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出します。

少し気弱な夫と、たくましい妻が織りなす珍騒動。そこに愉快な仲間たちが次々と加わります。
苦難を乗り越え、笑いと涙の中で生まれる珠玉のメロディー ─ それは激動の時代を生きる人々への
“エール”となって、日本中に響き渡るのです。

【出典:NHK連続テレビ小説「エール」イントロダクション

■キャスト

窪田正孝、二階堂ふみ 
唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗
光石研、薬師丸ひろ子、松井玲奈、 森七菜、 柴咲コウ、古川雄大
古田新太、 野田洋次郎、野間口徹、仲里依紗、 三浦貴大 ほか

■主題歌

GReeeeN「星影のエール」

■公式SNS

公式サイト 公式Twitter

NHK連続テレビ小説「エール」視聴者からのネタバレあらすじ・感想

■【第1週目】『初めてのエール』(2020年03月30日〜04月03日放送)ネタバレ解説・感想

ネタバレ解説・感想

■【第1話/03月30日月曜】

ネタバレあらすじ
古来から音楽は人々の身近にあり、安らぎや悲しみそして楽しみを共にしてきた。昭和の時代、オリンピックが迫る中、古山祐一は妻・音のきれいな歌声から東京オリンピックマ-チの作曲を作りあげた。祐一の卒業した福島小学校では先生が子供たちに祐一の名誉を称え、墓の前では先生に祐一のやり遂げた功績を報告している親友の姿があった。オリンピックが開催されようとしている中、祐一は開花式が始まる前に緊張と不安からトイレに逃げ込んでしまう。日本が戦後の苦しい時代を切り抜け復興した様子を世界に知らしめるチャンスで、祐一のプレッシャーが大きかった。音は祐一をやっと探し出しオリンピック関係者から励まされ、祐一は音と手をつなぎ会場に足を運びだす。

■感想

30代男性
朝ドラが始まったという感じではなく、プロローグ的な感がこれまでの朝ドラにはない演出だったから新鮮でした。そして、ストーリーや映像もかなりコミカルに描かれていたから見やすい感じもよかったです。特に冒頭のフラッシュモブによるプロポーズは好きでした。
30代女性
始まり方が今までの朝ドラという感じではなく、斬新な始まり方だったので面白かった。主演・窪田正孝さんのフラッシュモブが面白くて笑ってしまった。主題歌が最後に流されるというのも斬新だと思った。今後に期待が高まる。
40代女性
オリンピックの開会式まで、一体どんな道のりでここまで来たのかがとても楽しみです。(来年に延期されましたが)東京オリンピックがあるので、ちょうどドラマがぴったりだと思いますね。裕一と音の物語を楽しみに毎日見たいと思います。
50代女性
せっかく東京オリンピックが開催せるはずだったのに、コロナ感染が拡大したことで東京オリンピックが延期となり残念。その中でエ-ルという朝ドラが始まり複雑な気持ちである。作曲家の小山祐一と妻・音の話が始まり、戦後に残した多くの作曲がどんな影響を残しているのか気になる内容となった。
20代女性
物語が始まる前に語られる音楽の説明がとても印象的でした。特に、縄文時代やミュージカルシーンは私にとってインパクトが大きかったです。また、オリンピックに至るまでの主人公2人の物語これから語られる感じがしていて、とても胸熱になれます。あと、声優である津田健次郎のナレーションはとても良い声がしました。

■【第2話/03月31日火曜】

ネタバレあらすじ
明治42年。福島県の老舗呉服屋「喜多一」に待望の男の子が誕生し、父の三郎は大喜びで街を走り回る。三郎は嬉しさのあまりレジスターを奮発して買い、妻のまさに呆れられる。父母の愛情をたっぷりと受けて育った裕一は10年後、内気な少年になり、学校で勉強にはついていけず、体育でもついていけず、自分と外との壁を感じていた。学校の帰りに、ガキ大将の乃木に目をつけられ、しかも女の子には「おめえの話し方はとうちゃんに似たんだろ。商売が下手だから、って家の父ちゃんが言ってた」と言われる。喧嘩に勝てず「つぐたれ」と言われてしまう。家にはまさの兄の茂兵衛がやって来て、まさに「商売はうまくいってっか?」と聞く。怪我をして家に帰った裕一だが、母のまさに甘えたくても、まさは3歳下の弟にかかりっきり。そこに三郎がやって来て「夢中になれるものを探せば人生大丈夫」と告げる。そして三郎は弟が生まれた時に買った蓄音機でレコードを流す。それは「威風堂々」で、裕一はその音色に興味を示すのであった。

■感想

30代男性
息子である裕一は、4代目の老舗呉服屋の店主となったお気楽な程に明るく愉快で父親の三郎の性格とは対照的に、とっても内気で不器用過ぎると全くの正反対でなのが不思議なくらいに思えてしまい、遺伝子的には引き継いではいるだろうが隔世遺伝なのかと思えてしまった設定は面白い要素を入れているなと感じる。
30代男性
子供が生まれたお祝いにレジスターや蓄音機を買う父親は昔の商売人らしいと思った。裕一の昨日の開会式の直前にトイレに、こもっていたのは父親にもどこか似ている子供の頃から変わらない部分だと思った。蓄音機から流れてきた音楽が夢中になれるものになるのか明日の放送もみたいと思った。
30代女性
裕一に上手く話が出来ない父の姿が、とても歯痒く思えました。息子が心配なのに言葉が見つからずにいる様子は、現代と変わらないようにも思えました。それでも、息子に対して『好きな物を見つけろ』と話したことは、良い言葉だったと思います。
30代女性
主人公は両親が子供を諦めていた時に出来た待望の子供だったと。両親はすごく嬉しかったと思う。父親の喜び様がすごかった。父親、おめでたい人だなと思った。あまり、仕事が出来ないのかな?とも思った。父親が「夢中になる物を探せ。」と言っていた。当時の人でこんな事が言えるのはすごいと思った。蓄音機でのレコードを聴いた主人公が心をうたれていた。子供ながらにすごい。
30代女性
子どもの頃の裕一か周りの子どもからいじめられていて気の毒にと思ってしまいました。裕福な家にいながらも、甘えたい気持ちを我慢しているのは子どもとしては辛かっただろうと感じました。お父さんの影響で音楽が身近にある環境にいた裕一がどのようにこれから成長していくのか楽しみです!

