第11話 絶メシロード(ドラマ)見逃し無料動画フル視聴【一人の男がやってきて衝撃の一言を・・】

絶メシロード
帝一くん

【前回のあらすじ】車中泊マスターの鏑木から声をかけられた民生は娘の紬と何故か一緒だった。アイドルグループのライブに母親の佳苗、友達両方がインフルエンザにかかっていることから1人で金沢まで来ていたのだった。しかしライブも中止になってしまい民生と2人でいる紬。合流した鏑木は民生、紬を車中泊に誘う。紬が泊まりたいということから3人で車中泊をすることになるのだった。次の日温泉に入った後、鏑木は民生、紬に別れを告げて妻の実家に向かうのだった。途中で食事する店を見つけた鏑木はポーク風ライスを頼み美味しくいただくのだった。店主と店主の娘と他愛ない会話をした鏑木は満足して店を後にする。そして妻に会いに行くことを告げる鏑木だったが妻からはキャンピングカーでは来るなと言われて困ってしまう鏑木だった…

この記事では、ドラマ『絶メシロード』を【第11話】
無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

【第11話】ドラマ「絶メシロード」動画視聴リンク

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」は公式VOD配信「Paravi」で
【第1話から全話】までフル動画配信が決定!

VOD配信サービス「Paravi」では完全無料で視聴が可能です!
初回登録後、2週間無料!この無料期間内に解約すれば本当に無料視聴が可能!!解約金などは一切なし☆

「Paravi」おすすめポイント!

  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどの国内外ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・報道などバラエティ豊富で見応えはたっぷり!独占配信作品も多数!
  • 会員特典でもらえるParaviチケットで最新作作品が「1本」視聴可能!
  • 複数のデバイスで視聴可能!高精細なHD画質、高音質!

☆「Paravi」ユーザーレビュー

30代女性
ただアーカイブを羅列するだけのサイトではなく、時には特集を組んでくれるのが面白くてありがたいです。過去にもシリーズを組んだものの新シリーズが始まると、それまでのシリーズを一気に復習できる復習コーナーを作ってくれたりするのが助かります。その番組をみるつもりはなくとも、パラビの方で特殊を組んで紹介されるとあいた時間で見てみようとおもうようになり、紹介されたままに見るとはまることもあります。名作と思わぬ出会いもあるので面白いサービスです。

↓お得な「Paravi」の【徹底解説記事】はコチラ↓

第11話 見逃し動画 2020年4月03日(毎週金曜)24時52分〜25時23分放送分

■放送終了後1週間以内の場合の視聴

無料配信は行っておりませんでした。ご視聴の際は「Paravi」でご視聴ください。

■第1話〜全話までフル動画視聴

Paravi

■動画共有サイト検索

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

◀︎【第10話】ドラマ「絶メシロード」

▶︎【第12話/最終回】ドラマ「絶メシロード」

【第11話】ドラマ「絶メシロード」の詳細

■ドラマ「絶メシロード」第11話あらすじ

「島勝」
どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。一人の時間を満喫するため、車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。民生は、いつもなら何かから逃げるための旅に出ていたが、今日は何かを探すための旅に出ることに。
奥多摩にやってきた民生は、まるで都内とは思えない自然豊かな土地にある食事処「島勝」を訪れる。注文をしていると、そこに一人の男がやってきて衝撃の一言を放つ。男が店にきたある理由とは…?

【出典:ドラマ「絶メシロード」第11話あらすじより

■キャスト

濱津隆之 酒井若菜 西村瑠香(青春高校3年C組) 長村航希 野間口徹 / 山本耕史

■脚本
森ハヤシ 村上大樹 家城啓之

■主題歌
公表され次第、更新します。

■公式SNS

公式サイト 公式Twitter

【第11話】ドラマ「絶メシロード」のネタバレあらすじ

ネタバレあらすじ
金曜の夜、家族がいない家に帰り、家で一人の時間を楽しめると気付いてしまった須田。元々何かから逃げる為に始めた小さな冒険だったが、今は心から小さな冒険に出たいと思う須田。今日は星空が綺麗なスポットに行くと決めていたが、到着すると土砂降りになる。こんな事もあろうかと家庭用プラネタリウムを買っていた為、車内でつけるが、本で調べようと明かりをつけると星が見れない。会社で部長に怒られてた後輩の愚痴を聞く須田。上に何も言えない須田に後輩がキレる。朝、ダムを観光する須田。下に村があったのかと考える須田。絶メシを探して店に入る須田。窓際の席に座ると山が近い。丁寧なメニューだったり、出された水が美味しいのが絶メシっぽくない。とろろめし定食と赤しそジュースを頼む。店は元々ダムの下の村にあった。出没してる動物を店主が教えてくれていると、険しい顔の男が入って来た。30年前に食い逃げした男だった。とろろめし定食が運ばれ、ボリュームに驚く須田。出来るだけ手作りで地のものを食べて欲しいと店主。とろろめしを食べながら山を食べていると妄想する須田。赤しそジュースを飲んで風みたいだと思う須田。泣きながらご飯を食べる食い逃げ男。須田に息子の嫁がやりたいと言ったら教えるが、終わりが無いから大変だと言う店主夫妻。食い逃げ男が継ぎたいと言うが無理だと言う店主夫妻。

■感想

40代男性
奥多摩・島勝の巻。標準スタイルに戻って、逆パワハラを受ける民生、辛いなと感じる。星空からの雨からのプラネタリウム。とろろからのトトロからのジブリ。ドラマが凝っててよかったと思うし、不破万作さんで、いかにも深夜食堂っぽい食い逃げエピソードは、遂に絶滅回避なのか、とても笑った。ここは行ってみたいなと思った。
40代男性
やっぱり主役のカメ止めのヒトがちょうどいい役だなと思う。木訥としてて。某有名アニメに本当に出てきそう。
次で最終回はなんか嫌だなとしみじみ思ったから、時々、戻ってきてゆるゆる続けて欲しい。まだまだたくさん絶メシ食堂あるでしょう。見たい春ドラマ、テレ東率、高い。
らせん猫村さんのラーメンレンタル安達さん。
40代男性
このドラマは放送時間が遅いこともあり、なかなか見ることができず、今回久しぶりに見ることができた。今回の舞台は地方ではなく東京の山奥である奥多摩であり、登場する絶メシはとろろ定食であった。メニューだけ見た場合、個人的にはおそらく注文しないものであるが、実際に画面に登場したものを見ると、小鉢がついていたりしたがなんといっても大きめの器に盛られたとろろの量に驚いた。これを見て実際に食べに行きたいと思った。
30代男性
会社での回想シーンが中年サラリーマンを象徴してました。若い人は適当に言いたい放題、上司は気分次第、間に挟まれるが会社には捌け口がない。1泊2日行きたくなる気持ちが良くわかります、でも2泊3日以上ではダメなんです。今回の島勝のトロロ定食はトロロだけではなく定食としてのクオリティが高い印象です。付け合わせも食べなくでも、美味いと分かる気がします。
30代男性
絶滅しそうな食べ物を旅しながら食べる。自分も一人旅が好きなので、共感が持てました。どこかで見たことがあるシーンに笑ってしまいました。とてもおいしそうに料理を写してるなあと感心しました。料理をうまく見せるのは難しいです。SNSではおいしそうに見えないのが多いです。とろろごはんは自分も好きなので見ていて食べたくなりました。山を食べている、のセリフはおかしいけど深みがあるような気がします。地味だけど好感が持てる作品だと思います。