■【第3話/04月01日水曜】

ネタバレあらすじ
父がかけたレコード「威風堂々」の音色にすっかり魅了された裕一。朝食時にも食事そっちのけで蓄音機の前にかじりついて聞き入るほどである。一方、学校でも他人より劣る面を叱責するだけとは異なる教師と出会う。他人と違うことを気にする必要はないと諭され、その斬新な価値観に衝撃と今までになかった受容された感じを受けたのだ。そして、運動会当日、徒競走で大勢の前で裕一は転んでしまう。クラスメイトが嘲笑する中、先述の教師が率いるハーモニカ部の演奏が裕一を勇気づける。励まされた裕一は立ち上がり、ようやくゴール。人を支えるという音楽の計り知れない力を、身をもって知った、貴重な体験であり、将来への道しるべとなる一日にもなったのであった。

■感想

30代女性
運動はからきし、吃音もただただ責められ揶揄われる毎日。そんな裕一の最大の試練の日。それが運動会。嫌な予感通り両親と大勢の観客の前で転んでしまい、心まで折れかけた裕一を、違いを気にするなとに新たな価値観を教えてくれた教師が、音楽を通して励ます行為が、とても粋だった。
50代女性
運動会当日、裕一のかけっことなりアクシデントが起こる気配が的中、裕一を助ける児童が現れるのかとワクワクした。そんな時先生の計らいでハーモニカ-の演奏が会場から響き渡り、この出来事で祐一は音楽に目覚めていくと感じた。 
30代男性
徒競走で裕一が転倒した事に大笑いする住民たちの姿は妙な連帯感だけは物凄く高いものの差別意識が高いとも言えてしまう感じを受け、裕一の人生が変わるキッカケは父親の三郎が買ってきた蓄音機から聞こえた未知の音楽に、転校してきた視点と感覚の違う久志と、赴任してきた教師の藤堂と、全てが外の地域からきている所が面白い表現に感じられ、何かを変えようと思うならば全く違うモノから刺激を受けなければならない事という気がした。
30代男性
裕一のためにと父親の三郎が早く走れる練習をする光景は実に微笑ましく温かな親子関係を感じられて素晴らしいものの、ちょっとやそこらの練習で足が早くなるわけでもないのが悲しく、一番悔しい怒りを覚えるのは教師の偏見だらけの思い込みから裕一を怒鳴るとは朝から腹が立って仕方がなく、こいつは教師失格だ。
30代女性
子供の世界について、「いつだって強い者が主役だ」というナレーションには、かなり同意できるなと思いました。もちろん、足が速いほうが目立つし、ヒーローになれるので、運動が苦手な子にとっては、運動会は地獄だろうと思いました。唐沢寿明さんの不器用な励まし方が良かったです。

■【第4話/04月02日木曜】

ネタバレあらすじ
学校が新学期が始まりクラス替えとなり、担任は藤堂先生になり嬉しい裕一であった。音楽教育に情熱を持っている藤堂は、音楽の授業で生徒たちに北原白秋の詩に曲を作る宿題を出した。裕一は家に帰ると父の影響でいつでも音楽が聴ける環境で、蓄音機から曲を流され聞き入っていた。そんな頃、母・まさと一緒に祖父母に会いに行き、まさと一緒に街に出かけると、どこからともなく合唱が聞こえ裕一はきれいな歌声に引かれ教会のドアを開き合唱を聞いていた。一方伯父・茂兵衛は権藤家の跡取り問題で、まさにどちらかの息子を養子に出すように告げられていた。裕一は作曲の本を真剣に読み、翌朝、学校のオルガンを弾き物思いにふけり、黒板に音符を書き曲を作り上げた

■感想

30代女性
祖父の源蔵と祖母の八重の住む大きな屋敷にやって来た裕一が満面の笑みを浮かべる表情から楽しい事が一杯ある場所と思いっているのが伝わり、まさもいつもの着物姿から洋服姿に変わり、裕一が思わず今日はキレイだと言ってしまう素直さに笑ってしまったが、まさが裕一を実家に連れて来ていた理由が養子縁組があったからとはビックリ、裕一は何も知らずに祖父母を慕っている姿が悲しく、伯父の茂兵衛も源蔵からプレッシャーを掛けられていたのがわかり、いつも苦虫を噛んだ表情を見せていた理由はこれだったのかとやっとわかった。
40代女性
裕一が音楽の興味を持ったのは、父・三郎の影響や恵まれや環境、そして藤堂先生が担任になったのが良いきっかけになった気がする。権藤家の跡取り問題で、茂兵衛夫婦に子供が授からなかったため、裕一が養子に出される気配を感じた。
20代女性
福島の田舎の町にやって来た常に気持ちを引き締めている雰囲気をさせるスーツをビシッと決めた教師の藤堂の感覚に刺激を受ける裕一ではあるものの、北原白秋の詩に曲を作るという事に戸惑うのは仕方がないとは感じられた所に、転校してきた同級生ではありつつ感覚は教師の藤堂と近いハイカラなセンスを持っている久志から、裕一ならできると背中を押してくれる言葉をかけてくれた事も人生に明るい兆しを与えているように感じられ、一度に2人も良い人と出会えている裕一は恵まれていると思ってしまった。
50代女性
唐沢寿明さんが、子どもも以上に天真爛漫な感じで、この明るさを見ていると、新型コロナウイルスのニュースで、うつうつとした雰囲気を吹き飛ばしてくれるようだなと思いました。ワンフレーズだけ、鼻歌も聞けて良かったです。
30代女性
裕一も五年生になり担任は藤堂先生になり、嬉しく思っている。ついでに久志も同じクラスになった。授業で初めて作曲をすることになった。久志に父のことを褒められて嬉しそうでしたね。父は作曲入門の本を買ってくれましたね。好きなことを応援してくれる父がいて羨ましいです。他の人が言うようにダメな人ではないと思いました。

■【第5話/04月03日金曜】

ネタバレあらすじ
藤堂先生が祐一の自宅に訪ねて来て、三郎とまさに祐一には類い希な音楽の才のがあると言った。帰ってきた祐一に、得意の物がみつかったんじゃないのかといい、ほんの少し努力することが辛くなくて、ほんの少し簡単にできることが得意な物だ。見つかったらしがみつけ必ず道は開くと言った。三郎は祐一が初めて褒められたことに喜んでいた。祐一の学校生活は一変し人気者になった。学校帰りに久志くんから、急に人気者になったからやっかむ人がいるから気をつけるように言われた。その時、鉄男くんが腐った魚を買わされたと大人から殴られている現場をみた。祐一は鉄男くんが落とした本を持ち帰った。喜多一呉服店の経営がうまくいかず、まさの実家に融資を頼むと三郎がまさにいった。まさは実家から言われていることを話すことにした。三郎は祐一は高額な楽譜を買ってやった。喜んで帰っていると太郎くん達に取られてしまったが、鉄男くんが助けてくれた。祐一は、拾った本を鉄男くんに渡すために自宅にいったが、鉄男くんの父親が鉄男くんを殴っているところを目撃した

■感想

30代女性
裕一が宿題の作曲をきっかけにどんどん音楽に魅了される姿が印象的でした。しかし、ナレーションで女子に相手されたり、ハーモニカ部に入った際に調子に乗ってという言葉が出てきた時は思わずクスッと笑ってしまいました。
40代女性
いじめられてばかりだった裕一の立場が一変したのがスカッとした。しかし、急に人気者になると妬む人が出るのは世の常だ。父・三郎に買ってもらった高価な楽譜を破られそうになった時はハラハラしてしまった。鉄男が助けてくれてよかった。
20代女性
裕一の才能を両親に伝えるべく、藤堂先生が喜多一を訪れた。だが、その場に帰宅した裕一には音楽の才能があるとは言わない。他人よりも努力するのが苦にならず、他人よりも上手くできることを見つけなさいと話すのだ。先生の言葉の強制力を知っている教育者だからこその言葉だと感銘を受けた。
50代女性
子供の才能が開花するシーンを見て考えたことは、子供の育った家庭の環境もあるが、やはり潜在的な才能を開花させてくれる先生との出会いが大事な事だと思います。特に当時は戦時下でもあり、体力中心の時代に、音楽の重要性を教えて、才能を引き立ててくれる先生に会ったのは奇跡と言ってよいと考えています。来週からの展開に期待します
30代女性
ゆういちの音楽家としての道を動機つけてくれた学校の先生、なんてこの時代に珍しい方だったのかが先ず感激しました、また、父三郎の放蕩ぐせ、甘い経営で老舗が段々没落する様もありありと描かれて、その中で、ゆういちが新しく芽生えた県会議員の息子との友情をこれからどんな形で発展させるか、また、学校をやめなければならない苦境の悪ガキだった同級生がゆういちをかばうことにより、味方になるのか、またこの子の今後どんな悲惨な運命があるか、また、ゆういちの家がどうなるかますます楽しみです、

■【第6話/04月04日土曜】

ネタバレあらすじ
老舗呉服店「喜多一」の長男として生まれた裕一は、優しい両親に育てられた。運動や武道が苦手で吃音があるためいじめられることが多かった。5年生の時に赴任してきた藤堂先生が担任となり、詩に曲を付けるという宿題をだした。裕一が作曲した譜面をみた藤堂先生が喜多一を訪れ、三郎とまさに裕一の音楽の才能があることを褒め伝えた。裕一に人よりほんの少し努力することが辛くなくて、人よりほんの少し簡単にできることが得意なこと。それが見つかればしがみつけと言った。それから裕一の学校生活が一変して人気者になったが、やっかむ人もいた。裕一が三郎に買って貰った楽譜を持ち帰っていると、太郎くん達が取り上げ破ろうとした所を鉄男が助けてくれた。鉄男が落とした本を届けに行った裕一は、鉄男が父親から殴られている姿を目撃し衝撃をうけた。

■感想

30代女性
撮影が滞っているのか今回はあらすじだけで終わってしまい残念でした。しかしながら次週の予告を見て、次週は音の物語が始まるようなので楽しみになりました。コロナに負けず撮影が進むようエールを送りたいです。不況のせいで養子に出されてしまいそうな裕一と人が変わったようなお父さんの鉄男の行方が心配になります。
30代女性
こうやって1週間を振り返ると、例えば鉄男くんや佐藤くんって「もしかしたらこの先にずっと裕一の友達として付き合っていけるのかも」と思ってしまいますね。ちょうど余分なシーンがカットされているので、平日仕事の人にも良いですね。
40代男性
藤堂先生から貰った言葉で、裕一は音楽の才能を開花させる。三郎が息子のことを愛しているのも事実だけど、商売が厳しくて、満足な教育をさせられていない。環境って大事。子供がいる人には耳の痛い話だったのでは?
50代男性
本日は、初回からの総集編、ゆういちと家族、先生と同級生との繋がりでしたが、これからは、ゆういちの家が没落していく様子が予想します、またその中でゆういちがどのように育ち、どのような道をたどり、また、母方のおじいちゃんに援助受けて行くのか、おじさんの養子には、ゆういちか弟か、そして将来の妻となる音とどのように交際していくのか、展開が楽しくなります、また、魚の息子、県会議員の息子とどのようなふれあいで友情を発展するのか、ワクワクします、
30代女性
さすがに紀元前の話は省略されてたな。土曜日から観ている人にも、あの「何これ…?」っていう瞬間を味わって欲しかったんですけどね。「ダーウィンが来た!」でも始まったのかと画面を二度見、テレビ欄をチェックしたから。

■【第2週目】『運命のかぐや姫』(2020年04月06日〜04月10日放送)ネタバレ解説・感想

ネタバレ解説・感想

■【第7話/04月06日月曜】

ネタバレあらすじ
裕一は鉄男が落とした本を届けに家に行くが、鉄男は父からひどい扱いを受けていた。裕一は鉄男が書いた詩を拾い、本を渡そうとしたが鉄男にカバンを投げ捨てられる。そのかばんの中にはハ-モニカ-をが入っていた。鉄男はハ-モニカを壊したことを裕一に謝罪する。一方、呉服屋喜田一は経営不振となり銀行の融資を受けるために三郎が動くが銀行から断られ、三郎は家にある骨董品を売りに出し凌いだ。裕一と鉄男は次第に仲良くなり、裕一は鉄男の書いた詩に興味を持ちその詩に曲をつけると告げた。その後、鉄男の家は夜逃げをしてしまい町を出て行った。裕一は鉄男の詩に曲を作り上げ、山から町を見下ろし歌とハ-モニカ-を流した。そして鉄男もまた藤堂から詩の才能を見出されていた。

■感想

30代女性
それまで強いイメージのあった大将の姿が、どこか切なく感じました。詩を書くことが好きなのに、それが思うように出来なくて、親からもキツく当たられて、子供にしては、とても辛すぎると感じました。それでも、家族を守ろうとする大将は、とてもカッコよかったです。
50代男性
今日の話は裕一がいじめっ子のリーダー鉄男と友達になり始めることができて本当に良かったと思いました。鉄男にも詩人になりたいという立派な夢があるのに家の事情によりなることが難しいとあきらめていましたが鉄男の詩を裕一が曲にしたらすごくいい曲だと感じました。この続きが楽しみです。
30代女性
喜多一をまもるために、様々な方法を画策する三郎は大切な子どもたちを手放さないためにも、すごく頑張っているなと印象に残りました。裕福な人達もいる一方で、夜逃げをしなくてはならないような大変な人達もいて、子どもが当たり前のように学校に行けず、友達とも遊べない、子どもであっても容赦されない時代であったことを痛感しました。裕一がハーモニカを吹いているシーンは、裕一の気持ちを表しているようで良かったです。
30代女性
鉄男の家がそんなにお金に困っているとは思いもしませんでした。まだまだ子供なのに、弟の世話や明日のご飯のことに悩む鉄男が気の毒でした。そして、詩を作ることが得意だというギャップに驚きました!そのうち有名な作詞家になるんだろうなと思うと、今からワクワクします。
30代女性
三郎は家にある骨董品を売り払ったことで、ひとまず乗り切ったけれど、今までのような商いぶりではまた同じことだろうし心配です。善治が借金踏み倒して一家で夜逃げなんて、せっかく大将と心を通わせることが出来たのに残念。でも大将は精神力強いし詩の才能もあるし藤堂先生と裕一の言葉が支えになると思います。

■【第8話/04月07日火曜】

ネタバレあらすじ
近日更新

■感想

近日更新

NHK連続テレビ小説「エール」視聴者からの期待の声

30代女性
実力派といわれる俳優陣が多数出演されるので、毎朝豪華な共演が見られることが楽しみです。私は戦前や戦後の文化に興味があるので、登場人物だけでなく、建物や衣装、帳簿品などにも注目しています。キャス 柴咲コウトの中では双浦 環役の柴崎コウさんに注目しています。歌手としての彼女が好きなので、今回の作品での役柄が歌手ということなので、歌声も聴く事が出来る可能性があるので楽しみにしています。この物語は、現在でも歌い継がれる名曲を数多く作曲した古関裕而氏の人生をモデルとしたとのことで、彼の名前や作った曲は知っていましたが、どのような人物かは存じ上げませんでした。この作品で彼や周囲の人々について知っていこうと思いました。

30代女性
東京チーム制作の朝ドラということで、なつぞらのように有名キャストが多くでるので、今から楽しみにしています。音楽がテーマということもあり、歌唱力がある俳優さん・女優さんの出演も多く、その方たちの歌唱力を活かしたミュージカルのようなシーンもあるのでは?と期待しています。古関裕而さんの楽曲もどこかで一度は耳にしたことがあるものが多いと思うので、その名曲がどのようにして生まれたかなど改めて知る良い機会にもなると思います。今回の作品から物語が進むのは月曜から金曜になってしまうことだけが、とても残念ですが放送開始を楽しみにしています。
もっと期待の声をみる

50代女性
ドラマスタートから通常の連ドラとは違い、音楽の楽しさや大切さ必要性を説明する楽しい映像が流れ驚き、今からのストーリーがとても楽しみになりました。窪田正孝さんがダンスを踊るシーンや二階堂ふみさんの表現豊かな表情をみていると朝から元気をもらえたように思えました。ドラマの内容が音楽を作り出す作曲家のストーリーで、夫婦間の支え合いなども表現している感じもして、見ていると改めて考えさせられることがあるように思えます。共演者も素敵な人が揃っていて、台詞にもテンポがある感じが好感がもてます。志村けんさんも出演されるということで遺作となるドラマですから絶対に見ようと思います。

30代女性
いつも朝ドラを楽しく見ているのですが、今回は何年かぶりに男性が主演だということもあり、いつもとは一味違った朝ドラを見ることが出来るのかな?と期待しています。主演を務める窪田正孝さんとヒロインを演じる二階堂ふみさんは、演技にも定評があると思うので、安心して見ることが出来ると思います。そして、物語の舞台に、愛知県豊橋市も出てくると聞いたのでそれも楽しみの一つです。私は愛知県出身なので、知っている場所が出てくるといいなと期待しています。そして、いつかロケに使われた場所に行って見たいなと思うので、その辺も楽しみながら見たいなと思います。

20代男性
エールのドラマの期待している点といたしましては、主演が窪田正孝さんと言う点です。人気のある実力派俳優さんであり、すごく演技に期待の持てる俳優さんであるのでどんな演技をしてくれるのか非常に楽しみです。また、宮崎あおいさんが出演されていることも非常に楽しみです。どんな演技をしてくれるのか楽しみです。また、ストーリーに関しましては、窪田正孝さん演じる主人公の等身大の物語ということでどんなストーリー展開になっていくのか非常に楽しみです。また、福島県の呉服町出身ということで福島県にエールを送ってくれそうでいいです。

20代女性
「エール」での小山祐一さん役は窪田正孝さんにぴったりの役になるのではないかなと思い、期待しています。演技力も確かな窪田さんなので、毎朝笑ったり、泣いたりさせてくれて、楽しみにさせてくれるような朝ドラにしてくれるんじゃないかとすごく楽しみです。そして、窪田さんのくしゃっとした笑顔がすごく好きなので、その笑顔をたくさん見ることができたらいいなと思っています。また、二階堂ふみさんとの夫婦役とのことなので、二階堂さんに尻に敷かれながら、窪田さんがどんな旦那さんを演じられるのだろう、お二人がどんな夫婦になっていかれるのだろうと期待しながら見たいです。

50代女性
NHK朝の連ドラの男性主演というのは珍しくそれだけでも話題になると思います。昭和を代表する作曲家の古関裕而さんは「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「長崎の鐘」など誰もが知っている歌を作曲されている方と歌手として活躍した奥様の金子さんをモデルにしたドラマなので、どんなストーリーになるのかとても気になります。主役は、窪田正孝さんで色んな役をされる俳優さんなのでどんな演技がみれるか楽しみですね。妻役は二階堂ふみさんでどんな夫婦役になるのか見てみたいと思いました。最近、俳優業が多い森山直太朗さんが出演されるのも気になります。放送がとても楽しみです。

20代女性
NHKの朝ドラといえば、女性が主人公というイメージでしたが、今回は男性の俳優・窪田正孝さんが主人公ということで、新鮮だしどのような物語が展開されるのか楽しみです。窪田さんが出演しているドラマが好きでよく見ていて、役によって様々な顔を見せる印象があるため、どのようなキャラクターを演じられるので注目です。また、音楽にまつわるストーリーということで、個人的に学生時代の部活が吹奏楽部で六甲おろしは何回も演奏しましたし、音楽が好きなので音楽面でも楽しめそうだと感じます。最近の朝ドラはなつぞらなど新しさを感じる作品が多いし、今回も早く見たいです。

30代女性
もともと、このドラマは2020年のオリンピックイヤーを飾るという意味合いもあったと思いますが、新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大してしまい、今や、予定どおりにオリンピックが開催できるかどうかも危ういという状態になってしまいましたが、イベントやスポーツの自粛も続いているので、やっぱり音楽や娯楽は毎日を楽しくするために必要だと改めて感じさせてくれるようなドラマになれば良いなと思います。朝ドラは、とても長い期間、毎日見るものなので、たくさんの魅力のある俳優さんが出演してくれたら良いなと思います。その中でも、仲里依紗さんの出演が決まったことはとても嬉しいです。

30代女性
久しぶりの男性が主演の朝ドラとなり、朝ドラファンとして大変興味を持っています。主人公の窪田さんはいろんな役を演じ分けることができるカメレオン俳優なので、本作ではどんな演技が見られるのか、とても楽しみにしています。昭和の音楽史を代表する作曲家さんをモデルとしており、その点も、朝ドラの中で今まで取り扱われたことが無いので、期待しています。ヒロインの二階堂さんとの今後の関係にも恋愛に発展するのかどうかワクワクしています。脇を固める俳優陣の方も風間さんをはじめ、とても豪華で見ごたえ充分だなという印象があります。

30代男性
東京喰種の映画で好きになった窪田正孝が次のNHK朝ドラ主演ということで、応援している俳優さんが選ばれると嬉しくなりますね。有名な作曲家の古山裕一の役らしいのですが、残念ながら私は初耳でした。でも、作った曲は「六甲おろし」や「栄冠は君に輝く」とかは私でも何度も聞いたことがあるので、劇中でそういう曲が使われるのかも楽しみです。他のキャストも豪華で、ヒロインの二階堂ふみもきれいで演技力ある方なので画面映えしそうです。柴咲コウや森山直太朗とかの音楽関係の活動もされている方がいるのはやっぱり音楽がテーマということだからでしょうか。個人的にはRADWINPSのボーカルの方がいたのがびっくりでした。演技されているところは見たことがないので楽しみです。

50代女性
NHKの朝ドラは見ているだけで元気になれる、頑張ろうと思えるものだと思っています。「エール」という題名を聞いただけでも見ている人に笑顔や元気をくれる物語なのではと期待しています。歌謡曲の偉大な作曲家古関ゆうじさんの物語なのだそうです。私もよくわからないのですが、生み出したた様々な曲は今でもよく耳にします。「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「君の名は」とか、長く愛される曲をたくさん作った方なのですね。福島県出身の方だとか、復興の後押しになりますね。主演の窪田正孝さんは演技力のある方ですし、奥さん役の二階堂ふみさんとはどんな風に夫婦像を作っていくのかとても楽しみです。

40代女性
窪田正孝さんの柔らかな雰囲気がとても魅力的ですが、この役柄は、取り柄のないぼんやりした子どもということで、雰囲気的にぴったりだと思いました。どんな演技をされるのかとても楽しみです。現代社会で忘れられいる大切な人間模様や家族の温かさ、温もりなども描かれるのでしょうか。何も取り柄のない子どもと見られていた祐一が才能を開花させ音楽の道へと進んでいく様は、将来を夢見る子どもたちにとっても勇気を与えるものになるのではないかと感じます。窪田正孝さんも二階堂ふみさんも好きな俳優なので、この2人がどのように出会い強い絆で結ばれていくのかも楽しみです。

40代女性
窪田正孝さん主演のNHK朝ドラということで、朝からイケメンが見れるのかとワクワクしています!子供が学校に行った後の憩いの時間になりそうです!テレビの前を陣取ってしまいそう(笑)。それに今回のお話は本当にあった実話をもとにしてあるそうで、そういった面でもとても見応えがありそうですね。昭和を代表する作曲家・古関裕而さん、妻の金子さんの生き様を描かれていくそうで楽しみです。古関裕而役の窪田正孝さんと金子さん役の二階堂ふみさんの夫婦姿も必見だな!と思っていますし、古関裕而さんが作曲した曲なども流れるのを楽しみにしてます!

30代女性
窪田正孝さん演じる作曲家の夫(古山裕一)と、二階堂ふみさん演じる歌手の妻(関内音)の話ということで、話の中でたくさん音楽が流れるのかなぁと楽しみにしています。二階堂さんの歌声が聴けるのかも楽しみです。話の中では、戦争が始まった時、戦時歌謡を作曲するように言われた裕一が、どんな気持ちで曲を作ったのか、どんな気持ちでその曲が歌われるのを聴いたのかとても気になったので、窪田さんがどんな演技で見せてくれるのか楽しみです。また戦後には、どんな音楽で人々を癒し励ましてきたのか、その音楽が聴けるのも楽しみにしています。主題歌をGReeNさんが歌うということで、どんな曲調の音楽になるのか、昔懐かし感じの曲になるのかも気になります。

20代女性
語りの声優があの人気の津田健次郎さんでとってもテンションが上がります!オタクは絶対に見ると思いました。しかも主題歌を歌うのはGReeeeNなんですね。タイトルにぴったりな曲だと思います。音楽とともに生きた夫婦の物語ということで、自分たちが好きな懐かしの曲などがいろいろ登場しそうで楽しみです。とても内容もキャストも期待できそうなドラマですね!お年寄りだけでなく、若い人も楽しめる工夫がされていると思いました。窪田さんが出られますし、脇固めの役者さんも演技ができる方ばかりで期待できるドラマではないでしょうか?

20代女性
以前から二階堂ふみさんのファンなので、彼女が出演決定と発表されたときから既に期待感が高まっています!主演の窪田正孝さんも、民放ドラマでの演技を拝見していて、独特の間と空気感のある方だなと気になっていたので、朝ドラで毎日見られるようになるのがとても楽しみです。また、ストーリーも音楽がテーマになっているようで、朝から明るい気分になれそうですよね。平成生まれの私でも知っているような名曲を作られた方の生涯を描いていくという点も気になっています。戦争時代の描写もあるようですが、音楽の力がどう影響していたのか、なんて考えたこともなかったので、あまり暗くならずに描かれていたらいいなと思います。

20代女性
「マッサン」以来の、夫婦が主人公の朝ドラですね!キャストを聞いたとき、窪田さんと二階堂さんが夫婦か~、どんな感じだろう?と思っていたのですが、解禁された広告ビジュアルを観て、そのしっくり具合に一気に楽しみになりました!窪田さんも二階堂さんも、様々な役を演じつつもそのどの役にもご自身の「色」を反映されるとても魅力的な役者さんだと思いますので、そんなお二人の演技が毎朝見られるのかと思うとわくわくします。モデルとなっている古関裕而氏ですが、私でも知っているような有名な曲を作られているのですね。ラジオドラマ「君の名は」の制作風景もドラマの中で描かれるのでしょうか?役者さんの演技はもちろん、モデルとなったご夫婦にもとても興味があります。早くスタートしてほしいです!

30代女性
マッサン以来久しぶりの男性主人公の物語で、その主人公を演じるのが窪田正隆さんということで、期待は高いです。
主人公の実在モデルの古関裕而さんは明治から昭和という激動の時代を駆け抜けた作曲家ですので、物語の中で流れる音楽にも注目しています。ただ、撮影が始まってから脚本家の急な変更があり不安要素もないとはいえません。 交代になった脚本家の方でもドラマの空気感を壊さず上手く繋げて行って欲しいです。発表されているキャストはみんな演技力のある方ばかりなので、安心して見ることが出来る気がします。震災復興応援プロジェクトとして放送されるので、人々に勇気を与える作品になって欲しいです。

40代男性
このドラマに期待していることは、その名前を知っている人は少ないと思われる作曲家の古関裕而さんのことをもっと多くの若い人たちにも広めてもらいたいということです。古関裕而さんが作曲して曲は、誰でも一度は聞いたことがある曲が多く、実際に聞いてみて初めて「この曲を作った人なんだ」と驚く人が多いと思います。自分も最近、他のテレビ番組の企画で古関裕而さんを知ったばかりで、曲を聞いて「ああ、そうなんだ」と思った一人です。これまで聞いたことはあるけれど、その曲を作った人の名前までは気にしていませんでした。このドラマを通して、古関裕而さんの曲をもっと世に広めてもらいたいと思いますし、広まると思っています。

50代女性
私は高校野球が好きなので、「ああ栄冠は君に輝く」という曲が大好きです。なので、その曲などを作った作曲家のドラマということで、かなり期待をしています。男性が主人公なのは朝ドラではあまりないですが、その分新鮮さを感じることができるかもしれません。古関氏は子供の頃から作曲の才能が開花されていたという話を最近知り、ますます興味を持って、このドラマを楽しむことが出来ると大いに期待をしています。音楽が中心のドラマのなりそうですが、それもまた春からのスタートらしく、明るくて爽やかなないようになりそうです。次の朝ドラも面白そうなので期待をしたいです。
50代男性
我が東北を題材にした物語は、地震発生から10年目の歳月を経てもう一度極光を浴びることに最大の意義を感じております。この物語の主人公の古関裕而さんは我々の時代の歌謡曲の歌詞とメロディーに酔いしれて苦難を乗り越えられた、言ってみれば昭和の成長期を精神的に支えていただいた人であると言っても過言ではありません。しかしながら、正直言いますと古関裕而さんが福島県生まれであることを知ったのは、この番組の番宣のネタで初めて知りった次第で、少し恥ずかしさを感じていますが,そのことを棚に上げまして、とにかく応援したいと考えております。配役人も主人公の窪田正孝を補佐する周囲の俳優人が脇を固めているので素晴らしい物語になると思っています。

30代女性
窪田正孝さんと二階堂ふみさんが出演されると聞きました。戦後の日本が舞台でラジオドラマなどで活躍した古関裕而さんと奥様の金子さんがモデルとの事。私は古関裕而さんと金子さんは知らなかったのですがタイガースの応援歌の六甲おろしや甲子園のテーマ曲である栄光は君に輝くなど有名な曲を作曲した方なのですね。ドラマの中でもこういった有名な曲が聴けると思うのでそちらも楽しみです。あと語りの声が有名な声優さんの津田健次郎さんというのもとても楽しみです。彼の声でステキなストーリーが進んでいくのが今からとても待ち遠しく感じます。

40代女性
昭和の名作曲家である古関裕而氏がモデルということですが、戦前戦後の激動期がどのように描かれるのか、時代に翻弄される人々が、古関裕而氏の曲によってどのように勇気づけられ、明日への生きる希望を見出していったのかなど、その姿が丁寧に描かれることを期待しています。個人的には、歌唱力抜群の柴崎コウがオペラ歌手として出演するというのが非常に楽しみですが、主演が窪田正孝、その妻に二階堂ふみという実力派俳優が牽引するのもとても期待できます。実力だけでなく、笑顔も素敵な二人なので、朝から元気がもらえそうな気がしています。

30代女性
明治時代の人々の生活がどんなものだったのかが映像化されることに興味を覚えます。実在の人物がモデルになっているドラマなので、当時のあれこれがが忠実に再現されていることに期待したいです。主役の窪田正孝さんの演技は以前から好きなのですが、今回は時代も現代ではないドラマでどんな風に演じ切るのかが気になっています。きっと好演してくれると期待しています。明治時代の海外の音楽コンクールで入選する作品とはどんな曲なのかも興味があります。今とは違ったものが評価される時代かと思うのですが、自分のその想像が正解なのか答え合わせをしたいと思います。当時の恋愛事情も描かれるようで楽しみです。

40代女性
戦前の歌謡界のお話なので、その頃はどんな風に音楽が作られていたのか見るのが楽しみです。時代的には音楽を一般的に受け入れられてはいないんじゃないかと思うので夢を追うは難しかったんじゃないかなって苦労が目に見えるようです。しかも福島という地方で老舗呉服屋の跡取り息子とか現代でも別の事をするには周りの理解を得るのが難しい環境の中どうやって意思を貫いていくのか主人公の熱意も見所かなって思います。そして奥さんとの出会いで花開くように音楽を満喫して幸せになるのが良いですよね。
時代は戦争へと突入し誰もが痛みを背負いますが、そこでも負けずに音楽を続けるのは凄いと思います。戦前から戦後にかけての音楽史が見られると思うのと当時の人々が音楽に対して何を思っていたのかを知る事が出来ると思うので期待しています。

30代女性
古関 裕而さんは福島県を代表する作曲家なのでずっと気になってた方だったので今回ドラマとして知れる機会が出来て嬉しいです。人の心を奮い立てる曲が多いのでその作品がどのように生まれたのか脚本に入っていると良いなと期待しています。奥様のことにも触れて描かれていくと聞いたので出会いやともに歩いた人生を少しでも知ることが出来るのも楽しみで仕方ないです。キャストも豪華でどのような作品になるのかも楽しみですが、音楽は同じ東北の瀬川英史さんが担当されるので東北の暖かさを音楽を通じて伝われば良いなぁと思います。音楽を通して始まる物語、期待せずにはいられません。

40代女性
窪田正孝さんがドラマ内で歌うのかがとても気になります。二階堂ふみさんがオーディションで歌唱力を評価されたということで、窪田正孝さん・二階堂ふみさんお二人とも歌うのでしょうか?窪田正孝さんも歌が上手ですし、窪田正孝さんがドラマ内で歌うシーンをぜひ見たいです。二階堂ふみさんの歌声も気になります。他の登場人物に歌手さんがいるわ、主人公の曲が名曲ぞろいだわで、期待が膨らみます。多くの登場人物が歌う、視聴していて楽しい気分になるドラマになるといいです。窪田正孝さんのファンなので、どうしても窪田正孝さんに注目してしまいそうです。他には薬師丸ひろ子さん、山崎育三郎さん、森山直太朗さん、柴咲コウさんなどプロ歌手の歌声に期待です。ドラマの内容はスポ根ぽくて好みです。

20代男性
まず初めに、マッサン以来となる、男性が主役で進行するストーリーという点に注目しています。マッサン自体大阪放送局の制作だったので、東京放送局がどのような作品を制作するのか楽しみです。次に主役の窪田正孝さん、主役の妻を演じる二階堂ふみさんに注目しています。窪田正孝さんは朝ドラの常連であり、いつ見ても爽やかな好青年であると思います。今回は主役として、爽やかな面以外の挫折や苦悩する面をどう演じていくのか注目しています。また、二階堂ふみさんは大河ドラマでの好演が記憶に新しいですが、朝ドラではどんな妻の姿を見せてくれるのか楽しみです。

30代女性
ヒーローの窪田正孝さんもヒロインの二階堂ふみさんも演技力に定評のある俳優さんなので、ドラマの物語をしっかり見せてくれそうですね。また、男性が主演というのは朝ドラでは珍しく、いつもの朝ドラとは少し違う雰囲気になると思います。どんな風になるのか楽しみです。「エール」というタイトルからして、見る人を応援してくれるようなドラマなのでしょうか。朝から元気をもらえる時間になるといいなと思います。音楽に深く関わっているドラマのようなので、物語からだけではなく、きっと音楽からもパワーをもらえるでしょう。素敵な音楽との出会いも期待しています。

50代女性
朝の連続テレビ小説『エール』は音楽が主となるドラマのようで、一日の始まりに見るドラマにピッタリな感じですね。今回のドラマのモデルは、日本を代表する作曲家の古関裕而さんということで、幼い頃、テレビで見ていた審査員をしていた人だと思い出しました。私にとっては優しそうで上品なおじいちゃんというイメージが強いです。阪神タイガースの「六甲おろし」や甲子園で流れる「栄冠は君に輝く」を作曲した古関裕而さんを、窪田正孝さんがどのように表現して演じていくのかとても楽しみです。出演者も続々と決まっているようで、楽しい賑やかなドラマになればいいなと思います。放送がとても楽しみです。

30代女性
福島県民としてはとても期待に満ちたテレビ小説です。窪田正孝さんは作曲家の古関裕而さんをモデルにした人物を演じます。古関裕而さんという名前自体は知らない方は多いかも知れませんが、聴いたことがある曲はたくさんいると思います。前回の東京オリンピックのテーマや、多くのプロ野球のテーマソングを作曲された方です。数々の名曲を残した方ということは知っていますが、彼の人生については知らないことだらけです。エールでは様々な実話を元にしたエピソードが描かれるはずですから、彼はどのようにして様々な名曲を生み出したのかが楽しみです。

50代女性
実在し今でも歌い継がれる歌を作った古関裕而さんをモデルにしており、期待感が高まります。
朝ドラというと女性が、主人公のドラマが多いですがこのドラマは男性を主人公になっていることで違った期待感が湧きます。
明治から戦後の日本が復興して行く姿を描いた作品なので、元気がもらえるドラマになっているのではないかと思います。
主演は窪田さんですが、その両親役を唐沢さんや菊池さんが演じるということでどんな親を演じてくれるのかとても楽しみにしています。
激動の時代をどうやって生きたのかを描いたドラマなのでとても期待しています。

30代女性
今までは若手の女優さんが主演を務めることが当たり前だと思っていたNHKの朝の連続ドラマ小説が、今回は男性の俳優さんが主演を務めるということでそれだけでも気合が入ってそうですし、すごく期待できそうなドラマだなと思っています。あの有名な六甲おろしをはじめ数々の有名な音楽を作曲してきた作曲家さんの古関裕而さんと、その奥さんで歌手としても活動していた金子さんをモデルにしたドラマということで、音楽にまつわるお話や有名な曲が作られたきっかけや作られるまでのストーリーなど、今までは知られていなかった話が聞けると思うと楽しみです。
30代女性
脚本がコードブルーを手がけた林宏司さんが担当するので、次の展開や動画が早く観たくなるような素晴らしい内容になるだろうと期待しています。また、配役が、若手実力派の窪田正孝さんと、二階堂ふみさんなので、昭和の舞台をどのように演技するのか期待です。
50代女性
エールはマッサン以来の男性の主演。それに加えて、カメレオン俳優と言われ、演技力が抜群の窪田正孝さんが主演ということで、期待が高まります。そして、古関裕而さんの役。名前を知らなくても、音楽を聞けば、納得する大作曲家。この作品を機会に、古関裕而さんを深く知りたいです。
20代女性
この朝ドラ、エールもちゃんとしたモデルさんがいてしかも野球の歌を作った人を窪田正孝さんが演じるのは本格的にすごい朝ドラになりそうだなと思っています。実力派の俳優さんでしかもマッサン以来の男性が主役のドラマなのでより期待できます。
30代男性
窪田正孝さんの出演している作品は様々見てきましたが演技力が高いと思います。大河ドラマに出演していたり最近ではアニメの実写や殺し屋の役など様々な役を良いように演じているので今回のエールでの音楽をテーマにした夫婦というキャラをどのように演じるのかが気になります。
30代女性
私が一番気になっているのはキャストです。窪田正孝さんは様々なドラマに出演していますが、とにかく演技が上手い。あるドラマでは迫真の演技で「窪田正孝劇場」などど言われていました。そう思われるぐらい、言われるぐらい他の俳優さんの演技力をも消してしまうような演技力にとても魅力を感じました。迫真の演技すぎてたまに怖い場面の動画もありますが、演技の強弱がとても起用な方なので私はそこを楽しみしています。
40代女性
朝ドラで男性が主演だなんて珍しいので、興味をもちました。窪田正孝さんは好きな俳優さんなので、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。毎朝見れるのもうれしいです。作曲家さんの人生なので、普通とは違った人生を見れそうで、とても楽しみです。
30代女性
窪田さん演じる裕一の妻役に二階堂ふみさんが選ばれたということですが、意外にも連続テレビ小説の出演はこれが初めてという二階堂さん。しかし二階堂さんの演技力は高いので朝ドラ初挑戦とは言っても安心して見られると期待しています。どんな夫婦像が描かれるのか楽しみです。
30代女性
窪田正孝さんで朝ドラと言うと、最近では「花子とアン」が記憶に新しいです。朝市の役は窪田さんによく合った真面目でいい人なキャラクターでしたが、彼は出演するものによってガラッと雰囲気を変えてくる俳優さんなので、また新たな窪田さんの演技を見られるのを楽しみにしています。